コマンド ラインからのプロファイリング ツールの使用Using the Profiling Tools From the Command-Line

Visual StudioVisual Studio プロファイリング ツールのコマンド ライン ツールを使用して、コマンド プロンプトでアプリケーションをプロファイリングしたり、バッチ ファイルやスクリプトでプロファイリングを自動化したりできます。You can use the command-line tools of Visual StudioVisual Studio Profiling Tools to profile applications at the command prompt and to automate profiling by using batch files and scripting. コマンド プロンプトでレポート ファイルを生成することもできます。You can also generate report files at a command prompt. スタンドアロンの簡易プロファイラーを使用すると、Visual StudioVisual Studio がインストールされていないコンピューター上のデータを収集できます。You can use the lightweight stand-alone profiler to collect data on computers that do not have Visual StudioVisual Studio installed.

注意

Windows 8 および Windows Server 2012 の強化されたセキュリティ機能によって、Visual Studio プロファイラーがこれらのプラットフォームでデータを収集する方法に大幅な変更が必要になりました。Enhanced security features in Windows 8 and Windows Server 2012 required significant changes in the way the Visual Studio profiler collects data on these platforms. UWP アプリにも新しい収集手法が必要です。UWP apps also require new collection techniques. Performance Tools on Windows 8 and Windows Server 2012 applications (Windows 8 および Windows Server 2012 アプリケーションのパフォーマンス ツール)」をご覧ください。See Performance Tools on Windows 8 and Windows Server 2012 applications.

一般的なタスクCommon Tasks

タスクTask 関連するコンテンツRelated Content
シンボルの場所の設定: 関数とパラメーターの名前を表示するには、プロファイラーがプロファイリング対象のバイナリのシンボル ファイル (.pdb) にアクセスできる必要があります。Set the location of symbols: To display the names of functions and parameters, the profiler must have access to the symbol (.pdb) files of the profiled binaries. これらのファイルには、解析で表示する Microsoft オペレーティング システムとアプリケーション用のシンボル ファイルが含まれている必要があります。These files should include the symbol files for the Microsoft operating system and applications that you want to view in your analysis. パブリックの Microsoft シンボル サーバーを使用して、Microsoft バイナリ用の正しい .pdb ファイルがあるかどうかを確認できます。You can use the public Microsoft symbol server to make sure that you have the correct .pdb files for the Microsoft binaries. - 方法: コマンド ラインからシンボル ファイルの場所を指定する- How to: Specify Symbol File Locations from the Command Line
アプリケーションのプロファイリング: ターゲット アプリケーションのプロファイリングに使用するコマンド ライン ツールとオプションは、アプリケーションの種類、プロファイリングの方法、ターゲット アプリケーションがマネージ アプリケーションであるかネイティブ アプリケーションであるかによって異なります。Profile your application: The command-line tools and options that you use to profile a target application depend on the type of the application, the profiling method, and whether the target is a managed or native application. - コマンド ラインからのプロファイル方法の使用- Using Profiling Methods From the Command Line
- スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング- Profiling Stand-Alone Applications
- ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング- Profiling ASP.NET Web Applications
- プロファイリング (サービスの)- Profiling Services
.xml レポートおよび .csv レポートの作成: コマンド プロンプトでプロファイリングを実行すると、Visual StudioVisual Studio のインターフェイスで表示できるデータ ファイルが作成されます。Create .xml and .csv reports: Profiling at the command prompt creates data files that can be viewed in the interface for Visual StudioVisual Studio. VSPerfReport コマンド ライン ツールを使用して、データの .xml ファイルまたはコンマ区切り値 (.csv) ファイルを生成することもできます。You can also generate .xml or comma-separated value (.csv) files of the data by using the VSPerfReport command-line tool. - コマンド ラインからのプロファイラー レポートの作成- Creating Profiler Reports from the Command Line
- VSPerfReport- VSPerfReport
Visual Studio がインストールされていないコンピューター上のコードのプロファイリング: プロファイリング ツールのスタンドアロンのプロファイラーを使用して、Visual StudioVisual Studio がインストールされていないコンピューター上のアプリケーションのデータを収集できます。Profile code on computers without Visual Studio: You can use the Profiling Tools stand-alone profiler to collect data for applications on computers that do not have Visual StudioVisual Studio installed. - 方法: スタンドアロンのプロファイラーをインストールする- How to: Install the Stand-Alone Profiler

参照Reference

コマンド ライン プロファイリング ツール リファレンスCommand-Line Profiling Tools Reference

関連項目See Also

パフォーマンス エクスプローラーPerformance Explorer