VSPerfASPNetCmd

VSPerfASPNetCmd.exe コマンド ライン ツールを使用すれば、環境変数を設定したり、コンピューターを再起動したりしなくても、ASP.Net Web サイトをプロファイルすることができます。 ASP.NET Web サイトをプロファイルするときに、VSPerCmd で提供される追加機能が不要な場合は、VSPerfCmd ではなく VSPerfASPNetCmd.exe を使用します。 VSPerfASPNetCmd の詳細については、「VSPerfASPNETCmd を使用した迅速な Web サイト プロファイリング」を参照してください。 VSPerfASPNetCmd は、スタンドアロン プロファイラーを使用して ASP.NET Web サイトをプロファイルするときに推奨されるコマンド ライン ツールです。

構文

vsperfaspnetcmd [/Options] Website

オプション

オプション 説明
/Sample または /s サンプリング メソッドを使用して Web サイトをプロファイルします。 /Sample は既定のメソッドです。 /Sample を /Trace と一緒に使用することはできません。
/Trace または /t インストルメンテーション メソッドを使用して Web サイトをプロファイルします。 /Trace を /Sample と一緒に使用することはできません。
/Memory[:Type] または /m[:{a|l}] メモリ割り当て、および必要に応じてオブジェクトの有効期間 (ガベージ コレクション) をプロファイルします。 /Memory は、サンプリングまたはインストルメンテーション メソッドで使用できます。

Type は次のいずれかになります。

- allocation (または a): メモリの割り当てデータのみを収集します。
- lifetime (または l): メモリの割り当ておよびオブジェクトの有効期間データを収集します。

既定の Typeallocation です。
/Tip または /i プロファイル データに詳細な ASP.NET 要求と ADO.NET 呼び出し情報を追加します。 /Tip はサンプリングまたはインストルメンテーション メソッドで使用でき、/Memory オプションと共に使用できます。
/Output: File または /o:File プロファイル データ (.vsp) ファイルのパスとファイル名を指定します。
/NoWait または /n コマンド プロンプトを直ちに返し、コマンド プロンプト ウィンドウで追加のコマンドを使用できるようにします。 別のコマンド ラインで VSPerfASPNETCmd /Shutdown を入力して、プロファイルをオフにする必要があります。
/PackSymbols[:{on|off} または /p[:{on|off} プロファイル データ (.vsp) ファイルにシンボル (関数やパラメーター名など) を埋め込みます。
/Shutdown: Websiteまたは /d:Website プロファイルをオフにします。 /NoWait オプションを使用してプロファイルを開始した後、またはプロファイラーが予期せず終了した場合に、コマンド ラインで唯一のオプションとして使用します。 元の VSPerfASPNETCmd コマンドで使用していたのと同じ URL を指定します。
Website プロファイル対象の Web サイトの URL です。

関連項目

VSPerfASPNETCmd を使用した迅速な Web サイト プロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング