方法 : インストルメンテーションを特定の DLL に制限するHow to: Limit Instrumentation to Specific DLLs

インストルメンテーション プロファイリング方式を使用すると、プロファイリング データの収集をアプリケーションの 1 つ以上の DLL に制限することができます。By using the instrumentation profiling method, you can limit the collection of profiling data to one or more DLLs in an application. アプリケーションの 1 つ以上の DLL をプロファイルするには、ターゲットとして .dll ファイルを含むパフォーマンス セッションを作成します。To profile one or more DLLs in an application, you create a performance session that includes the .dll files as targets. プロファイルする DLL は、Visual StudioVisual Studio ソリューションのプロジェクトとしてまたは独立したバイナリ ファイルとして指定できます。You can specify the DLLs that you want to profile as projects in a Visual StudioVisual Studio solution or as independent binary files.

インストルメンテーションを Visual Studio ソリューションの特定の DLL に制限するにはTo limit instrumentation to specific DLLs in a Visual Studio solution

  1. Visual Studio PremiumVisual Studio Premium で DLL を含むソリューションを開きます。Open the solution that contains the DLL in Visual Studio PremiumVisual Studio Premium.

  2. [分析] メニューの [パフォーマンス ウィザードの起動] を選択します。On the Analyze menu, select Launch Performance Wizard.

  3. プロファイリング方式として [インストルメンテーション] を選択し、[次へ] をクリックします。Choose Instrumentation as the profiling method and then click Next.

  4. [次の使用可能なターゲットからプロファイルするターゲットを選択] で .dll プロジェクトの名前を選択し、[次へ] をクリックします。From the Which of the following available targets would you like to profile?, select the name of the .dll project and then click Next.

  5. [完了] をクリックしてウィザードを終了すると、[パフォーマンス エクスプローラー] ウィンドウに新しいパフォーマンス セッションが表示されます。Click Finish to exit the wizard and display the new performance session in the Performance Explorer window.

  6. [ターゲット] を右クリックして [ターゲット プロジェクトの追加] を選択します。Right-click Targets and then select Add Target Project.

  7. [ターゲット プロジェクトの追加] リストで、DLL を実行するために使用する実行可能なプロジェクトを選択します。From the Add Target Project list, select the executable project that you want to use to exercise the DLL.

    省略可能です。Optional. プロファイルする DLL プロジェクトはいくつでも追加できます。You can add any DLL projects that you want to profile.

  8. 追加されたプロジェクトのデータ収集を回避するには、プロジェクトの名前を右クリックし、[インストルメント] チェック ボックスをオフにします。To prevent data collection for an added project, right-click the name of the project, and then clear the Instrument check box.

プロファイルする特定の DLL を独立したバイナリとして指定するにはTo specify specific DLLs to profile as independent binaries

  1. Visual Studio PremiumVisual Studio Premium を開きます。Open Visual Studio PremiumVisual Studio Premium.

  2. [分析] メニューの [パフォーマンス ウィザードの起動] を選択します。On the Analyze menu, select Launch Performance Wizard.

  3. [次の使用可能なターゲットからプロファイルするターゲットを選択][ダイナミック リンク ライブラリ (.DLL) のプロファイル] を選択して、[次へ] をクリックします。From the Which of the following available targets would you like to profile, select the Profile a dynamic link library (.DLL) and then click Next.

  4. ウィザードの 2 ページ目で次の手順を実行します。On the second page of the wizard, perform the following steps:

    • プロファイルする .dll ファイルのパスとファイル名を [DLL パス] に入力します。Type the path and file name of the .dll file that you want to profile in Dll path. 省略記号ボタン (...) をクリックして、[プロファイルするダイナミック リンク ライブラリ] ダイアログ ボックスでファイルを指定することもできます。You can also click the ellipsis button (...) to locate the file in the Dynamic link library to profile dialog box. 次の手順で選択する実行可能 (.exe) ファイルによって起動される .dll ファイルのコピーを指定する必要があることにご注意ください。Note that you must specify the copy of the .dll file that will be launched by the executable (.exe) file that you select next.

    • .dll を実行する実行可能 (.exe) ファイルのパスとファイルの名前を [実行可能ファイルのパス] に入力します。Type the path and file name of the executable (.exe) file that will exercise the .dll in Executable path. 省略記号ボタン (...) をクリックして、[起動する実行可能ファイル] ダイアログ ボックスでファイルを指定することもできます。You can also click the ellipsis button (...) to locate the file in the Executable to launch dialog box.

    • 省略可能です。Optional. 実行可能ファイルに渡すコマンド ライン引数があれば、[コマンド ライン引数] に入力します。Type any command line arguments that you want to pass to the executable file in Command line arguments. 必要に応じて、アプリケーションの作業ディレクトリを [作業ディレクトリ] に指定します。If necessary, specify the working directory for the application in Working directory.

    • [次へ]をクリックします。Click Next.

  5. プロファイリング方式として [インストルメンテーション] を選択し、[次へ] をクリックします。Choose Instrumentation as the profiling method and then click Next.

  6. [完了] をクリックしてウィザードを終了すると、[パフォーマンス エクスプローラー] ウィンドウに新しいパフォーマンス セッションが表示されます。Click Finish to exit the wizard and display the new performance session in the Performance Explorer window.

  7. 省略可能です。Optional. .dll ファイルをさらに追加するには、[ターゲット] を右クリックし、[ターゲット バイナリの追加] を選択します。To add more .dll files, right-click Targets and then select Add Target Binary. [ターゲット バイナリの追加] ダイアログ ボックスからファイルを選択します。Select the files from the Add Target Binary dialog box.

    注意

    DLL を実行する実行可能 (.exe) ファイルは指定しないでください。Do not specify the executable (.exe) file that exercises the DLLs.

関連項目See Also

データ収集の制御 Controlling Data Collection
方法: インストルメンテーションを特定の関数に制限するHow to: Limit Instrumentation to Specific Functions