MarkMark

VSPerfCmd.exe の Mark オプションは、プロファイル データ ファイルに指定した情報を挿入します。The VSPerfCmd.exe Mark option inserts the specified information into the profiling data file. マークは個別の VSPerfReport レポートまたはプロファイラー UI のマーク レポート ビューに一覧表示できます。Mark can be listed in a separate VSPerfReport report or in the Mark Report view of the profiler UI. Mark を使用して、レポートおよびビュー フィルターの開始点と終了点を指定できます。Mark can be used to specify start and end points in report and view filters.

コマンド ラインで指定するオプションは Mark オプションのみにする必要があります。The Mark option must be the only option specified on the command line.

構文Syntax

VSPerfCmd.exe /Mark:MarkID,[MarkName]  

パラメーターParameters

MarkID
プロファイラー ビューおよびレポートにマーク ID として一覧表示される、ユーザー定義の整数。A user-defined integer that is listed as the Mark ID in profiler views and reports. MarkID は一意である必要はありません。MarkID does not have to be unique.

MarkName
(省略可能) プロファイラー ビューおよびレポートにマーク名として一覧表示される、ユーザー定義の文字列。(Optional) A user-defined string that is listed as the Mark Name in profiler views and reports. MarkName が指定されていない場合、マーク一覧のマーク名フィールドは空になります。If MarkName is not specified, the Mark Name field of the mark listing is empty. スペースやスラッシュ ("/") を含む文字列は引用符で囲みます。Enclose strings that contain spaces or forward slashes ("/") in quotation marks.

Example

この例では、ID が 123 でマーク名が "TestMark" というマークを挿入します。This example inserts a mark with an ID of 123 and a mark name of "TestMark".

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Launch:TestApp.exe  
VSPerfCmd.exe /Mark:123,TestMark  

参照See Also

VSPerfCmd VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング Profiling Stand-Alone Applications
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング Profiling ASP.NET Web Applications
プロファイリング (サービスの)Profiling Services