方法: Web ページ内の JavaScript コードをプロファイリングする

Visual Studio プロファイリング ツールは、インストルメンテーション プロファイリング メソッドを使用して、ASP.NET Web アプリケーション、任意の Web ページ、または JavaScript アプリケーションで実行する JavaScript コードのパフォーマンス データを収集できます。

Requirements

  • Visual Studio Ultimate 、Visual Studio Premium、Visual Studio Professional

  • Internet Explorer 8 以降

警告

Windows ストア アプリで JavaScript をプロファイリングするには、「JavaScript メモリ」をご覧ください。

プロファイル ウィザードを使用して、パフォーマンス セッションを作成できます。 インストルメンテーション メソッドを指定し、パフォーマンス セッションの [プロパティ] ダイアログ ボックスの [インストルメンテーション] ページで、JavaScript のプロファイル オプションを指定します。

JavaScript のプロファイルを指定すると、ブラウザーで実行される JavaScript コードとサーバーで実行される ASP.NET コードのどちらもプロファイリングされます。

  • ASP.NET Web アプリケーションの場合、ブラウザーで実行される JavaScript コードとサーバーで実行される ASP.NET コードのどちらもプロファイリングされます。

  • 任意の Web ページの場合、ブラウザーで実行される JavaScript コードがプロファイリングされます。

ASP.NET Web アプリケーション プロジェクトで、JavaScript をプロファイリングするには

  1. Visual Studio Premium で、ASP.NET Web プロジェクトを開きます。

  2. [分析] メニューの [パフォーマンス ウィザードの起動]をクリックします。

  3. パフォーマンス ウィザードの最初のページで、 インストルメンテーション プロファイリング メソッドを指定して、 [次へ]をクリックします。

  4. ウィザードの 2 番目のページで、ターゲットの一覧で現在のプロジェクトが選ばれていることを確認し、 [次へ]をクリックします。

  5. ウィザードの 3 番目のページで、 [プロファイル JavaScript] チェック ボックスを選び、 [次へ]をクリックします。

  6. ウィザードの 4 番目のページで、 [完了] をクリックして、ブラウザーで Web アプリケーションを開始します。

  7. プロファイリングする機能を実行します。

  8. プロファイル セッションを終了するには、ブラウザーを閉じます。

個々の Web ページや JavaScript アプリケーションで JavaScript をプロファイリングするには

  1. Visual Studio Premium を開きます。

  2. [分析] メニューの [パフォーマンス ウィザードの起動]をクリックします。

  3. パフォーマンス ウィザードの最初のページで、 インストルメンテーション プロファイリング メソッドを指定して、 [次へ]をクリックします。

  4. ウィザードの 2 番目のページで、An ASP.NET、または JavaScript のアプリケーションをクリックし、 [次へ]をクリックします。

  5. ウィザードの 3 番目のページ:

    1. [アプリケーションを実行する URL またはパス] ボックスのページの URL を入力します。

    2. [プロファイル JavaScript] チェック ボックスを選び、 [次へ]をクリックします。

  6. ウィザードの 4 番目のページで、 [完了] をクリックし、ブラウザーで Web ページを開始します。

  7. プロファイリングする機能を実行します。

  8. プロファイル セッションを終了するには、ブラウザーを閉じます。