Visual Studio 2015 Update 3 のリリース ノートVisual Studio 2015 Update 3 Release Notes

注意

これは Visual Studio の最新バージョンではありません。This is not the latest version of Visual Studio. 最新のリリースをダウンロードするには、Visual Studio 2017 の最新のリリース ノートを参照してください。To download the latest release, please visit the current release notes for Visual Studio 2017.


Visual Studio 2015 のダウンロードDownload Visual Studio 2015

以前のバージョンの Visual Studio は、my.visualstudio.com でダウンロードできます。これはサブスクリプション ベースのサイトですが、どなたでも Dev Essentials の無料サブスクリプションを作成できます。Downloads for earlier versions of Visual Studio are available on my.visualstudio.com. This is a subscription-based site, but anyone can create a free Dev Essentials subscription. 詳しくは、Dev Essentials のページをご覧ください。Please see the Dev Essentials page for more information.


リリース日: 2016 年 6 月 27 日Release Date: June 27, 2016

このリリースの新機能What's New in this Release


Tools for Apache CordovaTools for Apache Cordova

Visual Studio 2015 Update 3 には、以下の機能強化を含む Apache Cordova Update 10 のツールが用意されています。Visual Studio 2015 Update 3 includes Tools for Apache Cordova Update 10, including the improvements below. and Update 10.and Update 10. Microsoft のツールに関する最新情報については、GitHub の開発者向けブログを参照してください。For the latest news about our tools, visit our Developer Blog on GitHub.

  • Cordova 6.1.1 のサポートが追加されました。新しいプロジェクトの既定のバージョンとなります。We've added support for Cordova 6.1.1, the default version for new projects.
  • Cordova 4.x で使用されていた Cordova プラグイン レジストリは廃止されました。つまり、プラグインを追加するには Cordova 5.x 以降が必要になります。We've retired the Cordova Plugin Registry that was used in Cordova 4.x, which means that we now require a minimum of Cordova 5.x or later to add plugins.
  • コア プラグインの一覧が更新され、Intune、Azure Engagement、セキュリティ、SQLite ローカル ストレージなどのエンタープライズ シナリオ用のプラグインが含まれるようになりました。The Core Plugins list has been updated and now includes plugins for enterprise scenarios, such as Intune, Azure engagement, security, and SQLite local storage.
  • npm パッケージの名前か ID を使用して構成デザイナーからプラグインを追加できるようになりました。You can now add plugins from the config designer either by the npm package name or by the ID.

plugin-byid

  • パラメーターを必要とするプラグインも構成デザイナーから追加できるようになりました。You can also add plugins that require parameters from the config designer.

plugin-parameters

Developer Analytics Tools Developer Analytics Tools

Developer Analytics Tools v7.0.2 では、次の機能強化が追加されました。We've added the following improvements in Developer Analytics Tools v7.0.2:

  • Application Insights Trends (アプリのテレメトリの傾向を検索するためのツール)。Application Insights Trends, a tool for finding trends in your app's telemetry.
  • CodeLens の例外のテレメトリ。Exception telemetry in CodeLens.
  • 診断ツールの例外に追加された製品利用統計情報。Production telemetry information added to exceptions in Diagnostic Tools.
  • Visual Studio から ASP.NET Core RC2 プロジェクトに Application Insights を追加するためのサポート。Support for adding Application Insights to ASP.NET Core RC2 projects from Visual Studio.
  • ASP.NET 5 RC1 および ASP.NET Core RC2 プロジェクト用の診断ツール イベント。Diagnostic Tools events for ASP.NET 5 RC1 and ASP.NET Core RC2 projects.
  • 詳細フィルター、時間範囲、イベントが選択されたときの Application Insights の検索の自動更新。Automatic refreshes of Application Insights Search when detail filters, time ranges, and events are selected.
  • 検索時に要求からコードに移動する機能。Go to Code from requests in Search.
  • HockeyApp サインイン エクスペリエンスの向上。Improved HockeyApp sign-in experience.

詳細については、Microsoft Azure のドキュメントのテクニカル リリース ノートを参照してください。For more information, see the technical release notes in the Microsoft Azure documentation.

デバッグと診断 Debugging and Diagnostics

HoloLens や IOT などの OneCore デバイスで実行されるアプリケーションの診断ツールのサポートが Update 3 で追加されました。Diagnostic Tools support for apps running on OneCore devices, including HoloLens and IOT, has been added in Update 3.

C++ のエディット コンティニュの改良:C++ Edit and Continue improvements:

  • FASTLINK を有効にしたときのパフォーマンスと信頼性が向上しました。Better performance and reliability when FASTLINK is enabled.
  • 静的ライブラリにコードの変更が正常に適用されたときに古いコードが生成されなくなりました。Successful application of code changes to static libraries no longer produces Stale Code.
  • 再コンパイル中に誤検知された型の変更に対して C4656 警告が表示されなくなりました。C4656 warnings will no longer appear for false positive type changes during recompilation.
  • 複数のコンパイル単位の境界を越えて同じ名前を持つ新しい型を追加する操作のサポート。Support for adding a new type with the same name crossing multiple compilation units.

XAML UI のデバッグの機能強化。XAML UI Debugging improvements:

  • ライブ ビジュアル ツリーの新しいフォーカス追跡機能により、アプリでフォーカスが変更されるたびに、ライブ ビジュアル ツリーの選択項目が、現在フォーカスがある要素に更新されます。Whenever the focus changes in your app, the new Track Focus feature in the Live Visual Tree will cause selection in the Live Visual Tree to update to the currently focused element.

Visual Studio IDE Visual Studio IDE

サブスクリプションとプロダクト キーSubscriptions and product keys

オンライン ID またはプロダクト キーを介したサブスクリプションを使用しているユーザーからの Update 3 のフィードバックに基づき、次のように IDE のロックが解除されます。We've addressed feedback in Update 3 from customers using subscriptions through an online identity or product keys to unlock the IDE, in the following ways:

  • 割り当てられた Visual Studio Cloud サブスクリプションをアクティブ化するために https://my.visualstudio.com にアクセスする必要はなくなり、サブスクリプションが割り当てられるとすぐに Visual Studio IDE を使い始めることができます。You are no longer required to visit https://my.visualstudio.com to activate your assigned Visual Studio Cloud subscription, and can immediately start using the Visual Studio IDE as soon as the subscription is assigned.
  • プロダクト キーを適用するときのエラー処理を改良しました。We've improved error handling when applying a product key.
  • すべてのユーザー アカウントおよびライセンス操作が HTTPS を使用してセキュリティ保護されるようになりました。All user account and licensing operations are now secured by using HTTPS.
  • [アカウント設定] ダイアログでサブスクリプションをアクティブ化し、プロダクト キーを入力する操作のユーザー補助機能を強化しました。We've made accessibility improvements in the Account Settings dialog for activating a subscription and entering a product key.
  • 最大 8 日ごとの再認証を行わなくても、個人アカウントをアクティブのままにさせ、ローミング設定との同期を維持できるようになりました。Re-authentication every ~8 days is no longer required to keep the personalization account active and synchronizing roaming settings.

ユニバーサル Windows アプリ用ツール Tools for Universal Windows Apps

Visual Studio 2015 Update 3 では、ユニバーサル Windows アプリ用ツールにいくつかの機能強化が加えられています。Visual Studio 2015 Update 3 comes with several enhancements to the Tools for Universal Windows apps. 主な改善点によって、Windows ストアに送信するパッケージを作成するときに、Azure Active Directory の資格情報を使用して AAD ストア アカウントにサインインできます。A key improvement allows you to sign in with Azure Active Directory credentials for an AAD Store account when creating a package to submit to the Windows Store. プロジェクトが Windows ストアに関連付けられると、ストアに送信するパッケージを作成するためにサインインする必要がなくなります。Once the project has been associated with the Windows Store, you will no longer need to sign in to create a package to submit to the Store.

ユニバーサル Windows アプリ用の .NET ネイティブ.NET Native for Universal Windows Apps

.NET Native 1.4 は、パフォーマンスを向上させ、ユーザーが報告した複数のバグを解決し、大規模なアプリのリリース ビルドのコンパイル時間を短縮するマイナー サービス リリースです。.NET Native 1.4 is a minor servicing release that improves performance, addresses several customer reported bugs and improves Release build compilation times of large apps. .NET Native 1.4 を使用すると、XAML アプリケーションと Unity ゲームの実行時のパフォーマンスが向上します。XAML applications and Unity games that use .NET Native 1.4 will have better runtime performance. これらの機能強化は、リフレクションとネイティブ API の呼び出しをどちらも高速化することで実現しました。These improvements were achieved by making both reflection and native API calls faster.

アーキテクチャ ツール Architecture Tools

ユーザーからのフィードバックに基づき、パフォーマンスと信頼性が向上しています。We've addressed feedback from customers about improving performance and reliability.

ドメインに固有のグラフィカル デザイナー (EDMX と DBML を含む)Domain Specific Graphical Designers (including EDMX and DBML)

Windows 10 で、オンスクリーン キーボードが表示されているときに大きな EDMX または DBML 図を開いたり、編集しようとすると、Visual Studio が応答しないという問題を解消しました。On Windows 10, Visual Studio is no longer unresponsive when you are opening or attempting to edit large EDMX or DBML diagrams while the on-screen keyboard is displayed.

コード マップCode Map

  • ソリューションにインストーラー プロジェクト (.vdproj) が含まれている場合に、[ソリューションのコード マップを生成] を実行すると、Visual Studio が応答しないという問題を解消しました。Visual Studio is no longer unresponsive when you are trying to "Generate Code Map for Solution" when the solution contained installer projects (.vdproj).
  • コード エディターからコード マップ コマンドを実行し、表示されたコード マップ ウィンドウをすぐに閉じると、Visual Studio が応答しなくなるという問題を解消しました。Visual Studio is no longer unresponsive when you run a code map command from the code editor and close the Code Map window as soon as it appears.

レイヤー検証Layer Validation

  • 検証アクションを使用するレイヤー図を含むモデリング プロジェクトを持つソリューションを構築すると、構築が完了した後に CPU コアが使用されなくなります。When building a solution having a modeling project containing a Layer diagram with a Validate action, a CPU core is no longer used after the build completes.
  • 親のモデリング プロジェクトが PCL ライブラリ (ODP.Net など) を参照している場合に、レイヤー図を検証できるようになりました。You can now validate a layer diagram when its parent modeling project is referencing PCL libraries (for instance ODP.Net).

Node.js Tools for Visual StudioNode.js Tools for Visual Studio

Node.js Tools 1.2 RC for Visual Studio のダウンロード提供を開始しました。Node.js Tools 1.2 RC for Visual Studio is now available for download. このリリースでは、以前のリリースに見られたメモリ不足によるクラッシュが軽減されるなど、安定性とパフォーマンスの大幅な向上が期待されます。We expect this release to provide significantly improved stability and performance, including reducing out-of-memory crashes seen in prior releases.

その他の特徴は次のとおりです。Other highlights include:

  • より高速で高機能の ES6 IntelliSenseFaster, better ES6 IntelliSense
  • 信頼性の高いデバッグMore reliable debugging
  • 単体テスト作業の向上 (テープのサポートを含む)Improved Unit Testing experiences (including Tape support)
  • より多くのプロジェクト種類での .npm コマンド.npm command in more project types

すべての情報とダウンロードについては、Node.js Tools 1.2 RC のリリース ページをご覧ください。For full information and downloads, see the Node.js Tools 1.2 RC release page.

Web Developer Tools Web Developer Tools

ASP.NET Web アプリケーション プロジェクトで [エディット コンティニュを有効にする] チェック ボックスをオフにした場合、デバッグを停止するたびに IIS Express プロセスの動作が停止することはなくなりました。For ASP.NET Web Application projects, when "Enable Edit and Continue" checkbox is unchecked, the IIS Express process will no longer stop every time you stop debugging.

Visual C++ Visual C++

Update 3 では、C# と Visual Basic のコーディングのサポートとパフォーマンスの向上だけでなく、C++ コンパイラの新しいチェックや警告メッセージなどの機能強化が追加されました。Enhancements, such as new checks and warning messages for the C++ Compiler, as well as support and performance improvements for C# and Visual Basic coding, were included in Update 3.

C++ コンパイラC++ Compiler

  • 削除された単純なコピー/移動 ctor へのアクセスが確認されるようになりました。We now check the access of a deleted trivial copy/move ctor. 確認が行われない場合、(実装の形式が誤っている可能性のある) 既定のコピー ctor が誤って呼び出され、その結果、不適切なランタイム コードが生成される可能性があります。Without the check, we may incorrectly call the defaulted copy ctor (in which the implementation can be ill-formed) and cause potential runtime bad code generation.
  • Std::is_convertible により、コピー コンストラクターが削除された場合またはコピー コンストラクターがプライベートの場合に、クラス型の自己代入が適切に検出されるようになりました。Std::is_convertible now correctly detects self-assignment of a class type when the copy-constructor is deleted or private.
  • Visual Studio 2008 で開始された属性 ATL サポートを廃止する最後の段階として、コンパイラに新しい使用中止警告が追加されました。As the last phase of completing the deprecation of attributed ATL support started in Visual Studio 2008, we've added a new deprecation warning to the compiler. Visual Studio 2015 Update 3 では、属性 ATL コードを使用すると、レベル 1 の警告 (既定でオン) が生成されます。With Visual Studio 2015 Update 3, usages of attributed ATL code will generate an on-by-default level 1 warning. C4467C4467
  • PCH ファイルを使用しているとき、-Yc を使用したコンパイルと -Yu を使用したコンパイルの間で一致していない -I インクルード ディレクトリをコンパイラに指定すると、新しい警告が生成されます。When using PCH files, mismatched -I include directories to the compiler between -Yc and -Yu compilations will now produce a new warning. C4599C4599
  • PCH ファイルを使用しているとき、-Yc を使用したコンパイルと -Yu を使用したコンパイルの間で一致していない #include ディレクティブがソース ファイルに含まれていると、警告が生成されます。When using PCH files, mismatched #include directives in source files between -Yc and -Yu compilations will now produce a warning. C4598C4598

これらの変更が既存のコードに与える影響については、MSDN の Visual C++ の移植とアップグレードに関するガイドを参照してください。For more information on how these changes might impact your existing code, see Visual C++ Porting and Upgrading Guide on MSDN.

C++ ライブラリC++ Libraries

  • Update 2 で低下した、(ベクター内など) 単純なオブジェクトの範囲を破棄するときのデバッグ モードのパフォーマンスを元に戻しましたWe've restored debug mode performance when destroying ranges of trivial objects that regressed in Update 2, like in vector.

  • C++17 の研究報告書、つまり提案「P0185 Adding [nothrow-]swappable traits ([nothrow-]swappable 特徴の追加)」に従い、swappable 特徴 (traits) を実装しました。We've implemented the swappable traits from the C++17 working paper, from the proposal P0185 Adding [nothrow-]swappable traits. 予測的 C++17 機能の 1 つとして、/std:c++latest でコンパイルするときに、特徴 (is_swappableis_swappable_withis_nothrow_swappableis_nothrow_swappable_with) のみが表示可能になり、std::swap の制約のみがアクティブになります。As a speculative C++17 feature, the traits (is_swappable, is_swappable_with, is_nothrow_swappable, and is_nothrow_swappable_with) are only visible, and the constraints on std::swap are only active, when compiling with /std:c++latest.

  • これまでプロセスの起動と dllmain の間に発生していた vcruntime140.dll と静的ライブラリからの ETW イベントの呼び出しが削除されました。We've removed ETW eventing calls from vcruntime140.dll and static libraries that previously fired during process startup and dllmain.

  • STL コンテナーで使用される一般的なメカニズムにおけるシンボル名の長さが削除されたため (std::vector など)、警告 C4503 の発生する可能性が減少しました。We've removed symbol name length in common machinery used by STL containers, such as std::vector, reducing likelihood of C4503 warnings. たとえば、次の型は警告を生成しなくなりました: concurrency::concurrent_unordered_map<wstring, vector<pair<uint64_t, vector<uint8_t>>>>。For example, the following type no longer generates a warning: concurrency::concurrent_unordered_map<wstring, vector<pair<uint64_t, vector<uint8_t>>>>.

  • ATL/MFC/AMP/PPL: 次のように、2 フェーズ参照の準拠に関連する多くの修正が行われました。ATL/MFC/AMP/PPL: Lots of conformance fixes related to two-phase lookup, as follows:

    • _com_ptr_t で移動コンストラクターと移動代入演算子を使用できるようになりました。_com_ptr_t now has a move constructor and move assignment operator.

    • MFC: 64 ビット アプリケーションでのメニューの適切な表示を妨げることがあった HMENU 値の処理を修正しました。MFC: Fixed handling of HMENU values that occasionally prevented menus from being properly displayed in 64-bit applications.

    • ATL/MFC: 次の警告が出力されなくなりました。ATL/MFC: No longer emit the following warnings:

    • 関数のオーバーライド/非表示: C4263、C4264、C4266Function overriding/hiding: C4263, C4264, C4266

    • 例外指定の不一致: C4986Mismatching exception specification: C4986

    • /analyze: C6386/analyze: C6386

    • ATL: AtlThrow のすべてのバリエーションに __declspec(noreturn) というマークが適切に付けられるようになりました。ATL: All variations of AtlThrow are now properly marked with __declspec(noreturn). これにより、誤った SAL 警告が出力されなくなります。This prevents erroneous SAL warnings from being emitted.

    • ATL: いくつかの SAL 注釈が修正/改良されました。ATL: Fixed/Improved several SAL annotations.

    • /std:c++latest により、次の新機能が有効になります: P0025R1 "clamp()"、P0185R1 "is_swappable、is_nothrow_swappable"、P0272R1 "Non-const basic_string::data()"。/std:c++latest enables the following new features: P0025R1 "clamp()", P0185R1 "is_swappable, is_nothrow_swappable", and P0272R1 "Non-const basic_string::data().".

    • /std:c++latest を使用して、次の古い機能の削除を制御することもできます: N4190 "Removing auto_ptr, random_shuffle(), And Old Stuff (auto_ptr、random_shuffle()、古い機能の削除)"、P0004R1 "Removing Deprecated Iostreams Aliases (非推奨とされた Iostreams エイリアスの削除)"、LWG 2385 "function::assign allocator argument doesn't make sense (function::assign アロケーター引数が意味を成さない)"、各種の非標準機能 (std::tr1 名前空間、いくつかの TR1 専用機構、および std::identity 構造体)。/std:c++latest also controls the removal of the following old features: N4190 "Removing auto_ptr, random_shuffle(), And Old Stuff", P0004R1 "Removing Deprecated Iostreams Aliases", LWG 2385 "function::assign allocator argument doesn't make sense", and various non-Standard features (the std::tr1 namespace, some TR1-only machinery, and the std::identity struct).

    • x86 での atomic<int64_t>/atomic<uint64_t> のサイレントかつ不適切な codegen が修正されました。Silent bad codegen in atomic<int64_t>/atomic<uint64_t> on x86 was fixed.

    • STL で絶対的に必要な場合を除いてスレッドセーフな "マジック スタティック" の使用を中止した結果、コード生成のパフォーマンスが向上しました。The STL now avoids using thread-safe "magic statics" except when absolutely necessary, improving codegen.

    • タプルの完全転送コンストラクターとコピー コンストラクターの競合が解消され、特定のシナリオでのコンパイラ エラーが修正されました。Tuple's perfect forwarding constructor now avoids out-competing the copy constructor, fixing compiler errors in certain scenarios.

  • コルーチン:Coroutines:

    • 使用が非推奨になった項目: __yield_value & __await キーワード。Deprecated the following: __yield_value & __await keywords. 代わりに、co_await / co_yield を使用してください。Use co_await / co_yield instead.
    • 非推奨の通知が追加された項目: coroutine_handle クラスの to_address メンバーおよび from_promise メンバー。Added deprecation notice to: to_address and from_promise members of coroutine_handle class. coroutine_handle::to_address() の代わりに coroutine_handle::address() を使用してください。Instead of coroutine_handle::to_address(), use coroutine_handle::address().
    • coroutine_handle::from_promise(Promise *P) の代わりに coroutine_handle::from_promise(Promise &P) を使用してください。Instead of coroutine_handle::from_promise(Promise *P), use coroutine_handle::from_promise(Promise &P).
  • パフォーマンスが向上した項目: std::equalstd::lexicographical_compare。より積極的に memcmp と memchr にディスパッチすることで、特定のシナリオでパフォーマンスが大幅に向上します。We've improved performance of the following: std::equal and std::lexicographical_compare by dispatching to memcmp and memchr more aggressively, resulting in large performance improvements in some scenarios. 例: 64 ビット プラットフォームでの equal(char,char,char, char)。For example: equal(char,char,char, char) on 64 bit platforms.

    • 反復子デバッグ機構のブックキーピング関数呼び出しの数を減らすことによって、デバッグ ビルドのパフォーマンスが大幅に向上します。debug builds significantly by reducing the number of bookkeeping function calls in our iterator debugging machinery.
    • string::push_back では、さらに 40% パフォーマンスが向上しています。リリース ビルドの Update 2 では、デバッグ ビルドにより重要な機能強化が加えられています string::push_back has improved another 40% vs. Update 2 in release builds, with more substantial improvements in debug builds. (これは、Update 2 で実装された大規模なパフォーマンスの向上に追加されるものです)。(This is in addition to large performance improvements here that shipped in Update 2).
    • すべての標準アルゴリズムにまたがるデバッグ ビルドのパフォーマンスが向上しました。その方法として、述語を受け取るすべてのアルゴリズムにおいて述語のコピーの数を減らすことによって、いくつかの種類の空のテンプレート メタプログラミング サポート呼び出し (たとえば、_Iter_cat) を排除しました。Debug builds across all standard algorithms have improved by eliminating several types of empty template metaprogramming support calls (for example,_Iter_cat), across all algorithms that take predicates by reducing the number of predicate copies.
    • std::mismatch (_ITERATOR_DEBUG_LEVEL 1 および 2): 反復処理に先立って、可能な限り 2 番目の範囲の範囲チェックを実行します。std::mismatch under _ITERATOR_DEBUG_LEVEL 1 and 2 by range checking the second range where possible ahead of iteration.
  • _SCL_INSECURE_DEPRECATE メッセージに対する機能強化された診断が残りのアルゴリズムに適用されました (Update 2 では少数のアルゴリズムのみが新しい非推奨メカニズムにフックされました)。We've applied improved diagnostics for _SCL_INSECURE_DEPRECATE messages to the remaining algorithms (in Update 2 only a small number of algorithms were hooked into the new deprecation mechanism). これよりに、標準アルゴリズムの複数のコピーを宣言する _ITERATOR_DEBUG_LEVEL プリプロセッサの相互作用が不要になったため、標準アルゴリズムをデバッグするときのデバッグ エクスペリエンスが向上しました。This also improves the debugging experience when debugging into the standard algorithms, as there is no longer any _ITERATOR_DEBUG_LEVEL preprocessor interaction declaring multiple copies of standard algorithms. 次の項目も修正されました。We have also fixed the following:

    • 非標準の _ITERATOR_DEBUG_ARRAY_OVERLOADS とデュアル範囲アルゴリズムの間の相互作用のために mismatch(iter, iter, T[]) などの一部の関数をコンパイルできない問題を修正しました。We've fixed the inability to compile some functions like mismatch(iter, iter, T[]) due to interaction between our nonstandard _ITERATOR_DEBUG_ARRAY_OVERLOADS and dual-range algorithms.
  • STL の既定でオフの警告 C4242 の違反を修正しました。We've fixed violations of the off-by-default warning C4242 in the STL.

  • std::pop_heap の整数オーバーフローのバグと思われる問題を修正しました。We've fixed possible integer overflow bug in std::pop_heap.

  • ロケール ロックを保持しているときに CLR によって挿入される LoadLibrary 呼び出しが原因で /clr:pure で停止が発生する問題を修正しました。We've fixed potential hang under /clr:pure due to CLR-inserted LoadLibrary calls while holding the locale lock.

C++/CLI デバッグC++/CLI Debugging

  • C++/CLI 式エバリュエーターが、以前は純粋なネイティブ アプリでのみサポートされていた Natvis などのデバッガー機能をサポートするようになりました。The C++/CLI expression evaluator now supports debugger features, such as Natvis, that were previously only supported for pure native apps. マネージ/ネイティブの混合アプリで、オブジェクトが変数ウィンドウ (またはデータヒント内) に一覧表示される場合は、その種類のビジュアライザーで定義されているように、純粋なネイティブ アプリの場合と同様に展開されます。Now in a mixed managed/native app when objects are listed in a variable window (or inside a datatip), they will expand just like they do in a pure native app as defined by the type visualizers.

plugin-byid

Clang/C2 プラットフォーム ツールセットClang/C2 Platform Toolset

Clang 3.8 リリースを Clang/C2 に統合し、64 ビットでホストされたツールセットを提供しています。We've integrated Clang 3.8 release into Clang/C2 and provided a 64-bit hosted toolset.

C++ MDDC++ MDD

最新の Android NDK バージョン R11C および機能のサポートが有効になり、最新の NDK に対応するように現在のプロジェクトをアップグレードできるようになりました。We've enabled support for the latest Android NDK version R11C and the capability to upgrade the current projects to target the latest NDK.

TypeScriptTypeScript

Visual Studio 2015 Update 3 に、TypeScript 1.8.34 が含まれました。Visual Studio 2015 Update 3 includes TypeScript 1.8.34. AngularJS を使用するいくつかの大規模な TypeScript プロジェクトでの、メモリ不足エラーが修正されました。We've fixed an out of memory error with some large TypeScript projects that use AngularJS.

C# および Visual BasicC# and Visual Basic

メモリ使用量の削減とコードの診断のパフォーマンス向上に注力しました。We've invested in reducing memory footprint and improving the performance of code diagnostics. これにより、以前のリリースに見られた多くのメモリ不足によるクラッシュが削減されます。This will reduce a lot of the out-of-memory crashes seen in prior releases. ソリューション全体でコードの診断を実行するときのパフォーマンスが向上しています。We’ve improved the performance of running code diagnostics on an entire solution. コードの診断のパフォーマンス向上については、MSDN の「How to: Enable and Disable Full Solution Analysis for Managed Code (方法: マネージ コードの完全なソリューション分析を有効または無効にする)」をご覧ください。To learn more about code diagnostic performance enhancements, read the How to: Enable and Disable Full Solution Analysis for Managed Code page on MSDN.

その他の機能強化として、以下のものがあります。Additional improvements include the following:

  • NuGet パッケージへの参照をクイック修正として追加するオプション:An option to add a reference to a NuGet package as a quick fix:

plugin-byid

  • このオプションを有効にするには、[ツール]、[オプション]、[テキスト エディター]、[C#]、[詳細設定] の順に選択し、[ディレクティブを使用する] で目的のオプションを選択します。You can enable this option from Tools > Options > Text Editor > C# > Advanced, under "Using Directives":

plugin-byid

  • .NET Platform Standard を対象とするポータブル クラス ライブラリのサポートが強化されました。We've improved support for Portable class libraries targeting the .NET Platform Standard.
  • C# の "実装に移動" と "すべての参照の検索" のパフォーマンスがさらに向上しました。We've added performance improvements to the C# GoTo Implementation and Find All References. これらの機能を使用するには、オブジェクトを選択して右クリックし、メニューから目的の項目を選択します。You can try these by selecting an object, right-clicking on it and then selecting them from the menu.
  • document/project/solution に "すべて修正" アクションを適用したときに進行状況バーが表示されるようになりました。When you apply a “fix all” action to document/project/solution we now display a progress bar.
  • 大規模なソリューションで C# や VB プロジェクトを再読み込みする際のパフォーマンスが向上しました。Improved performance when reloading C# and VB projects in large solutions. 詳細とヒントについては、「Performance considerations for large solutions (大規模なソリューションのパフォーマンスに関する考慮事項)」をご覧ください。For more information and tips, read: Performance considerations for large solutions.

チーム エクスプローラーTeam Explorer

チーム エクスプローラーのバグがいくつか修正されました。Several bugs have been fixed in Team Explorer:

  • Git リポジトリから削除されたファイルの内容を表示できません。Unable to view the contents of a file that was deleted from a Git repository.
  • 分岐の履歴を表示するときに、フォーカスが最新のコミットにある場合は [Go to Child] アイコンを無効にする必要があります。When viewing the history of a branch, the Go to Child icon should be disabled when the focus is the latest commit.
  • Git.exe を使用して分岐を変更するときに、Visual Studio がクラッシュしたり、不明な状態になる可能性があります。When changing branches using Git.exe, Visual Studio may crash or get into an unknown state.
  • Git リポジトリに分岐の履歴を表示するときに、履歴グラフの強調表示が正しく表示されません。When viewing the history of a branch in a Git repository, the highlighting in the history graph has glitches.
  • チーム エクスプローラーで分岐を作成するときに、[分岐の作成] の Alt+B キーのショートカットが [ビルド] メニューと競合します。When creating a branch in Team Explorer, the Alt+B shortcut for Create Branch conflicts with the Build menu.
  • メモリ使用量が高い状況で、使用可能なメモリよりも大きいオブジェクトを展開しようとすると、Git は、メモリ不足エラーの代わりに "オブジェクトが見つかりません - 一致するルーズ オブジェクト () はありません" というエラーを返します。In a high memory usage situation, when attempting to unpack an object larger than the available memory, Git gives an error of "Object not found - no matching loose object ()" instead of an out of memory error.
  • エラー メッセージ "...In order the open this solution ..." にタイプミスがあります。Typo in the error message "... In order the open this solution ...".
  • 分岐の履歴を表示して履歴内の最初のコミットを右クリックすると、チェリーピックが無効になります。When viewing the history of a branch and right clicking on the first commit in history, Cherry Pick is disabled.
  • チーム エクスプローラーの分岐ページからプル要求を作成する場合、選択された分岐ではなく現在の分岐がコンテキスト メニューで使用されます。When creating a pull request from the Team Explorer branches page context menu uses the current branch instead of the selected branch.

Xamarin for Visual StudioXamarin for Visual Studio

Visual Studio 2015 Update 3 に Xamarin 4.1 が含まれるようになりました。Visual Studio 2015 Update 3 now includes Xamarin 4.1. このリリースでは、多数のバグ修正に加えて、tvOS のサポートの追加、iOS アセット カタログのサポートの強化、XML 編集機能の向上、iOS アプリを作成する際の SSL/TLS と HttpClient の実装のためのセレクターの追加が行われました。In addition to a number of bug fixes, this release adds support for tvOS, improves the iOS Assets Catalog support, improves the XML editing experience, and adds selectors for SSL/TLS and HttpClient implementations when creating iOS apps. 詳細については、Xamarin のリリース ノートをご覧ください。For more information, see the Xamarin release notes.


ページのトップへ
Top of Page