Visual Studio プロファイラー API リファレンス (ネイティブ)Visual Studio Profiler API Reference (Native)

Visual Studio プロファイラー API を使用すると、収集データの量をプログラムで制御したり、タイムスタンプとプロファイルの両方のマークをプロファイル時に挿入したりできます。Visual Studio Profiler APIs allow you to programmatically control the amount of data collected, and insert both timestamp and profile marks during profiling. ネイティブ API を使用するには、VSPerf.h ヘッダー ファイルをインクルードし、VSPerf.lib をプロジェクトに追加する必要があります。To use native APIs, you include VSPerf.h header file and add the VSPerf.lib in your project.

注意

既定では、VSPerf.h と VSPerf.lib は PerfSDK という名前のフォルダーにあります。By default, VSPerf.h and VSPerf.lib are located in a folder named PerfSDK. たとえば、<ドライブ>:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\Team Tools\Performance Tools\PerfSDK ディレクトリなどです。<drive>:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\Team Tools\Performance Tools\PerfSDK directory, for example.

このセクションの内容In This Section

CommentMarkAtProfileCommentMarkAtProfile

CommentMarkProfileCommentMarkProfile

MarkProfileMarkProfile

NameProfileNameProfile

ResumeProfileResumeProfile

StartProfileStartProfile

StopProfileStopProfile

SuspendProfileSuspendProfile

PROFILE_CURRENTIDPROFILE_CURRENTID

関連項目See Also

プロファイリング ツールの API Profiling Tools APIs
チュートリアル : プロファイラー API の使用Walkthrough: Using Profiler APIs