Django Web プロジェクト テンプレートDjango Web Project Template

Django は、高速、安全、スケーラブルな Web 開発用に設計されたハイレベルの Python フレームワークです。Django is a high-level Python framework designed for rapid, secure, and scalable web development. Visual Studio の Python サポートには、Django ベースの Web アプリケーションの構造を設定するためのプロジェクト テンプレートが用意されています。Python support in Visual Studio provides a project template to set up the structure of a Django-based web application. Visual Studio でテンプレートを使用するには、[ファイル] > [新規] >[プロジェクト] を選択し、「Django」を検索して、"Django Web プロジェクト" テンプレートを選びます。To use the template in Visual Studio, select File > New > Project, search for "Django", and select the "Django Web Project" template. 作成されるプロジェクトには、定型コードと既定の SQLite データベースが含まれます。The resulting project includes boilerplate code as well as a default SQLite database. "空の Django Web プロジェクト" テンプレートも似ていますが、これにはデータベースが含まれません。The "Blank Django Web Project" template is similar but does not include the database.

Visual Studio は、Django プロジェクトの完全な IntelliSense を提供します。Visual Studio provides full IntelliSense for Django projects:

  • テンプレートに渡されるコンテキスト変数:Context variables passed into the template:

    コンテキスト変数用の IntelliSense

  • 組み込みとユーザー定義両方のタグ付けとフィルター処理:Tagging and filtering for both built-ins and user-defined:

    タグとフィルターの IntelliSense

  • 埋め込みの CSS と JavaScript の構文の色分け表示:Syntax coloring for embedded CSS and JavaScript:

    CSS Intellisense

    JavaScript IntelliSense

また、Visual Studio は Django プロジェクトの完全なデバッグ サポートも提供します。Visual Studio also provides full debugging support for Django projects:

ブレークポイント

Django プロジェクトは manage.py ファイルで管理するのが一般的であり、Visual Studio でもそのようになっています。It's typical for Django projects to be managed through their manage.py file, which is an assumption that Visual Studio follows. エントリ ポイントとしてそのファイルの使用を止めると、基本的にプロジェクト ファイルは壊れます。If you stop using that file as the entry point, you essentially break the project file. その場合は、Django プロジェクトにしないで、既存のファイルからプロジェクトを作成しなおす必要があります。In that case you need to recreate the project from existing files without marking it as a Django project.

Django 管理コンソールDjango management console

Django 管理コンソールには、[プロジェクト] メニューのさまざまなコマンドを使用するか、ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを右クリックしてアクセスします。The Django management console is accessed through various commands on the Project menu or by right-clicking the project in Solution Explorer.

  • [Django シェルを開く...]: モデルを操作できるアプリケーション コンテキストでシェルを起動しますOpen Django Shell...: opens a shell in your application context that enables you to manipulate your models"

    Console

  • [Django Sync DB (Django 同期 DB)]: manage.py syncdb を対話型ウィンドウで実行します。Django Sync DB: executes manage.py syncdb in an interactive window:

    コンソール

  • [Collect Static (静的収集)]: manage.py collectstatic --noinput を実行して、settings.pySTATIC_ROOT で指定されたパスにすべての統計ファイルをコピーします。Collect Static: executes manage.py collectstatic --noinput to copy all the static files to the path specified by STATIC_ROOT in your settings.py. Microsoft Azure に発行する場合、統計ファイルは発行操作の一部として収集されます。Note that when publishing to Microsoft Azure, static files are automatically collected as part of the publish operation.

    コンソール

  • [検証]: settings.pyINSTALLED_APPS で指定されたインストール済みのモデルで検証エラーをレポートする manage.py validate を実行します。Validate: executes manage.py validate, which reports any validation errors in the installed models specified by INSTALLED_APPS in your settings.py:

    コンソール