VSPerfCLREnvVSPerfCLREnv

VSPerfCLREnv ツールは、.NET Framework アプリケーションをプロファイルするために必要な環境変数を設定するために使用されます。The VSPerfCLREnv tool is used to set environment variables that are required to profile a .NET Framework application. このツールでは、次の構文が使用されます。It uses the following syntax:

VsPerfCLREnv [/option]

選択するオプションは、プロファイルの 3 つの種類 (サンプリング、インストルメンテーション、グローバル) のうち、どれを使用するかによって異なります。The option that you choose depends on which of the three types of profiling you use: sampling, instrumentation, or global. プロファイル データに階層相互作用データを含めるには、別のオプションが必要です。A separate option is required to include tier interaction data in the profiling data. 各オプションの構文については、以下の表で説明します。The syntax for each option is described in the following tables.

注意

プロファイルが完了したら、/off オプションまたは /globaloff オプションを指定して VSPerfCLREnv を実行し、プロファイルに必要な環境変数を削除します。When you are finished profiling, run VSPerfCLREnv with the /off or /globaloff option to delete the environment variables necessary for profiling. 詳細については、以下で示される「環境設定を削除するための VSPerfCLREnv オプション」を参照してください。For more information, see VSPerfCLREnv Options to Delete Environment Settings shown here.

階層相互作用データを含めるための VSPerfCLREnv オプションVSPerfCLREnv options for including tier-interaction data

警告

階層相互作用プロファイル データは、Visual Studio の任意のエディションを使用して収集できます。Tier interaction profiling can be collected using any edition of Visual Studio. ただし、階層相互作用プロファイル データを表示できるのは、Visual Studio Enterprise のみです。However, tier interaction profiling data can be viewed only in Visual Studio Enterprise.

階層相互作用のプロファイルでは、多階層アプリケーションの ADO.NET クエリに関する追加情報が提供されます。Tier interaction profiling provides additional information about ADO.NET queries in multi-tiered applications. データは同期の関数呼び出しについてのみ収集されます。Data is collected only for synchronous function calls. 相互作用データは、プロファイル方法に関係なく、どのプロファイルの実行にも追加できます。Interaction data can be added to any profiling run using any profiling method.

InteractionOn オプションおよび GlobalInteractionOn オプションを使用すると、階層相互作用データを収集できます。The InteractionOn and GlobalInteractionOn options enable the collection of tier interaction data. 相互作用オプションは、アプリケーションをプロファイルするために必要な VSPerfCLREnv 環境変数を設定した後に設定する必要があります。The interaction option must be set after setting the VSPerfCLREnv environment variable that is required to profile a application.

次の例には、サンプリング メソッドを使用するプロファイル実行に階層相互作用データが含まれています。The following example includes tier interaction data in a profiling run that uses the sampling method:

VSPerfCLREnv /SampleOn
VSPerfCLREnv /InteractionOn
VSPerfCmd /Start:Sample /Output:MyApp.exe.vsp /Launch:MyApp.exe

次の例には、Windows サービスのプロファイルの実行に階層相互作用データが含まれています。The following example includes tier interaction data in a profiling run for a Windows service:

VSPerfCLREnv /GlobalSampleOn
VSPerfCLREnv /GlobalInteractionOn
REM Restart the computer and start the service
VSPerfCmd /Start:Sample /Output:MyService.exe.vsp 
VSPerfCmd /Attach:MyService.exe

プロセス インストルメンテーション プロファイル用の VSPerfCLREnv オプションVSPerfCLREnv options for process instrumentation profiling

次の表で、インストルメンテーション プロファイル用の VSPerfCLREnv オプションについて説明します。The following table describes VSPerfCLREnv options for instrumentation profiling:

オプションOption 説明Description
TraceOnTraceOn インストルメンテーション メソッドを使用したプロファイルを有効にします。Enables profiling using the instrumentation method. メモリ割り当てのプロファイルまたはオブジェクトの有効期間データの収集は有効にしません。Does not enable memory allocation profiling or collecting object lifetime data.
TraceGCTraceGC インストルメンテーション メソッドを使用したメモリ割り当てのプロファイルを有効にします。Enables memory allocation profiling using the instrumentation method. オブジェクトの有効期間データの収集は有効にしません。Does not enable collecting object lifetime data.
TraceGCLifeTraceGCLife インストルメンテーション メソッドを使用したメモリ割り当てのプロファイルとオブジェクトの有効期間データの収集を有効にします。Enables memory allocation profiling and collecting object lifetime data using the instrumentation method.

プロセス サンプリング プロファイル用の VSPerfCLREnv オプションVSPerfCLREnv options for process sampling profiling

次の表で、サンプリング プロファイル用の VSPerfCLREnv オプションについて説明します。The following table describes VSPerfCLREnv options for sampling profiling:

オプションOption 説明Description
SampleOnSampleOn サンプリング メソッドを使用したプロファイルを有効にします。Enables profiling using the sampling method. メモリ割り当てのプロファイルまたはオブジェクトの有効期間データの収集は有効にしません。Does not enable memory allocation profiling or collecting object lifetime data.
SampleGCSampleGC サンプリング メソッドを使用したメモリ割り当てプロファイルを有効にします。Enables memory allocation profiling using the sampling method. オブジェクトの有効期間データの収集は有効にしません。Does not enable collecting object lifetime data.
SampleGCLifeSampleGCLife サンプリング メソッドを使用したメモリ割り当てプロファイルを有効にします。Enables memory allocation profiling using the sampling method. オブジェクトの有効期間データの収集も有効にします。Also enables collecting object lifetime data.
SampleLineOffSampleLineOff .NET 行レベルのプロファイル データの収集を無効にします。Disables the collection of .NET line-level profiling data.

グローバル プロファイル用の VSPerfCLREnv オプションVSPerfCLREnv options for global profiling

ユーザーではなくオペレーティング システムによって起動された ASP.NET Web アプリケーションなどのマネージ サービスをプロファイルするには、グローバル プロファイル用の VSPerfCLREnv オプションを使用します。To profile a managed service such as and ASP.NET web application that is started by the operating system instead of being started by the user, use options for global profiling of the VSPerfCLREnv options. グローバル バージョンの VSPerfCLREnv オプションについての説明を次の表に示します。The following table describes the global versions of VSPerfCLREnv options. これらのオプションにより、適切な環境変数がレジストリに設定されます。These options set the appropriate environment variables in the registry.

オプションOption 説明Description
GlobalTraceOnGlobalTraceOn インストルメンテーション メソッドを使用したグローバル プロファイルを有効にします。Enables global profiling using the instrumentation method. メモリ割り当てイベントまたはオブジェクトの有効期間データは収集しません。Does not collect memory allocation events or object lifetime data.
GlobalTraceGCGlobalTraceGC インストルメンテーション メソッドを使用したグローバル メモリ割り当てプロファイルを有効にします。Enables global memory allocation profiling using the instrumentation method. オブジェクトの有効期間データの収集は有効にしません。Does not enable collecting object lifetime data.
GlobalTraceGCLifeGlobalTraceGCLife インストルメンテーション メソッドを使用したグローバル メモリ割り当てプロファイルを有効にします。Enables global memory allocation profiling using the instrumentation method. オブジェクトの有効期間データの収集も有効にします。Also enables the collection of object lifetime data.
GlobalSampleOnGlobalSampleOn サンプリング メソッドを使用したグローバル プロファイルを有効にします。Enables global profiling using the sampling method. メモリ割り当てイベントまたはオブジェクトの有効期間データの収集は有効にしません。Does not enable collecting memory allocation events or object lifetime data.
GlobalSampleGCGlobalSampleGC サンプリング メソッドを使用したグローバル メモリ割り当てプロファイルを有効にします。Enables global memory allocation profiling using the sampling method. オブジェクトの有効期間データの収集は有効にしません。Does not enable collecting object lifetime data.
GlobalSampleGCLifeGlobalSampleGCLife サンプリング メソッドを使用したグローバル メモリ割り当てプロファイルを有効にします。Enables global memory allocation profiling using the sampling method. オブジェクトの有効期間データの収集も有効にします。Also enables collecting object lifetime data.

環境設定を削除するための VSPerfCLREnv オプションVSPerfCLREnv options to delete environment settings

マネージ アプリケーションのプロファイルが完了したら、次のいずれかのオプションを使用して、VSPerfCLREnv で追加した環境変数を削除します。When you are finished profiling the managed application, use one of the following options to delete the environment variables that were added by VSPerfCLREnv. 次の表で、標準的な環境変数とグローバル環境変数の両方を削除する方法について説明します。The following table describes how to delete both standard and global environment variables:

オプションOption 説明Description
OffOff 標準的な .NET プロファイル用の環境変数を削除します。Deletes environment variables for standard .NET profiling. このオプションは、グローバルではない VSPerfClrEnv オプションを使用してプロファイラー環境変数を設定した場合に使用します。Use this option when the non-global VSPerfClrEnv options were used to set the profiler environment variables.
GlobalOffGlobalOff グローバルな .NET プロファイル用の環境変数を削除します。Deletes environment variables for global .NET profiling. プロファイラーではなく、オペレーティング システムによってアプリケーションが起動された場合に、このオプションを使用します。Use this option when the application was started by the operating system and not the profiler.

コメントRemarks

IDE のパフォーマンス エクスプローラーを使用して起動されたマネージ アプリケーションの場合、アプリケーションのプロファイルにこれらのオプションは必要ありません。These options are not required for profiling a managed application if the application is started by using the Performance Explorer in the IDE. 必要なすべての環境設定は、パフォーマンス エクスプローラーによって設定されます。The Performance Explorer sets all the required environment settings for you.

プロファイル中に正しい環境が設定されていないと、分析時に警告が報告され、マネージ関数名は正しく解決されません。If the correct environment was not set during profiling, a warning is reported during analysis and the managed function names will not be properly resolved.

関連項目See also

コマンド ラインからのプロファイリングProfile from the command-line