方法: コマンド ラインからシンボル ファイルの場所を指定するHow to: Specify Symbol File Locations from the Command Line

関数名や行番号などのシンボル情報を表示するには、VSPerfReport コマンド ライン ツールが、プロファイリングしたコンポーネントおよび Windows システム ファイルのシンボル (.pdb) ファイルにアクセスできる必要があります。To display symbol information such as function names and line numbers, the VSPerfReport command-line tool requires access to the symbol (.pdb) files of the profiled components and the Windows system files. シンボル ファイルは、コンポーネントのコンパイル時に作成されます。Symbol files are created when a component is compiled. 詳細については、「VSPerfReport」を参照してください。For more information, see VSPerfReport. VSPerfReport は、自動的に次の場所でシンボル ファイルを検索します。VSPerfReport automatically searches the following locations for symbol files:

  • /SymbolPath オプションまたは _NT_SYMBOL_PATH 環境変数で指定されたパス。Paths specified in the /SymbolPath option or in the _NT_SYMBOL_PATH environment variable.

  • コンポーネントがコンパイルされた正確なローカル パス。The exact local path where a component was compiled.

  • プロファイル データ (.vsp または .vsps) ファイルが格納されているディレクトリ。The directory that contains the profiling data (.vsp or .vsps) file.

    Microsoft では、多くの自社製品の .pdb ファイルをオンラインのシンボル サーバーで提供しています。Microsoft provides the .pdb files for many of its products online in a symbol server. レポート機能に使用しているコンピューターがインターネットに接続されている場合、VSPerfReport はオンラインのシンボル サーバーに接続してシンボル情報を自動的に検索し、そのファイルをローカル ストアに保存します。If the computer that you are using for reporting is connected to the Internet, VSPerfReport connects to the online symbol server to automatically look up symbol information and save the files to a local store.

    シンボル ファイルおよび Microsoft シンボル サーバー ストアの場所は、次の方法で指定できます。You can specify the location of symbol files and the Microsoft symbol server store in the following ways:

  • _NT_SYMBOL_PATH 環境変数を設定する。Set the _NT_SYMBOL_PATH environment variable.

  • VSPerfReport コマンド ラインに /SymbolPath オプションを追加する。Add the /SymbolPath option to the VSPerfReport command line.

    これらの両方の方法を使用することもできます。You can also use both of these methods.

注意

Visual StudioVisual Studio がローカル コンピューターにインストールされている場合は、Windows シンボル ファイルの場所が既に指定されている可能性があります。If Visual StudioVisual Studio is installed on the local computer, a location for the Windows symbol files probably has been specified already. 詳細については、「方法: Windows シンボル情報を参照する」を参照してください。For more information, see How to: Reference Windows Symbol Information. このトピックで後述するように、その場所とサーバーを使用するよう VSPerfReport を構成する必要があります。You still must configure VSPerfReport to use the location and server as described later in this topic.

Windows シンボル ファイルを指定するSpecifying Windows Symbol Files

Windows シンボル サーバーの使用を構成するにはTo configure the use of the Windows symbol server

  1. 必要に応じて、シンボル ファイルをローカルに格納するためのディレクトリを作成します。If necessary, create a directory to store the symbol files locally.

  2. 次の構文を使用して、_NT_SYMBOL_PATH 環境変数または VSPerfReport /SymbolPath オプションを設定します。Use the following syntax to set the _NT_SYMBOL_PATH environment variable or the VSPerfReport /SymbolPath option:

    srv\* LocalStore *http://msdl.microsoft.com/downloads/symbolssrv\* LocalStore *http://msdl.microsoft.com/downloads/symbols

    ここで、LocalStore は作成したローカル ディレクトリのパスです。where LocalStore is the path of the local directory that you created.

コンポーネント シンボル ファイルを指定するSpecifying Component Symbol Files

プロファイリング ツールは、プロファイルするコンポーネントの .pdb ファイルを、コンポーネントに保存されているファイルの元の場所か、プロファイル データ ファイルが含まれているフォルダー内で検索します。Profiling Tools searches for the.pdb files of the components that you want to profile in their original locations that are stored in the components or in the folder that contains the profiling data file. _NT_SYMBOL_PATH または /SymbolPath オプションに 1 つ以上のパスを追加すれば、他の検索場所を指定できます。You can specify other locations to search by adding one or more paths to _NT_SYMBOL_PATH or to the /SymbolPath option. セミコロンでパスを区切ります。Separate paths with semi-colons.

Example

次のコマンド ラインは、_NT_SYMBOL_PATH 環境変数を Windows シンボル サーバーに設定し、ローカル ディレクトリを C:\Symbols に設定します。The following command line sets the _NT_SYMBOL_PATH environment variable to the Windows symbol server and the local directory to C:\Symbols.

set _NT_SYMBOL_PATH=srv*C:\symbols*http://msdl.microsoft.com/downloads/symbolsset _NT_SYMBOL_PATH=srv*C:\symbols*http://msdl.microsoft.com/downloads/symbols

次の VSPerfReport コマンド ラインは、/SymbolPath オプションを使って C:\Projects\Symbols ディレクトリを検索パスに追加します。The following VSPerfReport command line adds the C:\Projects\Symbols directory to the search path by using the /SymbolPath option.

VSPerfReport MyApp .exe /SymbolPath:C:\Projects\Symbols /summary:allVSPerfReport MyApp .exe /SymbolPath:C:\Projects\Symbols /summary:all