方法 : インストルメンテーションを特定の関数に制限するHow to: Limit Instrumentation to Specific Functions

インストルメンテーションとデータ収集は、1 つ以上の関数に制限することができます。これを行うには、[パフォーマンス セッション] のプロパティ ページまたはターゲット バイナリのプロパティ ページの [詳細] ページでオプションを設定します。You can limit instrumentation and data collection to one or more functions by setting options in the Advanced page of the Performance Session or target binary property pages:

  • パフォーマンス セッションのプロパティ ページで関数を指定する場合は、セッション内のすべてのインストルメント化されたバイナリ内で、それらの関数のみがインストルメント化されます。If you specify the functions on the performance session property page, only those functions are instrumented in all instrumented binaries of the session.

  • ターゲット バイナリのプロパティ ページで関数を指定する場合は、その特定のバイナリ内のそれらの関数のみがインストルメント化されます。If you specify the functions on the property page of a target binary, only those functions that are in that particular binary are instrumented. パフォーマンスの他のバイナリ内の関数は、通常どおりにインストルメント化されます。Functions in other binaries of the performance are instrumented as usual.

    このような方法でデータ収集を制限できるのは、インストルメンテーション プロファイル方式が選択されている場合のみです。Limiting data collection in this manner is supported only when the instrumentation profiling method is selected.

注意

[パフォーマンス セッション] プロパティ ページの [詳細] ページで、プロファイリング ツール VSInstr コマンド ライン インストルメンテーション ツールで使える他のオプションを設定することもできます。You can also use the Advanced page of the Performance Session property pages to set other options that are available to the Profiling Tools VSInstr command line instrumentation tool.

インストルメンテーションをパフォーマンス セッション内の特定の関数に制限するにはTo limit instrumentation to specific functions in a performance session

  1. パフォーマンス エクスプローラーで、セッション名を右クリックして [プロパティ]をクリックします。In Performance Explorer, right-click the session name and then click Properties.

    [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスが表示されます。The Property Pages dialog box is displayed.

  2. [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで、[詳細] をクリックします。On the Property Pages dialog box, click Advanced.

  3. [追加インストルメンテーション オプション] テキスト ボックスに、次の構文を使用して、インストルメント化する関数の名前を入力します。In the Additional instrumentation options text box, use the following syntax to type the name of the functions that you want to instrument:

    /include: FuncSpec [; FuncSpec ] .../include: FuncSpec [; FuncSpec ] ...

    FuncSpec は、名前空間と関数の名前です。FuncSpec is the namespace and function name. その形式は Namespace::FunctionName です。It has the format Namespace::FunctionName. 複数の関数は、セミコロン (;) を使用して区切ります。Use a semicolon to separate multiple functions. 1 つまたは複数の文字にワイルドカードを指定する場合は、アスタリスク (*) を使います。Use an asterisk (*) to specify a wildcard for one or more characters. たとえば、/include:MyNS::\* は、MyNS 名前空間のすべての関数を指定します。For example, /include:MyNS::\* specifies all functions in the MyNS namespace.

    注意

    バイナリ内の関数を一覧表示するには、プロファイリング ツールのインストール ディレクトリ (通常は、Visual Studio アプリケーション ライフサイクル管理Visual Studio Application Lifecycle Managementインストール ディレクトリの下にある \Team Tools\Performance Tools ディレクトリ) でコマンド プロンプト ウィンドウを開き、vsinstr /DumpFuncs と入力します。To list the functions in a binary, open a command prompt window in the Profiling Tools installation directory (typically, the \Team Tools\Performance Tools directory under the Visual Studio アプリケーション ライフサイクル管理Visual Studio Application Lifecycle Management installation directory) and then type vsinstr /DumpFuncs

インストルメンテーションをバイナリ内の特定の関数に制限するにはTo limit instrumentation to specific functions in a binary

  1. パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッションの [ターゲット] ノードでバイナリ名を探します。In Performance Explorer, locate the binary name in the Targets node of the performance session.

  2. バイナリ名を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。Right-click the binary name and then click Properties.

    [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスが表示されます。The Property Pages dialog box is displayed.

  3. [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで、[詳細] をクリックします。On the Property Pages dialog box, click Advanced.

  4. [追加インストルメンテーション オプション] テキスト ボックスに、次の構文を使用して、インストルメント化する関数の名前を入力します。In the Additional instrumentation options text box, use the following syntax to type the name of the functions that you want to instrument:

    /include: FuncSpec [; FuncSpec ] .../include: FuncSpec [; FuncSpec ] ...

    FuncSpec は、名前空間と関数の名前です。FuncSpec is the namespace and function name. その形式は Namespace::FunctionName です。It has the format Namespace::FunctionName. 複数の関数は、セミコロン (;) を使用して区切ります。Use a semicolon to separate multiple functions. 1 つまたは複数の文字にワイルドカードを指定する場合は、アスタリスク (*) を使います。Use an asterisk (*) to specify a wildcard for one or more characters. たとえば、/include:MyNS::\* は、MyNS 名前空間のすべての関数を指定します。For example, /include:MyNS::\* specifies all functions in the MyNS namespace.

    注意

    バイナリ内の関数を一覧表示するには、プロファイリング ツールのインストール ディレクトリ (通常は、Visual Studio アプリケーション ライフサイクル管理Visual Studio Application Lifecycle Managementインストール ディレクトリの下にある \Team Tools\Performance Tools ディレクトリ) でコマンド プロンプト ウィンドウを開き、vsinstr /DumpFuncs と入力します。To list the functions in a binary, open a command prompt window in the Profiling Tools installation directory (typically, the \Team Tools\Performance Tools directory under the Visual Studio アプリケーション ライフサイクル管理Visual Studio Application Lifecycle Management installation directory) and then type vsinstr /DumpFuncs

参照See Also

データ コレクションの制御 Controlling Data Collection
方法: インストルメンテーションを特定の DLL に制限する How to: Limit Instrumentation to Specific DLLs
方法: 追加インストルメンテーション オプションを指定するHow to: Specify Additional Instrumentation Options