TargetCLRTargetCLR

TargetCLR オプションでは、アプリケーションに複数のバージョンの CLR (共通言語ランタイム) が読み込まれている場合に、プロファイリングを行う CLR のバージョンを指定します。The TargetCLR option specifies the version of the common language run-time (CLR) to profile when more than one version of the CLR is loaded in an application.

既定では、Visual StudioVisual Studio プロファイル ツールはアプリケーションによって読み込まれる最初の CLR のバージョンを対象とします。By default, the Visual StudioVisual Studio Profiling Tools target the first version of the CLR that is loaded by the application.

構文Syntax

VSPerfCmd.exe {/Launch:AppName | /Attach:PID} /TargetCLR[:ClrVersion] [Options]   

パラメーターParameters

ClrVersion
CLR のバージョン番号。The version number of the CLR. vN.N.NNNNN のバージョン形式を使用します。Use the version format vN.N.NNNNN.

必須オプションRequired Options

TargetCLR オプションは、Launch オプションまたは Attach オプションと共に指定する場合にのみ使用できます。The TargetCLR option can only be used with the Launch or Attach options.

Launch: AppNameLaunch: AppName
指定したアプリケーションを起動し、プロファイリングを開始します。Starts the specified application and starts to profile.

Attach: PIDAttach: PID
指定したプロセスのプロファイリングを開始します。Starts to profile the specified process.

Example

この例では、TargetCLR オプションを使用して、CLR バージョン 4.0.11003 がプロファイリングされることを確認します。In this example, the TargetCLR option is used to make sure that CLR version 4.0.11003 is profiled.

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Launch:TestApp.exe /TargetCLR:v4.0.11003