Visual Studio Icon Visual Studio 2013 Update 4 リリースの詳細Visual Studio 2013 Update 4 Release Details


注意

これは Visual Studio の最新バージョンではありません。This is not the latest version of Visual Studio. 最新のリリースをダウンロードするには、Visual Studio 2019 の最新の リリースノート を参照してください。To download the latest release, visit the current release notes for Visual Studio 2019.


開発者コミュニティ |システム要件 |互換性 |再頒布可能コードDeveloper Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code
|ライセンス条項 |ブログ |既知の問題| License Terms | Blogs | Known Issues


注意

これは Visual Studio の最新バージョンではありません。This is not the latest version of Visual Studio. 最新のリリースをダウンロードするには、Visual Studio 2019 の最新のリリース ノートを参照してください。To download the latest release, please visit the current release notes for Visual Studio 2019.


Visual Studio 2013 をダウンロードするDownload Visual Studio 2013

Visual Studio 2013 Update 4 をダウンロードするには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。To download Visual Studio 2013 Update 4, click on the download button. これらのファイルは、無料の Dev Essentials サブスクリプションベースのサイトからダウンロードされます。The files are downloaded from our free Dev Essentials subscription-based site. 無料の包括的な開発者向けプログラムおよびサービスの詳細については、 Dev Essentials のページを参照してください。See the Dev Essentials page for information on our free comprehensive developer program and services.

Download Visual Studio 2013


Release Notes Icon Visual Studio 2013 更新プログラム 4Visual Studio 2013 Update 4

2014年11月12日にリリースreleased on November 12, 2014

リリースの新機能What's New in the Release

Team Foundation Server の更新プログラム:Team Foundation Server updates:

Microsoft SQL Server データベースツールの更新:Microsoft SQL Server Database Tooling updates:

その他の変更点:Other changes:

さらに、Update 4 では、次のようないくつかの Visual Studio 2013 製品をダウンロードできます。In addition, several Visual Studio 2013 products are available for download with Update 4, including:

注意

これらのリリースの詳細については、以下の「 関連リリース 」セクションを参照してください。To get more details on these releases, go to the Related Releases section below.

ヒント

このリリースの新機能については、Visual Studio ツールボックスの Visual Studio 2013 Update 4 エピソードをご覧ください。Watch the Visual Studio 2013 Update 4 episode of Visual Studio Toolbox to learn about new features in this release:


CodeLens CodeLens

CodeLens インジケーターを使用すると、作業に集中しながらコードを学習できます。With CodeLens indicators you can learn about your code while staying focused on your work. コード参照、コードへの変更、関連する TFS 項目、および単体テストを検索できます。コードからは参照しなくてもかまいません。You can find code references, changes to your code, related TFS items, and unit tests – all without looking away from the code. CodeLens の詳細については、「 codelens を使用したコード変更とその他の履歴の検索」を参照してください。For more information about CodeLens, see Find code changes and other history with CodeLens.

TFVC を使用した CodeLens のデータストレージ要件の削減Reduced data storage requirements for CodeLens with TFVC

TFS データベースに格納されている CodeLens データのサイズが縮小されました。We reduced the size of the CodeLens data stored in the TFS database. データが再フォーマットされ、重複する情報が削除されました。The data has been reformatted and duplicated information removed.

既定では、CodeLens は過去12か月間の変更のみを処理してチームインジケーターを計算するようになりました。By default, CodeLens now only processes changes from the last 12 months to calculate team indicators. この期間は、 TFSConfig CodeIndex コマンドを使用して変更できます。You can change this duration by using the TFSConfig CodeIndex command.

C++ 診断 C++ Diagnostics

GPU 使用率GPU Usage

パフォーマンスと診断 ハブの新しい GPU 使用率 ツールを使用すると、CPU または gpu がパフォーマンスのボトルネックになっているかどうかを判断できます。A new GPU Usage tool in the Performance and Diagnostics hub helps you determine whether the CPU or the GPU is the performance bottleneck. このツールを使用すると、DirectX アプリケーションの GPU 使用率データを収集して分析できます。This tool lets you collect and analyze GPU usage data for DirectX applications.

パフォーマンスと診断ハブGPU 使用率ツール

このツールは、Windows デスクトップアプリと Windows ストアアプリの両方に使用できます。Windows Phone とリモート診断のサポートは、今後のリリースで出荷される予定です。You can use this tool for both Windows Desktop and Windows Store apps; support for Windows Phone and remote diagnostics will ship in a later release. サポートされているグラフィックスカードが存在し、最新のドライバーがインストールされている場合は、個々の GPU イベントのタイミングを調べることもできます。You can also inspect the timing of each individual GPU event if a supported graphics card is present and latest drivers are installed.

より高速な参照Faster browsing

Visual Studio で大規模なソリューションをスキャンまたは再スキャンし、シンボルデータベースをより迅速に更新できるようになりました。Visual Studio now scans or rescans large solutions and updates the symbol database more quickly. データベースが完全に更新されていない場合でも、参照の応答性が向上し、 [定義へ移動 ] などの操作がブロックされないようにする必要があります。Browsing should be more responsive, and operations such as Go To Definition should not be blocked, even if the database has not been completely updated. 非ブロッキングメッセージは、結果が不正確になる可能性があることを警告します。A non-blocking message will warn you that your results may be inaccurate.

JavaScript IntelliSense JavaScript IntelliSense

RequireJS で読み込まれた JavaScript モジュールで IntelliSense を取得できるようになりました。You can now get IntelliSense in JavaScript modules loaded with RequireJS. RequireJS の詳細については、「 JS の要求– JavaScript モジュールローダー」を参照してください。For more information about RequireJS, see Require JS – A JavaScript Module Loader.

Microsoft ASP.NET and Web Tools Microsoft ASP.NET and Web Tools

JSON エディターと HTML エディターの機能強化が行われました。We have made improvements in the JSON and HTML editors.

JSON エディターの機能強化JSON Editor Improvements

Json スキーマの非同期読み込み、子スキーマのキャッシュ、IntelliSense の向上など、JSON エディターのいくつかの機能強化が行われました。We made a few improvements in the JSON editor, including loading the JSON schema asynchronously, caching child schemas, and improving IntelliSense. 次の新機能が追加されました。We added the following new features:

  • JSON スキーマの検証。JSON Schema validation. ドロップダウンリストで選択されたスキーマに基づいて、JSON スキーマ検証機能が追加されました。We added a JSON schema validation feature, based on the schema selected in the drop-down list.
  • ショートカットメニューのボタンをオフにします。Un-minify the context menu button. Json エディターを右クリックし、[アンバー] コンテキストメニューボタン を選択して、json ファイル内の任意の長い配列をオフにすることができます。You can right-click the JSON editor and select Un-minify context menu button to un-minify any long arrays in the JSON file.
  • [スキーマの再読み込み] コンテキストメニューボタン。The Reload Schemas context menu button. Visual Studio は、インターネットからダウンロードされたスキーマをキャッシュし、Visual Studio を再起動した後でもキャッシュを使用します。Visual Studio caches the schema downloaded from internet, and uses the cache even after you restart Visual Studio. スキーマが変更されていることがわかっている場合は、コンテキストメニューを使用して、アクティブな JSON ドキュメント内の変更されたスキーマをダウンロードし、すぐに使用することができます。If you know the schema has changed, you can use the context menu to download the changed schema in the active JSON document and use it immediately.

HTML エディターの機能強化HTML Editor Improvements

バグ修正により HTML エディターが改善され、web 標準の IntelliSense が更新され、次の新機能が導入されました。We improved the HTML editor with bug fixes, updated IntelliSense for web standards, and introduced the following new features:

  • クライアントテンプレートの書式設定が改善されます。Better client template formatting. HTML エディターは、二重中かっこの構文 {{...}} を解析または書式設定しなくなったため、コンテンツに無効な HTML としてフラグを設定したり、HTML として書式設定したりしません。The HTML editor no longer parses or formats double-curly syntax {{…}}, therefore we do not flag the content as invalid HTML or try to format it as HTML. これは、角度、ハンドル、Mustache、およびその他の二重のテンプレート構文に適しています。This is great for Angular, Handlebars, Mustache and other double-curly template syntaxes.
  • カスタム要素、polymer、および属性のサポート。Support for custom elements, polymer-elements and attributes.
    さまざまなフレームワークにカスタムタグが多数存在する可能性があるため、カスタム要素の不明な属性は検証されなくなりました。We no longer validate unknown attributes for custom elements, because there can be many custom-made tags in different frameworks. 不明な要素には、その下に波線がありません。Unknown elements no longer have squiggles under them.
  • HTML 要素のツールヒント。HTML element tooltips. エディターに HTML 要素のヒントを提供するようになりました。We now supply tooltips for HTML elements in the editor.
  • #リージョンのサポート。#region support. HTML エディターでは、領域の折りたたみがサポートされるようになりました。The HTML editor now supports region folding. 周囲のスニペットを使用して、現在の選択範囲を囲むこともできます。You can use a surrounding snippet to surround the current selection as well.
  • LESS エディターのビューポートを修正します。Viewport fix for the LESS editor. LESS エディターでは、 @viewport 検証の警告は表示されなくなりました。In the LESS editor, @viewport no longer shows verification warnings.
  • その他のスニペット。More snippets. 開発作業をより簡単にするために、より多くのスニペットが提供されるようになりました。We now provide more snippets to make your developing experience easier.
  • CSS 自動同期。CSS ファイルを保存するか、または外部 (たとえば、より少ない/SASS コンパイラを使用して) に変更すると、ブラウザーで CSS ファイル全体が再読み込みされます。CSS auto-sync. Saving the CSS file or changing it externally (for example, with a LESS/SASS compiler) causes the whole CSS file to reload in the browser. ファイルが自動同期できない場合、Ctrl + S を押すと、リンクされたブラウザーを更新しなくても自動再読み込みが行われます (Ctrl + Alt + Enter キー)。If the file cannot auto-sync, Ctrl+S causes an automatic reload without the need to refresh the linked browsers (Ctrl+Alt+Enter). この機能は、ツールバーで無効にすることができます。You can disable this feature in the toolbar.

Azure WebJobsAzure WebJobs

Visual Studio 2013 Update 4 では、Azure WebJobs の構築、デプロイ、デバッグを容易にする新機能をリリースしました。In Visual Studio 2013 Update 4, we released some new features that make it easier to build, deploy, and debug Azure WebJobs. また、バックグラウンド処理を Azure Websites に追加することもできます。Additionally, you can add background processing to Azure Websites. Web ジョブが Visual Studio サーバーエクスプローラーのノードとして表されるようになったため、Web ジョブダッシュボードに直接リンクして、アクティブな Web ジョブを表示できます。We now represent WebJobs as nodes in the Visual Studio Server Explorer, therefore you can link directly to the WebJobs dashboards to view your active WebJobs. また、サーバーエクスプローラーを使用して、継続的なジョブを開始および停止したり、オンデマンドまたはスケジュールされたジョブを実行したりすることもできます。You can also use the Server Explorer to start and stop continuous jobs and run on-demand or scheduled jobs. また、連続 Web ジョブのワンクリックリモートデバッグも有効にしました。We also enabled one-click remote debugging of continuous WebJobs. 継続的な Web ジョブが受信キューまたは blob メッセージをどのように処理しているかを確認する必要がある場合は、クラウドで実行されているコードをステップ実行することができます。If you need to see how your continuous WebJob is processing incoming queues or blob messages, you can step through your code as it runs live in the cloud.

サーバーエクスプローラー Web ジョブノード

WebJobs SDKWebJobs SDK

Web ジョブ SDK は、Azure Web ジョブプロジェクトテンプレートにプレインストールされています。The WebJobs SDK is pre-installed in the Azure WebJob project templates. 以前と同様に、Azure Web ジョブプロジェクトテンプレートを使用して新しい Web ジョブプロジェクトを作成できます。As before, you can create a new WebJob project using the Azure WebJob project template.

ASP.NET MVC 5.2.2ASP.NET MVC 5.2.2

ASP.NET MVC 5.2.2 を使用するようにテンプレートパッケージが更新されました。We have updated template packages to use ASP.NET MVC 5.2.2. このリリースには、MVC での新機能やバグ修正はありません。This release does not have any new features or bug fixes in MVC. パフォーマンスを大幅に向上させるために Web ページを変更しました。また、この新しいバージョンの Web ページに依存するように、他のすべての依存パッケージを更新しました。We made a change in Web Pages for a significant performance improvement, and have updated all other dependent packages to depend on this new version of Web Pages.

ASP.NET Web API 5.2.2ASP.NET Web API 5.2.2

このリリースでは、Json.Net 6.0.4 の依存関係の変更が行われています。In this release we have made a dependency change for Json.Net 6.0.4. このリリースには、Web API のその他の新機能やバグ修正はありません。This release does not have any other new features or bug fixes in Web API. その後、この新しいバージョンの Web API に依存するように、所有している他のすべての依存パッケージを更新しました。We have subsequently updated all other dependent packages we own to depend on this new version of Web API.

OData 5.3.1 ベータ ASP.NET Web APIASP.NET Web API OData 5.3.1 beta

ASP.Net Web API OData 5.3.1 beta リリースに関する詳細については、「 ASP.NET Web API odata 5.3 の新機能」を参照してください。For more information relating to the ASP.Net Web API OData 5.3.1 beta release, see what's New in ASP.NET Web API OData 5.3.

SignalR 2.1.2SignalR 2.1.2

SignalR 2.1.2 を使用するようにテンプレートパッケージが更新されました。We have updated template packages to use SignalR 2.1.2. 詳細については、「 SignalR 2.1.2」を参照してください。For more information, see SignalR 2.1.2.

Microsoft Owin 3.0 パッケージMicrosoft Owin 3.0 package

Microsoft Owin 3.0 NuGet パッケージを使用するようにテンプレートパッケージが更新されました。We have updated template packages to use Microsoft Owin 3.0 NuGet packages. 詳細については、「 Katana 3.0 リリースノート」を参照してください。For more information, see Katana 3.0 release notes.

Application Insights Application Insights

Update 4 では、Application Insights Tools for Visual Studio のパフォーマンスが向上し、バグが修正されました。With Update 4, Application Insights Tools for Visual Studio has more performance improvements and bug fixes. Visual Studio 2013.3 で Application Insights 追加されたプロジェクトと完全に互換性があります。It is fully compatible with projects that had Application Insights added with Visual Studio 2013.3. この更新には、次が含まれます。This update includes:

  • Azure web サイトに発行するワークフローとのシームレスな統合Seamless integration with the workflow to publish to an Azure website
  • ソリューションの統合とプロジェクトの検出が向上しました。Improved solution integration and project detection. (たとえば、Application Insights は Python などのサポートされていないプロジェクトには含まれなくなりました)。(For example, Application Insights is no longer included in unsupported projects like Python.)

Azure プレビューポータルで Application Insights データに加えられた変更の詳細については、「 ASP.NET web サイトの Application Insights の設定」を参照してください。For more information about changes to Application Insights data in the Azure Preview Portal, see Set up Application Insights for your ASP.NET website

開発者ライセンスの更新 Developer License Renewal

開発者ライセンスの有効期限が15日以内になると、通知ハブに新しい通知が表示されます。When your developer license is within 15 days of expiring, a new notification will appear in the notification hub. ライセンスを更新する準備ができたら通知をクリックし、[更新] ウィンドウに 同意 します。Click the notification when you are ready to renew your license, and then click I Agree on the renewal window. ライセンスを更新するには、インターネットに接続している必要があります。You must have an internet connection to renew your license. ライセンスの有効期限が切れた後は、Windows ストアアプリをデバッグまたは配置したり、XAML デザイナーまたは HTML デザイナーを開いたりすることはできません。After your license expires, you will not be able to debug or deploy your Windows Store apps, or open the XAML or HTML designers.

Release Management Release Management

アプリのリリースを管理するプロセスが改善されました。Improve the process of managing the release of your app. それぞれの段階に特有の環境にアプリを配置します。Deploy your app to a specific environment for each separate stage. それぞれの手順の承認により、プロセスの手順を管理します。Manage the steps in the process with approvals for each step.

デプロイエージェントを使用してアプリをデプロイするリリーステンプレートを作成することも、 Windows powershell、Windows Powershell Desired State CONFIGURATION (DSC)、または Chefを使用するリリーステンプレートを作成することもできます。You can create release templates that use deployment agents to deploy your app, or you can create release templates that use Windows PowerShell, Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC), or Chef. 設定するリリースの種類を決定するために、UI には、エージェントベースまたは vNext (エージェントなし) という用語が追加されています。To help determine what type of release to set up, terms have been added to the UI to make your choices clearer: agent-based or vNext (without agents). これにより、リリーステンプレートとリリースパスに適した環境とコンポーネントを特定できます。This helps you identify the correct environments and components for your release templates and release paths.

Visual Studio Team Services に Release Management サービスを使用するUse the Release Management service for Visual Studio Team Services

オンプレミスの Release Management サーバーをインストールして管理することなく、チェックインからデプロイまでのリリースパイプラインをセットアップできるようになりました。Now you can setup a release pipeline from check-in through to deployment without having to install and maintain an on-premises Release Management server. Visual Studio Team Services の Release Management サービスを使用して、リリースを設定します。Use the Release Management service for Visual Studio Team Services to set up your release. (このサービスはプレビュー段階です)。(This service is in preview.)

Release Management クライアントから、Visual Studio Team Services アカウントに接続します。From your Release Management client, connect to your Visual Studio Team Services account. RM クライアントから、アプリのリリース定義を作成します。Create a release definition for your app from the RM client. アプリを各ステージにリリースすると、Release Management サービスが使用されます。When you release your app to each stage, the Release Management service is used.

[管理] タブ[設定] タブ

Visual Studio から Azure へのリリースRelease to Azure from Visual Studio

Visual Studio Team Services アカウントでサービスとして Release Management を使用して、Visual Studio IDE 内からリリース定義を直接作成できるようになりました。You can now create a release definition directly from within the Visual Studio IDE using Release Management as a service with a Visual Studio Team Services account. このリリース定義を使用して Azure Vm にデプロイするには、Azure サブスクリプションを使用する必要があります。You must use an Azure subscription to deploy to your Azure VMs with this release definition. 詳細については、「 Azure への継続的なデプロイ」を参照してください。For more information, see Deploy continuously to Azure.

Visual Studio からリリース定義を作成する

環境に配置するときにタグを使用するUse tags when you deploy to an environment

エージェントを使用せずにデプロイするときに、Azure 環境または標準環境のサーバーでタグを使用できるようになりました。You can now use tags with the servers in your Azure or standard environments when you deploy without agents. たとえば、環境内に複数の Web サーバーがある場合、そのすべてに WebServer というタグを付けることができます。For example, if you have multiple web servers in your environment then you can tag them all with WebServer. タグのデプロイアクションを設定します。Set up your deployment actions for your tags. ステージが配置されると、これらのアクションがこのタグを持つサーバーに対して実行されます。When a stage is deployed, these actions are performed on any server with this tag. そのため、複数のサーバーに対してアクションのセットを1回だけ作成する必要があります。Therefore, you only have to create the set of actions once for multiple servers.

また、タグを使用して、展開順序を並列からシーケンスに切り替えることができます。Additionally, you can switch the deployment order from parallel to sequence using tags.

配置シーケンスまたはスクリプトのシステム変数へのアクセスAccess to system variables for your deployment sequences or scripts

一般的なユーザーの要求により、他の構成変数と同じようにシステム変数にアクセスし、エージェントを使用せずにデプロイする場合はリリーステンプレートで使用できるようになりました。By popular user demand, you can now access system variables just like other configuration variables and use them in your release template if you deploy without agents. これらをハードコーディングする必要はありません。You do not have to hardcode these any more.

サポートされている変数:Supported variables:

  • ビルド ディレクトリBuild directory
  • ビルド番号 (リリースのコンポーネント用)Build number (for component in the release)
  • ビルド定義 (コンポーネント用)Build definition (for component)
  • TFS URL (コンポーネント用)TFS URL (for component)
  • チームプロジェクト (コンポーネント用)Team project (for component)
  • タグ (アクションを実行しているサーバー用)Tag (for the server that is running the action)
  • アプリケーションパス (コンポーネントのコピー先のパス)Application path (destination path where component is copied)
  • 環境 (ステージ用)Environment (for stage)
  • 段階Stage
  • リリース IDRelease ID
  • リリース名Release name

ビルドを配置するための構成ファイルの必要性を軽減するReduce the need for configuration files to deploy your builds

エージェントを使用せずにをデプロイする場合は、[グローバル]、[サーバー]、[コンポーネント]、[アクション] の各レベルでリリースの構成変数を設定できるようになりました。If you deploy without using agents, you can now set up configuration variables for your release at the following levels: global, server, component, action. この追加の柔軟性により、ビルドで構成ファイルを維持する必要がなくなる可能性があります。This extra flexibility means you might no longer need to maintain configuration files with your build. 変数の名前が同じ場合、アクション、コンポーネント、サーバー、グローバルの優先順位に基づいて値が決定されます。If variables have the same name, the value is determined based on this order of precedence: action, component, server, global. (アクションは、他の値を上書きする優先順位が高くなります)。(Action has the highest precedence to override the other values).

リリースパスの手動介入Manual intervention for a release path

エージェントを使用せずにデプロイする場合でも、任意のリリースパスのステージに手動ステップを追加できます。Now you can add manual steps to a stage in any release path, even if you deploy without agents. 手動介入アクティビティをデプロイシーケンスに追加します。Add a manual intervention activity into your deployment sequence. そのシーケンスで通知がトリガーされると、デプロイは一時停止し、いくつかの手動の手順を実行してから、リリースパスの残りのオートメーションを続行することができます。When the notification is triggered in that sequence, the deployment pauses and you can run some manual steps before continuing with the rest of the automation for the release path.

TFS サーバーに格納されているビルドの削除Build drops stored on TFS servers

ビルドの出力を UNC パスではなくサーバーにコピーするようにビルド定義を設定している場合は、エージェントなしでアプリを配置すると、サーバーに格納されているこれらのビルドを使用できるようになりました。If you have set up your build definition to copy the build output to the server and not a UNC path, you can now use these builds that are stored on the server if you deploy your app without agents.

共有 UNC パスを使用してビルドドロップから配置するDeploy from a build drop using a shared UNC path

共有 UNC パスに配置されているビルドドロップを使用して、Release Management を使用してサーバーに配置できるようになりました。You can now use Release Management to deploy to servers using build drops located on a shared UNC path. デプロイできるのは、ターゲットサーバーと Release Management サーバーの両方に共有 UNC パスへのアクセス権がある場合のみです。また、配置エージェントを使用せずにアプリをデプロイします。You can deploy only if both the target server and the Release Management server have access to the shared UNC path, and you deploy your app without deployment agents.

操作性の向上Usability improvements

すべての種類のリリーステンプレートに対してアクションのドロップダウンリストからサーバーとコンポーネントを選択できるようになりました。You can now select servers and components from the drop-down list in the action for all types of release templates. また、アクションのフレンドリ名を指定して、簡単に識別できるようにすることもできます。Additionally, you can give actions friendly names to make it easier to identify them.

Azure 環境と標準環境を組み合わせるMix and match Azure and standard environments

以前は、エージェントを使用せずにサーバーにデプロイされたリリースパスに対して、パス内の各ステージは、すべての Azure 環境またはすべての標準環境のいずれかを使用することができました。Previously for a release path that deployed to servers without agents, each stage in the path could only use either all Azure environments or all standard environments. これで、環境を組み合わせることができます。Now you can mix and match your environments. たとえば、テスト段階が Azure 環境にデプロイされる場合がありますが、運用段階は、標準環境を使用してオンプレミスの運用サーバーにデプロイされます。For example, your test stage might deploy to an Azure environment, but your production stage deploys to on-premises production servers using standard environments.

テスト Test

テストケースが他のテストスイートに属しているかどうかをすばやく確認するFind out quickly if a test case belongs to other test suites

テストケースを複数のテストスイートに所属させることができるため、テストケースを変更する前に、他に関連付けられているテストスイートがあるかどうかを確認する必要があります。As test cases can belong to more than one test suite, you should check if there are any other associated test suites before you make changes to a test case. これで、テストケースに関連付けられているすべてのテストスイートをすばやく表示できるようになりました。Now you can quickly view all the test suites associated with a test case.

テストケースを選択します。テストの詳細ペインを表示します。テストスイートの選択

テストケースの最近のテスト結果を表示するView recent test results for a test case

テストケースのテスト結果履歴をすばやく表示して、最近成功または失敗したかどうかを確認します。Quickly see the test result history for a test case to see if it has passed or failed recently. テストケースを選択し、詳細ペインを表示して、[テスト結果] を選択します。Just select the test case, view the details pane, and choose test results.

テストの状態を表示するリアルタイムの軽量のグラフReal-time lightweight charts to show testing status

テストハブの [グラフ] タブから、テストケースのスナップショットと傾向のグラフを作成できるようになりました。Now you can create snapshot and trend charts for test cases from the Charts tab in the test hub. テスト結果のスナップショットグラフを作成することもできます。You can also create snapshot charts for test results. これらのグラフをホームページにピン留めして、チームがテストの状態を確認できるようにします。Pin these charts to your home page so your team can see the test status.

テストハブテストスイートを開きます。[グラフ] タブ

グラフの例と詳細については、「 テスト結果の追跡」を参照してください。For chart examples and more information, see Track your test results.

テストハブのタグでフィルター処理するFilter by tags in the test hub

スイート内のテスト ケースに必要なタグを付けます。Tag test cases in a suite with any tag that is important to you. たとえば、ログインに関連するすべてのテストにタグ付けすると、ログイン ページのバグが修正された場合にこれらのテストを再実行できます。For example, tag all the tests related to login so that you can rerun these tests if a bug is fixed for the login page. そして、テスト ハブからそのタグでフィルター処理できます。Then you can filter on that tag from the test hub. テスト ケースを編集する際にタグの追加と編集ができます。また、グリッド ビューでタグを一括編集できます。You can add and edit tags when you edit a test case, or bulk edit tags in the grid view.

テストスイートを選択します。列リストにタグを追加します。[フィルター] アイコンをクリックしてタグを表示します

バージョン管理 Version control

Git プル要求を使用したコードの確認とマージReview and merge code with Git pull requests

プル要求は、Git の開発者ワークフローの重要なコンポーネントです。Pull requests are a critical component of the developer workflow in Git. 開発者はプル要求を使用して、コードのレビューとマージを行うことができるようになりました。Now developers can use pull requests to help review and merge their code. プル要求を使用すると、ブランチで作業している開発者は、コードをメインラインに追加する前に、他の開発者からの変更についてフィードバックを得ることができます。Pull requests enable developers working in branches to get feedback on their changes from other developers before adding their code into the mainline. レビューに参加している開発者は、コードの変更を確認し、コードにコメントを残して、"親指アップ" 承認を与えることができます。Any developer participating in the review can see the code changes, leave comments in the code, and give a "thumbs up" approval.

作業の計画と追跡 Plan and track work

Update 4 ヘルプを使用して Team Foundation Server (TFS) を大幅に改善したことにより、ツールを使用して作業をより簡単に実行できるようになりました。The many small improvements to Team Foundation Server (TFS) with Update 4 help make it easier for you to use our tools to get your work done faster.

クエリベースのグラフの作成に、トレンド グラフ (積み上げ面グラフ、面グラフ、および線グラフ) が含まれるようになりました。Query-based chart authoring now includes trend charts: Stacked Area, Area, and Line. 1 週間、2 週間、または 4 週間の時間範囲にわたるトレンドを視覚化できます。You can visualize trends across a one-week, two-week, or four-week time range. フィールド数に加えて、フラットリストクエリで返された作業項目間でフィールド値を合計できるようになりました。In addition to field counts, you can now sum a field value across work items returned in a flat-list query. これらの新しいグラフの種類は、ホームページにピン留めすることもできます。These new chart types can also be pinned to your home pages.

バックログ項目をすばやく並べ替えるQuickly reorder backlog items

大きなバックログがある場合、項目を別の位置にドラッグアンドドロップするのは困難でした。If you had a large backlog, it was hard to drag and drop items to a different position. バックログ項目のコンテキストメニューには、項目をバックログ内の一番上または特定の位置に直接移動するオプションが含まれるようになりました。The context menu for backlog items now contains options to move an item directly to the top or to a specific position in the backlog. この変更により、既定の TFS プロセステンプレートの作業項目フォームからバックログ優先順位を追跡するフィールドが削除されたことに注意してください。Be aware that with this change, we removed the field that tracks backlog priority from the work item forms in the default TFS process templates.

バックログビュー、ボード、クエリの全画面表示モードのサポートFull screen mode support for backlog views, boards, queries

毎日のスタンドアップまたはビューの大きなバックログを実行する場合は、画面領域を最大化し、一度に複数の項目を表示できるようにすると便利です。If you run daily standup or view large backlogs, it is useful to be able to maximize the screen space and see as many items at once. これで、UI のすべての chrome を非表示にし、バックログとボードの全画面表示を使用できるようになりました。Now you can hide all the chrome in the UI and have full-screen views of the backlog and boards. 全画面表示モードの切り替えは、作業ハブの [バックログ] タブと [クエリ] タブの下にあるすべてのページで機能します。The toggle to enter full screen mode works for all the pages under the Backlogs and Queries tabs in the Work hub. ESC キーを押して、作業項目の完全なビューに戻ります。Press ESC to return to the full work item view.

すべての HTML/リッチテキストフィールドの全画面表示モードのサポートFull screen mode support for all HTML/rich-text fields

リッチテキストフィールドの全画面表示モードを開始して、読みやすさと使いやすさを向上させることができるようになりました。You can now enter full screen mode for rich-text fields to help improve the readability and usability. たとえば、次に示すように、フィールド を再現する手順 を最大化できます。For example, the Steps to Reproduce field can be maximized as shown below. このボタンをクリックすると、全画面表示モードと作業項目ビューの間でテキスト領域が切り替わります。The button toggles the text area between full screen mode and the work item view. ESC キーを押して、作業項目の完全なビューに戻ります。Press ESC to return to the full work item view.

[最大化] ボタンをクリックして、テキスト領域を再現するステップを展開します。

トリアージエクスペリエンスの向上Better triage experience

クエリ結果を確認するときにトリアージエクスペリエンスを向上させるには、Alt キーを押しながら Q キーを押してクエリに戻ります。To improve the triage experience when you review query results, you can go back to the query by pressing Alt+Q. この場合、クエリ内で現在の位置が保持されます。This keeps your position in the query.

階層ビュー内のイテレーションにバックログ項目を割り当てるAssign backlog items to iterations within hierarchical views

階層ビューから、ドラッグアンドドロップを使用して、プロダクトバックログ項目をイテレーションに割り当てることができるようになりました。From hierarchical views, you can now assign product backlog items to iterations with drag and drop.

作業項目フォームからの区分フィールドおよびイテレーションフィールドのインライン検索In-line search for area and iteration fields from the work item form

多くの場合、作業項目をトリアージまたは割り当てするときに、区分やイテレーションパスを変更する必要があります。It is often necessary to change the area and/or the iteration path when triaging or assigning work items. 大規模で深い入れ子になったツリー内のパスを検索するのは困難な場合があります。Finding the path you want in large, deeply nested trees can be difficult. インライン検索では、ユーザーが入力した内容と一致する値が即時にハイライトされます。With inline search, values that match what you type are instantly highlighted. たとえば、「Team」と入力すると、名前に「team」という語句が含まれているすべてのパスエントリが強調表示されます。For example, type Team to highlight all path entries that contain the word Team in their name.

区分パスの検索が容易になりました

HTML フィールド内にハイパーリンクが定義されている場合は、CTRL キーを押しながらリンクをクリックします。If you have a hyperlinks defined within an HTML field, press the CTRL key and click the link. 以前は、リンクをクリックして [移動] をクリックするという2段階のプロセスになっていました。コマンドを実行します。Previously it was a two-step process to click the link, and then click the "navigate to…" command at the top of the text area.

チームはバックログでバグを追跡できるようになりましたTeams can now track bugs on their backlog

チームは、バグの追跡方法をより柔軟に管理できるようになりました。Teams now have greater flexibility in how they track bugs. スクラムプロセステンプレートを使用して作成されたチームプロジェクトには、バックログのバグ追跡が含まれていますが、他のプロセステンプレートにはありません。While team projects created with the Scrum process template include bug tracking on the backlog, other process templates do not. 各チームは、プロダクトバックログを使用してバグを表示することも、含まないようにすることもできます。Each team can either view the bugs with the product backlog or not include them.

バックログとかんばんボードからバグを削除する場合はオフにします

タスクボードにバグを追加する方法の詳細については、「 バックログとボードへの作業項目の種類の追加」を参照してください。For more information about adding bugs to the task board, see Add a work item type to a backlog and board.

作業項目フォームの機能強化Work item form enhancements

下に一覧表示されている新機能の一部を使用して、作業を追跡し、情報をより簡単に共有できます。Track work and share information more easily using some of the new features listed below and highlighted in the work item form pictured.

  • 新しい電子メールのアイコンを使用して、適切に形式化された電子メールを作業項目フォームから直接送信します。Send a nicely formatted email directly from the work item form using the new email icon.
  • 移動元のクエリ結果に直接戻ります。Return directly to the query result you navigated from. キーボードを使用する場合は、ALT キーを押しながら Q キーを押します。If you like to use the keyboard, press ALT+Q. または、[戻る] ボタンを使用して同じ操作を行うこともできます。Alternatively, you can use the browser back button to do the same thing. この場合、クエリ内で現在の位置が保持されます。This keeps your position in the query.
  • すべてのクエリおよびすべての作業項目から全画面表示モードを開始します。Enter full screen mode from all queries and all work items. ツールバーのコマンドをクリックするだけで、すべての chrome が削除され、画面がいっぱいになります。Just click the command in the toolbar to remove all the chrome and maximize your screen real estate.
  • 新しいブラウザ タブで、クエリ結果に対するコンテキスト メニューコマンドを使用して作業項目を開きます。Open a work item in a new browser tab with the context menu command for query results.
  • クエリ結果をコピーして貼り付けると、電子メールまたはドキュメントに貼り付けた場合の結果の書式が大幅に改善されます。Copy and paste of query results now formats the results much better for pasting into email or a document.

かんばんボードのその他の項目More items in your Kanban board

かんばんボードの最初と最後の列の項目数に対するハード制限はなくなりました。There is no longer a hard limit on the number of items in the first and last columns of the Kanban board. これで、最大999の項目を含むようにこの制限を構成できるようになりました。Now you can configure this limit to have up to 999 items.

Visual Studio では、リンク先の作業項目を検索するためのダイアログボックスが常に表示されていますが Team Web Access では、作業項目 ID を入力して検索することしかできませんでした。In Visual Studio, there has always been a dialog box to find a work item that you want to link to, but with Team Web Access you could only type the work item ID to find it. Update 4 では、リンク先の作業項目を検索するための同様のダイアログボックスが表示されます。With Update 4, you get a similar dialog box to find the work item you want to link to. 既存のクエリを実行するか、タイトルを検索することによって作業項目を検索することができます。You can run an existing query or find the work item based by searching for its title.

アクセスレベル名の変更と機能アクセス Access level name changes and feature access

Update 4 では、すべてのアクセスレベルの名前が変更されています。With Update 4, all access levels have been renamed. 新しい名前は Visual Studio Team Services ライセンスに使用されるものと同じ名前に対応しています。The new names correspond to the same names used for Visual Studio Team Services licensing.

  • 利害関係者 (以前は制限あり)Stakeholder (previously was Limited)
  • Basic (以前は標準)Basic (previously was Standard)
  • 詳細 (以前は完全)Advanced (previously was Full)

この変更により、利害関係者アクセスの機能セットのサポートが強化されました。With this change, we have enhanced the feature set support for the Stakeholder access. 利害関係者は、プロジェクトのホームページと、ほとんどの "作業" 関連機能にアクセスできます。Stakeholders have access to the project home page and most of the "work" related functionality. これには、バックログを表示したり、項目を追加および編集したり、作業項目クエリを実行したりする機能が含まれますが、これに限定されるわけではありません。This includes, but is not limited to, the ability to view the backlog, add and edit items, and run work item queries.

任意の数のユーザーに利害関係者ライセンスを割り当てることができます。Any number of users can be assigned a stakeholder license at no charge. 詳細については、こちらを参照してください。See more details here.

Visual Studio の Microsoft SQL Server データベースツール Microsoft SQL Server Database Tooling for Visual Studio

Microsoft SQL Server Database ツール for Visual Studio では、Update 4 の次の機能が追加されています。Microsoft SQL Server Database Tooling for Visual Studio has added the following features for Update 4:

  • SQL Server 2014 のサポート。Support for SQL Server 2014.
  • スキーマ比較では、MSBuild とテキストおよび XML 出力がサポートされています。Schema compare supports MSBuild with text and XML output.
  • サーバーエクスプローラーの Azure SQL Database ノードに対するトークンベースの認証のサポート。Support for token-based authentication for Azure SQL Database node in Server Explorer. これには、Microsoft アカウントと組織アカウントが含まれます。This includes Microsoft accounts and organizational accounts.
  • Azure プレビューポータルから Microsoft Azure SQL データベースに対して、Visual Studio でデータベーススキーマを直接開くことができるようになりました。From the Azure Preview Portal for Microsoft Azure SQL databases, you can now open the database schema directly in Visual Studio.
  • 静的コード分析のための機能拡張。Extensibility for Static Code Analysis.
  • 編集可能なデータグリッドをフィルター処理します。Filtering for the editable data grid.
  • データ比較の設定をファイル (dcmp) に保存します。Save your data compare settings to a file (.dcmp).
  • TSQL エディターに接続すると、追加のアクションが使用できるようになります。Additional actions are available when you connect to the TSQL editor.
  • PDW ツールが Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop に含まれるようになりましたPDW tools are now part of Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop

その他の変更: バグ修正と既知の問題 Other Changes: Bug Fixes and Known Issues

このリリースでのテクノロジの改善、バグ修正、既知の問題の詳細については、 Visual Studio 2013 Update 4 のサポート技術情報の記事を参照してください。For a complete description of technology improvements, bug fixes, and known issues in this release, see KB article for Visual Studio 2013 Update 4.

Azure SDK 2.5 Azure SDK 2.5

このリリースでは、Visual Studio 2013 Update 4 と Visual Studio 2015 Preview (Azure Resource Manager ツール、HDInsight ツール、サーバーエクスプローラーから Azure WebJobs を管理する機能など) を使用して、Azure 開発用の新機能と強化されたツールを提供しています。This release provides new and enhanced tooling for Azure development with Visual Studio 2013 Update 4 and now Visual Studio 2015 Preview, including Azure Resource Manager Tools, HDInsight Tools, and the ability to manage Azure WebJobs from Server Explorer. このリリースの詳細については、「 AZURE SDK 2.5 リリースノート」を参照してください。For more information about this release, see Azure SDK 2.5 release notes.

AZURE SDK 2.5を今すぐダウンロードします。Download Azure SDK 2.5 now.

Team Explorer Everywhere 2013 更新プログラム2 Team Explorer Everywhere 2013 Update 2

T 2013 Update 2 では、にサインインするための資格情報がどのように格納されるかが改善され、 Visual Studio Team Services がより簡単になりました。TEE 2013 Update 2 improves how TEE stores credentials which makes signing in to Visual Studio Team Services much easier. さらに、このリリースでは、t 内の Git リポジトリを参照する機能が追加されています。In addition, this release adds the capability to browse Git repositories within TEE.

ここで、 t 2013 Update 2 をダウンロードします。Download TEE 2013 Update 2 now.

Visual Studio Tools for Unity (vstu) 2.0 プレビュー Visual Studio Tools for Unity (VSTU) 2.0 Preview

VSTU は、Microsoft が提供する無料の Visual Studio アドオンで、 Unity ゲームのツールとプラットフォームを操作するための豊富なプログラミングとデバッグエクスペリエンスを実現します。VSTU is Microsoft's free Visual Studio add-on that enables a rich programming and debugging experience for working with the Unity gaming tools and platform. VSTU 2.0 Preview では、Visual Studio 2015 Preview のサポートが追加されています。VSTU 2.0 Preview adds support for Visual Studio 2015 Preview. さらに、[ウォッチ] ウィンドウと [ローカル] ウィンドウでのオブジェクトの視覚化が向上しました。We additionally added better visualization for objects in watch and local windows.

最新のリリースRecent releases

2.0 VSTU-このリリースの詳細については、「 vstu news」を参照してください。2.0 VSTU - For more information about this release, see VSTU news.

1.9.1 VSTU-新機能とバグ修正の詳細については、 このブログ投稿を参照してください。1.9.1 VSTU - For details about new features and bug fixes, see this blog post.

1.9.2 VSTU-マイナー機能とバグ修正の詳細については、 この変更ログを参照してください。1.9.2 VSTU - For details about minor features and bug fixes, see this change log.

最新バージョンの VSTU の使用を開始するには、Visual Studio ギャラリーから、 Visual Studio 2013 用の VstuVstu for visual studio 2012、および vstu for visual studio 2010からツールをダウンロードします。To get started with the latest version of VSTU, download the tools from the Visual Studio Gallery: VSTU for Visual Studio 2013, VSTU for Visual Studio 2012, and VSTU for Visual Studio 2010.

Kinect for WINDOWS 2.0 SDK RTW Kinect for Windows 2.0 SDK RTW

Kinect for Windows 2.0 SDK RTW には、このリリースに関する次の詳細が含まれています。Kinect for Windows 2.0 SDK RTW has the following details for this release:

  • Kinect for Windows software development kit 2.0 は、200の機能強化と SDK のプレビューバージョンの更新を超えています。Kinect for Windows software development kit 2.0 features over 200 improvements and updates to the preview version of the SDK. SDK は無償でダウンロードできます。 SDK を使用して開発された商用アプリケーションのランタイムライセンスには料金がかかりません。The SDK is a free download, and there are no fees for runtime licenses of commercial applications developed with the SDK.
  • Windows ストア用の Kinect アプリを開発する機能。Ability to develop Kinect apps for the Windows Store. SDK 2.0 が市販されているため、Windows ストアで Kinect v2 アプリを初めて開発し、展開することができます。With commercial availability of SDK 2.0, you can develop and deploy Kinect v2 apps in the Windows Store for the first time. Windows ストアにアクセスすることで、ビジネスソリューションやコンシューマーソリューションに対して何百万もの潜在顧客にリーチできます。Access to the Windows Store enables you to reach millions of potential customers for your business and consumer solutions.
  • Windows 用の Kinect $ 49.99 Kinect Adapter for Windows を使用できるようになりました。これにより、Windows 8.0 および 8.1 Pc およびタブレットに、Xbox One センサーを接続できます。Availability of the US$49.99 Kinect Adapter for Windows that enables you to connect a Kinect for Xbox One sensor to Windows 8.0 and 8.1 PCs and tablets. 開発者は既存の Kinect for Xbox One センサーを使用して Kinect v2 ソリューションを作成できます。また、コンシューマーは、既に所有している Kinect の Kinect を使用して、コンピューター上で Kinect v2 アプリを体験できます。Now developers can use their existing Kinect for Xbox One sensor to create Kinect v2 solutions, and consumers can experience Kinect v2 apps on their computer by using the Kinect for Xbox One sensor they already own. このアダプターは、4ダースを超える市場で利用できます。The adapter is available in over four dozen markets.

Kinect For Windows software development kit を今すぐダウンロードしてください。Download Kinect for Windows software development kit now.

Apache Cordova CTP3 の Visual Studio Tools Visual Studio Tools for Apache Cordova CTP3

以前は Visual Studio 用のマルチデバイスハイブリッド Aps と呼ばれていたため、Apache Cordova の Visual Studio Tools を使用すると、Android、iOS、Windows、Windows Phone を対象とするクロスプラットフォームアプリを簡単にビルド、デバッグ、テストでき、1つの単純な Visual Studio プロジェクトから行うことができます。Formerly known as Multi-Device Hybrid Aps for Visual Studio, Visual Studio Tools for Apache Cordova makes it easy to build, debug, and test cross-platform apps that target Android, iOS, Windows, and Windows Phone from one simple Visual Studio project.

CTP3 には、CTP2 に対する次の機能強化が含まれています。CTP3 includes the following improvements over CTP2:

  • Ripple の保存時に更新する–再構築する必要はありません。Update on save for Ripple – No need to rebuild!
  • IOS シミュレーターまたは Mac 上の接続されているデバイスに展開したときに、Visual Studio から直接アプリの iOS バージョンをデバッグする機能The ability to debug an iOS version of your app right from Visual Studio when deployed to the iOS Simulator or a connected device on a Mac
  • 含まれているリモート iOS ビルドエージェントのセキュリティと簡略化された構成の強化Improved security and simplified configuration for the included remote iOS build agent
  • Git またはファイルシステムからカスタムプラグインをプロジェクトに追加するためのサポートを含む、強化されたプラグイン管理エクスペリエンスAn improved plugin management experience that includes support for adding in custom plugin to your project from Git or the filesystem
  • Apache Cordova 4.0.0 のサポートSupport for Apache Cordova 4.0.0

Visual Studio 2013 の Office Developer Tools –2014年11月更新 Office Developer Tools for Visual Studio 2013 – November 2014 Update

このリリースには、新しい Office 365 API ツールが含まれています。This release includes the new Office 365 API Tools. 新しいツールを使用すると、Office 365 Api に接続するアプリを簡単に開発できます。The new tools make it easy to develop apps that connect to Office 365 APIs. プロジェクトのコンテキストメニューの [ > 接続済みサービスの追加 ] をクリックすると、ダイアログボックスが表示され、Azure Active Directory でアプリエントリを作成し、ソリューションに適切な参照と構成を追加できます。Click Add->Connected Service on the project context menu and the dialog will guide you through the process of creating the app entry in Azure Active Directory and adds the appropriate references and configuration in your solution. このツールでは、Visual Studio 2013、ASP.NET MVC、ASP.NET Web フォーム、WPF、Windows フォーム、ユニバーサルアプリ、Apache Cordova、および Xamarin のほとんどのプロジェクトの種類がサポートされています。The tool supports most project types in Visual Studio 2013, ASP.NET MVC, ASP.NET Web Forms, WPF, Windows Forms, Universal Apps, Apache Cordova, and Xamarin.

今すぐVisual Studio 2013 を Office Developer ToolsOffice Developer Tools for Visual Studio 2013 now.

TypeScript 1.3 TypeScript 1.3

TypeScript 1.3 は、Visual Studio 2013 Update 4 の個別のダウンロードとして使用でき、オブジェクト指向の自然パターンとより正確な配列型を許可するプロテクトメンバーアクセスとタプル型を追加します。TypeScript 1.3, available as a separate download for Visual Studio 2013 Update 4, adds protected member access and tuple types, that allows natural object-oriented patterns and more precise array types.

TypeScript 1.3 の詳細については、「 typescript 1.3 の発表」を参照してください。To download and learn more about TypeScript 1.3, see Announcing TypeScript 1.3.

Visual Studio Community 2013 Visual Studio Community 2013

Visual Studio Community 2013 は、Visual Studio の全機能を活用してクロスプラットフォームソリューションを開発できるようにする新しいエディションです。Visual Studio Community 2013 is a new edition that enables you to unleash the full power of Visual Studio to develop cross-platform solutions. 1つの統合 IDE でアプリを作成します。Create apps in one unified IDE. この IDE に新しい言語、機能、および開発ツールが組み込まれている Visual Studio 拡張機能を入手できます。Get Visual Studio extensions that incorporate new languages, features, and development tools into this IDE. Visual Studio の拡張機能は、Visual Studio ギャラリーから入手できます。Visual Studio extensions are available from the Visual Studio Gallery. 詳細については、 Visual Studio Community 2013をご覧ください。Learn more about Visual Studio Community 2013.

Visual Studio Community 2013を今すぐダウンロードします。Download Visual Studio Community 2013 now.


Visual Studio 2013 リリースVisual Studio 2013 Releases

Visual Studio 2013 リリースノートのすべてのバージョンを表示できます。You can view all versions of Visual Studio 2013 release notes:


ページのトップへ
Top of Page