方法: Windows シンボル情報を参照するHow to: Reference Windows Symbol Information

Visual Studio プロファイリング ツールは、シンボル (.pdb) ファイルを使用して、プログラム バイナリの関数名などのシンボル名を解決します。The Visual Studio Profiling Tools use symbol (.pdb) files to resolve symbolic names such as function names in program binaries. 次の手順を使って、ローカル コンピューター上の Windows のバージョンに適切な .pdb ファイルを自動的にダウンロードし、更新することができます。You can follow these steps to automatically download and update the correct .pdb files for the version of Windows on the local computer.

注意

この設定は、既存のレポートには影響しません。This setting does not affect existing reports. シンボル サーバーを指定した後に作成されたレポートだけにシンボル情報が含まれます。Only reports created after specifying the symbol server will have the symbol information.

詳細については、シンボル (.pdb) ファイルとソース ファイルの指定に関する記事をご覧ください。For more information, see Specify Symbol (.pdb) and Source Files.

Microsoft シンボル サーバーを使用するにはTo use the Microsoft symbol server

  1. シンボル ファイルの情報を格納するフォルダーを作成します (例: C:\SymbolCache)。Create a folder to contain the symbol file information, such as C:\SymbolCache.

  2. [ツール] メニューの [オプション]をクリックします。On the Tools menu, click Options.

    [オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。The Options dialog box appears.

  3. [デバッグ] ツリーを展開し、[シンボル] をクリックします。Expand the Debugging tree, and then click Symbols.

  4. [シンボル ファイル (.pdb) の場所] で、[Microsoft シンボル サーバー] を選択します。In the Symbol file (.pdb) locations, select Microsoft Symbol Servers

  5. [シンボル サーバーからシンボルをキャッシュするディレクトリ] ボックスに、次に示すように、手順 1. で作成したフォルダーのパスを入力します。In the Cache symbols from the symbol server to this directory, type the path of the folder that was created in step 1, for example:

    C:\SymbolCacheC:\SymbolCache

    あるいは省略記号ボタン (...) をクリックして、[フォルダの参照] ダイアログ ボックスでディレクトリを選択することもできます。You can also click the ellipsis button (...) and then select a directory from the Browse for Folder dialog box.

関連項目See Also

パフォーマンス セッションの構成 Configuring Performance Sessions
方法: シンボル情報をシリアル化するHow to: Serialize Symbol Information