PFPF

VSPerfCmd.exe の PF オプションは、サンプリングするプロファイル イベントをページ フォールトに設定し、必要に応じて、サンプリング間隔のページ フォールト数を既定の 10 から変更します。The VSPerfCmd.exe PF option sets the profiling event that is sampled to page faults, and it optionally changes the number of page faults in a sampling interval from the default of 10.

注意

PF を 64 ビット システムで使用することはできません。PF can not be used on 64 bit systems.

注: PF は 64 ビット コンピューターではサポートされていません。PF は、Launch オプションまたは Attach オプションも含むコマンド ラインでのみ使用できます。Note PF is not supported on 64 bit computers.PF can only be used in a command line that also contains the Launch or the Attach option.

既定では、サンプリング イベントはプロセッサのクロック サイクル (停止なし) に設定され、サンプリング間隔は 10,000,000 に設定されます。By default, the sampling event is set to non-halted processor clock cycles and the sampling interval is set to 10,000,000. TimerPFSysCounter の各オプションを使用すると、サンプリング イベントおよびサンプリング間隔を設定できます。The Timer, PF, Sys, and Counter options enable you to set the sample event and sampling interval. GC オプションは、割り当ておよびガベージ コレクション イベントが発生するたびに、.NET メモリ データを収集します。The GC option collects .NET memory data at each allocation and garbage collection event. コマンド ラインには、上記のオプションのいずれか 1 つだけを指定できます。Only one of these options can be specified on a command line.

サンプリング イベントおよびサンプリング間隔は、Launch または Attach オプションを含む最初のコマンド ラインでのみ設定できます。The sampling event and sampling interval can be set only in the first command line that contains a Launch or an Attach option.

構文Syntax

VSPerfCmd.exe {/Launch:AppName|/Attach:PID} /PF[:Events] [Options]  

パラメーターParameters

Events
サンプリング間隔でのページ フォールト イベント数を指定する整数値。An integer value that specifies the number of page fault events in a sampling interval. Events が指定されていない場合、間隔は 10 に設定されます。If Events is not specified, the interval is set to 10.

必須オプションRequired Options

PF は、次のオプションのいずれかを含むコマンド ラインでのみ指定できます。PF can only be specified on a command line that contains one of the following options.

Launch: AppNameLaunch: AppName
プロファイラーと、AppName で指定されたアプリケーションを起動します。Starts the profiler and the application specified by AppName.

Attach: PIDAttach: PID
プロファイラーを AppName で指定されたプロセスにアタッチします。Attaches the profiler to the process specified by AppName.

無効なオプションInvalid Options

以下のオプションは、PF と同じコマンド ラインでは指定できません。The following options cannot be specified on the same command line as PF.

Timer[:Cycles]Timer[:Cycles]
サンプリング イベントをプロセッサのクロック サイクルに設定し、必要に応じてサンプリング間隔を Cycles に設定します。Sets the sampling event to processor clock cycles and optionally sets the sampling interval to Cycles. 既定の Timer 間隔は 10,000,000 です。The default Timer interval is 10,000,000.

Sys[:Events]Sys[:Events]
サンプリング イベントを、プロファイリングされたアプリケーションからオペレーティング システムのカーネル (syscalls) への呼び出しに設定し、必要に応じて、サンプリング間隔を Events に設定します。Sets the sampling event to calls from the profiled application to the operating system kernel (syscalls) and optionally sets the sampling interval to Events. 既定の Sys 間隔は 10 です。The default Sys interval is 10.

Counter: Name[,Reload[,FriendlyName]]Counter: Name[,Reload[,FriendlyName]]
サンプリング イベントを、Name で指定された CPU パフォーマンス カウンターに設定し、サプリング間隔を Reload に設定します。Sets the sampling event to the CPU performance counter specified by Name and sets the sampling interval to Reload.

GC[:{Allocation|Lifetime}]GC[:{Allocation|Lifetime}]
.NET メモリ データを収集します。Collects .NET memory data. 既定 (Allocation) では、データはメモリの割り当てイベントごとに収集されます。By default (Allocation), data is collected at every memory allocation event. Lifetime パラメーターが指定されている場合、ガベージ コレクション イベントごとのデータも収集されます。When the Lifetime parameter is specified, data is also collected at each garbage collection event.

Example

この例では、プロファイリング サンプル イベントをページ フォールトに設定し、サンプリング間隔を 20 のページ フォールトに設定する方法を示します。This example demonstrates how to set the profiling sample event to page faults and set the sampling interval to 20 page faults.

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Launch:TestApp.exe /PF:20  

関連項目See Also

VSPerfCmd VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング Profiling Stand-Alone Applications
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング Profiling ASP.NET Web Applications
プロファイリング (サービスの)Profiling Services