方法 : インストルメント前のコマンドおよびインストルメント後のコマンドを指定するHow to: Specify Pre- and Post-Instrument Commands

パフォーマンス セッションのバイナリがインストルメント化される前か後に実行されるコマンドを指定できます。You can specify commands that run before or after the binaries in a performance session are instrumented. コマンド ラインから発行できるコマンドはすべて、インストルメント化前のイベントまたはインストルメント化後のイベントとして指定できます。Any command that can be issued from the command line can be specified as a pre-instrument or a post-instrument event. たとえば、バイナリのインストルメント化後に実行されるバッチ ファイルで、厳密な名前キーを持つアセンブリの再署名を自動化するコマンドを指定できます。For example, you can specify commands that automate the resigning of an assembly with a strong name key in a batch file that is executed after the binaries are instrumented.

プロファイル実行におけるインストルメント化されたすべてのバイナリ、または個々のバイナリに対してコマンドを指定できます。You can specify commands for all instrumented binaries in the profiling run or for individual binaries. ただし、インストルメンテーション プロセスの前に実行するよう指定できるインストルメント化前のコマンドは 1 つだけであり、インストルメンテーション プロセスの後に実行するよう指定できるインストルメント化後のコマンドも 1 つだけです。However, you can specify only one pre-instrument command to run before and only one post-instrument command to run after the instrumentation process. すべてのバイナリと個々のバイナリの両方に対してコマンドを指定することはできません。You cannot specify commands for both all binaries and for individual binaries. すべてのバイナリに対してコマンドを指定すると、そのコマンドはセッションの各バイナリのインストルメンテーションの前または後に実行されます。When you specify commands for all binaries, the commands are run before or after the instrumentation of each binary in the session.

コマンドが実行される作業ディレクトリは、Visual StudioVisual Studio を実行しているオペレーティング システムと、プロファイリング対象アプリケーションの対象プラットフォームによって異なります。The working directory in which the commands are executed depends on the operating systen where you are running Visual StudioVisual Studio and on the target platform of the profiled application.

32 ビット コンピューター32-bit computers

32 ビット コンピューターでの既定のプロファイリング ツール ディレクトリは、Drive\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Performance Tools です。On 32-bit computers, the default profiler tools directory is Drive\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Performance Tools.

64 ビット コンピューター64-bit computers

64 ビット コンピューターでは、プロファイリングするアプリケーションのターゲット プラットフォームに応じてパスを指定します。On 64-bit computers, specify the path according to the target platform of the profiled application:

  • 32 ビット アプリケーションの場合、既定のプロファイリング ツール ディレクトリは以下のとおりです。For 32-bit applications, the default profiler tools directory is:

    Drive\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Performance ToolsDrive\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Performance Tools

  • 64 ビット アプリケーションの場合、既定のプロファイリング ツール ディレクトリは以下のとおりです。For 64-bit applications, the default profiler tools directory is:

    Drive\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Performance Tools\x64Drive\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Performance Tools\x64

インストルメント化前のコマンドを指定するにはTo specify pre-instrument commands

  1. 次のいずれかの操作を実行します。Perform one of the following steps:

    • パフォーマンス セッションのすべてのバイナリに対してインストルメント化前のコマンドを指定するには、パフォーマンス エクスプローラーでパフォーマンス セッション ノードを選択し、右クリックして [プロパティ] を選択します。To specify pre-instrument commands for all binaries in a performance session, select the performance session node in Performance Explorer, and then right-click and select Properties.

    • 特定のバイナリにインストルメント化前のコマンドを指定するには、パフォーマンス セッションの [ターゲット] リストにあるバイナリの名前を右クリックし、[プロパティ] を選択します。To specify pre-instrument commands for a specific binary, right-click the name of the binary in the Targets list of the performance session, and then select Properties.

  2. [プロパティ ページ] で、[インストルメンテーション] をクリックします。In the Property Pages, click Instrumentation.

  3. [インストルメント化前のイベント][コマンド ライン] テキスト ボックスにコマンドを入力します。Type the command in the Command line text box under Pre-Instrument events.

    注意

    [コマンド ライン] ボックスの横にある省略記号ボタン (...) をクリックし、適切な .exe、.cmd、または .bat ファイルを参照して選択できます。You can click the ellipsis button (...) that is adjacent to the Command line box to browse to and select the appropriate .exe, .cmd, or .bat file.

  4. [OK] をクリックします。Click OK.

    コマンドを削除することなくその実行を無効にするには、[インストルメンテーションから除外] チェック ボックスを選択します。To disable the command from running without removing it, select the Exclude from instrumentation check box. コンパイラまたはリンカーの設定を変更するには、プロジェクトのプロパティ ページを使用します。To modify compiler or linker settings, use the project property pages.

インストルメント化後のコマンドを指定するにはTo specify post-instrument commands

  1. 次のいずれかの操作を実行します。Perform one of the following steps:

    • パフォーマンス セッションのすべてのバイナリに対してインストルメント化後のコマンドを指定するには、パフォーマンス エクスプローラーでパフォーマンス セッション ノードを選択し、右クリックして [プロパティ] を選択します。To specify post-instrument commands for all binaries in a performance session, select the performance session node in Performance Explorer, and then right-click and select Properties.

    • 特定のバイナリにインストルメント化後のコマンドを指定するには、パフォーマンス セッションの [ターゲット] リストにあるバイナリの名前を右クリックし、[プロパティ] を選択します。To specify post-instrument commands for a specific binary, right-click the name of the binary in the Targets list of the performance session, and then select Properties.

  2. [プロパティ ページ] で、[インストルメンテーション] をクリックします。In the Property Pages, click Instrumentation.

  3. [インストルメント化後のイベント][コマンド ライン] テキスト ボックスにコマンドを入力します。Type the command in the Command line text box under Post-Instrument events.

    注意

    [コマンド ライン] ボックスの横にある省略記号ボタン (...) をクリックし、適切な .exe、.cmd、または .bat ファイルを参照して選択できます。You can click the ellipsis button (...) that is adjacent to the Command line box to browse to and select the appropriate .exe, .cmd, or .bat file.

  4. [OK] をクリックします。Click OK.

    コマンドを削除することなくその実行を無効にするには、[インストルメンテーションから除外] チェック ボックスを選択します。To disable the command from running without removing it, select the Exclude from instrumentation check box. コンパイラまたはリンカーの設定を変更するには、プロジェクトのプロパティ ページを使用します。To modify compiler or linker settings, use the project property pages.

関連項目See also

パフォーマンス セッションの構成Configuring Performance Sessions