マーク ビューMarks View

[マーク] ビューには、アプリケーションに挿入されたサンプリングおよび ETW イベントが表示されます。The Marks view displays sampling and ETW events that were inserted into the application.

レポートにあらかじめ設定されている既定のマークは、プログラムの開始と終了を示します。The default marks that are prepopulated in the report label the start of the program and the end of the program.

自動的に生成されるマークの Windows カウンター データもこのビューに表示されます。Windows counters data from automatically generated marks is also presented in this view. 詳細については、「方法: Windows カウンター データを収集する」を参照してください。For more information, see How to: Collect Windows Counter Data.

2 つのマークに対してフィルターを作成するには、マークを選択し、右クリックして、[マークにフィルターを追加] または [タイムスタンプにフィルターを追加] をクリックします。To create a filter between two marks, select the marks, right-click, and then click Add Filter by Marks or Add Filter by Timestamp.

次の表に、[マーク] ビューで使用できる列の定義を示します。The following table provides the definitions of columns that are available in the Marks view.

マーク IDMark ID
プロファイリング マークの一意識別子です。Unique Identifier of the profiling mark.

マーク名Mark Name
イベントの名前です。The name of the event.

タイムスタンプTimestamp
プロファイリングを開始してからイベントが記録されるまでの時間です。Time from the start of profiling to the time that the event is recorded.

Windows パフォーマンス カウンター データWindows performance counter data
Windows パフォーマンス カウンター データが収集される場合は、その値がカウンターの名前の付いた列に表示されます。When Windows performance counter data is collected the values are displayed in a column that has the name of the counter.

参照See Also

パフォーマンス レポートの概要 Performance Report Overview
方法: Windows カウンター データを収集する How to: Collect Windows Counter Data
[NIB] [データ収集コントロール] ウィンドウ[NIB] Data Collection Control Window