方法 : 追加のインストルメンテーション オプションを指定する

バイナリをインストルメントする方法には、Visual Studio 統合開発環境 (IDE: Integrated Development Environment) から行う方法と、コマンド ライン ツールを使用する方法があります。 IDE 内からバイナリをインストルメント化する場合は、VSInstr ツールに追加のインストルメンテーション オプションを指定することで、インストルメンテーション中に収集されるデータの量を制御できます。 これらのオプションは、セッション レベルまたはターゲット レベルで使用できます。 たとえば、インストルメンテーション プロセスにおいて特定の関数を含めたり除外したりするには、ターゲット レベルで追加のインストルメンテーション オプションを使用します。

Requirements

  • Visual Studio Ultimate、Visual Studio Premium、Visual Studio Professional
重要

プローブを挿入すると、必ず元のプログラムの動作がわずかに変化します。 この変化により、分析時にオーバーヘッドが発生します。 このオーバーヘッドの概算値を差し引いたとしても、マルチスレッド アプリケーションにおいてタイミング上の影響がわずかに残ります。 VSInstr ツール オプションを使用すると、プロファイリング中のデータ収集を制御できます。

追加のインストルメンテーション オプションを指定するには

  1. パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッションを選択して右クリックし、[プロパティ] を選択します。

  2. [プロパティ ページ][詳細] プロパティをクリックします。

  3. [追加インストルメンテーション オプション] ボックスにオプションを入力します。

    たとえば、プロファイル レベルを指定するには「/CONTROL:THREAD」と入力します。 オプションの一覧については「VSInstr」をご覧ください。

  4. [OK] をクリックします。

関連項目

パフォーマンス セッションの構成
コマンドラインからのプロファイリング