メッセージ マーカー

メッセージ マーカーは、ログ出力を表します。 メッセージは、特定のスレッドによって特定の時間に発行される文字列です。 メッセージは、その他のツールで使用するためにテキスト ファイルにエクスポートできます。 メッセージ文字列を確認するには、同時実行ビジュアライザーで、メッセージにポインターを置くことができます。 そして、マーカー レポートで、すべてのメッセージ マーカーを確認できます。 次の図は、メッセージ マーカーを示しています。

メッセージの集約マーカー

同時実行ビジュアライザーで、複数のメッセージが相互に近接しすぎて、個別に描画できないことがあります。 そのような場合には、基になるメッセージを表すメッセージ集約マーカーが表示されます。 それらのアイコンのいずれかにポインターを置くと、表現されている、基になるメッセージの数がツールヒントに表示されます。 メッセージを表示するには、ズームインします。 限界までズームインしてもなお集約マーカーが表示される場合には、基になるメッセージをマーカー レポートで確認できます。

関連項目

同時実行ビジュアライザー マーカー
同時実行ビジュアライザー SDK