プロファイリング ツールのリソース競合データ値について

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

リソース競合プロファイルではアプリケーションの詳細な呼び出し履歴情報、競合するスレッドによる共有リソースへのアクセスで待機収集します。

要件

  • Visual Studio Ultimate , Visual Studio Premium, Visual Studio Professional

    リソース競合レポートには、発生した競合の合計数と、リソースに対する合計待機時間 (待機が発生したモジュール、関数、ソース コード行、命令についての合計待機時間) が表示されます。

  • 包括値には、関数の待機の原因となったリソース競合の合計数と、関数の合計待機時間が表示されます。この関数から呼び出された子関数内で発生した競合についても、包括値に含まれます。

  • 排他値には、関数の待機の原因となった競合 (関数本体内のコードによる競合) の数だけが表示されます。 子関数から呼び出された競合は、排他値には含まれません。 この関数の排他時間についても、関数本体のステートメントが原因で発生した待機時間だけが含まれます。

    リソース競合レポート ビューには、各競合イベントを示すタイムライン グラフが時系列に表示され、特定のイベントの作成元となった呼び出し履歴が表示されます。 詳細については、次のトピックを参照してください。

  • スレッドの詳細ビュー

  • リソースの詳細ビュー

    同時プロファイリングのもう 1 つのモードの詳細については、「同時実行ビジュアライザー」を参照してください。