パフォーマンス セッションの全般オプションの設定

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

Visual Studio プロファイリング ツールのパフォーマンス セッションに収集方法およびプロファイル データの名前付け規則を設定するには、パフォーマンス セッションのプロパティ ダイアログ ボックスの [全般] ページを使用します。 パフォーマンス エクスプローラーからこのダイアログ ボックスを開くには、パフォーマンス セッションを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

要件

  • Visual Studio Ultimate , Visual Studio Premium, Visual Studio Professional

データ収集方法の選択

基本的な収集方法を設定するには、[プロファイル コレクション] で次のいずれかのオプションを選択します。 オプションは次の表のとおりです。

[サンプリング]: サンプリング メソッドでは、一定の間隔でプロファイル情報を収集します。 この方法はプロセッサ使用率の問題を検出するのに役立ち、ほとんどのパフォーマンス調査を開始するときに推奨される方法です。 - サンプリングを使用したパフォーマンス統計情報の収集
[インストルメンテーション]: インストルメンテーション メソッドでは、モジュールのコピーにプロファイル コードが挿入されます。このコードは、プロファイリング実行中のモジュール内の関数の開始、終了、および関数呼び出しをそれぞれ記録します。 この方法は、コード セクションに関する詳細なタイミング情報を収集し、アプリケーションのパフォーマンスに対する入出力操作の影響を理解するのに役立ちます。 - インストルメンテーションを使用した詳細なタイミング データの収集
[同時実行]: 同時実行メソッドでは、アプリケーション リソースへのロックされたアクセスが解放されるまでスレッドが待機している場合など、コードの実行をブロックする各イベントのデータを収集します。 この方法は、マルチスレッド アプリケーションを分析するのに役立ちます。 - スレッドおよびプロセスの同時実行データの収集

.NET メモリ データは、サンプリング メソッドまたはインストルメンテーション メソッドを使用して収集できます。 データの種類は [.NET メモリ プロファイル コレクション] で選択します。

[.NET オブジェクトの割り当て情報を収集]: 既定では、割り当てられたオブジェクトの数とサイズがデータに含まれます。 .NET メモリ データの収集を有効または無効にするには、このチェック ボックスをオンまたはオフにします。

[.NET オブジェクトの有効期間情報も収集]: メモリ オブジェクトを再利用するために使用されたガベージ コレクション ジェネレーションに関するデータを含めるには、このチェック ボックスをオンにします。
- .NET メモリの割り当ておよび有効期間データの収集

アプリケーションのプロファイリングを開始すると、プロファイル セッション ページが表示されます。このページで、プロファイリングを一時停止、再開、および停止することができます。

プロファイリング セッション ページ

プロファイル データ ファイルのオプションの設定

[レポート]: 既定では、プロファイル データ (.vsp) ファイルはプロファイリング対象のアプリケーションの名前を割り当てられ、ソリューション フォルダーまたはプロジェクト フォルダーに配置されます。 その名前に、日付文字列も追加されます。さらに、データ ファイルの名前が重複する可能性がある場合は、インクリメントされた番号も追加されます。 これらのオプションは変更できます。 - 方法: プロファイル データ ファイル名のオプションを設定する