Team Foundation Server 2015 Update 3 Team Foundation Server 2015 Update 3

リリース日: 2016 年 6 月 27 日Release Date: June 27, 2016

Microsoft は本日、Visual Studio Team Foundation Server 2015 Update 3 の提供を開始したことをお知らせします。Today, we are happy to announce the availability of the Visual Studio Team Foundation Server 2015 Update 3. これは、Microsoft のアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) ソリューションの中核を成すコラボレーション プラットフォームである Team Foundation Server (TFS) の最新バージョンです。This is the newest version of Team Foundation Server (TFS), the collaboration platform at the core of Microsoft's application lifecycle management (ALM) solution. これが予期したリリース ノートではない場合、最新バージョンのリリース ノートにアクセスしていることに注意してください。If these were not the release notes you were expecting, you have reached the release notes for the most current version.

Visual Studio のフィードバック オプションを使用してフィードバックをお送りください。Send us your feedback using the Feedback option in Visual Studio. また、Visual Studio 2015 UserVoice サイトから提案を送信することもできます。You may also submit suggestions on the Visual Studio 2015 UserVoice site.

ダウンロード: Team Foundation Server Update 3Download: Team Foundation Server Update 3

他の関連ダウンロードについては、ダウンロードのページを参照してください。To learn more about other related downloads, see the Downloads page.

新機能What's New ?

その他の変更Other Changes

Git リポジトリの SSH のサポート SSH Support for Git Repos

TFS 2015 Update 3 では、SSH キーを使用して Team Foundation Server の Git リポジトリに接続できるようになりました。With TFS 2015 Update 3, you can now connect to any Team Foundation Server Git repo using an SSH key. これは、Linux または Mac 上で開発を行っている場合に特に便利です。This is very helpful if you develop on Linux or Mac. 個人の SSH キーをアップロードするだけで準備が整います。Just upload your personal SSH key and you're ready to go.

ダッシュボード ウィジェット SDK Dashboard Widget SDK

Update 3 では、最初から用意されているダッシュボード ウィジェットを使用できるだけでなく、SDK を使用して独自のウィジェットを作成することもできます。In Update 3, not only can you use the out-of-the box dashboard widgets, you can also create your own widgets by using the SDK. 詳細については、VisualStudio.com のダッシュボードのウィジェットの追加に関するページを参照してください。For more information, see the Add a dashboard widget page on VisualStudio.com.

テスト - 新機能とバグの修正 Testing - New Features & Bug Fixes

テスト - 新機能 - Azure、SCVMM、VMWare のサポートTesting - New Features - Support for Azure, SCVMM and VMWare

クラウド (Azure を使用) またはオンプレミス (SCVMM または VMWare を使用) にテスト マシンを動的に設定し、これらのマシンを使用してテストを分散方式で実行できるようになりました。You can now dynamically set up test machines in the cloud with Azure, or on-premises using SCVMM or VMWare and use these machines to run tests in a distributed manner. AzureSCVMM、または VMWare のいずれかのマシン プロビジョニング タスクに続けて機能テストのタスクの実行を行うとテストを実行できます。You can use one of the machine provisioning tasks - Azure, SCVMM or VMWare followed by the Run Functional Tests task to run tests. 詳細については、「Install and configure test agents (テスト エージェントのインストールと構成)」ページをご覧ください。For more information, please see the Install and configure test agents page.

テスト - バグの修正Testing - Bug Fixes

Connect から報告されたバグ :Bugs reported through Connect:

  • "並列して実行する" が選択されていると、テスト設定ファイルが無視される。Test settings file is ignored when "Run in Parallel" is selected.
  • テスト エージェントの配置が完了した後、一時フォルダーがクリーンアップされない。TEMP folder is not cleaned after Test Agent Deployment is completed.
  • テストの選択がテスト計画に設定されている場合でも、ソース フィルター文字列が必要になる。Source filter string is required even with Test Selection set to Test Plan. 文字列が空の場合、"空の文字列があるため、パラメーター 'SourceFilter' に引数をバインドできない" というエラーが発生する。User gets error "Cannot bind argument to parameter 'SourceFilter' because it is an empty string" if string is empty.
  • テスト成果物をメール送信または印刷する機能がハングし、JavaScript TypeError をスローする。Email/print test artifacts feature hangs and throws JavaScript TypeError.
  • Web テスト ランナー ウィンドウでテキストが折り返されない。Web test runner window no longer wraps text.

その他のバグ修正 :Other bug fixes:

  • "DistributedTests: buildId の解析中に例外が発生しました" がこのリリースでスローされる。"DistributedTests: Exception occurred while parsing buildId" is thrown in Release.
  • リモート テスト実行が、パスへのアクセスが拒否されたというエラーにより突然中止される。Remote Test Execution gets aborted abruptly with error - Access to the path is denied.
  • Ant、Maven、Gradle タスクからテスト結果をこのリリースでアップロードできない。Test results cannot be uploaded from Ant, Maven or Gradle tasks in Release.
  • セミコロンで区切られた2 つの DLL の完全パスを指定すると、VsTest タスクが失敗する。VsTest task fails if full path of 2 DLLs are given separated by semicolon.
  • このリリースでは、結果が 'テスト スイート' でグループ化され、環境に 'すべて' が選択されている場合、テスト結果が表示されない。No Test results are shown in Release when results are grouped by 'Test Suite' and Environment selected is 'All.'
  • 結果フォルダーが runsettings ファイルで構成されている場合、Visual Studio テスト タスクがテスト結果をアップロードできない。Visual Studio Test task will not upload test results if results folder is configured in runsettings file.
  • メール要求におけるフィードバックを求めるハイパーリンクが間違っている。Feedback request hyperlink is incorrect in email request.
  • このテスト スイートのすべてのテスト ケースを複数のテスターが実行するように割り当てた場合、クエリ ベースのテスト スイートがテストを正しく反映しない。Query based test suites do not properly reflect the tests when assigned all the test cases in this test suite to be run by multiple testers.
  • 例外 Microsoft.TeamFoundation.TestManagement.Server.InvalidStructurePathException: パスCEBIS FWK の構造が有効でない。Exception Microsoft.TeamFoundation.TestManagement.Server.InvalidStructurePathException: The structure path CEBIS FWK is not valid.
  • TFS の 2015.1 へのアップグレード後に、テスト ハブでエラーが発生する。Error in test hub after upgrading of TFS to 2015.1.
  • MTM 2015 | 2013 - TFS 2015.2 | テストの実行を分析 - 結果、計画タブが特定のユーザーに空として表示される。MTM 2015 | 2013 - TFS 2015.2 | Analyze test runs -results , Plan tabs comes up as empty for specific users.
  • ファイルが見つからないというエラーが発生した後に、MTM 画面キャプチャ ファイルのアップロードが再試行される。MTM Screen capture file upload retries after the failure with file not found error.

アジャイル バグの修正 Agile Bug Fixes

Connect から報告されたバグ :Bugs reported through Connect:

  • ロケールがフランス語に設定されている場合、スプリント ボード カードでスタイルを設定すると、エラーが発生する可能性がある。Setting styles in the sprint board cards may cause an error if the locale is set to French.
  • ロケールがドイツ語に設定されている場合、スプリント ボード カードでスタイルを設定すると、エラーが発生する可能性がある。Setting styles in the sprint board cards may cause an error if the locale is set to German.
  • アンダースコアや単一引用符などの非標準文字を含む区分パスを使用する句がある場合にクエリを作成できない。Unable to create a query when there is a clause with an Area Path with non-standard characters, such as an underscore or single quote.
  • Web Access で、リンクのラベル コントロールでハイパーリンクが表示されない。The links label control does not show hyperlinks in web access.
  • 新しいチーム プロジェクトを作成すると、"オブジェクト 'dbo.Constants' に重複するキー行を挿入できません" という TF30177 エラーが発生する。Creating new team projects causes a TF30177 "Cannot insert duplicate key row in object 'dbo.Constants" error.
  • [ウィジェットの追加] ダイアログで、[マイ プロファイル] で選択した言語よりもブラウザーの言語が優先される。The Add Widget dialog respects the browser language over the language selected in "My Profile."
  • [グラフの構築] ウィジェットで、ビルドに失敗した場合でも、グラフ内の最新のバーが緑色で表示される。In the Build Chart widget, the most recent bar in the chart shows green, even if the build fails.
  • 利害関係者のバナーがないため、ユーザーは利害関係者としてログインしていることに気付かず、すべての機能にアクセスできない。The Stakeholder banner is missing so users are not aware they are logged in as a stakeholder and do not have access to all features.
  • Readme ファイルが、チーム プロジェクトのウェルカム ページに常に表示されない。Readme files are not always displayed on the Team Project welcome page.
  • 作業項目トラッキングで時間の一部を設定するときに、月と日の値が入れ替わることがある。When setting a part of a time in work item tracking, the month and day values may get switched.

その他のバグ修正 :Other bug fixes:

  • 値が空の場合に、作業項目トラッキングの Web ページコントロールがエラーが発生するパラメーターとしてID フィールドを参照する。A Work Item Tracking Web Page control referencing an identity field as Param with through an error when the value is empty.
  • クエリ結果ウィジェットの名前を変更すると、エラーが発生する。Error when changing the name of the Query Result widget.
  • カード上の残り時間入力が十分でない。The Remaining Hours input is not big enough on the card.
  • ユーザーに親作業アイテムへのアクセス許可がない場合、バックログが読み込まれない。Backlog doesn't load when the user doesn't have permissions to a parent work item.
  • チーム プロジェクトの結果を変更したあとに作業ハブに移動すると、TF400483 エラーが発生する。Navigating to the WORK hub after changing team projects results in a TF400483 error.
  • ダッシュボード マネージャー アイコンにフォーカスがあることが表示されない。The Dashboard Manager icon has no visual cue on focus.
  • ダッシュボード マネージャーのダッシュボードの追加アイコンにフォーカスがあることが明確にわからない。The Add Dashboard icon in Dashboard Manager has no clear visual cue on focus.
  • ダッシュボード マネージャーのダッシュボードの追加と削除のボタンが、ENTER キーを押しても機能しない。The add and delete Dashboard buttons in Dashboard Manager do not work on pressing ENTER.
  • クエリ タイルと作業項目グラフのウィジェットでは、構成ブレードをタブ移動するときに、クエリが選択されていないというエラーによってクエリ セレクターの入力がスタックする。In the Query Tile and Work Item Chart widgets, when tabbing through the configuration blade, the input will get stuck on the Query Selector with an error that no query is selected.
  • Team Foundation 2013 Update 1 以前からアップグレードする場合に、プロジェクトのホームページの内容が移行されない。When upgrading from Team Foundation 2013 Update 1 or earlier, the contents of the project homepage will not be migrated.
  • 利害関係者としてライセンスを取得すると、ダッシュボード間を移動できない。When licensed as a Stakeholder, you can't navigate between dashboards.
  • マークダウン ウィジェットで、ソース管理のイメージを参照する場合にマークダウンが表示されない。In the markdown widget, if the markdown references an image in source control, it won't display.
  • サード パーティのウィジェットがエラー状態の場合、ダッシュボード全体の読み込みに失敗する。If a third party widget is in an error state, the entire dashboard fails to load.
  • サード パーティのウィジェットがエラー状態の場合、新しいウィジェットを追加すると空白として追加される。If a third party widget is in an error state, adding new widgets get added as blank.
  • サード パーティのウィジェットがエラー状態の場合、ダッシュボードから削除してもエラー バナーが消えない。If a third part widget is in an error state and then removed from the dashboard, the error banner is not cleared.
  • ダッシュボード ウィジェットを追加し、同時に異なるブラウザー セッションがあるなどの競合が生じた場合のエラーの説明がない。When dashboard widgets are added and conflict with one another, such as in different browser sessions at the same time, the error is not descriptive.
  • アバターが、プル要求ウィジェットに読み込まれない。Avatars don't load in the Pull Request widget.
  • ビルド グラフ ウィジェットで、ビルド グラフと比べて最後に完了したステータスアイコンが正しくない。In the Build Chart widget, the last completed status icon is incorrect when compared to the build chart.
  • ダッシュボードの編集モードでは、エラー バナーがダッシュボードの背後に表示される。When in Edit Mode of a dashboard, the error banner is covered up with the dashboard background.
  • Visual Studio リンク ウィジェットでは、"Visual Studio で開く" の画像が紫色で表示される。In the Visual Studio Links widget, the "Open in Visual Studio" image is plain purple.
  • ウィジェットの構成ブレードで変更を行う場合、キャンセルするときに変更を破棄するプロンプトが表示されない。When making changes in the configure widget blade, there is no prompt about discarding changes when cancelling out.
  • ウィジェットでエラーが発生した場合でも、ユーザーが構成の変更を保存できる。If a widget has an error, the user can still save configuration changes.
  • ダッシュボードでウィジェットをプレビューすると、拡大表示されて画像がぼやける。When previewing a widget in the dashboard, it is zoomed in and blurry.
  • ダッシュボードの編集モード タブをタブ移動すると、削除と構成のアイコンではなくウィジェットをタブ移動する。Tabbing in the Dashboard edit mode tabs through the widget instead of the delete and configure icons.
  • ダッシュボードの編集モードでは、ESC キーで編集モードを終了する必要がある。When in the Dashboard edit mode, ESC should exit out of edit mode.
  • Firefox で新しい作業項目グラフ ウィジェットを作成すると、グラフの種類がさまざまなサイズになる。When creating a new Work Item Chart widget in Firefox, the chart types are of varying sizes.
  • 作業項目グラフ ウィジェットで、クエリを選択するまでグラフのオプションが表示されない。In the Work Item Chart widget, the chart options aren't displayed until a query is selected.
  • スプリントの概要ウィジェットで、イテレーションの日付を設定してもウィジェットが更新されない。In the Sprint Overview widget, setting the iteration dates does not refresh the widget.
  • スプリント バーンダウン ウィジェットで、グラフにタブ移動し、Enter キーを押してもライトボックスが開かない。In the Sprint Burndown widget, tabbing to the graph and hitting Enter does not open the lightbox.
  • 条件付きのクエリ タイルでは、ルールの入力フィールドに 5 桁の数字を使用できるが、4 桁の数字しか表示されない。In the Conditional Query Tile, the input field for a rule allows a five digit number but only displays four digits.

ビルド バグの修正 Build Bug Fixes

Connect から報告されたバグ :Bugs reported through Connect:

  • ビルドをFirefox のタグでフィルター処理できない。Unable to filter builds by tags on Firefox.
  • ビルド時にユーザーのアクセス許可を設定する際、保存するとエラーが発生する。When setting the permissions of a user on a build, there is an error when saving.
  • ビルドが深夜に実行するようにスケジュールされている場合、前の日に実行される。If a build is scheduled to run in the late evening, it runs on the previous day.
  • "TF14044: アクセスが拒否されました: User Project Collection Build Service では AdminWorkspaces グローバル アクセス権が必要です" というエラーでビルドに失敗する。Build fails with "TF14044: Access Denied: User Project Collection Build Service needs the AdminWorkspaces global permission(s).".
  • マイ プロファイルからの時刻の書式設定が、ビルド ハブで使用されない。The time formatting from My Profile is not used in the Build hub.
  • ビルドで curl タスクを実行する場合、"このパスには curl が見つかりません" というエラーでビルドに失敗する。Build fails with "curl was not found in the path" error when running a curl task in Build.
  • ゲート ビルドで "シェルブセットが見つかりません" というエラーが発生する。Gated build gives an error of "Shelveset not found."
  • Chrome で新しいビルド定義を作成する場合に、書式設定の問題がある。There are formatting problems when creating a new build definition in Chrome.
  • XAML ビルドで多数の警告が発生する場合は、"サーバーに接続しようとしているときに未定義のエラーが発生しました。When a XAML Build has a large number of warnings, it shows an error of "An undefined error occurred while attempting to connect to the server. 状態コード 0。" というエラーが表示される。Status code 0.".
  • ビルド ページで [理由] 列のサイズを変更すると、すべてのアイコンの配列が表示される。When resizing the Reason column in the Build page, the entire icon array is shown.
  • "ソリューション構成とプラットフォームが無効です" というエラーでビルドに失敗する。Build fails with "Invalid solution configuration and platform.".
  • npm インストール タスクが含まれる場合、"npm インストールを検出できませんでした" というエラーでビルドに失敗する。When including an npm install task, builds fail with an error that it cannot find the npm install.
  • Git リポジトリにビルド番号をラベル付けするビルド定義を編集する場合、"ソース ラベルの書式が無効です" というエラーが発生する。Error of "Invalid source label format" when editing a build definition that labels a Git repository with a build number.
  • 外部の Git リポジトリを使用すると、継続的インテグレーションがトリガーされないことがある。Continuous Integration does not always trigger when using an external Git repository.
  • アップグレードされたプロジェクト コレクションで、サービス アカウントの代わりにビルド アカウントが使用されてゲート チェックインに失敗する。On upgraded project collections, gated checkins fail due it using the build account instead of service account.

その他のバグ修正 :Other bug fixes:

  • "すべてのスコープ" アクセス許可なしで PADを使用する場合、getBuildBadge vso-node-api に失敗する。getBuildBadge vso-node-api fails if using a PAT without the "All Scopes" permission.
  • ビルド定義名に角かっこが含まれている場合、リビジョン番号が正しく計算されない。If a build definition name contains square brackets, the revision number is not calculated correctly.
  • チーム プロジェクト コレクションを分割すると、ビルド サービス ID が重複する。When splitting a Team Project Collection, there are duplicate build service identities.
  • 新しいビルドをキューに入れる際にシェルブセット名を入力すると、"要求または定義に問題があるためビルドを実行できません。SourceVersion に指定された値は有効なバージョンの仕様ではありません。" という誤解を招くようなエラーが発生する。When entering a shelveset name when queuing a new build, you get a misleading error of "There are issues with the request or definition that will prevent the build from running: The value specified for SourceVersion is not a valid version spec.".
  • クロス プラットフォームのビルド タスクを含む拡張機能が動作しない。Extensions with cross platform build tasks do not work.
  • SSL ポート 8443 を使用すると、Subversion への接続でビルドに失敗する。Build fails to connect to Subversion when using SSL port 8443.
  • マッピングされていないビルドに SVN リポジトリを使用する場合、ソース バージョンが設定されない。When using an SVN repository for a build which doesn't have mappings, the Source Version is not set.
  • Team Foundation バージョン管理ビルドをソース ラベルからキューに入れることができない。Cannot queue a Team Foundation Version Control build from a source label.

バージョン管理バグの修正 Version Control Bug Fixes

注: これらは、Team Foundation Server のバージョン管理のバグ修正です。Note: These are bug fixes for Version Control in Team Foundation Server. Visual Studio のバージョン管理のバグ修正については、「Visual Studio のリリース ノート」をご覧ください。For Version Control fixes in Visual Studio, see the Visual Studio Release Notes.

Connect から報告されたバグ :Bugs reported through Connect:

  • Git LF を使用する場合、リポジトリの複製などの機能に問題が生じる可能性がある。When using Git LFS, there may be problems with functions such as cloning the repo.
  • "TF53010: Team Foundation のコンポーネントまたは拡張で以下のエラーが発生しました" という Git プル要求のイベント ログ エラーが 1 時間ごとに発生する。There are hourly Git pull request event log errors of "TF53010: The following error has occurred in a Team Foundation component or extension.".

その他のバグ修正 :Other bug fixes:

  • 作業項目に最新バージョンのリンクの種類を追加できない。Adding a Latest Version link type to a work item does not work.
  • Team Foundation Server 2010 からアップグレードしたあと、Team Foundation バージョン管理ウェアハウス アダプターでエラーが発生する。The Team Foundation Version Control warehouse adapter fails after upgrading from Team Foundation Server 2010.
  • プル要求の作成中に作業項目にリンクする場合、25 のコミットの制限がある。There is a limit of 25 commits when linking to work items during pull request creation.
  • リポジトリに複数のビルド定義が構成されている場合、ビルド エクスプローラーに別の定義の最後のビルドへのリンクする、1 つの定義名が表示されることがある。If a repository has multiple build definitions configured, the Build Explorer may show one definition's name but link to the last build on another.
  • プル要求で、ID の選択が右側で切り取られる。In Pull Requests, the identity picker is cut off on the right side.
  • Team Foundation バージョン管理ファイルは、変更がなかった場合でもエンコードの変更があると表示される。Team Foundation Version Control files show that there is an encoding change even if there was no change.
  • SSH 経由の Git プッシュで、"TF401030: Git パックのヘッダーが無効です" というエラーが発生する。On a Git push over SSH, there is an error "TF401030: The Git pack header is invalid.".

管理バグの修正 Administration Bug Fixes

Connect から報告されたバグ :Bugs reported through Connect:

  • チーム プロジェクト コレクションを分割する場合、コレクションを複製して、最初のコレクション内のチーム プロジェクトを削除すると、他のコレクションで削除されたプロジェクトがそれ以外のコレクションで表示されないことがある。When splitting a team project collection, after cloning the collection and deleting a team project in the first collection, the other collection may not show the project that was deleted in the other collection. ダイレクト URL は機能するが、ユーザーがチーム プロジェクトを参照できない。The direct URL will work, but the user cannot browse to the team project.

その他のバグ修正 :Other bug fixes:

  • アップグレードする場合、準備チェックでポート 8080 が使用できないというエラーと、"TF401147: アプリケーション層の Web サービス サイトに以前に構成されたポートが現在使用されています。" というエラーが発生して失敗することがある。When upgrading, the readiness check may fail with errors that Port 8080 is unavailable and "TF401147: The previously configured ports for the Application Tier Web Service site are currently in use.".
  • 管理コンソールで、プロキシ サーバーの URL が空白になる。In the Admin Console, the Proxy Server URL is blank.
  • TFS を構成する場合、ポートと仮想ディレクトリが誤って既定のマッピングにフォール バックすることがある。When configuring TFS, the port and vdir may incorrectly fall back to the default mappings.
  • [コレクション] タブを読み込むときに、管理コンソールがクラッシュすることがある。The Admin Console may crash when loading the Collections tab.

機能拡張バグの修正 Extensibility Bug Fixes

Connect から報告されたバグ :Bugs reported through Connect:

  • TFS SDK の使用中に URL でコレクションを省略すると、"TF400367: ホストの種類の不一致のため、要求を実行できませんでした" というエラーが発生する。"TF400367: The request could not be performed due to a host type mismatch" error when omitting the collection in the URL when using the TFS SDKs.
  • Jenkins サービス フックを使用すると、分岐を削除すると、ビルドがトリガーされる。Deleting a branch triggers a build when using Jenkins service hooks.
  • チーム ルームで [イベントの管理] をクリックすると、"ナビゲーション レベルが無効です" というエラーが発生する。When clicking Manage Events in a team room, there is an error "Invalid Navigation Level".
  • 警告を使用する場合、フィールドが予期しない許可値に設定されることがある。When working with Alerts, fields may have unexpected allowed values.
  • 警告のメールが受信できないことがある。Emails are not always received for alerts.
  • 名前にスペースがあるチーム プロジェクトの警告に、無効なリンクが含まれている。Alerts for team projects with spaces in the name include invalid links.
  • 警告の管理ページに [すべて警告] へのリンクがない。There is no link to All Alerts in the Alerts administration page.
  • 中国語版の TFS では、サービス フックに余裕期間オプションがない。In the Chinese version of TFS, there is no Slack option in service hooks.

リリース管理 Release Management

Web ベース バージョンの Release Management に関して報告されていた一部の問題を修正しました。We've fixed some of the reported issues in the web-based version of Release Management. 修正された重要な問題の一部を次に示します。Here are some of the key issues that were fixed:

  • ネットワークが不安定なときにリリース ハブを閲覧すると未定義のエラーが表示される。Undefined error is shown while browsing the Release hub, when network is flaky.
  • サーバー ドロップの成果物をダウンロードすると、ビルド成果物のディレクトリの下に追加のファイルが作成される。Downloading server drop artifact creates additional file under Build artifacts directory.
  • サービス エンドポイントが、エンドポイントの作成ダイアログから重複して作成される。Duplicate service endpoints are created from endpoint creation dialog.
  • Release Management で NuGet インストーラー タスクが失敗する。Nuget Installer task fails with Release Management.
  • 自動更新: 環境への配置を開始した後に保留中の承認を示す黄色バーが表示されない。Auto-refresh: Pending approvals yellow bar is not displayed after starting deployment on an environment.
  • 環境に対して複数の承認者がいる場合、承認のメール オプションが有効にならない。Email option in approvals is not enabled if there are multiple approvers for an environment.

Release Management の WPF バージョンに関して報告されていたバグも一部修正されました。We've also fixed a few reported bugs in the WPF version of Release Management.

  • API バージョンの不一致がある場合に、releasemanagementbuild.exe で適切なメッセージではなく 403 エラーが表示される。When there is an api-version mismatch, releasemanagementbuild.exe should show proper error message instead of 403 error.
  • ファイルを配置元にコピーするときに断続的なネットワーク エラーが発生する。Intermittent network failures when copying files to Deployer.

既知の問題 Known Issues

このリリースの既知の問題の詳細については、MSDN の記事「Team Foundation Server Update 3 の既知の問題」を参照してください。For a complete description of known issues in this release, see the following MSDN article: Known Issues in Team Foundation Server Update 3

ページのトップへ
Top of Page