リソースの詳細ビュー - プロファイラー競合データ

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

リソースの詳細ビューには、選択したリソースに対する競合によって発生したブロック イベントがタイムライン グラフで表示されます。 ブロック イベントは、リソースに対するアクセスを別のスレッドがロックしているために、スレッドが実行を中断されたときに発生します。

このビューには、各スレッドの実行タイムラインが横軸で、スレッドのタイムライン上に各ブロック イベントが縦棒で示されます。 必要に応じて、タイムラインの特定のセクションを拡大して、個別のイベントを表示することもできます。 イベントに到達するまでの関数の実行パス (呼び出し履歴) を表示するには、そのイベントの棒をクリックします。 関数が [呼び出し履歴] ウィンドウに表示されます。 関数のソース コードが使用可能な場合は、関数名をクリックして、Visual Studio のインターフェイスでソース ファイルを編集できます。

手順

タイムライン セグメントを拡大するには

  • タイムラインの領域上にマウス ポインターをドラッグします。

    マウス ボタンを離すと、選択した時間セグメントが拡大されます。 このプロセスを繰り返して、セグメントをさらに拡大できます。 時間スクロール バーのスクロール ボックスには、ビューに表示されている時間セグメントの相対サイズが表示されます。

タイムラインを縮小するには

  • 次のいずれかの操作を実行します。

    • 前のズーム レベルに戻るには、[縮小] をクリックします。

    • タイムライン全体をビューに表示するには、[ズームのリセット] をクリックします。

イベントの呼び出し履歴を表示するには

  • タイムライン グラフで、イベントの棒をクリックします。

呼び出し履歴内の関数のソース コードを表示または編集するには

  • [呼び出し履歴] ウィンドウで関数名をクリックします。

    関数のソース コードは、現在のプロジェクトに含まれている必要があります。

リソースの競合イベントのコール ツリーを表示するには

  • タイムライン グラフで、[合計] をクリックします。

    リソースの競合ビューが表示されます。 詳細については、「リソースの競合ビュー」を参照してください。

スレッドの競合イベントをすべて表示するには

  • タイムライン グラフで、スレッドの名前または ID をクリックします。

    選択したスレッドのスレッド詳細ビューが表示されます。 詳細については、「スレッドの詳細ビュー」を参照してください。