VSPerfMonVSPerfMon

VSPerfMon ツールを使用すると、アプリケーションのパフォーマンス データを収集できます。通常、このツールは VSPerfCmd.exe によって起動されます。You can use VSPerfMon tool to collect performance data for an application; typically this tool is launched by VSPerfCmd.exe. VSPerfMon を使用した場合は、VSPerfCmd ツールでは入手できない、プロセスのアタッチやデタッチに関する追加情報を表示できます。VSPerfMon displays additional information about process attach or detach which is not available by using the VSPerfCmd tool. この情報を表示するには、VSPerfMon を別のウィンドウで起動します。To view this information, start VSPerfMon in a separate window. VSPerfMon を起動するには、次の構文を使用します。To invoke VSPerfMon use the following syntax:

VSPerfMon [/U] </TRACE [/COUNTER:cfg] | /SAMPLE | /COVERAGE> /CROSSSESSION /OUTPUT <file name> [/WINCOUNTER:cfg] [/USER [DOMAIN\]username]  

VSPerfMon ツールのオプションの説明を次の表に示します。The following table describes VSPerfMon tool options:

オプションOptions 説明Description
UU リダイレクトされたコンソール出力は Unicode として書き込まれます。Redirected console output is written as Unicode. このオプションは、最初に指定する必要があります。This must be the first option specified.
OUTPUT: < ファイル名 >OUTPUT: < file name > 指定したファイル名に出力をリダイレクトします。Redirects output to the specified file name.
TRACETRACE インストルメンテーション プロファイル用のパフォーマンス モニターを開始します。Starts performance monitor for instrumented profiling.
SAMPLESAMPLE サンプリング プロファイル用のパフォーマンス モニターを開始します。Starts the performance monitor for sampling profiling.
COVERAGECOVERAGE コード カバレッジ コレクション用のパフォーマンス モニターを開始します。Starts the performance monitor for code coverage collection.
CONCURRENCYCONCURRENCY リソース競合プロファイル用のパフォーマンス モニターを開始します。Starts the performance monitor for resource contention profiling.
USER: [ ドメイン \] ユーザー名USER: [ domain \] username 指定したアカウントからパフォーマンス モニターへのクライアント アクセスを許可します。Allows client access to the performance monitor from the specified account.
CROSSSESSIONCROSSSESSION セッション間プロファイルを有効にします。Enables cross-session profiling.
COUNTER :cfgCOUNTER :cfg インストルメンテーション (TRACE) プロファイル方法を使用するときに、各インストルメンテーション ポイントで収集する CPU カウンターを指定します。When the instrumentation (TRACE) profiling method is used, specifies a CPU counter to be collected at each instrumentation point. 複数の COUNTER オプションを指定すると、複数のカウンター データを収集できます。You can collect multiple counter data by specifying multiple Counter options.

カウンター (cfg) データを指定するには、次の構文を使用します。Use the following syntax to specify the counter (cfg) data:

CounterName [,Reload[,FriendlyName]]CounterName [,Reload[,FriendlyName]]

- CounterName は、VSPerfCmd /QueryCounters コマンドによって返されるカウンターの名前です。- CounterName is the name of a counter returned by the VSPerfCmd /QueryCounters command.
- Reload は、カウンター イベントのサンプリング間隔です。- Reload is the counter event sampling interval. インストルメンテーション メソッドで Reload を使用しないでください。Do not use Reload with the instrumentation method.
- 指定すると、プロファイル ツールのレポートの列名が CounterName から FriendlyName に置き換えられます。- When specified, FriendlyName replaces CounterName in Profiling Tools report column names.
WINCOUNTER :pathWINCOUNTER :path マーク データと共に含める Windows パフォーマンス カウンターを指定します。Specifies a Windows performance counter to include with mark data. path は、PDH カウンター パス形式の Windows パフォーマンス カウンター文字列です。path is a Windows Performance counter string in PDH counter path format. 例:For example:

\Processor(0)\% Processor Time\Processor(0)\% Processor Time

\System\Context Switches/sec\System\Context Switches/sec
AUTOMARK :nAUTOMARK :n /WINCOUNTER を使用する際の自動的なマーク間の時間間隔 (ミリ秒単位) を指定します。Specifies the time interval (in milliseconds) between automatic marks when you use /WINCOUNTER. 値は、500 ミリ秒単位で切り上げられます。Rounded up to the nearest 500ms.

0 を使用すると、自動的なマークは無効になります。Use 0 to disable automatic marks. (指定しない場合、既定の 500 ミリ秒になります)(default=500ms if unspecified)

参照See Also

VSInstr VSInstr
VSPerfCmd VSPerfCmd
VSPerfReport VSPerfReport
パフォーマンス レポートのビューPerformance Report Views