Visual Studio 2017 for Mac Visual Studio 2017 for Mac


開発者コミュニティ | システム要件 | 互換性 | 再頒布可能コード | Xamarin | ブログ | サービスDeveloper Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | Xamarin | Blogs | Servicing


注意

英語以外のバージョンからこのページにアクセスしていて、最新の内容を見たい場合は、このリリース ノートの英語版ページをご覧ください。If you are accessing this page from a non-English language version, and want to see the most up-to-date content, please visit this Release Notes page in English.

ページの下部にあるフッターに移動して、言語の設定を切り替えることができます。You can switch your language setting by going to the footer at the bottom of the page. アイコンをクリックして、目的の言語を選んでください。Click on the icon and select your desired language.


この記事には、Visual Studio 2017 for Mac version 7.1 の最新リリースに関する情報が含まれています。This article contains information about the newest release for Visual Studio 2017 for Mac version 7.1.

Visual Studio 2017 for Mac を使用して、Xamarin、.NET Core、および Unity を使用したゲームでモバイル、Web、クラウド用のアプリを構築します。Use Visual Studio 2017 for Mac to build apps for mobile, web, and the cloud with Xamarin and .NET Core, as well as games with Unity.

Download Visual Studio 2017 for Mac

Visual Studio 2017 for Mac の詳細については、「Mac システム要件」 と「Mac の対象プラットフォームと互換性」 を参照してください。To learn more about Visual Studio 2017 for Mac, see Mac System Requirements and Mac Platform Targeting and Compatibility.

他の関連ダウンロードについては、ダウンロードのページを参照してください。To learn more about other related downloads, see the Downloads page.

フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We’d love to hear from you! 問題がございましたら、Visual Studio for Mac IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。You can report a problem via the Report a Problem option in the upper right hand corner of the Visual Studio for Mac IDE itself. お客様のフィードバックは、開発者コミュニティ ポータルで追跡することができます。You can track your feedback in the Developer Community portal. ご意見やご要望は、UserVoice からお寄せください。For suggestions, let us know through UserVoice.


リリース日: 2017 年 9 月 19 日 - Visual Studio for Mac 7.1.5.2Release Date: September 19, 2017 - Visual Studio for Mac 7.1.5.2

このリリースでは、Apple の Xcode 9 リリースのサポートが追加されています。This release adds support for Apple's Xcode 9 release.


リリース日: 2017 年 9 月 11 日 - Visual Studio for Mac 7.1.3.1Release Date: September 11, 2017 - Visual Studio for Mac 7.1.3.1

このリリースでは、次の問題が修正されています。This release fixes the following issue:


リリース日: 2017 年 8 月 14 日 - Visual Studio for Mac 7.1.0.1297Release Date: August 14, 2017 - Visual Studio for Mac 7.1.0.1297

このリリースは、バグの修正に重点を置いており、次の新機能が導入されています。This release focused on bug fixes and introduces the following new features:

  • .NET Core 2.0 を使用したアプリケーションのビルドのサポート。Support for building applications using .NET Core 2.0.
  • iOS 署名ワークフローの更新。iOS signing workflow updates.

.NET Core 2 のサポート.NET Core 2 support

Visual Studio for Mac は、ライブラリ、コンソール アプリだけでなく、ASP.NET Core を使用した Web アプリケーションおよびサービスを含む、.NET Core 2.0 アプリケーションのビルドをサポートします。Visual Studio for Mac supports building .NET Core 2.0 applications, including libraries, console apps, as well as web applications and services with ASP.NET Core.

Visual Studio 2017 for Mac Version 7.1 で .NET Core 2.0 開発を行えるようにするには、個別のダウンロードで .NET Core 2.0 SDK をインストールする必要があります。Note that the .NET Core 2.0 SDK needs to be installed via a separate download to enable .NET Core 2.0 development in Visual Studio 2017 for Mac Version 7.1. www.dot.net/core で入手することができます。You can get it at www.dot.net/core. Visual Studio では、複数の .NET Core SDK を並列できます。Visual Studio enables side-by-side support of multiple .NET Core SDKs. これは、最新一般リリースで開発を進めつつ、.NET Core SDK の最新のデイリー ビルドを試すこともできるということです。This also means you can experiment with the latest daily build of the .NET Core SDK, while also developing with the latest public releases.

iOS 署名ワークフローの更新iOS signing workflow updates

このリリースには、iOS および tvOS アプリに必要な署名アーティファクトを作成する機能が導入されています。This release introduces the ability to create required signing artifacts for iOS and tvOS apps. Visual Studio for Mac では、次の操作が可能です。With Visual Studio for Mac, it's possible to:

  • 新しい署名 ID を作成し、ローカル キーチェーンにインストールするCreate new signing identities and install them to the local Keychain.
  • 新しいプロビジョニング プロファイルを作成するCreate new Provisioning Profiles.
  • 新しい署名 ID を既存のプロファイルに追加するAdd a new signing identity to an existing profile.
  • 新しいプロビジョニング デバイス: Apple Developer Portal でデバイスを登録し、プロビジョニング プロファイルに追加するProvision new devices: register a device in the Apple Developer Portal and add them to a provisioning profile.

新しい署名機能を試すには、プロジェクトを右クリックして、[オプション]、[iOS バンドル署名] の順に参照します。To try out these new signing features right-click on your project and browse to Options > iOS Bundle Signing.

署名 ID セクションを使用するUsing the Signing Identity section

署名するには、次の条件を満たす必要があります。Before signing, you must satisfy the following criteria:

  • (失効していない) 有効な証明書が [証明書] セクションの Apple デベロッパー ポータルに表示されるA valid certificate (not revoked) is displayed on the Apple Developer Portal in the "Certificates" section.
  • 選択したチーム/開発者に対して証明書に発行されるThe certificate is issued for selected team/developer.
  • 証明書と秘密キーの両方が、ローカル キーチェーンにインストールされていないことBoth certificate and private key should be installed in your local Keychain.
  • 証明書の期限が切れていないことCertificate should not be expired.

現在のマシンで使用できる ID がない場合は、ドロップダウンの [署名 ID の作成...] オプションを使用します。Use Create signing identity... option of the dropdown if no identities are available on your current machine.

プロビジョニング プロファイル セクションを使用するUsing the Provisioning Profile section

[プロビジョニング プロファイル] ドロップダウン プロファイルで示されるようにするには、次の条件を満たす必要があります。In order to be shown in the "Provisioning Profile" drop-down profile must satisfy the following criteria:

  • 期限が切れていないNot expired.
  • 有効なこと (登録済みデバイスと有効な証明書を含む)Valid (include registered devices and valid certificates).
  • 現在の配布の種類に一致する (上部のスイッチを基にしたデバッグまたはリリース)Match current distribution type (Debug or Release based on switches at the top).
  • バンドルの識別子に一致するMatch bundle identifier. 一致するパターンを含むワイルドカード プロファイルは、この一覧にも表示されます。Wild card profiles with a matching pattern will be also displayed in this list.

プロファイルが見つからなかった場合は、ドロップダウンの [プロビジョニング プロファイルの作成...] 項目を使用します。Use Create provisioning profile... item of the dropdown if no profiles were found.

以前のバージョンの署名コントロールに切り替える必要がある場合は、プロビジョニング プロファイルと署名 ID を手動で設定し、チームを [なし] に設定します。If you need to switch back to the previous version of signing controls, and set the provisioning profile and signing identity manually, set the team to None. 新しい署名コントロールは、古い署名コントロールに置き換えられます。New signing controls will be replaced with old ones. ただし、新しい機能を試すことを強くお勧めします。問題があった場合は、フィードバックをお寄せください。However, we strongly encourage you to try new functionality and provide us with feedback in case of any problems.

制限事項:Limitations:

  • Visual Studio for Mac で作成されたプロビジョニング プロファイルでは、プロジェクトで選択された権利 (Entitlements.plist) を考慮することはありません。Provisioning profiles created in Visual Studio for Mac will not take into account entitlements selected in your projects (Entitlements.plist). この機能は、今後の IDE のバージョンで追加されます。This functionality will be added in future versions of the IDE.
  • 既定では、プロビジョニング プロファイルの配布は、App Store を対象とします。Distribution provisioning profiles by default will target App Store. 社内またはアドホックのプロファイルは、手動で作成する必要があります。In House or Ad Hoc profiles should be created manually.

このリリースでの修正Fixes in this release

Android SDK ManagerAndroid SDK Manager

  • Android SDK Manager は、外部アプリケーションではなく、Visual Studio Preferences 内に統合されるようになりました。Android SDK Manager is now integrated within Visual Studio Preferences instead of being an external application.
  • 修正済み: Android SDK Manager でインストールを中止した後に間違ったコンポーネントの状態が表示される。Fixed: The Android SDK Manager shows the wrong component status after an aborted installation.
  • 修正済み: 更新プログラムを利用できる場合に、Android SDK ツールはインストールされるが、選択されない。そのため、コンポーネントが意図せずアンインストールされていることがある。Fixed: Android SDK Tools installed but not selected if update is available which can result in the component being uninstalled unintentionally.
  • 修正済み: SDK コンポーネントが変更されていない場合、既定の Android SDK の場所が保存されない。Fixed: Default Android SDK location is not saved if no SDK component changes have been made.

パフォーマンスの向上Performance Improvements

  • ドキュメントでの開く、表示する、入力するパフォーマンスが向上しました。Improved performance for opening, rendering, typing in a document.
  • 入力中のバックグラウンド処理が最適化されました。Optimized background work done while typing.
  • ソリューションを開くときの読み込み時間が向上しました。Improved load time of opening a solution.
  • 検索バーの結果の読み込みが最適化されました。Optimized loading the search bar results.
  • 多数のソース分析規則が最適化されました。Optimized a lot of source analysis rules.
  • UI 作業での低レベルのコードが最適化されました。Optimized the low level code of the UI work.
  • IDE のメモリ使用量が時間の経過に伴って大きくなる問題が修正されました。Fixed issues that would cause the memory usage of the IDE to grow over time.
  • コード補完、パラメーターのヒント、セマンティック強調表示が最適化されました。Optimized code completion, parameter hinting, semantic highlighting.
  • 数百の項目を含むフォルダーで目立つように、ソリューション パッドのフォルダーの展開が最適化されました。Optimized folder expansion in the solution pad - noticeable with folders which contain hundreds of items.
  • 最初の実行と後続の実行の両方に IDE の起動時間が最適化されました。Optimized IDE startup time for both the first run and subsequent runs.
  • 全般的に、IDE を使用するための CPU 使用率とメモリ トラフィックを最適化しています。In general, optimized CPU usage and memory traffic for using the IDE.

その他の改善Other Improvements

  • 強化: プロキシの背後のシステムで使用する ID サービスを更新しました。Improved: We have updated the identity service for use on systems behind a proxy. キーチェーンから認証の詳細を取得するか、そのためのメッセージが表示されます。This will get the authentication details from the keychain or prompt for them. 以前にサインインで問題があった場合は、プロキシのサポートの強化を継続するため、もう一度サインインを試しいただいてからフィードバックをお寄せください。If you have been having issues signing in previously please try again and send us any feedback you have so that we continue to improve support for proxies.
  • 修正済み: 制約優先順位がプロパティ パッドで 0 と表示される、デザイナー ポップアップから設定できない。Fixed: Constraint Priority displays 0 in Properties pad; cannot be set from Designer pop-up.
  • 修正済み: F# のプラットフォーム ターゲット プロジェクトを指定する機能を追加しました。Fixed: Add the ability to specify the Platform Target for F# projects.
  • 修正済み: 未使用の名前空間コードの問題で、FSharp.Core 名前空間が正しく処理されない。Fixed: Unused namespaces code issue doesn't handle FSharp.Core namespaces correctly.
  • 修正済み: 多くの "New file" (新しいファイル) ダイアログ/文字列がローカライズされていない。Fixed: Many "New file" dialogs/strings are unlocalized.
  • 修正済み: "New Solution" (新しいソリューション) ダイアログがローカライズされていない。Fixed: "New Solution" dialogs are unlocalized.
  • 修正済み: テキストが "新しい単一ビュー アプリを構成する" ダイアログで切り捨てられる。Fixed: Text is truncated in the "Configure your new Single View App" dialog.
  • 修正済み: NuGet ウィザード ツールヒントに、xml 文字参照 ''' が示される。Fixed: Nuget Wizard tooltip is showing xml character reference '''.
  • 修正済み: 更新プログラムが一時停止されると、Updater ツールヒントが空になる。Fixed: Updater tooltip is empty when updates are paused.
  • 修正済み: VSTS での Git リポジトリの更新が、"null ユーザー名またはパスワード" で失敗する。Fixed: Update git repo on VSTS fails with "null username or password".
  • 修正済み: 初回使用時の "nameof" シナリオに対するリファクタリングが間違っている。Fixed: Refactoring for the "nameof" scenario on first use is wrong.
  • 修正済み: 最近使ったプロジェクトが多い場合、ウェルカム ページに最近使ったプロジェクトが保持されない。Fixed: Welcome page keeps losing my recent project when there are many recent projects.
  • 修正済み: 拡張機能が有効になっていないときに、コンテナー アプリでデバイス固有のビルドを有効にすると、iOS ビルド エラーが発生する。Fixed: iOS Build error if container app has device-specific builds enabled, while the extension does not.
  • 修正済み: 構文の強調表示がローカル変数の C#6 文字列補完で表示されない。Fixed: Syntax Highlighting is not present with C#6 string interpolation for local variables.
  • 修正済み: 場合によって、ユーザーは Xamarin Inspector を起動できない。Fixed: In some cases, users are unable to launch Xamarin Inspector.
  • 修正済み: リリース モードでネイティブ アプリ (および iOS) をビルドしているときに警告を受け取る。Fixed: Getting Warnings while building the Native app (and iOS) in release mode.
  • 修正済み: .NET Core クラス ライブラリが netcoreapp ではなく、.NET Standard をターゲットにする。Fixed: .NET Core Class Library targets .NET Standard instead of netcoreapp.
  • 修正済み: iOS ストーリーボードにイメージ (.png または .jpg) を追加すると、IDE がクラッシュする。Fixed: IDE crashes when adding an image (.png or .jpg) to an iOS Storyboard.
  • 修正済み: Google Play 開発者サービス パッケージをすべて追加すると、"System.AggregateException: 1 つまたは複数のエラーが発生しました。Fixed: Adding all Google Play Services packages fails with "System.AggregateException: One or more errors occurred. ---> System.ArgumentNullException: Value cannot be null.v Parameter name: packageIdentity.Version" で失敗する。---> System.ArgumentNullException: Value cannot be null.v Parameter name: packageIdentity.Version".
  • 修正済み: クイック修正の右クリック サブメニューを使用すると、"読み込み中..." で停止する。Fixed: Quick Fix right-click submenu gets stuck up on "Loading...".
  • 修正済み: Android SDK Manager の [場所] タブでエクスプローラー オプション "…" をクリックすると、Fixed: The file browser is not displaying SDK Location when clicking “…” ファイル ブラウザーに SDK の場所が表示されない。file explorer option in Locations tab of the Android SDK Manager.
  • 修正済み: F# .NET Core プロジェクトがコンパイルされない。Fixed: F# .NET Core projects do not compile.
  • 修正済み: MS アカウントにログインすると、プロキシ サーバー graph.windows.net にアクセスするための資格情報を求めるメッセージが表示される。Fixed: Logging in to MS Account prompts for credentials to access proxy server graph.windows.net.
  • 修正済み: 一部の F# プロジェクトでの参照の検索と "派生型の検索" のデッドロック。Fixed: Deadlock in Find References and "Find Derived Types" for some F# projects.
  • 修正済み: Visual Studio for Mac に新しい iOS アカウントを追加しようとしたときの Null 参照の例外。Fixed: Null Reference Exception when trying to add a new iOS account in Visual Studio for Mac.
  • 修正済み: .NET Standard プロジェクトを既存のソリューション/ディレクトリ構造に追加すると、ディスク上のすべてのソース コードが上書き/再フォーマットされる。Fixed: Adding .NET Standard project to existing solution/directory structure rewrites/reformats all source code on disk.
  • .NET Core 2.0 を使用するために、特定の .NET Core バージョン (プレビュー 2) をインストールするという要件が削除されます。Removes a requirement to have a specific .NET Core version (preview 2) installed to use .NET Core 2.0. 後続のプレビューと .Net Core RTW が、サポートされるようになりました。Later previews and .NET Core RTW are now supported.

Visual Studio 2017 for Mac リリース ノート履歴Visual Studio 2017 for Mac Release Notes History

Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.3 リリース ノートVisual Studio 2017 for Mac version 7.3 Release Notes

Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.2 リリース ノートVisual Studio 2017 for Mac version 7.2 Release Notes

Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.0 リリース ノートVisual Studio 2017 for Mac version 7.0 Release Notes

ページのトップへ
Top of Page