使用状況ナビゲーターUtilization Navigator

同時実行ビジュアライザーの使用状況ナビゲーターを使用して、トレースでの時間間隔を選択できます。You can use the Utilization Navigator in the Concurrency Visualizer to select an interval of time in a trace. 同時実行ビジュアライザーは、一定期間内におけるターゲット プロセスによる CPU コアの使用率を表示します。The Concurrency Visualizer shows the utilization of CPU cores by the target process over time. これにより、CPU 使用率パターンの調査が容易になり、使用状況データとその他のビュー内のデータを比較することもできます。This makes it easier to examine CPU utilization patterns and also enables comparison between the utilization data and the data in other views. 使用状況ナビゲーターは、同時実行ビジュアライザーのすべてのビューの上部に表示されます。The Utilization Navigator appears at the top of every view in the Concurrency Visualizer. 次の図は、使用状況ナビゲーターを示しています。The following illustration shows the Utilization Navigator.

選択された期間を示す使用状況ナビゲーターUtilization Navigator showing selected timeframe
使用状況ナビゲーターおよび選択された期間Utilization Navigator and a selected time frame

この図では、選択された期間は Thumb と呼ばれる赤い長方形で示されています。In the illustration, the selected interval is defined by a red rectangle, known as the thumb.

使用状況ナビゲーターを使用して、表示された時間範囲を操作する方法を次に示します。Here's how you can use the Utilization Navigator to manipulate the displayed time range:

  • 左側または右側に Thumb をドラッグしてパンできます。You can pan by dragging the thumb left or right. (キーボード: Thumb に焦点を合わせて、左矢印キーまたは右矢印キーを押します。)(Keyboard: Move the focus to the thumb and then press the left or right arrow key.)

  • 間隔の範囲を変更するには、ハンドルのいずれかをドラッグします。You can change the extent of the interval by dragging one of the handles. (キーボード: ハンドルに焦点を合わせて、右矢印キーまたは左矢印キーを押します。)(Keyboard: Move the focus to a handle and then press the right or left arrow key.)

    別の同時実行ビジュアライザー ズーム コントロールを使用して間隔を変更すると、変更を反映するために使用状況ナビゲーターが更新されます。If you change the interval by using a different Concurrency Visualizer zoom control, the Utilization Navigator updates to reflect the change.