同期時間Synchronization Time

タイムライン内のこれらのセグメントは、同期として分類されたブロック時間に関連付けられています。These segments in the timeline are associated with blocking times that are categorized as Synchronization. 同期でスレッドにブロックされたマークが付いている場合、次のいずれかを示しています。When a thread is marked as blocked on synchronization, one of these things is implied:

  • スレッドの実行が、EnterCriticalSection() または WaitForSingleObject() などの既知のスレッド同期 API を呼び出す結果になった可能性がある。The execution of the thread may have resulted in a call to a well-known thread synchronization API such as EnterCriticalSection() or WaitForSingleObject().

  • API 照合アルゴリズムが全体として包括的にならず、そのために他のカテゴリにマップされている可能性がある一部の API も同期として表示されている可能性がある。呼び出し履歴内のフレームの最終的な到達先が、このカテゴリにマップされた、基になるカーネルをブロックしている基本要素である場合にこの状態になります。The API matching algorithm cannot be totally comprehensive, and therefore some APIs that could be mapped to other categories may also appear as synchronization because a frame in the call stack eventually reached an underlying kernel blocking primitive that was mapped to this category.

    スレッド ブロック イベントの根本的な原因を理解するために、ブロック呼び出し履歴とプロファイル レポートをよく調べてください。To understand the underlying cause for a thread blocking event, carefully examine the blocking call stacks and profile reports.

関連項目See Also

スレッド ビューThreads View