PF

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

VSPerfCmd.exe の PF オプションは、ページ フォールトでサンプリングされるプロファイル イベントを設定し、オプションで、サンプリング間隔のページ フォールト数を既定の 10 から変更します。

注意

PF を 64 ビット システムで使用することはできません。

メモ
PF は 64 ビット コンピューターではサポートされていません。PF は、Launch オプションまたは Attach オプションを含むコマンド ラインでのみ使用できます。

既定では、サンプリング イベントはプロセッサのクロック サイクル数 (停止なし) に設定され、サンプリング間隔は 10,000,000 に設定されます。 TimerPFSysCounter の各オプションを使用すると、サンプリング イベントおよびサンプリング間隔を設定できます。 GC オプションは、各割り当ての .NET メモリ データおよびガベージ コレクション イベントを収集します。 コマンド ラインでは、これらのオプションのうち 1 つのみを指定できます。

サンプリング イベントおよびサンプリング間隔は、Launch オプションまたは Attach オプションを含む最初のコマンド ラインでのみ設定できます。

構文

VSPerfCmd.exe {/Launch:AppName|/Attach:PID} /PF[:Events] [Options]  

パラメーター

Events
サンプリング間隔におけるページ フォールト数を指定する整数値。 Events を指定しない場合、間隔は 10 に設定されます。

必須のオプション

PF は次のオプションのうちのいずれか 1 つを含むコマンド ラインでのみ指定できます。

Launch: AppName
プロファイラーと、AppName で指定したアプリケーションを起動します。

Attach: PID
プロファイラーを AppName で指定されたプロセスにアタッチします。

無効なオプション

以下のオプションは、コマンド ラインで PF と同時には指定できません。

Timer[:Cycles]
サンプリング イベントをプロセッサのクロック サイクルに設定し、オプションでサンプリング間隔を Cycles に設定します。 既定の Timer 間隔は 10,000,000 です。

Sys[:Events]
サンプリング イベントを、プロファイリングされたアプリケーションからオペレーティング システムのカーネル (syscalls) への呼び出しに設定し、オプションでサンプリング間隔を Events に設定します。 既定の Sys 間隔は 10 です。

Counter: Name[,Reload[,FriendlyName]]
サンプリング イベントを Name で指定した CPU パフォーマンス カウンターに設定し、サンプリング間隔を Reload に設定します。

GC[:{Allocation|Lifetime}]
.NET メモリ データを収集します。 既定 (Allocation) では、データはメモリの割り当てイベントごとに収集されます。 Lifetime パラメーターが指定された場合、ガベージ コレクション イベントごとのデータも収集されます。

使用例

この例では、プロファイリング サンプル イベントをページ フォールトに設定し、サンプリング間隔を 20 のページ フォールトに設定する方法を示します。

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Launch:TestApp.exe /PF:20  

参照

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)