パフォーマンス レポートの概要Performance Report Overview

Visual Studio Team System Development Edition の統合開発環境 (IDE) の [パフォーマンス レポート] ウィンドウでパフォーマンス セッションのプロファイリング データを表示できます。You can view the profiling data of a performance session in the Performance Report window of the Visual Studio Team System Development Edition integrated development environment (IDE). プロファイリング データは .vsp ファイルと .vsps ファイルに保存されます。The profiling data is saved in .vsp and .vsps files. レポート ビュー ウィンドウでは、アプリケーションのパフォーマンス上の問題を表示して分析できます。Report view windows enable you to view and analyze application performance issues.

注意事項

プロファイリング データ ファイルには、コンピューター名、オペレーティング システムのバージョン、ファイル パス、メモリ情報、その他のコンピューターの設定に関する情報などの機密情報が含まれます。A profiling data file contains sensitive information such as the computer name, the version of the operating system, file paths, memory information, and other computer setup information. .vsp ネイティブ形式であっても、.csv ファイルまたは .xml ファイルにエクスポートした場合であっても、データの配布に関しては厳密に管理する必要があります。You should maintain strict control over the distribution of the data, both in its native .vsp format and when it is exported to a .csv or an .xml file.

イベント トレース データがパフォーマンス セッションの一部として収集された場合は、追加の情報がイベント トレース ログ (.etl) ファイルに含まれる場合があります。If event tracing data is collected as part of the performance session, additional information might appear in the event tracing log (.etl) file. このような情報には、ドメインやユーザー名が含まれます。したがって、ログ ファイルの配布に関して厳密に管理する必要があります。This information includes your domain and user name; therefore, you should maintain strict control over the distribution of the log file.

[パフォーマンス レポート] ウィンドウPerformance Report Window

[パフォーマンス レポート] ウィンドウは、パフォーマンス データの表示、管理、フィルター処理に使用するツール ウィンドウです。このウィンドウには、カスタマイズ可能なクエリ コントロールが含まれます。The Performance Report window is a tool window that is used to view, manage, and filter performance data and it includes a customizable query control.

[パフォーマンス レポート] ウィンドウのメイン ツール バーから、各ビューにアクセスできます。On the main toolbar of the Performance Report window, you can access each view. [現在のビュー] の一覧の横にある矢印をクリックし、使用できる個々のビューを表示して選択します。Click the arrow next to the Current View list to display and select the individual views that are available.

[パフォーマンス レポート] ウィンドウには、次のデータ ビューがあります。The Performance Report window provides the following data views:

概要 ビューSummary View

既定では、[概要] ビューにプロファイリング データが表示されます。By default, profiling data is displayed in the Summary view. このビューが、パフォーマンス上の問題に関する調査を行う際の開始点となります。This view is a starting point in your investigation into performance issues. [概要] ビューの各行から、さらに詳しいビューに移動するには、関数名またはモジュール名を右クリックします。From each line in the Summary view, you can move to more detailed views by right-clicking the function or module name. 詳細については、「概要ビュー」を参照してください。For more information, see Summary View.

[呼び出し元/呼び出し先] ビューCaller/Callee View

[呼び出し元/呼び出し先] ビューには個々の関数のコール ツリーが表示されます。The Caller/Callee view displays a call tree for an individual function. このビューは 3 つの部分に分かれています。The view is divided into three parts:

  • 対象の関数がビューの中央部に表示されます。The target function is displayed in the middle of the view.

  • 関数を呼び出した関数 (呼び出し元) が、対象の関数の上に表示されます。The functions that called the function (callers) are displayed above the target function.

  • 対象の関数によって呼び出された関数 (呼び出し先) が、対象の関数の下に表示されます。The functions that are called by the target function (callees) are displayed below the target.

    呼び出し元の一覧や呼び出し先の一覧にある関数をダブルクリックし、別の関数を選択できます。You can select a different function by double-clicking any function in the called list or the callee list. 詳細については、「[呼び出し元/呼び出し先] ビュー」を参照してください。For more information, see Caller/Callee View.

コール ツリー ビューCall Tree View

[コール ツリー] ビューには、プロファイリングされるアプリケーションで走査された関数の実行パスが表示されます。The Call Tree view displays the function execution paths that were traversed in the profiled application. ツリーのルートは、アプリケーションまたはコンポーネントへのエントリ ポイントです。The root of the tree is the entry point into the application or component. 各関数ノードは、呼び出したすべての関数と、その関数呼び出しに関するパフォーマンス データを表示します。Each function node lists all the functions that it called and performance data about those function calls.

[コール ツリー] ビューでは、最も時間を消費した関数や最も頻繁にサンプリングされた関数の実行パスを展開したり強調表示したりすることもできます。The Call Tree view can also expand and highlight the execution path of a function that consumed the most time or was sampled most frequently. 最もアクティブなパスを表示するには、関数を右クリックし、[ホット パスの展開] をクリックします。To display the most active path, right-click the function and then click Expand Hot Path. 詳細については、「コール ツリー ビュー」を参照してください。For more information, see Call Tree View.

プロセス ビューProcess View

[プロセス] ビューには、プロファイリングされた各プロセスとスレッドのパフォーマンス データが表示されます。The Process view displays performance data for each process and thread that was profiled. 詳細については、「プロセス ビュー」を参照してください。For more information, see Process View.

モジュール ビューModules View

[モジュール] ビューには、プロジェクト内のモジュールが一覧表示され、各モジュールのプロファイリング データが示されます。The Modules view lists the modules in the project and presents profiling data for each module. モジュール名を展開するか折りたたんで関数のプロファイリング データを表示します。Expand or collapse the module name to display function profiling data. サンプリングを使用してデータを収集したときは、ソース コード行と命令ポインターのプロファイリング データも使用できます。When the data was collected by using sampling, source code line and instruction pointer profiling data is also available. 詳細については、「モジュール ビュー」を参照してください。For more information, see Modules View.

関数ビューFunctions View

[関数] ビューには、プロファイリング中に呼び出された関数が一覧表示されます。The Functions view lists the functions that were called during profiling. 詳細については、「関数ビュー」を参照してください。For more information, see Functions View.

行ビューLine View

[行] ビューでは、サンプリング プロファイリング中に実行された特定のソース コード行を表示できます。The Lines view enables you to view the specific source code lines that were executed during sampling profiling. 詳細については、「行ビュー」を参照してください。For more information, see Lines View.

命令ポインター (IP) ビューInstruction Pointer (IP) View

[命令ポインター] ビューでは、サンプリング プロファイリング中に実行された特定の命令を表示できます。The Instruction Pointer view enables you to view the specific instructions that were executed during sampling profiling. 詳細については、「命令ポインター (IP) ビュー」を参照してください。For more information, see Instruction Pointers (IPs) View.

割り当てビューAllocation View

[割り当て] ビューは、[パフォーマンス セッション] プロパティ ダイアログ ボックスの [全般] ページで [.NET オブジェクトの割り当て情報を収集] を選択した場合に使用できます。The Allocation view is available if Collect .NET object allocation was selected on the General page of the Performance Session properties dialog box. パフォーマンス セッションの概要」を参照してください。See Performance Session Overview. [割り当て] ビューには、アプリケーションまたはコンポーネントによって割り当てられた .NET オブジェクトの一覧が表示されます。The Allocation view lists the .NET objects that were allocated by the application or component. オブジェクト行を展開すると、コール ツリーが表示されます。When an object row is expanded, a call tree is displayed. コール ツリーは、そのオブジェクトを作成することになった実行パスを示します。The call tree shows the execution paths that resulted in the creation of the object. コール ツリーの関数ごとに、子を含む割り当てと関数のみの割り当ての数に関する情報も表示されます。Information is also displayed about the number of inclusive and exclusive allocations for each function in the call tree. [割り当て] ビューでは、最大数のオブジェクトを割り当てた関数の実行パスを展開したり強調表示したりすることもできます。The Allocation view can also expand and highlight the execution path of a function that allocated the largest number of objects. 最もアクティブなパスを表示するには、関数を右クリックし、[ホット パスの展開] をクリックします。To display the most active path, right-click the function and then click Expand Hot Path. 詳細については、「.NET メモリの割り当ておよび有効期間データの収集」と「.NET メモリの割り当てビュー」を参照してください。For more information, see Collecting .NET Memory Allocation and Lifetime Data and Allocations View.

オブジェクトの有効期間ビューObjects Lifetime View

[オブジェクトの有効期間] ビューは、[パフォーマンス セッション] プロパティ ダイアログ ボックスの [全般] ページの [.NET オブジェクトの割り当て情報を収集][.NET オブジェクトの有効期間情報も収集] を選択した場合に使用できます。The Object Lifetime view is available if Collect .NET object allocation information and Also collect .NET object lifetime information were selected on the General page of the Performance Session properties dialog box.

[オブジェクトの有効期間] ビューには、各型のインスタンスの合計数と、ガベージ コレクションを生成するたびに収集されたオブジェクトの数が表示されます。The Object Lifetime view displays the total number of instances of each type and the number of objects that were collected in each garbage collection generation. 詳細については、「オブジェクトの有効期間ビュー」を参照してください。For more information, see Object Lifetime View.

カスタマイズ可能なフィルター コントロールCustomizable Filter Control

カスタマイズ可能なフィルター コントロールには、次のオプションがあります。The customizable filter control has the following options:

  • [フィルターのインポート] - 以前に保存されたカスタム クエリを取得します。Import Filter - retrieves a previously saved custom query.

  • [フィルターのエクスポート] - カスタム クエリを指定の場所に保存します。Export Filter - saves the custom query to the specified location.

  • [クエリの実行] - カスタム クエリ コントロールに表示されるクエリを実行します。Execute Query - runs the query as displayed in the custom query control.

  • [クエリの停止] - 実行中のクエリの実行を停止します。Stop Query - stops execution of a query that is running. クエリが実行中でない場合、このボタンは使用できません。This button is not available if no query is running.

  • [クエリの表示] - カスタム クエリ コントロールを表示または非表示にします。Show Query - shows/hides the custom query control.

  • [分析されたものを保存] - .vsps ファイルとして、現在の分析と共にレポートを保存します。Save Analyzed - saves the report together with its current analysis as a .vsps file.

  • [エクスポート] - .CVS 形式または .XML 形式のファイルに現在のレポートを保存します。別のビューで保存するためのオプションを指定できます。Export - saves the current report in .CVS-formatted or .XML-formatted file, with options to save the different views.

関連項目See Also

パフォーマンス ツール データの分析 Analyzing Performance Tools Data
パフォーマンス レポートのビューPerformance Report Views