行ビュー - プロファイラー サンプリング データ

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

サンプリング データの行ビューには、プロファイリングを実行してサンプルを収集するときに実行したステートメントのパフォーマンス データが表示されます。

注意

Windows 8 および Windows Server 2012 の強化されたセキュリティ機能によって、Visual Studio プロファイラーがこれらのプラットフォームでデータを収集する方法に大幅な変更が必要になりました。 Windows ストア アプリにも新しい収集手法が必要です。 「Windows 8 および Windows Server 2012 アプリケーションのプロファイリング」を参照してください。

ソース ファイルには、1 つのステートメントを複数の行にわたって記述することも、複数のステートメントを 1 つの行に含めることもできます。 ステートメントは、次のデータによって識別されます。

  • 関数のステートメントを含むソース ファイル。

  • ステートメントを含む関数。

  • ステートメントが始まるソース行。

  • ステートメントが開始されるソース行の文字。

  • ステートメントが終了するソース行。

  • ステートメントが終了するソース行の文字。

    [ソース\/行番号] 列には、識別子データの並べ替え可能な連結が表示されます。

    定義上、ステートメントは他の関数を呼び出しません。 このため、排他的な値のみが表示されます。

説明
プロセス ID プロファイリング実行のプロセス ID (PID)。
プロセス名 プロセスの名前。
[モジュール名] 関数行を含むモジュールの名前。
[モジュール パス] 関数行を含むモジュールのパス。
[ソース ファイル] 関数行を含むソース ファイル。
[関数名] 関数の名前。
[関数行番号] ソース ファイルのこの関数の開始行番号。
[関数アドレス] 関数の開始アドレス。
[ソース開始行] このサンプルが収集されたソース ファイル内の開始行番号。
[ソース終了行] このサンプルが収集されたソース ファイル内の終了行番号。
[ソース開始文字番号] このサンプルが収集されたソース ファイル行内の開始文字のオフセット。
[ソース終了文字番号] このサンプルが収集されたソース ファイル行内の終了文字のオフセット。
ソース\/行番号 次の構文のプロファイラーによって生成される行の識別子:Source File[###;[]Line Number Start,Character Start[] ->; []Line Number End,Character End[###]]
[サンプル数 (関数のみ)] 関数行を実行して収集されたサンプルの総数。
[サンプル % (関数のみ)] プロファイリング実行のすべてのサンプルに対する、関数行を実行して収集されたサンプルの割合。

参照

行ビュー - サンプリング