概要 ビューSummary View

概要ビューには、プロファイル実行で最もパフォーマンスに負荷のかかる関数またはオブジェクトに関する情報が表示されます。The Summary view displays information about the most performance-expensive functions or objects in a profiling run. このビューには、タイムライン グラフと、プロファイル方法のパフォーマンス メトリックスに基づいて最も負荷のかかる関数またはオブジェクトの 2 つ以上の一覧が表示されます。This view provides a timeline graph and two or more lists of the most expensive functions or objects based on the performance metrics of the profiling method. このビュー内のデータは、使用されたプロファイル方法 (サンプリング、インストルメンテーション、または同時実行) および .NET メモリ割り当てを収集対象としたかどうかによって異なります。The data in this view depends on the profiling method that was used (sampling, instrumentation, or concurrency) and whether .NET memory allocation was collected.

同時実行データの概要ビューを除くすべての概要ビューでは、概要ビューのタイムライン グラフに、プロファイリングが行われた期間のプロファイリングされたアプリケーションのプロセッサ (CPU) 使用率が表示されます。For all Summary views except the Summary view of concurrency data, the timeline graph in the Summary view shows the processor (CPU) utilization of the profiled application over the time that the profiling occurred.

  • グラフ上の時間セグメントを指定する場合、そのセグメントのデータを再分析したり、タイムライン表示で指定したセグメントをズーム表示することができます。If you specify a segment of time on the graph, you can reanalyze the data for that segment or zoom the timeline display to the segment that you specified. 詳細については、「方法: 概要ビューのタイムラインからレポート ビューをフィルター処理する」を参照してください。For more information, see How to: Filter Report Views from the Summary Timeline

  • 概要ビュー リストの関数をクリックして、その関数の [関数の詳細] ビューを開くことができます。You can click a function in a Summary view list to open the Function Details view for the function. また、他のビュー オプションの関数を右クリックすることもできます。You also can right-click the function for other view options.

  • 概要ビュー リストに表示される項目の数を変更するには、[ツール] メニューを開き、[オプション] をポイントし、[パフォーマンス ツール] をクリックします。To modify the number of items that appear in Summary view lists, open the Tools menu, point to Options, and then click Performance Tools. [全般設定] で、[概要ビュー内の関数の数] 設定を変更します。Under General settings, modify the Number of functions in Summary view setting.

通知リストのリンクをクリックして、レポートの表示オプションを設定できます。You can click links in the Notification list to set display options for the report. このリストはタイムライン グラフの右側に表示されます。The list is to the right of the timeline graph.

Show Non-User Code (非ユーザー コードの表示)Show Non-User Code

マイ コードのみ表示Show Just My Code
ネイティブ コード、またはインストルメンテーション メソッドを使用して収集されたプロファイル データには使用できません。Not available for native code or for profiling data that was collected by using the instrumentation method. ユーザー コードからのデータのみの表示 ([マイ コードのみ表示]) と、システム コードを含むすべてのコードからのデータの表示 (Show Non-User Code) を切り替えます。Toggles between displaying only data from user code (Show Just My Code) and displaying data from all code, including system code (Show Non-User Code). 既定では、データはユーザー コードに制限されます。By default, data is limited to user code. 設定を変更する場合は、「方法: プロファイリング ツールのレポート ビューをフィルター処理してマイ コードのみを表示する」を参照してください。To change the setting, see How to: Filter Profiling Tools Report Views to Display Just My Code.
ガイダンスの表示View Guidance パフォーマンス規則の警告を [エラー一覧] ウィンドウに表示します。Displays performance rule warnings in the Error List window. 詳細については、「パフォーマンス規則を使用したデータの分析」を参照してください。For more information, see Using Performance Rules to Analyze Data

レポートReport

レポート リストのリンクをクリックし、別のビューを開いてレポートを表示、比較、保存、またはフィルター処理できます。You can click links in the Report list to open different views and to compare, save, or filter the report. このリストはタイムライン グラフの右側に表示されます。The list is to the right of the timeline graph.

トリミングされたコール ツリーの表示Show Trimmed Call Tree コール ツリー ビューに最も負荷が高い実行パスを表示します。Displays the most expensive execution paths in the Call Tree View. 詳細については、「コール ツリー ビュー」を参照してください。For more information, see Call Tree View.
ホット ラインの表示Show Hot Lines インストルメンテーション メソッドを使用して収集されたプロファイル データには使用できません。Not available for profiling data that was collected by using the instrumentation method. 行ビューに最も負荷が高いソース コードを表示します。Displays the most expensive source code lines in Lines View. 詳細については、「行ビュー」を参照してください。For more information, see Lines View.
レポートの比較Compare Reports [比較のための分析ファイルを選択します] ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで、現在のファイルと比較する別のプロファイル データ ファイルを指定できます。Displays the Select analysis files for comparison dialog box where you can specify another profiling data file to compare to the current file. 詳細については、「パフォーマンス データ ファイルの比較」を参照してください。For more information, see Comparing Performance Data Files.
レポート データのエクスポートExport Report Data [レポートのエクスポート] ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで、コンマ区切りの値 (.csv) または .xml ファイルとして保存する 1 つ以上のレポート ビューを指定できます。Displays the Export Report dialog box where you can specify one or more report views to save as comma-separated value (.csv) or .xml files. 詳細については、「How to: Export Profiling Tools Reports」(方法 : プロファイル ツール レポートをエクスポートする) を参照してください。For more information, see How to: Export Profiling Tools Reports.
分析されたレポートの保存Save Analyzed Report 現在のプロファイル データ ファイルを .vsps ファイルとして保存します。このファイルは、Visual StudioVisual Studio のインターフェイスでよりすばやく開くことができます。Saves the current profiling data file as a .vsps file, which opens more quickly in the interface for Visual StudioVisual Studio. 詳細については、「How to: Save Analyzed Profiling Data Files」(方法: 分析されたプロファイリング データ ファイルを保存する) を参照してください。For more information, see How to: Save Analyzed Profiling Data Files.
レポート データのフィルターFilter Report Data プロファイル レポート フィルター ウィンドウを表示します。このウィンドウでは、レポート ビューに表示されるデータを制限するための条件を指定できます。Displays the profiling report filter pane where you can specify criteria to restrict the data in the report view. 詳細については、「パフォーマンス レポート ビュー フィルター」を参照してください。For more information, see Performance Report View Filter
全画面表示の切り替えToggle Full Screen レポート ビューの全画面表示モードを切り替えます。Toggles full-screen mode for the report view.

関連項目See Also

概要 ビュー Summary View
概要ビュー Summary View
概要ビューSummary View