高性能コンピューティング (HPC) クラスターでのプロファイリングProfiling on HPC (High Performance Computing) Clusters

Microsoft Visual Studio PremiumMicrosoft Visual Studio Premium プロファイリング ツールまたは Microsoft Visual Studio UltimateMicrosoft Visual Studio Ultimate プロファイリング ツールのサンプリング メソッドを使用して、Microsoft Windows HPC クラスターの計算ノード上でプロファイリングを実行できます。You can profile on compute nodes of Microsoft Windows HPC clusters by using the sampling method of the Microsoft Visual Studio PremiumMicrosoft Visual Studio Premium or Microsoft Visual Studio UltimateMicrosoft Visual Studio Ultimate Profiling Tools. HPC の詳細については、Microsoft の Web サイトの Windows HPC に関する記事を参照してください。For more information about HPC see Windows HPC on the Microsoft Web site.

必須コンポーネントPrerequisites

HPC 計算ノード上でプロファイリングを実行する前に、次の操作を実行する必要があります。To profile on a HPC compute node, you must do the following:

  • Visual Studio PremiumVisual Studio Premium と同じコンピューター上に Microsoft HPC Pack 2008 をインストールします。Install Microsoft HPC Pack 2008 on the same computer as Visual Studio PremiumVisual Studio Premium. HPC クラスターの一部を構成するコンピューターである必要はありません。The computer does not have to be part of the HPC cluster. Microsoft ダウンロード センターで HPC Pack をインストールできます。You can install the HPC Pack at the Microsoft Download Center.

  • .NET Framework 4.NET Framework 4 とスタンドアロン バージョンのプロファイリング ツールを HPC 計算ノードにインストールします。Install the .NET Framework 4.NET Framework 4 and the stand-alone version of the Profiling Tools on the HPC compute node. Visual Studio PremiumVisual Studio Premium のインストール メディアで、.NET Framework.NET Framework とスタンドアロン プロファイラーの両方のインストール プログラムを入手できます。Install programs for both the .NET Framework.NET Framework and the stand alone profiler are available on the Visual Studio PremiumVisual Studio Premium installation media. メモ .NET Framework.NET Framework をインストールし終えたら、プロファイリング ツールをインストールする前に、計算ノードを再起動する必要があります。Note You must restart the compute after you have installed .NET Framework.NET Framework and before you install the Profiling Tools.

    アクティブな HPC 計算ノードに .NET Framework 4.NET Framework 4 とスタンドアロンのプロファイリング ツールをインストールし、クラスター コンピューター上でのプロファイリングを有効にするには、次の手順を実行します。To install the .NET Framework 4.NET Framework 4 and the stand-alone Profiling Tools on an active HPC compute node and enable profiling on the cluster machine, follow these steps:

  1. HPC Pack と一緒にインストールされたコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Open the command prompt window that is installed with the HPC pack.

  2. 次のコマンドをそれぞれ別のコマンド プロンプトで入力します。Type the following commands at separate command prompts:

    1. clusrun /all /scheduler: %HeadNode% %FxPath% /q /norestartclusrun /all /scheduler: %HeadNode% %FxPath% /q /norestart

    2. clusrun /all /scheduler: %HeadNode% shutdown /r /t 0 /d u:4:2 /c "Microsoft .NET Framework install required restart"clusrun /all /scheduler: %HeadNode% shutdown /r /t 0 /d u:4:2 /c "Microsoft .NET Framework install required restart"

    3. clusrun /all /scheduler: %HeadNode% %ProfilerPath% /q /norestartclusrun /all /scheduler: %HeadNode% %ProfilerPath% /q /norestart

%HeadNode%%HeadNode% クラスターのヘッド ノードの名前。Name of the head node for the cluster.
%FxPath%%FxPath% .NET Framework 4.NET Framework 4 インストーラーへのパス。Path to the .NET Framework 4.NET Framework 4 installer. Visual Studio PremiumVisual Studio Premium インストール メディア上のパスは、WCU\dotNetFramework\dotNetFx40_Full_x86_x64.exe です。On the Visual Studio PremiumVisual Studio Premium installation media the path is: WCU\dotNetFramework\dotNetFx40_Full_x86_x64.exe
%ProfilerPath%%ProfilerPath% スタンドアロン バージョンのプロファイリング ツール インストーラーへのパス。Path to the standalone version of the Profiling Tools installer. Visual Studio PremiumVisual Studio Premium インストール メディア上のパスは、Standalone Profiler\x64\vs_profiler.exe です。On the Visual Studio PremiumVisual Studio Premium installation media the path is: Standalone Profiler\x64\vs_profiler.exe

HPC 計算ノード上でのプロファイリングProfiling on an HPC Compute Node

HPC パフォーマンス ウィザードを使用してプロファイリング セッションを構成し、HPC クラスターや対象の情報を指定します。You configure a profiling session by using the HPC Performance Wizard to specify the HPC cluster and target information. パフォーマンス セッションのプロパティ ページで、追加のオプションを設定できます。You can set additional options in the performance session property pages. プロファイリング ツールにより、必要な対象バイナリが自動的に配置され、プロファイラーと HPC アプリケーションが起動されます。The Profiling Tools automatically deploy the necessary target binaries and start the profiler and the HPC application.

HPC 計算ノード上でプロファイリングを実行するにはTo profile on an HPC compute node

  1. [分析] メニューの [HPC パフォーマンス ウィザードの起動] をクリックします。On the Analyze menu, click Launch HPC Performance Wizard. このコマンドが使用できない場合は、前述の前提条件をご確認ください。If the command is not available, make sure that you have the prerequisites listed above.

  2. ウィザードの最初のページで [次へ] をクリックします。Click Next on the first page of the wizard.

  3. ウィザードの 2 ページ目で、プロファイリングを実行するアプリケーションを選択します。On the second page of the wizard, select the application that you want to profile.

    • Visual StudioVisual Studio で現在開いているプロジェクトのプロファイリングを実行するには、[使用可能な 1 つ以上のプロジェクト] オプションを選択してから、一覧内のプロジェクト名を選択します。To profile a project that is currently open in Visual StudioVisual Studio, select the One or more available projects option and then select the project name from the list.

    • 開いているプロジェクト内に存在しないバイナリのプロファイリングを実行するには、[実行可能ファイル (.EXE ファイル)] オプションを選択します。To profile a binary that is not in an open project select An executable (.EXE file) option.

  4. [次へ]をクリックします。Click Next.

  5. ウィザードの 3 番目のページ:On the third page of the wizard:

    • 開いているプロジェクト内に存在しない実行可能ファイルのプロファイリングを実行する場合は、[実行可能ファイルへの完全パスを指定] にバイナリ ファイルへのパスを指定します。If you are profiling an executable that is not in an open project, specify the path to the binary file in What is the full path to the executable.

    • 開いているプロジェクト内に存在しない実行可能ファイルのプロファイリングを実行する場合は、指定されたプロセスに渡す任意のコマンド ライン引数を [コマンド ライン引数] に指定できます。If you are profiling an executable that is not in an open project, you can specify any command-line arguments to pass to the process in Command-line arguments.

    • [リモート作業ディレクトリ] で、各計算ノード上のプロセス インスタンスで使用されるフォルダーへのパスを指定します。In Remote working directory, specify the path to the folder that is used by the process instances on the individual compute nodes.

    • [配置場所] で、HPC サーバーによる配置対象イメージのステージングに使用されるディレクトリへのパスを指定します。In Deployment location, specify the path to the directory that the HPC server uses to stage images for deployment.

  6. [次へ]をクリックします。Click Next.

  7. ウィザードの 4 ページ目で、次の操作を実行します。On the fourth page of the wizard:

    • [ヘッド ノード] の一覧で、プロファイリング実行時に HPC のヘッド ノードとして機能するコンピューターをクリックします。In the Head Node list, click the computer that acts as the HPC head node in the profiling run. [ヘッド ノード] に "localhost" を指定すると、クラスターを使用することなく、ローカル コンピューター上でプロファイリングを実行できます。The Head Node can be "localhost", which enables you to profile on the local machine without the need for a cluster.

    • [プロセス数] の一覧で、実行するアプリケーションのインスタンス数をクリックします。In the Number of processes list, click the number of instances of the application to run.

    • [プロファイル オプション] の一覧で、プロファイリング対象を選択します。From the Profiling options list, select the profiling target.

      クラスター内の特定のプロセスをプロファイリングするには、[順位でのプロファイル] オプションを選択し、ドロップダウン リストからプロセスの順位を選択します。To profile a specific process in the cluster, select the Profile on rank option and then select the rank of the process from the drop-down list.

      HPC クラスター内の特定のノード上で実行される 1 つ以上のプロセスをプロファイリングするには、[ノードでのプロファイル] オプションを選択し、ドロップダウン リストからノードを選択します。To profile the process or processes that run on a specific node in the HPC cluster, select the Profile on node option and then select the node from the drop-down list.

  8. [次へ]をクリックします。Click Next.

  9. ウィザードの 5 ページ目で、プロファイラーとプロファイリング プロセスをすぐに開始できます。または、パフォーマンス エクスプローラーを使用して後からプロファイリングを開始することもできます。On the fifth page of the wizard, you can choose to immediately start the profiler and the profiling process or to start profiling later by using Performance Explorer.

    • すぐにプロファイリングを開始する場合は、[ウィザードの完了後にプロファイルを起動する] を選択します。手動でプロファイリングを開始する場合は、このチェック ボックスをオフにします。Select Launch profiling after the wizard finishes to start profiling immediately, or clear the check box to start profiling manually.
  10. [完了]をクリックします。Click Finish.

パフォーマンス セッションのプロパティ ページを使用した HPC プロファイリング プロパティの設定Setting HPC Profiling Properties By Using Performance Session Property Pages

HPC プロファイル ウィザードで設定されたパフォーマンス セッションのプロパティを、パフォーマンス セッションのプロパティ ページの [HPC 起動プロパティ] ページで変更できます。You can change the performance session properties that you set on the HPC Profiling Wizard on the HPC Launch Properties page of the performance session properties page. [HPC 詳細プロパティ] ページで、追加のオプションを設定できます。You set additional options on the HPC Advanced Properties page.

パフォーマンス セッションのプロパティ ページを開くにはTo open the performance session property pages

  1. 必要に応じて、パフォーマンス エクスプローラーでパフォーマンス セッション ファイル (拡張子 .psess が付いたファイル) を開きます。If necessary, open the performance session (.psess) file in Performance Explorer. [ファイル] メニューの [開く] をクリックし、ファイルを探します。On the File menu, click Open and locate the file.

  2. パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッション名を右クリックして [プロパティ] をクリックします。In Performance Explorer, right-click the performance session name and then click Properties.

  3. [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの方法を使用します。In the Property Pages dialog box, use one of the following methods:

    • HPC プロファイリングを有効にする場合は、[全般] をクリックして [HPC クラスターで収集] を選択します。HPC プロファイリングを無効にする場合は、このチェック ボックスをオフにします。Click General and then select Collect on HPC Cluster to turn HPC profiling on or clear the check box to disable HPC profiling.

    • HPC アプリケーションの開始プロパティを変更する場合は、[HPC 起動プロパティ] をクリックします。Click HPC Launch Properties to change the properties that start the HPC application.

    • 追加のオプションを設定する場合は、[HPC 詳細プロパティ] をクリックします。Click HPC Advanced Properties to set additional options

HPC 起動プロパティHPC Launch Properties

プロパティProperty 説明Description
ヘッド ノードHead node プロファイリング実行時に HPC のヘッド ノードとして機能するコンピューターを指定します。Specifies the computer that acts as the HPC head node in the profiling run.
プロセス数Number of processes プロファイリング対象のアプリケーション内で実行するアプリケーションのインスタンス数を指定します。Specifies the number of instances of the application to run in the profiled application.
順位でのプロファイルProfile on rank クラスター内の特定のプロセスをプロファイリングするには、[順位でのプロファイル] オプションを選択し、ドロップダウン リストからプロセスの順位を選択します。To profile a specific process in the cluster, select the Profile on rank option and then select the rank of the process from the drop-down list.
ノードでのプロファイルProfile on node HPC クラスター内の特定のノード上で実行される 1 つ以上のプロセスをプロファイリングするには、[ノードでのプロファイル] オプションを選択し、ドロップダウン リストからノードを選択します。To profile the process or processes that run on a specific node in the HPC cluster, select the Profile on node option and then select the node from the drop-down list.
リモート作業ディレクトリRemote working directory 各計算ノード上のプロセス インスタンスで使用されるフォルダーへのパスを指定します。Specifies the path to the folder that is used by the process instances on the individual compute nodes.
配置場所Deployment location HPC サーバーによる配置対象イメージのステージングに使用されるディレクトリへのパスを指定します。Specifies the path to the directory that the HPC server uses to stage images for deployment.

高度なプロパティAdvanced Properties

プロパティProperty 説明Description
プロジェクト名Project name 現在の Visual StudioVisual Studio プロジェクトまたはソリューションの名前を指定します。The name of the current Visual StudioVisual Studio project or solution.
プロファイラーの停止時にクリーンアップClean up when profiler is stopped このオプションを選択すると、実行ディレクトリに配置されたバイナリが削除されます。When true, removes the binaries that have been deployed to the execution directory. この手順では、ユーザー プログラムによって作成されたファイルとディレクトリは削除されません。Files and directories created by the user program are not removed in this step. 実行ディレクトリと配置ディレクトリが IDE によって作成されたものの場合、IDE によってそれらのディレクトリの削除が試みられますが、IDE によって配置されたのではないファイルがディレクトリに含まれている場合は、そのディレクトリの削除が試みられることはありません。If the execution directory and deployment directory were created by the IDE, the IDE attempts to remove them but does not do so if they have files not deployed by the IDE.
配置する追加ファイルAdditional files to deploy 計算ノード上に配置する追加ファイルをセミコロンで区切った一覧を指定します。Specifies a semicolon separated list of any additional files to deploy on the compute node. 省略記号ボタン (...) をクリックしてダイアログ ボックスを使用すると、複数のファイルを選択できます。You can click the ellipsis button (...) to select multiple files by using a dialog box.
MPIExec コマンドMpiexec command MPI アプリケーションを開始するためのアプリケーションを指定します。Specifies the application that starts the MPI application. 既定値は mpiexec.exe です。The default value is mpiexec.exe
MPIExec の引数Mpiexec arguments mpiexec.exe コマンドに渡す引数を指定します。Specifies the arguments to pass to the mpiexec.exe command.
クラスター上の要求されたノードRequested nodes on the cluster アプリケーションを実行するクラスター上のノード数を指定します。Specifies the number of nodes on the cluster on which to run the application.
CRT ファイルの配置Deploy CRT files このオプションを選択すると、C/C++ ランタイムをクラスター上に配置します。When true, deploys the C/C++ run time on the cluster.
プロファイル前スクリプトPre-profile script プロファイリング セッションの開始前に、ローカルの開発用コンピューター上で実行するスクリプトのパスとファイル名を指定します。Specifies the path and file name of a script to run on the local development computer before the profiling session starts.
プロファイル前スクリプトの引数Pre-profile script arguments プロファイル前スクリプトに渡す引数を指定します。Specifies the arguments to pass to the pre-profile script.
プロファイル後スクリプトPost-profile script プロファイリング セッションの終了後に、ローカルの開発用コンピューター上で実行するスクリプトのパスとファイル名を指定します。Specifies the path and file name of a script to run on the local development computer after the profiling session ends.
プロファイル後スクリプトの引数Post-profile script arguments プロファイル後スクリプトに渡す引数を指定します。Specifies the arguments to pass to the post-profile script.