方法: アクセス許可を設定するHow to: Set Permissions

このトピックでは、コンピューターの管理者が、プロファイリングに必要なセキュリティ アクセス許可を、そのコンピューター上で管理者アクセス許可を持たないユーザーまたはグループに付与する方法について説明します。This topic describes how an Administrator of a computer grants the security permissions required for profiling to a user or group that does not have Administrator permissions on that computer.

基本的なセキュリティ原則として、必要以上のアクセス許可でアプリケーションを実行しないことが規定されています。A basic security principle states that applications should run with no more than the permissions they need. この原則は、ユーザーにも適用されます。This principle also applies to users. ユーザーが Administrators グループではなく Users グループのメンバーとしてログオンしても必要な操作をすべて行うことができるのであれば、ユーザーに管理者アクセス許可を与えないでください。If users can be fully effective when they are logged on as members of the Users group instead of the Administrators group, they should not be granted Administrator permissions. 最初の手順「ユーザー アクセス許可を持つユーザー アカウントを作成するには」では、Users グループのメンバーのユーザー アカウントを作成する方法を説明します。The first procedure, "To create a user account that has User permissions," describes how to create a user account for a member of the Users group.

RequirementsRequirements

  • Visual Studio UltimateVisual Studio UltimateVisual Studio PremiumVisual Studio PremiumVisual Studio ProfessionalVisual Studio Professional, Visual Studio PremiumVisual Studio Premium, Visual Studio ProfessionalVisual Studio Professional

    Users グループのメンバーの場合は、チームの他のメンバーとの間で共有されるディスク上のフォルダーおよびファイルにアクセスする必要があります。Members of the Users group will need access to the folders and files on disk that are shared with other members of the team. 2 番目の手順「共有プロジェクト ファイルへのアクセスを許可するには」では、そのアクセスを許可する方法を説明します。The second procedure, "To grant access to shared project files," describes how to grant that access.

    管理者が Users グループのメンバーにプロファイリング ツールのソフトウェア ドライバーへのアクセスを許可すると、メンバーはプロファイリング ツールを実行できます。Members of the Users group can run the profiling tools if an administrator grants them access to the software driver for the profiling tools. 最後の手順「プロファイリング ドライバーへのアクセスを許可するには」では、ドライバーへのアクセスを許可する方法について説明します。The last procedure, "To grant access to the profiling driver," describes how to grant access to that driver.

注意

これらの手順を実行するには、管理者アクセス許可が必要です。You need administrator permissions to follow the steps in these procedures.

ユーザー アクセス許可を持つユーザー アカウントを作成するにはTo create a user account that has User permissions

  1. [マイ コンピューター] を右クリックし、次いで [管理] をクリックします。Right-click My Computer and then click Manage.

    [コンピューターの管理] ウィンドウが開きます。The Computer Management window opens.

  2. [ローカル ユーザーとグループ] を展開します。Expand Local Users and Groups.

  3. [ユーザー] フォルダーを右クリックし、[新しいユーザー] をクリックします。Right-click the Users folder and then click New User.

    [新しいユーザー] ダイアログ ボックスが表示されます。The New User dialog box appears.

  4. 作成するユーザー アカウントの情報をこのダイアログ ボックスのフィールドに入力します。Complete the fields in this dialog box with the information for the user account you are creating. パスワードを指定します。Specify a password. 必要に応じて、ユーザーが次のログオン時にパスワードを変更することを求めるチェック ボックスを選択します。Optionally, select the check box that requires that the user change the password at the next logon.

  5. [作成] をクリックし、[閉じる] をクリックします。Click Create and then click Close.

    Users グループに新しいユーザーが作成されます。このグループのユーザーには、管理者アクセス許可が与えられていません。The new user appears in the Users group, a group of users who do not have Administrator permissions.

共有プロジェクト ファイルへのアクセスを許可するにはTo grant access to shared project files

  1. エクスプローラーで、このユーザーによって使用され、プロジェクト チームで共有されるプロジェクト ファイルのフォルダー ツリーのルートを見つけます。In Windows Explorer (or File Explorer), locate the root of the folder tree for project files used by this user and shared by the project team.

    このフォルダーのパスの一例を次に示します。The path of this folder might resemble the following:

    D:\ourProject  
    
  2. フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。Right-click the folder and then click Properties.

    [<フォルダー名> のプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。The <folder name> Properties dialog box appears.

  3. [セキュリティ] タブをクリックします。Click the Security tab.

  4. [グループ名またはユーザー名] ボックスにあるユーザーのアカウント名をクリックします。Click the name of the user's account in the Group or user names box.

  5. [<ユーザー名> のアクセス許可] ボックスで、[フル コントロール] のチェック ボックスを選択します。In the Permissions for <user name> box, select the check box for Full Control.

  6. [OK] をクリックします。Click OK.

    これにより、手順 5 で選択されたフォルダーで始まる共有フォルダー ツリーに対するアクセス許可がユーザーに付与されます。This grants permissions to the user for the shared folder tree that begins with the folder selected in step 5.

プロファイリング ドライバーへのアクセスを許可するにはTo grant access to the profiling driver

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。Open a command prompt as an administrator.

  2. 次のディレクトリに移動します。Change the directory to:

    <drive>:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10\Team Tools\Performance Tools  
    
  3. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    vsperfcmd /admin:driver,start /admin:service,start  
    

    このコマンドによって、プロファイリング ツールのドライバーがインストールされ、開始します。This command installs and starts the driver for the profiling tools.

    このコマンドによってプロファイリング ドライバーとサービスが開始され、管理者以外のユーザーがユーザーのプロセス空間で使用可能なプロファイリング機能を使用できるようになります。This command starts the profiling driver and service so that non-admin users may use profiling features that are available in their User process space. このコマンドは管理者だけが実行でき、管理者以外のユーザーの場合は失敗します。Only an Administrator may run the command; and it will fail for non-administrative Users.

    この一連の手順の最後の手順も実行しない限り、この手順の効果はコンピューターの再起動時に無効になります。Notice that the effects of this step are undone after the computer restarts, unless you also perform the final step in this procedure.

  4. コンピューターへの管理者アクセス許可を持たないユーザーまたはグループがプロファイリング ドライバー機能にアクセスできるようにするために、次のコマンドを実行します。Run the command to allow access to profiling driver functionality by a user or group that does not have administrator access to the computer:

    vsperfcmd /admin:security,allow,<right[,right],<user name|group name>  
    

    このコマンドにより、<ユーザー名> または <グループ名> アカウントにプロファイリング ツールへのアクセス許可が付与されます。This command grants the <user name> or <group name> account access to the Profiling tools. <権限> オプションは、ユーザーがアクセスできるプロファイリング機能を決定します。The <right> option determines the profiling functionality the user can access. <権限> オプションには次の値の 1 つ以上を指定できます。The <right> option can be one or more of the following values:

    • FullAccess - サービスからのパフォーマンス データの収集、サンプリング、セッション間のプロファイリングを含むすべてのプロファイリング メソッドへのアクセスを許可します。FullAccess - allows access to all profiling methods including collecting performance data from services, sampling, and cross session profiling.

    • SampleProfiling - サンプル プロファイリング メソッドへのアクセスを許可します。SampleProfiling - allows access to sample profiling methods

    • CrossSession - プロファイリング サービスに必要なセッション間のプロファイリングへのアクセスを許可します。CrossSession - allows access to cross session profiling which is required for profiling services.

  5. (省略可能) コンピューターの再起動後に前の手順の結果を維持する場合は、次のコマンドを実行します。(Optional) To preserve the results of any of the previous steps after computer restarts, run the following command:

    vsperfcmd /admin:driver,autostart,on  
    

    指定されたユーザーは、ログオン後に、管理者アクセス許可なしにプロファイリング ツールを使用できるようになります。The specified users, after logging on, will now be able to use the profiling tools without Administrator permissions.

関連項目See Also

パフォーマンス セッションの構成 Configuring Performance Sessions
VSPerfCmd VSPerfCmd
プロファイルと Windows Vista のセキュリティProfiling and Windows Vista Security