UI 処理時間UI processing time

タイムライン内のこれらのセグメントは、UI 処理として分類されるブロック時間と関連付けられています。These segments in the timeline are associated with blocking times that are categorized as UI Processing. これは、スレッドが Windows メッセージをポンプしているか、他のユーザー インターフェイス (UI) の作業を実行していることを意味します。This implies that a thread is pumping Windows messages or performing other user interface (UI) work. この期間中、同時実行ビジュアライザーが UI 処理としてカウントしている API で、スレッドがブロックされています。During this time, a thread has been blocked in an API that the Concurrency Visualizer is counting as UI Processing. GetMessage()MsgWaitForMultipleObjects() などの API がこのグループになります。APIs such as GetMessage() and MsgWaitForMultipleObjects() fall into this group.

定義済みのブロッキング API が識別されない場合、呼び出し履歴とプロファイル レポートを確認して、遅延の根本的な原因を判断します。If no pre-defined blocking API is identified, review the call stacks and profile reports to determine the underlying causes of delay.

UI 処理カテゴリは、GUI アプリケーションの応答性を理解するのに役立ち、UI の応答性に依存するアプリケーションにはこのカテゴリが適しています。The UI Processing category helps you understand the responsiveness of GUI applications, and is desirable in applications that depend on UI responsiveness. たとえば、アプリケーション内の UI スレッドが UI 処理で 100% の時間を達成した場合、応答性が高いと思われます。For example, if the UI thread in an application achieves 100% time in UI Processing, it is probably responsive. ただし、UI スレッドが他のカテゴリで長時間を費やしている場合は、根本的な原因を見つけて、そのスレッドでの UI 以外のカテゴリを減らすためのオプションを検討してください。However, if the UI thread spends considerable time in other categories, look for the root causes and consider options for reducing non-UI categories on that thread.

関連項目See also

スレッド ビューThreads View