方法 : 追加のインストルメンテーション オプションを指定するHow to: Specify Additional Instrumentation Options

Visual Studio IDE またはコマンド ライン ツールを使用して、バイナリをインストルメント化できます。You can instrument binaries from using the Visual Studio IDE or by using command line tools. IDE 内からバイナリをインストルメント化する場合は、VSInstr ツールに追加のインストルメンテーション オプションを指定することで、インストルメンテーション中に収集されるデータの量を制御できます。If you instrument a binary from within the IDE, you can control the volume of data that is collected during instrumentation by specifying additional instrumentation options to the VSInstr tool. これらのオプションは、セッション レベルまたはターゲット レベルで使用できます。These options are available at the session or the target level. たとえば、インストルメンテーション プロセスにおいて特定の関数を含めたり除外したりするには、ターゲット レベルで追加のインストルメンテーション オプションを使用します。For example, to include or exclude specific functions during the instrumentation process, use the additional instrumentation option at the target level.

重要

プローブを挿入すると、必ず元のプログラムの動作がわずかに変化します。Every probe that is inserted modifies the behavior of the original program slightly. この変化により、分析時にオーバーヘッドが発生します。This modification causes overhead at analysis time. このオーバーヘッドの概算値を差し引いたとしても、マルチスレッド アプリケーションにおいてタイミング上の影響がわずかに残ります。Even though an approximation of this overhead is subtracted, it still has subtle timing effects on multithreaded applications. VSInstr ツール オプションを使用すると、プロファイリング中のデータ収集を制御できます。The VSInstr tool options help control data collection during profiling.

追加のインストルメンテーション オプションを指定するにはTo specify additional instrumentation option

  1. パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッションを選択して右クリックし、[プロパティ] を選択します。In Performance Explorer, select the Performance Session and then right-click and select Properties.

  2. [プロパティ ページ][詳細] プロパティをクリックします。In the Properties Pages, click the Advanced properties.

  3. [追加インストルメンテーション オプション] ボックスにオプションを入力します。Type options in the Additional instrumentation options box.

    たとえば、プロファイル レベルを指定するには「/CONTROL:THREAD」と入力します。For example, use /CONTROL:THREAD to specify the profiling level. オプションの一覧については「VSInstr」をご覧ください。For a complete list of options, see VSInstr.

  4. [OK] をクリックします。Click OK.

関連項目See also

パフォーマンス セッションの構成Configuring Performance Sessions
コマンド ラインからのプロファイリングProfiling from the Command-Line