Visual Studio Icon Visual Studio 2013 Update 2 リリースノート履歴Visual Studio 2013 Update 2 Release Note History


開発者コミュニティ |システム要件 |互換性 |再頒布可能コードDeveloper Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code
|ライセンス条項 |ブログ |既知の問題| License Terms | Blogs | Known Issues


注意

これは Visual Studio の最新バージョンではありません。This is not the latest version of Visual Studio. 最新のリリースをダウンロードするには、Visual Studio 2019 の最新のリリース ノートを参照してください。To download the latest release, please visit the current release notes for Visual Studio 2019.


Visual Studio 2013 をダウンロードするDownload Visual Studio 2013

Visual Studio 2013 Update 2 をダウンロードするには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。To download Visual Studio 2013 Update 2, click on the download button. これらのファイルは、無料の Dev Essentials サブスクリプションベースのサイトからダウンロードされます。The files are downloaded from our free Dev Essentials subscription-based site. 無料の包括的な開発者向けプログラムおよびサービスの詳細については、 Dev Essentials のページを参照してください。Please see the Dev Essentials page for information on our free comprehensive developer program and services.

Download Visual Studio 2013


Release Notes Icon Visual Studio 2013 更新プログラム2Visual Studio 2013 Update 2

2014年4月2日にリリースreleased on April 2, 2014

新機能New Features

このリリースには Windows Phone 8.1 を対象とするアプリを作成するための新機能、Windows ランタイムをターゲットとするユニバーサル Windows アプリを構築する機能、TypeScript 1.0 RTM、およびその他の多くの新機能が含まれていました。This release included new features for creating apps targeting Windows Phone 8.1, the ability to build universal Windows Apps targeting the Windows Runtime, TypeScript 1.0 RTM, and many other new capabilities.

Team Foundation Server 2013 更新プログラム 2Team Foundation Server 2013 Update 2

Team Foundation Server 2013 Update 2 のリリースでは、新しい ALM 機能、バグ修正、およびオンプレミスの顧客に対するその他の機能強化が引き続き導入されています。With the release of Team Foundation Server 2013 Update 2, we continue to bring new ALM features, bug fixes, and other improvements to our on-premises customers.

次に、このリリースで最もよく使用される機能の概要と、関連するリンクを示します。詳細については、こちらを参照してください。Below is a summary of the most popular features in this release, and relevant links where you can learn more.


CodeLens: 新しい ' 受信した変更 ' インジケーターCodeLens: New 'Incoming Changes' Indicator

Visual Studio Ultimate の CodeLens 機能を使用すると、開発者はコードを離れることなく、情報をすばやく見つけることができます。また、コードコンテキストが失われることなく、さまざまな利用可能なインジケーターから洞察を得ることができます。The CodeLens feature in Visual Studio Ultimate provides developers with a heads-up display for finding information quickly without having to leave their code and offers insights from various available Indicators without losing code context.

このリリースでは、CodeLens によって、他の開発者が現在作業しているコードに他の分岐で発生した変更についての洞察を提供する新しい受信変更インジケーターが追加されています。In this release, CodeLens gains a new Incoming Changes Indicator that provides insight on changes occurring in other branches to the code another developer is currently working on. これにより、複数の分岐を扱うチームは、コードエディターウィンドウを離れることなく、新しい簡単な方法で情報を保持することができます。This enables teams working with multiple branches a new and easy way to stay informed without having to leave their code editor window.

CodeLens の着信変更インジケーター

作業項目タグ: Visual Studio および Excel からの編集、クエリでの使用Work Item Tags: Edit from Visual Studio and Excel, use in Queries

作業項目のタグ付け はユーザーによって定義され、作業項目にメタデータを追加します。これにより、クエリや追加のカスタムフィルターを作成しなくても、簡単にデータをフィルター処理できます。Work Item Tagging is defined by a user and adds meta-data to a work item that enables a quick way to filter data without having to create queries or additional custom filters.

このリリースでは、タグ付けがさらに向上しています。With this release, tagging gets even better. Visual Studio からタグを表示および編集するか、"Contains" と "Not Contains 演算子" の両方の作業項目クエリの一部として使用します (Visual Studio と Web アクセスの両方)。View and edit tags right from Visual Studio, or use them as part of a work item query for both the "Contains" and "Does Not Contains operators" (in both Visual Studio and Web Access).

タグを使用した作業項目のクエリ

さらに、Excel で作業項目クエリを開くと ( 項目の一括編集など)、接続されたスプレッドシートからタグを表示および管理できるようになりました。In addition, when opening work item queries in Excel (for things such as bulk editing of items), you can now view and manage tags right from the connected spreadsheet.

Excel でのタグを使用した作業項目のクエリ

累積フローダイアグラム: 構成可能な開始日Cumulative Flow Diagram: Configurable Start Date

かんばんボードを使用する場合、Team Foundation Server は、現在のプロジェクトの状態を視覚化するための優れたツールです。これは、項目がボード上で移動したときに累積フローダイアグラムが自動的に保持されるためです。When working with Kanban boards, Team Foundation Server is a great tool to visualize the current project state because it automatically maintains a Cumulative Flow Diagram as items are moved on the board.

このリリースでは、新しい開始日に基づいてダイアグラムの計算を再開する累積フローダイアグラムの新しい開始日を設定するために、顧客の要求に対する応答として機能を追加しました。In this release, we added the ability in response to customer requests to set a new start date for Cumulative Flow Diagrams that restarts the diagram's calculations based on the new start date.

バーンダウングラフ: 構成可能な作業日数Burndown Charts: Configurable Working Days

Team Foundation Server Web アクセスでは、 アジャイルチーム は、残存作業とスプリントで利用可能な時間をグラフィカルに表現したバーンダウングラフを使用できます。In Team Foundation Server Web Access, agile teams are able to use burndown charts as a graphical representation of remaining work versus the time available in a sprint.

このリリースでは、プロジェクトチームの作業日数を構成するための新しいチーム設定が追加されました。これにより、バーンダウングラフ (Visual Studio UserVoice の高度に要求された機能) から週末の日を削除することができます。In this release, we added a new team setting for configuring working days for a project team, effectively providing the ability to remove weekend days from burndown charts (a highly requested feature on the Visual Studio UserVoice).

バーンダウングラフでの作業日の設定

作業項目のグラフ作成: ホームページのピン留めと色のカスタマイズWork Item Charting: Home Page Pinning and Color Customization

Web アクセスの 作業項目のグラフ 作成機能を使用すると、フラットリストクエリの結果をグラフ化することで、進行中の作業の状態をすばやく表示することができます。The work item charting feature in web access give users the ability to quickly view the status of work-in-progress by charting the results of a flat-list query. 同じクエリに対して、円グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、積み上げ縦棒グラフなど、複数の種類のグラフを作成できます。You can create several types of charts such as pie, bar, column, or stacked column for the same query.

このリリースでは、チームまたはプロジェクトのホームページへのグラフのピン留めを有効にすることで、グラフをさらに便利にすることができました。チームが最も価値のあるデータポイントですべての情報を確実に把握できるようにします。In this release, we made charts even more useful by enabling the pinning of charts to a team or project's home page; making it simple to keep everyone informed on the data points the team finds most valuable.

作業項目グラフをホームページにピン留めする

さらに、次に示すように、簡単なカラーピッカーを使用して、カスタマイズ可能な作業項目グラフシリーズの色付けを有効にしました。In addition, we also enabled customizable work item chart series colorization through a simple to use color picker, as shown below.

作業項目グラフの色をカスタマイズする

Web ベースのテストケース管理: 成果物と共有パラメーターのエクスポートWeb-based Test Case Management: Exporting Artifacts and Shared Parameters

TFS web access の web ベースのテストケース管理機能を使用すると、 ブラウザーからの手動テスト の作成、管理、および実行が可能です。Creating, managing, and executing manual tests from the browser is possible using the web-based Test Case Management feature of TFS web access.

このリリースでは、テスト計画、テストスイート、またはテストケースをそれぞれのプロパティと共に HTML ファイルにエクスポートするための新機能が追加されました。これは、電子メールでの他のユーザーとの共有や、印刷が簡単になります。In this release, we added a new feature for exporting test plans, test suites, or test cases together with their respective properties to an HTML file for various offline uses (such as sharing with others over email or easier printing).

テスト計画、テストスイート、またはテストケースを HTML にエクスポートする

さらに、"共有パラメーター" と呼ばれる新しい機能が追加されました。これにより、類似したパラメーターデータを1つの場所に統合し、複数のテストケースでそれを参照することによって、テストケースのパラメーターを共有できるようになりました。In addition, we added a new feature called "Shared Parameters" that enables sharing of Test Case Parameters by consolidating similar parameter data in a single location and referencing it across multiple test cases.

Web ベースのテストケース管理での共有パラメーター

Git ソース管理: さまざまな機能強化Git Source Control: Various Improvements

ソース管理は、プロジェクトのサイズや複雑さに関係なく、一定期間にわたってソースコードに加えられた変更の制御を維持するうえで重要な役割を果たします。No matter the size or complexity of a project, Source Control plays an important role in helping maintain control of changes made to source code over a period of time. Team Foundation Server 2013 では、新しいチームプロジェクトの2種類のソース管理オプション ( TFVC または Git) を選択できます。With Team Foundation Server 2013, you can select from two type of source control options for your new team project: TFVC or Git.

このリリースでは、Git ソース管理の実装を強化することに重点を置いています。In this release, we focused on improving our Git source control implementation:

  • 注釈機能 (別名) を Git で使用するUse the Annotate feature (aka blame) with Git
  • コミットがまだ TFS リポジトリにプッシュされていない限り、Visual Studio を使用して最近のローカルコミットを修正します (コマンドライン: "git 修正" と同様)。Amend recent local commits using Visual Studio (similar to the command line: "git amend"), as long as the commits have not yet been pushed to the TFS repository
  • コマンドラインを使用せずにチームエクスプローラーで選択したリモートリポジトリにプッシュまたはプルするPush to or pull from a selected remote repository in Team Explorer without having to use the command line
  • コミットを元に戻してチェックインをより簡単に元に戻すRevert a commit to undo a check-in more easily
  • 長時間実行される Git 操作を監視またはキャンセルするMonitor or cancel long-running Git operations
  • ビルドコントローラーで Ant または Maven を使用して、Git リポジトリで管理されている Java コードをビルドします ( Team Explorer Everywhere (t) Update 1 および TFS ビルド拡張機能が必要)Use Ant or Maven on the build controller to build Java code managed in a Git repository (requires Team Explorer Everywhere (TEE) Update 1 and TFS Build Extensions)

Web アクセス: チームのホームページを更新し、バックログナビゲーションのパフォーマンスを向上させるWeb Access: Updated Team Home Page and Improved Backlog Navigation Performance

オンプレミスで Team Foundation Server (TFS) を実行している場合、 Team Web Access には、追加のソフトウェアをインストールしなくても、チームのメンバーが使用するブラウザーベースの UI が用意されています。When running Team Foundation Server (TFS) on-premises, Team Web Access provides a browser-based UI for use by any member of the team without their needing to install any additional software. この web インターフェイスでは、ソースコード、バックログ管理、ビルド、および Web ベースのテストケース管理に限定されない、TFS 全体の機能にアクセスできます。This web interface provides access to capabilities across TFS that includes, but is not limited to, Source Code, Backlog Management, Builds, and Web-based Test Case Management.

このリリースでは、より視覚的に魅力のあるデザインでチームとプロジェクトのホームページを改良し、画面解像度が広くなっている画面を効果的に使用できるようにしています。In this release, we revamped the Team and Project home pages with a more visually appealing design that makes better use of screen real-estate on wider screen resolutions.

TFS web access 用に再設計したホームページ

お客様からのフィードバックにより、web インターフェイスでバックログを移動する際のパフォーマンスも向上しました。Thanks to customer feedback, we also made improvements to performance when navigating the backlog in the web interface.

その他の変更とバグ修正Other Changes and Bug Fixes

変更の完全な一覧については、 Visual Studio の更新プログラムに関するサポート技術情報の記事を参照してください。For a full list of changes, see the Visual Studio Update KB Article.

Windows Phone 8.1 とユニバーサル Windows アプリWindows Phone 8.1 and Universal Windows Apps

現在、Windows チームは、Windows と Windows Phone 全体の主要な更新について発表しました。これには、Windows Phone 8.1 の新しい開発者プラットフォーム機能や、携帯電話、タブレット、Pc で共通の Windows ランタイムのためのプラットフォームとユニバーサル Windows アプリとの統合に向けた次の主要な手順が含まれています。Today, the Windows team announced major updates across Windows and Windows Phone, including new developer platform capabilities in Windows Phone 8.1 and the next major step toward platform unification with universal Windows apps for a common Windows runtime across phones, tablets, and PCs.

共通 Windows ランタイム用のユニバーサル Windows アプリ

Windows Phone 8.1 を対象とする Visual Studio 開発者向けの新機能:What's new for Visual Studio Developers targeting Windows Phone 8.1:

  • 既存の Windows Phone 8.0 アプリを Windows Phone 8.1 にアップグレードし、新しいプラットフォーム機能を活用するUpgrade existing Windows Phone 8.0 apps to Windows Phone 8.1 and take advantage of the new platform capabilities
  • ユニバーサルプロジェクトを使用して Windows Phone 8.1 と Windows Store 8.1 の両方のプラットフォームを対象とする新しいユニバーサル Windows アプリを作成し、それらのプラットフォームでコードと UI 要素を共有し、を使用して共通のプラットフォーム上でビルドできるようにし Windows ランタイムCreate new universal Windows apps that target both Windows Phone 8.1 and Windows Store 8.1 platforms using Universal Projects that enable them to share code and UI elements, and to build on a common platform powered by Windows Runtime
  • 開発者は、ユニバーサル Windows アプリを作成するときに、C#、.NET、HTML、JavaScript、または C++ と DirectX を使用してアプリをビルドするためのオプションを用意しています。Developers have options for building apps using C# and .NET, HTML and JavaScript, or C++ and DirectX when creating universal Windows apps

詳細については、 Windows 開発センター を参照してください。この新しいリリースについては、こちらをご覧ください。For more details, visit the Windows Development Center and learn all about this new release.

TypeScript 1.0 (RTM)TypeScript 1.0 (RTM)

TypeScript は、プレーンな javascript にコンパイルされる JavaScript の型指定されたスーパーセットを使用して、Microsoft によって開発された、アプリケーション規模の JavaScript プロジェクト用に開発されたオープンソース言語ですTypeScript is an open-source language developed by Microsoft for application-scale JavaScript projects, powered by a typed superset of JavaScript that compiles to plain JavaScript. TypeScript は、Visual Studio と組み合わせて使用することで、静的チェック、シンボルベースのナビゲーション、コードのリファクタリングなどの機能を備えた、ファーストクラスのエクスペリエンスを提供します。TypeScript, combined with Visual Studio, is a first-class experience with features such as static checking, symbol-based navigation, code refactoring, and much more.

Visual Studio の TypeScript 1.0 (RTM)

このリリースでは、TypeScript がバージョン 1.0 (RTM) に達したことが発表されました。これにより、開発者コミュニティの18か月後に、言語が最初の公式リリースになります。In this release, we are announcing that TypeScript has reached version 1.0 (RTM), bringing the language to the first official release after 18 months of development and much excitement from the developer community.

デバッグ、診断、およびプロファイリングDebugging, Diagnostic, and Profiling

このリリースでは、新しいプロファイリングツールを追加し、デバッガー、.NET マネージメモリアナライザー、IntelliTrace、パフォーマンス、診断ハブなどの機能強化を行ってきました。In this release, we added new profiling tools and made improvements to the debugger, .NET Managed Memory Analyzer, IntelliTrace, Performance, Diagnostics hub, and much more.

特徴は次のとおりです。Highlights include:

  • デバッガーDebugger
    • Visual Studio デバッガーで、JSON でエンコードされた文字列用の新しい文字列ビジュアライザーがサポートされるようになりました。これにより、これらの文字列が treeview コントロールとして表示され、開発者はキーと値のペアを検索、強調表示、コピーするなどの操作を行うことができます。The Visual Studio debugger now supports a new string visualizer for JSON encoded strings that displays them as a treeview control and allows the developer to do things such as search, highlight, or copy a key/value pair
    • .NET マネージメモリアナライザーには、オブジェクトの値とキャプチャされたメモリダンプのインスタンスを検査する新機能があります。The .NET Managed Memory Analyzer has a new feature to inspect values of objects and instances of captured memory dumps.
    • Windows Phone 8.1 エミュレーターで web サイトをデバッグできるようになりました。パフォーマンスツールとアナライザーIt is now possible to debug websites within the Windows Phone 8.1 emulator -Performance Tools and Analyzers
    • 新しい CPU 使用率ツールがパフォーマンスと診断ハブで使用できるようになりました。これは、WPF、コンソール、Windows ストア8.1、Windows Phone 8.1 アプリで使用できます。A new CPU Usage tool is now available in the Performance and Diagnostics hub that can be used with WPF, Console, Windows Store 8.1, or Windows Phone 8.1 apps. このツールは、CPU を使用している関数とその程度に関するデータを提供します。This tool provides data on what functions are using the CPU and to what degree. これにより、開発者はアプリコードを最適化して最適なパフォーマンスを実現するための作業に専念できる場所を決定できます。This empowers the developer to make decisions about where to focus their effort optimizing their app code to achieve the best possible performance
    • 新しいユニバーサル Windows アプリを分析するためのパフォーマンスと診断ハブで新しいメモリ使用量ツールを使用できるようになりました。また、C#/VB/C + + と XAML を使用して Windows ランタイムを使用してビルドされたアプリを分析することもできます。A new Memory Usage tool is now available in the Performance and Diagnostics hub for analyzing new universal Windows apps or any app built using the Windows runtime using C#/VB/C++ and XAML
    • 共通のタイムラインを維持しながら、パフォーマンスと診断ハブで一度に複数のツールを実行できるようになりました。これにより、時間を節約し、データを複数のツールに関連付けてパフォーマンスの問題に関する洞察を得、パフォーマンスのトレードオフを通知することができます。It is now possible to run more than one tool at a time in the Performance and Diagnostics hub while maintaining a common timeline so that you can save time, correlate data across tools to get better insight into performance issues, and inform performance tradeoffs
  • [IntelliTrace]IntelliTrace
    • Microsoft Monitoring Agent (MMA) によって収集された IntelliTrace パフォーマンスイベントには、次の新機能があります。IntelliTrace performance events collected by the Microsoft Monitoring Agent (MMA) have new features:
      • パフォーマンスイベントをグループ化し、パフォーマンスデータ内のホットパスを確認するGroup performance events and review hot paths within performance data
      • ADO.NET イベントデータが使用可能な場合は、SQL にジャンプします。Jump to SQL when ADO.NET event data is available. これにより、Visual Studio SQL ツールを使用して、IntelliTrace データでキャプチャされた SQL クエリを調べることができます。This allows the use of Visual Studio SQL tooling to inspect the SQL query that was captured in the IntelliTrace data
      • ASP.NET MVC web サイトから収集されたデータのアクション/コントローラーに簡単に移動できます。Easily navigate to Actions/Controllers for data collected from ASP.NET MVC web sites
    • Microsoft Monitoring Agent (MMA) によって収集された IntelliTrace ファイルを例外データと共に確認すると、パラメーターの表示が容易になり、コードマップで呼び出し履歴を視覚化することによって例外がスローされた場所を確認しやすくなりました。When reviewing an IntelliTrace file collected by the Microsoft Monitoring Agent (MMA) with Exceptions data it is now easier to view parameters and to see where exceptions were thrown by visualizing the call stack on a Code Map.
  • Windows ストア アプリWindows Store Apps
    • Windows 8.1 ストアアプリのデバッグ時にプリフェッチをトリガーします。開発者がプリフェッチキャッシュを手動でトリガーして、プログラムの動作をテストしたり、ContentPrefetcher が正しく登録されていることを検証したりできるようにします。Trigger a Prefetch when debugging Windows 8.1 store apps; enabling developers to manually trigger the Prefetch caching to test their program's behavior or to validate that ContentPrefetcher is properly registered
    • Windows Azure Notification Hubs を使用して Windows ストアアプリまたは Phone アプリにテスト通知メッセージを送信し、結果をリアルタイムでチェックするUse Windows Azure Notification Hubs to send test notification messages to Windows Store or Phone apps and check the results in real-time
  • グラフィックス診断Graphics Diagnostics
    • 新しいグラフィックスプロファイラーNew Graphics Profiler
      • グラフィックスフレーム分析 は、キャプチャされたフレームのパフォーマンス測定値を収集します。また、さまざまなテクスチャ技法が適用された場合にパフォーマンスがどのように影響を受けるかについての洞察を提供する一連の定義済み実験も実行します。Graphics Frame Analysis collects performance measurements on captured frames; in addition, it also performs a set of pre-defined experiments that provide insights into how performance would be affected when various texture techniques are applied. また、フレーム分析は、ハードウェアからパフォーマンスカウンターを収集し、windows 8.1 および Windows Phone 8.1 デバイスでも同じように動作します。frame analysis also collects performance counters from hardware and works the same way on windows 8.1 and Windows Phone 8.1 devices. グラフィックフレーム分析は、Windows Phone 8 で提供されていないタイムスタンプクエリに依存していることに注意してください。Note that graphic frame analysis relies on a timestamp query which was not provided with Windows Phone 8.
    • グラフィックスデバッガーの機能強化Graphics Debugger Enhancements
      • 新しい連続したキャプチャ機能により、1つのキャプチャで最大30個の連続フレームをキャプチャできるようになりました。With our new consecutive capture capability, you can now capture up to 30 consecutive frames with one capture.
      • プログラムによるキャプチャでは、プログラムによってトリガーされる自動キャプチャが有効になります。Programmatic capture enables automatic capture that is triggered programmatically. これは、 現在 呼び出されていないプログラムで計算シェーダーをデバッグする場合や、レンダリングの問題によって手動テストでキャプチャを予測するのが困難であるが、実行時にアプリの状態に関する情報を使用してプログラムで予測できる場合に便利です。This is useful for debugging compute shaders in programs that never call Present, or when a rendering problem makes it difficult to anticipate a capture in manual testing but that can be predicted programmatically by using information about the state of the app at runtime.
      • 描画呼び出しによって整理された階層内でキャプチャされたイベントとその状態を表示する新しい 描画呼び出し ビューが追加されました。A new Draw Calls view has been added that displays captured events and their state in a hierarchy organized by draw calls. 描画呼び出しを展開すると、描画呼び出し時の最新のデバイスの状態を表示できます。また、各種類の状態をさらに展開して、値を設定するイベントを表示できます。You can expand draw calls to display the device state that was current at the time of the draw call; and you can further expand each kind of state to display the events that set their values.
      • グラフィックスデバッガーが、phone エミュレーターまたはテザリングさ phone での Windows Phone 8.1 アプリのデバッグを完全にサポートするようになりました。Graphics Debugger now fully supports debugging Windows Phone 8.1 apps in a phone emulator or a tethered phone.

Microsoft Azure と Web 開発Microsoft Azure and Web Development

Web 開発者にとって、このリリースには、ASP.NET MVC、Web API、および Web ページの更新を含む、ツールとプラットフォームの 新機能と機能強化 が含まれています。For web developers, this release includes new features and improvements for tooling and platform, including updates for ASP.NET MVC, Web API, and Web Pages. また、web 開発者向けの機能も強化されており Microsoft Azure。There are also improvements for web developers getting starting with Microsoft Azure.

ハイライト:Highlights:

  • コードエディターの機能強化と2つの新しいエディター (SASS と JSON ファイル用):Code Editor improvements and two new editors (for SASS and JSON files):

    • 色付け、変数と Mixin の IntelliSense、構文の検証、移動の定義、カラーピッカーなどの機能を備えた新しい SASS エディターNew SASS editor with features such as colorization, variable and Mixins IntelliSense, syntax validation, goto definition, color picker, and more
    • 構文の検証、色付け、アウトライン、IntelliSense のサポート (JSON スキーマを使用) などの機能を備えた新しい JSON エディターNew JSON editor with features such as syntax validation, colorization, outlining, and support for IntelliSense (through JSON schema)
    • IntelliSense のアップグレードのノックアウト、HTML での新しい URL の選択、Razor、CSS、LESS または SASS ページなどの機能を備えた、より少ないエディターの機能強化Improvements to LESS editor with features such as Knockout IntelliSense Upgrade, New URL Picker in HTML, Razor, CSS, LESS or SASS pages, and more
  • HTTPS 接続、シングルページアプリケーション (SPA)、および静的 html ファイルに対するブラウザーリンクのサポートBrowser Link support for HTTPS connections, Single Page Applications (SPA), and static html files

  • ASP.NET MVC、Web API、Web ページ、SignalR など、最新のプラットフォームリリース用の ASP.NET の既定のプロジェクトテンプレートが更新されましたUpdated ASP.NET default project templates for the latest platform releases including ASP.NET MVC, Web API, Web Pages, SignalR, and more

  • 以下を含む Microsoft Azure 開発者向けの新機能:New features for Microsoft Azure developers including:

    • 新しく作成された web サイトを、必要に応じて、 ファイル > [新しいプロジェクト ] ダイアログから Windows Azure web サイトまたは仮想マシンに直接リンクできる新しい機能を使用して、Azure の使いやすさを改善しました。Improved getting started experience with Azure through a new capability that can optionally link newly created websites directly from the File > New Project dialog to a Windows Azure website or Virtual Machine. これにより、後で必要なときに単純な発行が可能になりますThis enables simple publishing when needed later
    • Windows Azure Websites 用のサーバーエクスプローラーの2つの新機能: ライブ web サイトファイルの表示と編集、およびログファイルのリモート表示機能を可能にするリモートビュー機能Two new features in Server Explorer for Windows Azure Websites: a remote view feature that allows viewing/editing of live website files and the ability to view log files remotely
    • 新しいプロジェクトの種類の使用を開始するための新しいテンプレートやリモートデバッグのサポートなど、 .net を利用する Mobile Servicesの使用に関する新しいツールのサポートBrand new tooling support for working with Mobile Services that leverage .NET, including a new template for getting started with the new project type, as well as support for Remote Debugging

その他の変更とバグ修正Other Changes and Bug Fixes

変更の完全な一覧については、 Visual Studio の更新プログラムに関するサポート技術情報の記事を参照してください。For a full list of changes, see the Visual Studio Update KB Article.


Visual Studio 2013 リリースVisual Studio 2013 Releases

Visual Studio 2013 リリースノートのすべてのバージョンを表示できます。You can view all versions of Visual Studio 2013 release notes:


ページのトップへ
Top of Page