Visual Studio 2017Visual Studio 2017 プロファイリング ツールの新機能What's New in Profiling Tools in Visual Studio 2017Visual Studio 2017

診断ツールに、修正が必要なアプリの問題を識別できる新しい視覚化が追加されました。The Diagnostics Tools include new visualizations to help you identify issues in your app that need fixing. 診断ツールに ASP.NET アプリのサポートが追加されました。The Diagnostics Tools now include support for ASP.NET apps.

詳しくは、「Visual Studio 2017Visual Studio 2017 リリース ノート」をご覧ください。For additional information, see the Release Notes for Visual Studio 2017Visual Studio 2017.

パフォーマンス分析の主な領域に重点を置くことができる、概要タブがツールに追加されました。A Summary tab has been added to the tools that helps you to focus on key areas for your performance analysis. 概要タブには発生したイベントの数が表示され、ヒープのスナップショットを作成して、CPU 使用率のデータ収集を直ちに有効にすることができます。This tab shows how many events have occurred, lets you take snapshots of the heap, and lets you quickly enable CPU usage data collection. このビューには、Application Insights または UI Analysis のイベントが表示されます。This view shows any Application Insights or UI Analysis events. また、Visual Studio Enterprise では、ビューに IntelliTrace イベントも表示されます。In addition, for Visual Studio Enterprise, this view also shows IntelliTrace events.

診断ツールの概要タブDiagnostics Tools Summary Tab

CPU 使用率ツールに新しい視覚化が加えられ、パフォーマンスの問題の原因になっている可能性が最も高い関数を識別できます。The CPU usage tool has new visualizations to help you identify the functions that are most likely to be causing performance issues. 新しい呼び出し元/呼び出し先ビューによって、選択した関数に対して、または選択した関数から行われる関数呼び出しのコストを調べることができます。The new Caller/Callee view allows you to investigate costs of function calls made to and from a selected function.

診断ツールの [呼び出し元/呼び出し先] ビューDiagnostics Tools Caller Callee View

参照See Also

Visual Studio のプロファイルProfiling in Visual Studio
プロファイリング機能ツアーProfiling Feature Tour