方法: シンボル情報をシリアル化する

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

アプリケーションの分析に必要なシンボルをシリアル化できます。 シリアル化されたシンボルは、.vsp ファイルに追加されます。 シンボル情報を .vsp ファイルに追加することで、第三者が、元のシンボルにアクセスすることなく、パフォーマンス レポートを分析できるようになります。 シンボルがシリアル化されていない場合、インストルメントされた元の .exe ファイルと .pdb ファイルがないと、.vsp ファイルを分析できません。

シンボル情報を自動的にシリアル化するには

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

    [オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [パフォーマンス ツール] をクリックします。

  3. [全般設定][シンボル情報を自動的にシリアル化] を選択します。

参照

パフォーマンス セッションの構成
方法: Windows シンボル情報を参照する
How to: Save Analyzed Report Files