ステータス

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

VSPerfCmd.exe の Status オプションを使用すると、プロファイラーの状態、および現在プロファイルを実行中の任意のプロセスに関する情報が表示されます。

コマンド ラインで指定するオプションは Status のみにする必要があります。 状態を表示するには、VSPerfCmd.exe の Start オプションを使用してプロファイラーを初期化しておく必要があります。

構文

VSPerfCmd.exe /Status  

パラメーター

なし。

解説

Status オプションを使用すると、プロファイラーに関して、次の状態情報が表示されます。

Output File Name
現在のプロファイラー データ ファイルのパスとファイル名。

Collection Mode
SAMPLE または TRACE。

Maximum Processes
同時にプロファイルできる最大プロセス数と、現在アクティブなプロセス数。

Maximum Threads
同時にプロファイルできる最大スレッド数。

Number of Buffers
プロファイル データの書き込み専用のメモリ バッファー数。

Size of Buffers
メモリ バッファーのサイズ (バイト単位)。

Status オプションを使用すると、現在プロファイルされている各プロセスに関して、次の状態情報が表示されます。

Process
プロファイルされているプロセスの名前。

Process ID
プロセスのシステム ID。

Num Threads
現在実行中のスレッド数。

Start\/Stop Count
このプロセスに対するデータ収集を制御するプライマリ内部プロファイラー カウント。 データを収集するには、このカウントが 1 である必要があります。 開始\/停止数は、プロファイラー API、および VSPerfCmd オプションである GlobalOnGlobalOffProcessOnProcessOffThreadOn、および ThreadOff によって操作できます。

Suspend\/Resume Count
このプロセスに対するデータ収集を制御するセカンダリ内部プロファイラー カウント。 データを収集するには、このカウントが 0 以下である必要があります。 Suspend\/Resume数は、プロファイラー API によってのみ操作できます。

Users with access rights to monitor
プロファイラーにアクセスできるユーザーの名前を一覧表示します。 VSPerfCmd.exe の Admin オプションを使用して、追加のユーザーにアクセスを許可できます。

参照

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)