VSInstr の警告VSInstr Warnings

次の表に、VSInstr.exe ツールで発行される警告をリストします。The following table lists warnings issued by the VSInstr.exe tool. NOWARN オプションに警告番号を指定することで、警告を非表示にできます。You can use the NOWARN option along with the warning numbers to suppress the warning from appearing.

警告番号Warning Number 説明Description
VSP2000VSP2000 内部エラーです。Internal Error. この実行可能ファイルのモジュール ファイル名を取得できません。Cannot get the module file name for this executable.
VSP2001VSP2001 <assembly name> は、厳密な名前付きのアセンブリです。<assembly name> is a strongly named assembly. 実行するには、再署名する必要があります。It must be re-signed before it can be executed.

この警告は、署名付きのアセンブリがインストルメントされたときに発生します。This warning occurs when a signed assembly is instrumented. sn.exe ツールを使用して、バイナリを再署名するか、厳密な名前の必要性を一時的に無効にすることができます。You can use the sn.exe tool to resign the binary or to temporarily turn off the strong name requirement. 詳細については、「Sn.exe (厳密名ツール)」を参照してください。For more information, see Sn.exe (Strong Name Tool).
VSP2002VSP2002 ファイル <filename> で関数 <funcname> が見つかりませんでした。Could not find function <funcname> in file <filename>

この警告は、関数が指定したファイルで見つからない場合に発生します。This warning occurs if a function cannot be located in the specified file.
VSP2003VSP2003 ファイル <filename> で関数 <funcname> へのクロス ジャンプが見つかりませんでした。Could not find any cross jumps to the function <funcname> in file <filename>.

この警告は、VSInstr でクロス ジャンプを無効にできない場合に発生します。This warning occurs if VSInstr cannot nullify cross jumps. クロス ジャンプはコードの最適化に使用されます。Cross jumps are used for code optimization.
VSP2004VSP2004 関数 <funcname> は、EXCLUDE コマンド ライン スイッチを使用して除外されましたが、クロス ジャンプが含まれていたため省略することはできませんでした。Function <funcname> was excluded by using the EXCLUDE command-line switch but was required because it contained a cross jump.

この警告は、EXCLUDE オプションを使用して除外された関数がインストルメンテーション プロセスに必要である場合に発生します。This warning occurs if the function was excluded by using the EXCLUDE option, but is needed during the instrumentation process. プロファイラーは、必要な関数を自動的に含めます。The profiler automatically includes the required function.
VSP2005VSP2005 内部のインストルメンテーション エラー <error text>Internal Instrumentation Error <error text>

この警告は、インストルメンテーションを実行できない場合に発生します。This warning is issued if instrumentation cannot be performed. エラー テキストを確認して、修正できるかどうかを判断します。Review the error text to determine whether it can be corrected.
VSP2006VSP2006 <name> の PDB が見つかりませんでしたCould not locate PDB for <name>

この警告は、PDB ファイルが検索パスに存在しないか、バイナリと一致しない場合に発生します。This warning occurs if the PDB file does not exist on the search path or does not match the binary.
VSP2007VSP2007 <filename> はインストルメント可能なコードを含んでいません。<filename> contains no instrumentable code.

この警告は、バイナリ ファイル内の関数がすべて除外されている場合や、指定されたファイルにリソースしか含まれていない場合に発行されます。This warning is issued if the functions in the binary file were all excluded or if the specified file only contains resources.
VSP2008VSP2008 セキュリティ属性を <name> から取得できません。Unable to get security attributes from <name>. エラー コード <code>Error code <code>

この警告は、ユーザーが READ_DAC アクセス許可を持っていない場合に発生します。This warning occurs if the user does not have READ_DAC permission. インストルメンテーション プロセス中に、プロファイラーはバイナリの元の DACL を保持しようとします。During the instrumentation process, the profiler attempts to preserve the original DACL for the binary. 元のバイナリは新しいバイナリと置き換えられるため、元のバイナリの DACL をコピーして新しいバイナリに適用する必要があります。Because the original binary is replaced with a new binary, the DACL from the original binary must be copied and applied to the new binary. ユーザーが元のバイナリに対する READ_DAC アクセス許可を持たない場合、この操作は失敗することがあります。This can fail if the user does not have READ_DAC access on the original binary.
VSP2009VSP2009 <name> でセキュリティ属性を設定できません。Unable to set security attributes on <name>. エラー コード <error number>Error code <error number>

この警告は、ユーザーが WRITE_DAC アクセス許可を持っていない場合に発生します。This warning occurs if the user does not have WRITE_DAC permission. インストルメンテーション プロセス中に、プロファイラーはバイナリの元の DACL を保持しようとします。During the instrumentation process, the profiler attempts to preserve the original DACL for the binary. 元のバイナリは新しいバイナリと置き換えられるため、元のバイナリの DACL をコピーして新しいバイナリに適用する必要があります。Because the original binary is replaced with a new binary, the DACL from the original binary must be copied and applied to the new binary. ユーザーが新しいバイナリに対する WRITE_DAC アクセス許可を持たない場合、この操作は失敗することがあります。This can fail if the user does not have WRITE_DAC access on the new binary.
VSP2010VSP2010 -INCLUDE/-EXCLUDE オプションにより、関数はインストルメンテーション用に特別に選択されていませんNo functions are specifically selected for instrumentation because of -INCLUDE/-EXCLUDE options
VSP2011VSP2011 Include/Exclude funcspec <name> は、どの関数とも一致しませんInclude/Exclude funcspec <name> does not match any functions
VSP2012VSP2012 コード カバレッジ用にインストルメント化可能なコードがイメージに含まれていません。The image does not contain any code that can be instrumented for code coverage.

プロファイラーでは、次のようなコードはインストルメント化されません。Profiler does not instrument the following type of code:

- 静的な CRT 関数- Static CRT functions
- NonUserCodeAttribute の属性付きマネージ メソッド- Managed methods attributed with NonUserCodeAttribute
- DebuggerHiddenAttribute の属性付きマネージ メソッド- Managed methods attributed with DebuggerHiddenAttribute
- MASM ブロック- MASM blocks

この警告は、このフィルターを適用した後にコードが残らない場合に生成されます。This warning is generated if, after this filtering, there is no code left.
VSP2013VSP2013 このイメージをインストルメント化するには、32 ビット プロセスとして実行する必要があります。Instrumenting this image requires it to run as a 32-bit process. CLR ヘッダー フラグは、これを反映するように更新されました。The CLR header flags have been updated to reflect this.

プロファイラーは、64 ビット オペレーティング システムが WOW64 エミュレーターで 32 ビット プロセスを開けるように、バイナリを変更します。The profiler modifies the binary so that 64-bit operating systems can open the 32-bit process in WOW64 emulator. ライブラリ (DLL) の場合、既存の 64 ビット プロセスに読み込まれたときに失敗する場合があります。For libraries (DLLs) this might fail if they are loaded in an existing 64-bit process. この警告はユーザーに依存関係を知らせるものです。This warning notifies the user of the dependency.
VSP2014VSP2014 結果となるインストルメント化されたイメージは無効であり、実行されない可能性があります。The resulting instrumented image appears to be invalid, and might not run.

このメッセージは、インストルメント化された最終的なアセンブリに無効な PE ヘッダーがある場合に発生します。This message occurs when the final instrumented assembly has an invalid PE header.

関連項目See Also

VSInstrVSInstr