VSPerfCmdVSPerfCmd

VSPerfCmd.exe ツールはパフォーマンス データ収集の開始と停止に使用されます。The VSPerfCmd.exe tool is used to start and stop performance data collection. このツールでは、次の構文が使用されます。It uses the following syntax:

VSPerfCmd [/U] [/options]  

次の表は、VSPerfCmd.exe ツール オプションの説明です。The following tables describe VSPerfCmd.exe tool options.

オプションOption 説明Description
UU リダイレクトされたコンソール出力は Unicode として書き込まれます。Redirected console output is written as Unicode. このオプションは最初に指定する必要があります。Must be the first option specified.
Start : modeStart : mode 指定したモードでプロファイリング サービスを開始します。Starts the profiling service in the specified mode.
Output : filenameOutput : filename 出力ファイル名を指定します。Specifies the output file name. Start との併用でのみ使用します。Use only with Start.
CrossSession|CSCrossSession|CS Windows セッション全体でプロファイリングを有効にします。Enables profiling across Windows sessions. StartAttachLaunch との併用でのみ使用します。Use only with Start, Attach, or Launch.
User :[domain\]usernameUser :[domain\]username プロファイラー サービスへの指定アカウント アクセスを有効にします。Enables the specified account access to the profiler service. Start との併用でのみ使用します。Use only with Start.
WaitStart[:n]WaitStart[:n] データ コレクション ロガーの初期化を待ちます。Waits for the data collection logger to initialize. n が指定されている場合、VSPerfCmd は最大 n 秒待機します。If n is specified, VSPerfCmd will wait at most n seconds. n が指定されていない場合、VSPerfCmd は無期限に待機します。If n is not specified, VSPerfCmd will wait indefinitely. これで、バッチ プロセスの一部として VSPerfCmd の使い勝手が良くなります。This eases use of VSPerfCmd as part of a batch process.
Counter : cfgCounter : cfg サンプル プロファイル方法が使用されるとき、サンプリング間隔として利用する CPU カウンターとイベント数を指定します。When the sample profiling method is used, specifies a CPU counter and the number of events to use as the sampling interval. サンプリングできるカウンター値は 1 つだけです。You can sample only one counter value.

インストルメンテーション プロファイル方法を使用するときに、各インストルメンテーション ポイントで収集する CPU カウンターを指定します。When the instrumentation profiling method is used, specifies a CPU counter to be collected at each instrumentation point. StartTraceAttachLaunch との併用でのみ使用します。Use only with Start:Trace, Attach,or Launch.
QueryCountersQueryCounters 現在のマシンで有効な CPU カウンターの一覧を表示します。Displays a list of valid CPU counters for the current machine.
WinCounter : pathWinCounter : path プロファイル マーク データと共に含める Windows パフォーマンス カウンター イベントを指定します。Specifies a Windows performance counter event to include with profile mark data. Start との併用でのみ使用します。Use only with Start.
AutoMark : nAutoMark : n Windows パフォーマンス カウンター データ コレクション イベントの間隔をミリ秒単位で指定します。Specifies the time interval (in milliseconds) between Windows performance counter data collection events. WinCounter と併用します。Use with WinCounter.
Events : optionEvents : option 指定した Windows イベント トレーシング (ETW) の収集を制御します。Controls collection of specified Event Tracing for Windows (ETW) events. ETW データは、プロファイリング データ .itl ファイルではない (.vsp) ファイルに収集されます。ETW data is collected to an .itl file that is not the profiling data (.vsp) file.
状態Status プロファイラーの状態、現在プロファイリングされているプロセスに関する情報、プロファイラーを制御する権限が与えられたアカウントを表示します。Displays the state of the profiler, information about processes that are currently being profiled, and accounts that have authority to control the profiler.
Shutdown[:n]Shutdown[:n] プロファイリング データ ファイルを閉じ、プロファイラーをオフにします。Closes the profiling data file and turns the profiler off.
GlobalOnGlobalOn VSPerfCmdGlobalOff の呼び出し後、データ コレクションを再開します。Resumes data collection after a call to VSPerfCmdGlobalOff.
GlobalOffGlobalOff すべてのデータ コレクションを停止するが、プロファイリング セッションは終了しません。Stops all data collection, but does not end the profiling session.
ProcessOn : pidProcessOn : pid VSPerfCmdProcessOff を呼び出し、プロファイリングを一時停止した後、指定したプロセスのデータ コレクションを再開します。Resumes data collection for the specified process after profiling was paused by a call to VSPerfCmdProcessOff.
ProcessOff : pidProcessOff : pid 指定したプロセスのデータ コレクションを停止します。Stops data collection for the specified process.
ThreadOn と ThreadOff : tidThreadOn and ThreadOff : tid VSPerfCmdThreadOff を呼び出し、プロファイリングを一時停止した後、指定したプロセスのプロファイリングを再開します。Resumes profiling for the specified process after profiling was paused by a call to VSPerfCmdThreadOff. インストルメンテーション メソッドでプロファイリングするときにのみ、ThreadOn を使用します。Use ThreadOn only when profiling with the instrumentation method.
ThreadOn と ThreadOff : tidThreadOn and ThreadOff : tid 指定したスレッドのプロファイリングを一時停止します。Pauses profiling for the specified thread. インストルメンテーション方法でプロファイリングするときにのみ、ThreadOff を使用します。Use ThreadOff only when profiling with the instrumentation method.
Mark : MarkNum[,MarkText]Mark : MarkNum[,MarkText] プロファイリング データ ファイルにマークと任意のテキストを挿入します。Inserts a mark into the profiling data file, with optional text.

サンプリング メソッド オプションSampling Method Options

次のオプションは、サンプリング プロファイル方法の使用時にのみ利用できます。The following options are only available when you are using the sampling profiling method.

オプションOption 説明Description
Launch : ExecutableLaunch : Executable 指定したアプリケーションを開始し、プロファイリングを開始します。Starts the specified application and begins profiling.
Args : ArgumentsArgs : Arguments 起動したアプリケーションに渡すコマンド ライン引数を指定します。Specifies command line arguments to pass to the launched application.
コンソールConsole 新しいコマンド プロント ウィンドウで指定のコマンドを開始します。Starts the specified command in a new command prompt window.
Attach : PID[,PID]Attach : PID[,PID] 指定されたプロセスのプロファイリングを開始します。Begins profiling the specified processes. プロセスはプロセス ID またはプロセス名で識別されます。Processes can be identified by the process id or by the process name.
Detach[:PID[,PID]]Detach[:PID[,PID]] 指定されたプロセスのプロファイリングを停止します。Stops profiling the specified processes. プロセスはプロセス ID またはプロセス名で識別されます。Processes can be identified by the process id or by the process name. プロセスが指定されていない場合、すべてのプロセスに対してプロファイリングが停止します。If no process is specified, profiling is halted for all processes.
GC[:{Allocation|Lifetime}]GC[:{Allocation|Lifetime}] .NET メモリの割り当てとオブジェクトの有効期間データを収集します。Collects .NET memory allocation and object lifetime data. 使用時は必ず VSPerfCmdLaunch オプションを付けます。Use only with the VSPerfCmdLaunch option.

サンプリング間隔オプションSampling Interval Options

次のオプションは、サンプリング間隔の種類と期間を指定します。The following options specify the type and duration of sampling intervals. 既定は Timer です。The default is Timer. Counter オプションを使用し、CPU カウンターを間隔として指定することもできます。You can also specify a CPU counter as the interval by using the Counter option. これらのオプションは Launch と共に指定するか、プロファイリング セッションの最初の Attach と共に指定します。These options can only be specified with Launch or with the first Attach of a profiling session.

オプションOption 説明Description
PF[:n]PF[:n] n 回目のページ フォールトごとにサンプリングします (既定=10)。Samples on every n-th page fault (default=10).
Sys[:n]Sys[:n] n 回目のシステム呼び出しごとにサンプリングします (既定=10)。Samples on every n-th system call (default=10).
Timer[:n]Timer[:n] n 回目のプロセッサ サイクルごとにサンプリングします (既定=10000000)。Samples on every n-th processor cycle (default=10000000).

サービス コンポーネントとカーネル モード デバイスのオプションService Component and Kernel Mode Device Options

次の管理オプションは、プロファイリング サービス コンポーネントまたはカーネル モード デバイス ドライバーに対応しています。The following Admin options support profiling service components or kernel mode device drivers. 管理オプションはプロファイリング アクセス許可を設定し、プロファイリングされるサービスまたはデバイス ドライバーを制御します。The Admin options set profiling permissions and control the profiled service or device driver.

管理オプションは、管理資格情報で実行されるコマンド プロンプトで実行する必要があります。Admin options must be executed at a command prompt that is running with administrative credentials.

オプションOption 説明Description
Admin:Security <ALLOW|DENY> Right[ Right] <User|Group>Admin:Security <ALLOW|DENY> Right[ Right] <User|Group> プロファイリング サービスへの指定のユーザーまたはグループ アクセスを許可または拒否します。Allows or denies the specified user or group access to profiling services.

Right には以下があります。Right can be:

CrossSession - セッション間プロファイリングを行うために、サービスへのアクセス権をユーザーに与えます。CrossSession - gives the user access to the service to do cross session profiling.

SampleProfiling - サンプリング プロファイリングを有効にするために、ドライバーへのアクセス権をユーザーに与えます。SampleProfiling - gives the user access to the driver to enable sampling profiling. トレース プロファイリング中、カーネル遷移情報にアクセスするためにも使用されます。Also used to access kernel transition information during trace profiling.

FullAccess - CrossSession アクセスと SampleProfiling アクセスの両方をユーザーに与えます。FullAccess - gives the user both CrossSession and SampleProfiling access.
Admin:Security, ListAdmin:Security, List プロファイリング サービスの現在の状態を一覧表示し、ユーザー アクセス許可を一覧表示します。Lists the current state of profiling services and lists user permissions.
Admin: <Service|Driver><START|STOP|INSTALL|UNINSTALL>Admin: <Service|Driver><START|STOP|INSTALL|UNINSTALL> プロファイリング サービス コンポーネント (サービス) またはカーネル モード デバイス ドライバー (ドライバー) を開始、停止、インストール、アンインストールします。Starts, stops, installs, or uninstalls the profiling service component (service) or kernel mode device driver (driver).
Admin: <Service|Driver>AutoStart<ON|OFF>Admin: <Service|Driver>AutoStart<ON|OFF> 再起動後、プロファイリング サービス (サービス) またはカーネル モード デバイス ドライバー (ドライバー) の自動開始を有効または無効にします。Enables or disables automatically starting the profiling service (service) or kernel mode device driver (driver) after a restart.

VSPerfCmd /DriverVSPerfCmd /Driver

VSPerfCmd /Driver オプションは現在使われていません。The VSPerfCmd /Driver option is now obsolete. この機能には VsPerfCmdAdmin オプションを使用してください。Use the VsPerfCmdAdmin options for this functionality.

参照See Also

VSInstr VSInstr
VSPerfMon VSPerfMon
VSPerfReportVSPerfReport