UI 処理時間

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

タイムライン内のこれらのセグメントは、UI 処理として分類されるブロック時間と関連付けられています。 これは、1 つのスレッドが、Windows メッセージをポンプしているか、他のユーザー インターフェイス (UI) 作業を実行していることを意味します。 この時間の間、同時実行ビジュアライザーが UI 処理としてカウントしている API で、1 つのスレッドがブロックされています。 GetMessage()MsgWaitForMultipleObjects() などの API がこのグループになります。

ブロックの原因となる定義済みの API を識別できない場合は、呼び出し履歴とプロファイル レポートを確認して、遅延の原因を判断します。

UI 処理カテゴリは、GUI アプリケーションの応答性を理解するのに重要であり、UI の応答性に依存するアプリケーションではこのカテゴリが推奨されます。 たとえば、アプリケーション内の UI スレッドが UI 処理で 100% の時間を達成した場合、非常に応答性が高いと思われます。 ただし、UI スレッドが他のカテゴリで長時間を費やしている場合は、根本的な原因を見つけて、そのスレッドでの UI 以外のカテゴリを削減するオプションを検討してください。

参照

スレッド ビュー