方法: コマンド ラインからシンボル ファイルの場所を指定する

関数名や行番号などのシンボル情報を表示するには、VSPerfReport コマンド ライン ツールが、プロファイリングしたコンポーネントおよび Windows システム ファイルのシンボル (.pdb) ファイルにアクセスできる必要があります。 シンボル ファイルは、コンポーネントのコンパイル時に作成されます。 詳細については、「VSPerfReport」を参照してください。 VSPerfReport は、自動的に次の場所でシンボル ファイルを検索します。

  • /SymbolPath オプションまたは _NT_SYMBOL_PATH 環境変数で指定されたパス。

  • コンポーネントがコンパイルされた正確なローカル パス。

  • プロファイル データ (.vsp または .vsps) ファイルが格納されているディレクトリ。

    Microsoft では、多くの自社製品の .pdb ファイルをオンラインのシンボル サーバーで提供しています。 レポート機能に使用しているコンピューターがインターネットに接続されている場合、VSPerfReport はオンラインのシンボル サーバーに接続してシンボル情報を自動的に検索し、そのファイルをローカル ストアに保存します。

    シンボル ファイルおよび Microsoft シンボル サーバー ストアの場所は、次の方法で指定できます。

  • _NT_SYMBOL_PATH 環境変数を設定する。

  • VSPerfReport コマンド ラインに /SymbolPath オプションを追加する。

    これらの両方の方法を使用することもできます。

注意

Visual Studio がローカル コンピューターにインストールされている場合は、Windows シンボル ファイルの場所が既に指定されている可能性があります。 詳細については、「方法: Windows シンボル情報を参照する」を参照してください。 このトピックで後述するように、その場所とサーバーを使用するよう VSPerfReport を構成する必要があります。

Windows シンボル ファイルを指定する

Windows シンボル サーバーの使用を構成するには

  1. 必要に応じて、シンボル ファイルをローカルに格納するためのディレクトリを作成します。

  2. 次の構文を使用して、_NT_SYMBOL_PATH 環境変数または VSPerfReport /SymbolPath オプションを設定します。

    srv\* LocalStore *http://msdl.microsoft.com/downloads/symbols

    ここで、LocalStore は作成したローカル ディレクトリのパスです。

コンポーネント シンボル ファイルを指定する


プロファイリング ツールは、プロファイルするコンポーネントの .pdb ファイルを、コンポーネントに保存されているファイルの元の場所か、プロファイル データ ファイルが含まれているフォルダー内で検索します。 _NT_SYMBOL_PATH または /SymbolPath オプションに 1 つ以上のパスを追加すれば、他の検索場所を指定できます。 セミコロンでパスを区切ります。


次のコマンド ラインは、_NT_SYMBOL_PATH 環境変数を Windows シンボル サーバーに設定し、ローカル ディレクトリを C:\Symbols に設定します。

set _NT_SYMBOL_PATH=srv*C:\symbols*http://msdl.microsoft.com/downloads/symbols

次の VSPerfReport コマンド ラインは、/SymbolPath オプションを使って C:\Projects\Symbols ディレクトリを検索パスに追加します。

VSPerfReport MyApp .exe /SymbolPath:C:\Projects\Symbols /summary:all