Visual Studio 2017 for Mac Visual Studio 2017 for Mac


開発者コミュニティ | システム要件 | 互換性 | 再頒布可能コード | Xamarin | ブログ | サービスDeveloper Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | Xamarin | Blogs | Servicing


注意

英語以外のバージョンからこのページにアクセスしていて、最新の内容を見たい場合は、このリリース ノートの英語版ページをご覧ください。If you are accessing this page from a non-English language version, and want to see the most up-to-date content, please visit this Release Notes page in English.

ページの下部にあるフッターに移動して、言語の設定を切り替えることができます。You can switch your language setting by going to the footer at the bottom of the page. アイコンをクリックして、目的の言語を選んでください。Click on the icon and select your desired language.


この記事には、Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.0 の最新リリースに関する情報が含まれています。This article contains information about the newest release for Visual Studio 2017 for Mac version 7.0.

Visual Studio 2017 for Mac を使用して、Xamarin、.NET Core、および Unity を使用したゲームでモバイル、Web、クラウド用のアプリを構築します。Use Visual Studio 2017 for Mac to build apps for mobile, web, and the cloud with Xamarin and .NET Core, as well as games with Unity.

Download Visual Studio 2017 for Mac

Visual Studio 2017 for Mac の詳細については、「Mac System Requirements」 (Mac システム要件) と「Mac Platform Targeting and Compatibility」 (Mac の対象プラットフォームと互換性) を参照してください。To learn more about Visual Studio 2017 for Mac, see Mac System Requirements and Mac Platform Targeting and Compatibility.

他の関連ダウンロードについては、ダウンロードのページを参照してください。To learn more about other related downloads, see the Downloads page.

フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We’d love to hear from you! 問題がございましたら、Visual Studio for Mac IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。You can report a problem via the Report a Problem option in the upper right hand corner of the Visual Studio for Mac IDE itself. お客様のフィードバックは、開発者コミュニティ ポータルで追跡することができます。You can track your feedback in the Developer Community portal. ご意見やご要望は、UserVoice からお寄せください。For suggestions, let us know through UserVoice.


リリース日: 2017 年 6 月 2 日 - Visual Studio for Mac 7.0.1.24Release Date: June 02, 2017 - Visual Studio for Mac 7.0.1.24

このリリースでは、さまざまなバグとメモリ リークが修正されています。This release fixes a number of bugs and memory leaks.

Android SDK ManagerAndroid SDK Manager

  • 修正済み: SDK ライセンスが正しくラップされていない。Fixed: SDK License is not wrapping correctly.
  • 修正済み: [キャンセル] ボタンを押してもラベルが [更新プログラムのインストール] に戻らない。Fixed: Cancel Button does not change label back to Install Updates.
  • 修正済み: SDK ツールの最新のビルドをアンインストールすると、すべての SDK ツールがアンインストールされる。Fixed: On uninstalling latest build of SDK Tools, all SDK tools are uninstalled.
  • 修正済み: 更新が進行中でもコンポーネントが変更できる。Fixed: Able to modify components while updates are in progress.
  • 修正済み: アクセス許可の問題により、スタンドアロンのインストーラーからダウンロードされた SDK ツールを使用できない。Fixed: Cannot use downloaded SDK tools from standalone installer due to permission issues.
  • 修正済み: 以前に削除したコンポーネントをインストールできない。Fixed: Not possible to install a previously removed component.
  • 修正済み: SDK ツール 25.2.5 のインストールが失敗する。Fixed: SDK Tools 25.2.5 fail to install.

その他の問題Other issues

  • 修正済み: 横に並べて表示されるドキュメント ウィンドウで、ドキュメントの復元に問題がある。Fixed: Issue with restoring documents with side by side document windows.
  • 修正済み: .NET Standard 形式、または新しい csproj 形式のポータブル ライブラリで、現在のコンテキストに 'InitializeComponent' の名前が存在しない。Fixed: The name 'InitializeComponent' does not exist in the current context with .NETStandard/new csproj format portable library.
  • 修正済み: Android 向け展開がリリース モードではダイアログの表示なしに失敗する。Fixed: Android deployment is failing silently in release mode.
  • 修正済み: クイック修正を行っても何も起こらない。Fixed: Quick Fix doesn't do anything.
  • 修正済み: [参照の編集] ダイアログでの参照の削除が機能しない。Fixed: Removing a Reference in the Edit References Dialog does not work.
  • 修正済み: iOS フォームの PCL アプリをテスト クラウドにアップロードすると、ビルド ステップが "不明な MSBuild エラー” で失敗する。Fixed: Uploading iOS Forms PCL app to Test Cloud fails build step with "Unknown MSBuild Failure”.
  • 修正済み: .NET Core アプリケーションで変数を検査できない。Fixed: Can not inspect variables in .Net core applications.
  • 修正済み: F# のデバッグ コマンドを実行すると、すべてのファイルが表示される。Fixed: F# debugging commands show up in all files.
  • 修正済み: F# の Xamarin フォーム テンプレートでパッケージが復元されない。Fixed: F# Xamarin Forms template doesn't restore packages.
  • 修正済み: .NET Core アプリケーションのデバッグ中にスレッド選択を行うと、呼び出し履歴が消える。Fixed: Call Stack disappears when a thread selection is made while debugging .NET Core application.
  • 修正済み: Shift キーと下方向キーを押したままにすると、ビューポートを通過したテキストが選択され続ける。Fixed: Holding the shift and the down keys continues to select text past the viewport.
  • 修正済み: パッケージの復元中に UI がハングアップする。Fixed: UI lockup while restoring packages.
  • 修正済み: エディターに完全なテキストが表示されない。Fixed: Editor doesn't render the full text.
  • 修正済み: ソリューションの読み込み後に Apple イベントを使用してファイルを開くときに、ファイルが開く順序に関する問題が発生する。Fixed: File open ordering issue after solution load when using Apple events to open files.
  • 修正済み: ファイルを削除したクラスの名前に一致するようにファイル名が変更される。Fixed: Renaming a file to match class name deleted the file.
  • 修正済み: FooButton_Clicked ハンドラーが完了しても、メソッド スタブが生成されない。Fixed: FooButton_Clicked handler completion does not generate method stub.
  • 修正済み: 画面を分割すると、メニュー項目が無効になる。Fixed: Split screen causes menu items to become disabled.

Visual Studio for Mac の新機能What's New in Visual Studio for Mac

中心的機能Core Functionality

Visual Studio for Mac は、現代の IDE に求められるすべてが備わっています。全機能搭載のソース エディター、コード検索/コード内移動、強力なデバッガー、カスタマイズ可能なワークスペース、Git 統合、豊富な機能を持つ拡張システムなどです。Visual Studio for Mac has everything you would expect from a modern IDE, including a full-featured source editor, code search and navigation, a powerful debugger, a customizable workspace, Git integration, and a rich extension system.

その他の機能:Other features include:

  • Roslyn ベースの C# IntelliSense、リファクタリング、アナライザー、コード修正。Roslyn-based C# IntelliSense, refactoring, analyzers, and code fixes.
  • NuGet ベースのパッケージ管理。NuGet-based package management.
  • Visual Studio 互換のプロジェクト形式。Visual Studio compatible project format.
  • MSBuild ビルド エンジン。MSBuild build engine.
  • 統合単体試験。Integrated unit testing.
  • すぐに F# を利用可能。Support for F# out-of-the-box.

.NET Core サポート.NET Core Support

.NET Core は、Windows、Linux、Mac で実行できるアプリケーションを作成するためのプラットフォームです。.NET Core is a platform for creating applications that you can run on Windows, Linux, and Mac. Visual Studio for Mac では、.NET Core プロジェクトを読み込み、作成し、実行し、デバッグできます。Visual Studio for Mac provides you with support for loading, creating, running, and debugging .NET Core projects.

.NET Core プロジェクトを実行するには、.NET Core SDK をダウンロードし、インストールする必要があります。In order to run .NET Core projects the .NET Core SDK should be downloaded and installed.

.NET Core サポート:.NET Core support includes:

  • C# と F# の IntelliSense。C# and F# IntelliSense.
  • コンソール、ライブラリ、Web アプリケーションのための .NET Core プロジェクト テンプレート。.NET Core project templates for console, library, and web applications.
  • ブレークポイント、コール スタック、ウォッチ ウィンドウなど、完全なデバッグ サポート。Full debugging support, including breakpoints, call stack, watch window, etc.
  • NuGet PackageReferences と MSBuild ベースの復元。NuGet PackageReferences and MSBuild-based restore.
  • .NET Core SDK に含まれる Visual Studio テスト プラットフォームでテストを実行し、デバッグするための統合単体試験サポート。Integrated unit testing support for running and debugging tests with the Visual Studio Test Platform that is included with the .NET Core SDK.
  • 以前の project.json 形式からの以降。Migration from old project.json format.

Web ツールWeb Tooling

Visual Studio for Mac では、HTML、CSS、JSON ファイルのための新しい Web ツール サポートが追加されています。Visual Studio for Mac adds new web tooling support for HTML, CSS and JSON files.

HTMLHTML

  • 新しい HTML テンプレート。New HTML template.
  • 強化されたスマート インデントと書式設定。Improved smart indent and formatting.
  • 強化された色づけ。Improved colorization.
  • 強化された IntelliSense。Improved Intellisense.
  • コードの折りたたみ (有効にする必要があります)。Code folding (must be enabled).
  • コマンドのアンミニファイ。Unminify command.
  • 強化されたコード テンプレート (スニペット)。Improved Code Templates (snippets).
  • <div> を使用して選択範囲を囲む。Surround selection with <div>.
  • 上/下オプションで、選択したテキストを上下に移動する。Option up/down moves selected text up/down.

CSSCSS

  • 強化されたスマート インデントと書式設定。Improved smart indent and formatting.
  • 強化された色づけ。Improved colorization.
  • 強化された IntelliSense。Improved IntelliSense.
  • コード折りたたみ。Code folding.
  • さまざまなコード テンプレート (スニペット)。Many Code Templates (snippets).
  • 上/下オプションで、選択したテキストを上下に移動する。Option up/down moves selected text up/down.

JSONJSON

  • schemastore.org へのアクセスを利用したスキーマ選択。Schema picker with access to schemastore.org.
  • スキーマからの検証。Validation from schema.
  • スキーマからの IntelliSense。IntelliSense from schema.
  • 強化されたスマート インデントと書式設定。Improved smart indent and formatting.
  • 強化された色づけ。Improved colorization.
  • コメント化/コメント解除。Comment/uncomment.
  • 引用の挿入と中かっこの一致。Quote injection and brace matching.
  • 上/下オプションで、選択したテキストを上下に移動する。Option up/down moves selected text up/down.

XamarinXamarin

Xamarin のファーストクラス サポートにより、Android、macOS、iOS、tvOS、watchOS のために機能が豊富なネイティブ エクスペリエンスを開発できます。First-class support for Xamarin allows you to develop rich native experiences for Android, macOS, iOS, tvOS, and watchOS. Xamarin.Forms のクロスプラットフォーム アプリケーションにより、ネイティブ機能へのアクセスを制限することなく、Android、iOS、macOS 間で XAML ベースの UI コードを共有できます。Xamarin.Forms cross-platform applications help you share XAML-based UI code between Android, iOS, and macOS without limiting access to native functionality.

バインディングには、以下の項目が含まれます。This includes:

  • ビルド、展開、デバッグ、プロファイル。Building, deployment, debugging, and profiling.
  • iOS と Android の UI デザイナーのドラッグアンドドロップ。Drag-and-drop UI designers for iOS and Android.
  • Xamarin フォームのライブ プレビュー。Live preview for Xamarin Forms.
  • .NET Standard 互換フレームワーク。.NET Standard compatible framework.
  • ネイティブ API へのバインド。Bindings to native APIs.

マルチプラットフォーム アプリ テンプレートMultiplatform App Templates

マルチプラットフォーム Xamarin.Forms アプリネイティブ アプリのプロジェクト テンプレートで、マルチプラットフォーム モバイル アプリとそのクラウド バックエンドを簡単に作成できるようになりました。The Multiplatform Xamarin.Forms App and the Native App project templates now provide you a quick way to create a multiplatform mobile app and its cloud backend.

これらのテンプレートでは、次に示す複数のプロジェクトを作成します。共有プロジェクト経由でコードを共有する Xamarin.iOS アプリ プロジェクトと Xamarin.Android アプリ プロジェクト、アプリのバックエンド サービスを実装する .NET Core Web API プロジェクトです (図 1)。These templates create multiple projects: a Xamarin.iOS app project and a Xamarin.Android app project that share code via a shared project, and a .NET Core Web API project that implements a back-end service for the apps (Figure 1).

Debugging with .NET Core

*(図 1) .NET Core によるデバッグ*
Debugging with .NET Core
*(Figure 1) Debugging with .NET Core*

ASP.NET Core の Web アプリを Azure App Services に発行するPublishing ASP.NET Core Web Apps to Azure App Services

ASP.NET Core の Web アプリを Azure App Services に発行できます (図 2)。It is possible to publish your ASP.NET Core web apps to Azure App Services (Figure 2).

Publish to Azure content menu

*(図 2) Azure コンテンツ メニューに発行する*
Publish to Azure content menu
*(Figure 2) Publish to Azure Content Menu*

Web アプリを発行するには、[Solution Pad] または [プロジェクト] メニューから [Publish | Publish to Azure] コマンドを選択します。To publish your web app, select the Publish | Publish to Azure command from the Solution Pad or from the Project menu. 次に、デプロイ先のアプリ サービスを選択するか、新しい Azure App Service を作成します (図 3)。Then choose the App Service you wish to deploy to, or create a new Azure App Service (Figure 3). 発行からの出力は [発行] 出力パッドに記録されます。発行プロファイルはプロジェクトの [プロパティ]、[発行プロファイル] の下に作成されます。Output from the publishing will be logged to a Publish output pad and a publishing profile will be created under Properties > PublishProfiles in the project.

Publish a new app service

*(図 3) 新しいアプリ サービスの発行*
Publish a new app service
*(Figure 3) Publish a New App Service*

プロジェクトで定義された発行プロファイルはすべて、[発行] メニュー内にオプションとして表示されます。アプリ サービスを再び選択しなくても再デプロイできます。All publish profiles defined in the project will be shown as options within the Publish menu so that you can deploy again without having to select the App Service a second time.

マルチプロセス デバッグMulti-Process Debugging

プロジェクトにはプロジェクト実行構成があります。これは、プロジェクトを実行するためのオプションと引数を指定するものです。Projects have Project Run Configurations which specify options and arguments for running your project. ツールバーのドロップダウンで、現在有効な実行構成を表示し、変更できます。A dropdown in the toolbar lets you view and change the current active Run Configuration.

Visual Studio for Mac のソリューション実行構成ウィンドウでは、_複数_のプロジェクトを一度に起動できます。Visual Studio for Mac's Solution Run Configurations window allows multiple projects to be launched at once. [ソリューション オプション] ダイアログでソリューション実行構成を作成できます。You can create solution run configurations in the Solution Options dialog. これは、モバイル アプリとそのバックエンド サービスのやり取りをデバッグする際に便利です。This is very useful for debugging how a mobile app interacts with its backend service.

TextMate バンドルTextMate Bundles

Visual Studio for Mac は TextMate 言語バンドルに対応しています。これを利用して次のものを追加できます。Visual Studio for Mac has support for TextMate language bundles, which you can use to add:

  • エディターの配色テーマ。Editor color themes.
  • コード スニペット。Code snippets.
  • 新しい言語の文法、強調表示、基本 IntelliSense。Grammars for new languages, enabling highlighting, and basic IntelliSense.

TextMate バンドルは [ユーザー設定]、[テキスト エディター]、[言語バンドル] で追加できます。You can add TextMate bundles in Preferences > Text Editor > Language Bundles.

iOSiOS

オーディオ ユニット ウィザードAudio Unit Wizard

新しい Audio Unit Extension ウィザード (図 4) には、Audio Unit プロジェクト テンプレートの plist をカスタマイズするためのオプションが 3 つ追加されます。The new Audio Unit Extension wizard (Figure 4) adds 3 options to customize the Audio Unit project template's plist.

  • オーディオ ユニットの種類Audio Unit Type
    • インストルメントInstruments
    • ジェネレーターGenerator
    • 効果Effect
    • 音楽効果Music effect
  • サブタイプ コード: 厳密に 4 文字にする必要がある。Subtype Code: has to be 4 characters exactly.
  • 製造元コード: 厳密に 4 文字にする必要がある。Manufacturer Code: has to be 4 characters exactly.

Audio Unit Wizard

*(図 4) オーディオ ユニット ウィザード*
Audio Unit Wizard
*(Figure 4) Audio Unit Wizard*
watchOS Extension ウィザードwatchOS Extension Wizard

Xcode 8.3 で、Apple は watchOS 拡張を導入しました (iOS のものと似ています)。Intents Extension (Siri) から始めます。In Xcode 8.3, Apple introduced watchOS extensions (similar to the iOS ones), starting with the Intents Extension (Siri).

watchOS Extension ウィザード (図 5) が更新され、watchOS 拡張をサポートするようになりました。また、Intents Extension の専用テンプレートが用意されました。The watchOS Extension wizard (Figure 5) has been updated to support watchOS extensions, and we now have a dedicated Intents Extension template.

watchOS extension wizard

*(図 5) watchOS Extension ウィザード*
watchOS extension wizard
*(Figure 5) watchOS Extension Wizard*
その他の機能強化とバグ修正Other Improvements and Bug Fixes
  • オートコンプリート ウィンドウで Deprecated 属性と Obsoleted 属性を処理できるようになりました。We now handle Deprecated and Obsoleted attributes in autocompletion window. これにより、Xamarin.iOS の廃止された非推奨の API が取り消し線が引かれた状態で表示されます。This allows Xamarin.iOS obsoleted and deprecated APIs to be shown as struck through.
  • デバイスを配置する際に進行状況バーが表示されます。We show a progress bar when deploying to device. これは特に watchOS で便利です。This is especially useful for watchOS. (Xamarin.iOS 10.5.0.323 以上が必要)(Requires Xamarin.iOS 10.5.0.323+).
  • Xamarin.iOS の既知の OS バージョンを利用して、配置ターゲット ドロップダウンに入力します。We use known OS versions from Xamarin.iOS to populate the deployent target dropdowns.
    2 つの長所は、アプリ拡張の種類ごとに正確な最小バージョンが与えられることと、Xcode をベースとし、Xamarin.iOS ではまだサポートされていない OS バージョンが表示されないことです。Two advantages are that we can give you the exact minimum version for each App Extensions type, as well as avoid showing OS versions, based on Xcode, that Xamarin.iOS does not yet support.

Mac/iOS API 問題アナライザーMac/iOS API Issue Analyzer

  • アナライザーが始動したとき、マーカーが重複する問題を解消しました。Fix duplicated marker when analyzer is triggered.
  • 属性から "メッセージ" (API が非推奨になっている理由を説明する、フレームワークの情報) を取得し、その情報を別の可用性メッセージに追加します。Get the "message" (piece of information in the framework explaining why the API is deprecated/obsolete) from the attribute and append that information to the different availability messages.
  • 可用性メッセージをすべて更新した結果、より明確になりました。Updated all availability messages to improve clarity.
  • 可用性メッセージで記号の名前を使用することでより明確になりました。以下は変更前のものです。Improved clarity by using the symbol's name in the availability message, changed from:
    API Usage Issue: this API requires iOS 10.0 or later
    この行を次のように変更します。to:
    'MyMethod' is only available on iOS 10.0 or newer

AndroidAndroid

  • 新しい SDK Manager - Visual Studio for Mac には、独自の Android SDK マネージャーが含まれています (図 6)。New SDK Manager - Visual Studio for Mac includes its own Android SDK manager (Figure 6).

Android SDK Manager window

*(図 6) Android SDK Manager*
Android SDK Manager window
*(Figure 6) Android SDK Manager*
  • プロジェクトをデバイスまたはエミュレーターにデプロイする作業が /t:Install msbuild ターゲットで行われるようになりました。Deploying your project to device or emulator is now done via the /t:Install msbuild target. 以前は、Visual Studio for Mac はアプリケーションをデバイスにデプロイする際、独自の内部ロジックを使用していましたが、端末から採用できる、あるいは Windows の Visual Studio で使用されている同じ共通ターゲットが使用されるようになりました。Previously Visual Studio for Mac would use its own internal logic for deploying applications to devices but now it uses same common targets that you can employ from Terminal, or that are used in Visual Studio on Windows. この利点の 1 つは、展開の問題の診断に、以前より良いログが利用できることです。One of the benefits of this is that there are now better logs available to diagnose deployment issues.

  • class-parse は、新しいバインド プロジェクトの既定になりました。The default for new binding projects is now class-parse. JVM がなくても Java バイトコードを直接解析することができます。It can parse Java bytecode directly wihout the need for a JVM. デバッグ シンボルを含む Java バイトコードからパラメーター名を抽出できるようになりました。You now have the ability to extract parameter names from Java bytecode which contains debug symbols. たとえば、javac -g でコンパイルされたバイトコードなどです。For example, bytecode compiled with javac -g. class-parse はまた、解決できない種類のメンバーから継承するクラスやそのようなメンバーが含まれるクラスを "スキップ" しません。class-parse also doesn't "skip" classes which inherit from, or contain, members of unresolvable types.

ユーザー補助Accessibility

  • このバージョンの Visual Studio for Mac では、Voice Over など、補助技術サポートが含まれています。This version of Visual Studio for Mac contains support for assistive technologies such as Voice Over. エディターやソリューション エクスプローラーといったユーザー インターフェイスの多くの部分が、これらの技術によって利用できるようになりました。Many parts of the user interface, such as the editor and solution explorer, have been made accessible through these technologies. ただし、これはまだ進行中の作業であるため、今後のリリースでさらに改善される予定です。However, it is still a work in progress and futher improvements will be made in future releases. アクセシビリティ機能は、[アクセシビリティ] 設定から、またはコマンドラインで次のように入力して有効にすることができます。 The accessibility features can be enabled either through the Accessibility preferences or through the commandline by entering:

    defaults write com.microsoft.visual-studio com.monodevelop.AccessibilityEnabled 1


Visual Studio 2017 for Mac リリース ノート履歴Visual Studio 2017 for Mac Release Notes History

Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.3 リリース ノートVisual Studio 2017 for Mac version 7.3 Release Notes

Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.2 リリース ノートVisual Studio 2017 for Mac version 7.2 Release Notes

Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.1 リリース ノートVisual Studio 2017 for Mac version 7.1 Release Notes


ページのトップへ
Top of Page