優先時間Preemption Time

タイムライン内のこれらのセグメントは、優先として分類されるブロック時間と関連付けられています。These segments in the timeline are associated with the blocking time that is categorized as Preemption. このカテゴリは、次のいずれかの理由によってスレッドが切り替えられたことを意味します。This category implies that a thread is switched out because of one of these reasons:

  • より優先順位の高いスレッドを使用してスケジューラが置換した。The scheduler replaced it by using a higher priority thread.

  • そのスレッドの実行クォンタムが期限切れになり、別のスレッドの実行準備が整った。The execution quantum of the thread expired and other threads were ready to execute.

    この期間中、同時実行ビジュアライザーが優先としてカウントしているカーネル待機理由によって、1 つのスレッドがブロックされています。During this time, a thread has been blocked by a kernel wait reason that the Concurrency Visualizer is counting as Preemption. 優先セグメントは、1 つのスレッドが論理コアから排除されたときに開始し、そのスレッドが実行を再開したときに終了します。Preemption segments start when a thread is pushed out of a logical core, and end when that thread resumes execution.

    優先セグメントのツールヒントには、優先の原因となったプロセスまたはスレッドの名前が表示されます。The tooltip for a preempted segment displays the name of the process or thread that caused the preemption. ただし、優先されたプロセスまたはスレッドが優先期間を通じて実際に実行されることを意味するものではありません。However, this does not imply that the process or thread that took over actually ran throughout the preempted period.

関連項目See Also

スレッド ビューThreads View