プロファイル ツールのコマンド ライン ツールへのパスの指定

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

Visual Studio プロファイリング ツールのコマンド ライン ツールのパスは、PATH 環境変数に追加されません。 32 ビット コンピューターでは、これらのツールは単一のディレクトリ内にあります。 64 ビット コンピューターには、32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンの両方のプロファイリング ツールがあります。

32 ビット コンピューター

32 ビット コンピューターでの既定のプロファイリング ツール ディレクトリは、Drive\Program Files\Microsoft Visual Studio 11.0\Team Tools\Performance Tools です。

64 ビット コンピューター

64 ビット コンピューターでは、プロファイリングするアプリケーションのターゲット プラットフォームに応じてパスを指定します。

  • 32 ビット アプリケーションの場合、既定のプロファイリング ツール ディレクトリは以下のとおりです。

    Drive\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 11.0\Team Tools\Performance Tools

  • 64 ビット アプリケーションの場合、既定のプロファイリング ツール ディレクトリは以下のとおりです。

    Drive\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 11.0\Team Tools\Performance Tools\x64