開始

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

Start オプションは、プロファイラーを指定したプロファイル方法に初期化する VSPerfCmd.exe のオプションです。

構文

VSPerfCmd.exe /Start:Method /Output:FileName [Options]  

パラメーター

Method
次のいずれかのキーワードを指定する必要があります。

  • TRACE - インストルメンテーション メソッドを指定します。

  • SAMPLE - サンプリング メソッドを指定します。

  • COVERAGE - コード カバレッジを指定します。

  • CONCURRENCY -リソース競合メソッドを指定します。

必須のオプション

Start をコマンド ラインで指定する場合は、Output オプションを指定する必要があります。

Output: filename
出力ファイル名を指定します。

排他的オプション

次のオプションは、コマンド ラインで Start オプションを使用する場合にのみ使用できます。

CrossSession|CS
プロセス間プロファイリングを有効にします。 オプション名 CrossSessionCS は、両方ともサポートされます。

User:[domain\]username
指定したアカウントからモニターへのクライアント アクセスを有効にします。

WinCounter: Path [Automark:n]
WinCounter プロファイル データ ファイルにマークとして含まれる Windows パフォーマンス カウンターを指定します。 AutoMark は、データ ファイルの収集間隔をミリ秒単位で指定します。

無効なオプション

次のオプションは、コマンド ラインで Start オプションと共に使用できません。

Status
Status は、プロファイリングされるプロセスに適用されます。 プロセスとスレッド、およびそれらの現在のプロファイル状態 (オン\/オフ) が表示されます。 たとえば、プロセスが停止された場合、Status はこれをレポートに表示しません。 Status はプロセスがプロファイリングされるかどうかを示します。

Shutdown[:Timeout]
プロファイラーをオフにします。

使用例

VSPerfCmd.exe の Start オプションを使用して、プロファイラーを初期化する方法を次の例に示します。

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Launch:TestApp.exe  

参照

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)