Visual Studio Icon Visual Studio 2017 バージョン 15.9 リリース ノートVisual Studio 2017 version 15.9 Release Notes


| 開発者コミュニティ | システム要件 | 互換性 | 再配賦可能コード | ライセンス条項 | ブログ | 既知の問題 || Developer Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | License Terms | Blogs | Known Issues |


注意

英語以外のバージョンからこのページにアクセスしていて、最新の内容を見たい場合は、このリリース ノートの英語版ページをご覧ください。If you are accessing this page from a non-English language version, and want to see the most up-to-date content, please visit this Release Notes page in English. ページ フッターにある地球アイコンをクリックし、目的の言語を選択すると、このページの言語を変更できます。You can change the language of this page by clicking the globe icon in the page footer and selecting your desired language.


ボタンをクリックして、Visual Studio 2017 の最新バージョンをダウンロードします。Click a button to download the latest version of Visual Studio 2017. Visual Studio 2017 のインストールと更新の手順については、「Visual Studio 2017 を最新リリースに更新する」をご覧ください。For instructions on installing and updating Visual Studio 2017, see Update Visual Studio 2017 to the most recent release. また、オフラインでインストールする方法の手順もご覧ください。Also, see instructions on how to install offline.

他の Visual Studio 2017 製品をダウンロードするには、visualstudio.com/downloads ページを参照してください。Visit the visualstudio.com/downloads page to download other Visual Studio 2017 products.


15.9 の新機能What's New in 15.9

Visual Studio 2017 バージョン 15.9 リリースVisual Studio 2017 version 15.9 Releases

15.9 の主な新機能の概要Summary of Notable New Features in 15.9

15.9 で修正された主な問題Top Issues Fixed in 15.9

ユーザーから報告され、Visual Studio 2017 バージョン 15.9 で修正されたすべての問題をご覧ください。See all customer-reported issues fixed in Visual Studio 2017 version 15.9.

The Developer Community Portal


15.9 の新機能の詳細Details of What's New in 15.9

Release Notes Icon Visual Studio 2017 バージョン 15.9.0Visual Studio 2017 version 15.9.0

2018 年 11 月 13 日リリースreleased on November 13, 2018

15.9 の新機能New Features in 15.9

インストールInstall

Visual Studio の複数のインストール間でインストール設定の一貫性を維持しやすくなりました。We made it easier to keep your installation settings consistent across multiple installations of Visual Studio. Visual Studio インストーラーを使用して、Visual Studio の特定のインスタンスに対して .vsconfig ファイルをエクスポートできるようになりました。You can now use the Visual Studio Installer to export a .vsconfig file for a given instance of Visual Studio. このファイルには、どのワークロードとコンポーネントをインストールしたかに関する情報が含まれます。This file will contain information about what workloads and components you have installed. これで、このファイルをインポートすることで、選択した各ワークロードとコンポーネントを別の Visual Studio のインストールに追加できます。You can then import this file to add these workload and component selections to another installation of Visual Studio.

デバッグDebugging

新しい portable-pdb ベースのシンボル パッケージ形式 (.snupkg) を使用するためのサポートが追加されました。We have added support for consuming the new portable-pdb based symbol package format (.snupkg). NuGet.org シンボル サーバーのようなソースからのこのようなシンボル パッケージの使用と管理を簡単にするためのツールが追加されました。We have added tooling to make it easy to consume and manage these symbol packages from sources like the NuGet.org symbol server.

C++C++

  • Visual Studio Enterprise Edition の C++ に、デバッガーの "ステップ バック" 機能が追加されました。We've added the "step back" feature in the debugger for C++ in the Visual Studio Enterprise Edition. ステップ バックを使用すると、前に戻って、以前の時点でのアプリケーションの状態を確認することができます。Step back enables you to go back in time to view the state of your application at a previous point in time.
  • C++ IntelliSense で、Linux をターゲットとする CMake と MSBuild の両方のプロジェクトのリモート環境で変更に対応するようになりました。C++ IntelliSense now responds to changes in the remote environment for both CMake and MSBuild projects targeting Linux. 新しいライブラリをインストールするか、CMake プロジェクトを変更すると、C++ IntelliSense は完全かつシームレスな C++ の編集を実現するため、自動的にリモート コンピューター上の新しいヘッダー ファイルを解析します。As you install new libraries or change your CMake projects, C++ IntelliSense will automatically parse the new headers files on the remote machine for a complete and seamless C++ editing experience.
  • Windows ストアに存在する、ARM64 を含むサポートされているすべてのアーキテクチャの最新バージョンと一致するように、UWP デスクトップ ブリッジ フレームワーク パッケージを更新しました。We've updated the UWP Desktop Bridge framework packages to match the latest in the Windows Store for all supported architectures, including ARM64.
  • 作業に差し支える 60 のバグの修正の他に、MSVC 15.9 コンパイラによる range-v3 ライブラリのサポートが追加されました。これは /std:c++17 /permissive- の下にあります。In addition to fixing 60 blocking bugs, we have added support for the range-v3 library with the MSVC 15.9 compiler, available under /std:c++17 /permissive-.
  • Visual Studio の小売 VCLibs フレームワーク パッケージが、UWP ストアで入手可能な最新バージョンと一致するように更新されました。The retail VCLibs framework package in Visual Studio has been updated to match the latest available version in the UWP Store.
  • VC++ 2017 再頒布可能パッケージを含む ARM64 C++ ネイティブ デスクトップ シナリオの完全なサポートが利用できるようになりました。Full support is now available for ARM64 C++ Native Desktop scenarios, including VC++ 2017 Redistributable.
  • C++ 17 の charconv ヘッダーに浮動小数点 to_chars() への最短のラウンドトリップ 10 進数オーバーロードを実装しました。We implemented the shortest round-trip decimal overloads of floating-point to_chars() in C++17's charconv header. 指数表記では、float の場合が sprintf_s() "%.8e" の約 10 倍の速度、double の場合が sprintf_s() "%.16e" の 30 倍の速度です。For scientific notation, it is approximately 10x as fast as sprintf_s() "%.8e" for floats, and 30x as fast as sprintf_s() "%.16e" for doubles. これは Ulf Adams の新しいアルゴリズム Ryu を使用します。This uses Ulf Adams' new algorithm, Ryu.
  • Visual C++ コンパイラの標準の準拠の機能強化一覧は、こちらにあります。厳格な準拠モードでのソース変更が必要となる可能性があります。A list of improvements to the standards conformance of the Visual C++ compiler, which potentially require source changes in strict conformance mode, can be found here.

F#F#

F# コンパイラF# Compiler

  • byref の値を受け取る拡張メソッドが変更不可の値を変更できるバグを修正しました。We fixed a bug where extension methods that take byref values could mutate an immutable value.
  • byref/inref/outref でのオーバーロードについて、以前の不明瞭なエラーの表示の代わりに、コンパイル エラー情報を改善しました。We improved the compile error information for overloads on byref/inref/outref, rather than displaying the previously obscure error.
  • byref で省略可能な型の拡張が完全に不許可になりました。Optional Type Extensions on byrefs are now disallowed entirely. これらは、以前は宣言ができても使用ができなかったため、ユーザーを混乱させていました。They could be declared previously, but were unusable, resulting in a confusing user experience.
  • 構造体タプルでの CompareTo と、別名が設定された構造体タプルと同等な型により、ランタイム例外が発生するバグを修正しました。We fixed a bug where CompareTo on a struct tuple and causing a type equivalence with an aliased struct tuple would result in a runtime exception.
  • .NET Standard の型プロバイダー作成のコンテキストで System.Void を使用すると、デザイン時に System.Void 型が見つからないバグを修正しました。We fixed a bug where use of System.Void in the context of authoring a Type Provider for .NET Standard could fail to find the System.Void type at design-time.
  • 部分的に適用されている判別された共用体コンストラクターが、その判別された共用体の注釈が付けられた型や推論された型と一致しない場合に内部エラーが発生するバグを修正しました。We fixed a bug where an internal error could occur when a partially applied Discriminated Union constructor is mismatched with an annotated or inferred type for the Discriminated Union.
  • 式のアドレスの取得 (プロパティへのアクセスなど) を試みることが byref 型のスコープ規則に違反するということがより明白になるように、コンパイラ エラーのメッセージを変更しました。We modified the compiler error message when attempting to take an address of an expression (such as accessing a property) to make it more clear that it violates scoping rules for byref types.
  • byref 型をメソッドまたは関数に部分的に適用すると、実行時にプログラムがクラッシュする可能性があるバグを修正しました。We fixed a bug where your program could crash at runtime when partially applying a byref type to a method or function. エラー メッセージが表示されるようになりました。An error message will now display.
  • byref と参照型 (byref<int> option など) の無効な組み合わせで、実行時に失敗するものの、エラー メッセージが表示されない問題を修正しました。We fixed an issue where an invalid combination of a byref and a reference type (such as byref<int> option) would fail at runtime and not emit an error message. エラー メッセージが表示されるようになりました。We now emit an error message.

F# ツールF# Tools

  • .NET Core SDK でビルドされた F# アセンブリのメタデータが Windows のファイルのプロパティに表示されない問題を解決しました。We resolved an issue where metadata for F# assemblies built with the .NET Core SDK was not shown in file properties on Windows. このメタデータは、Windows でアセンブリを右クリックし、[プロパティ] を選択することで表示されるようになりました。You can now see this metadata by right-clicking an assembly on Windows and selecting Properties.
  • F# のソースで module global を使用すると、Visual Studio が応答しなくなることがあるバグを修正しました。We fixed a bug where use of module global in F# source could cause Visual Studio to become unresponsive.
  • inref<'T> を使用した拡張メソッドが入力候補一覧に表示されないバグを修正しました。We fixed a bug where extension methods using inref<'T> would not show in completion lists.
  • .NET Framework の F# プロジェクトで、プロジェクトのプロパティの TargetFramework ドロップダウンが空になるバグを修正しました。We fixed a bug where the TargetFramework dropdown in Project Properties for .NET Framework F# projects was empty.
  • .NET Framework 4.0 をターゲットとする新しい F# プロジェクトの作成が失敗するバグを修正しました。We fixed a bug where creating a new F# project targeting .NET Framework 4.0 would fail.

F# オープン ソース リポジトリF# Open Source Repository

VisualFSharpFull プロジェクトが既定のスタートアップ プロジェクトとして設定されるようになったため、デバッグの前に手動で設定する必要がなくなりました。The VisualFSharpFull project is now set as the default startup project, eliminating the need to manually set that before debugging. Robert Jeppesen さん、ありがとうございました!Thanks, Robert Jeppesen!

JavaScript および TypeScript の言語サービス サポートJavaScript and TypeScript Language Service Support

  • 名前の変更後にファイルへの参照を修正するためのリファクタリングが追加されました。We added refactoring to fix up references to a file after it has been renamed. また、プロジェクト参照のサポートが追加されました。これにより、TypeScript プロジェクトを相互に参照し合う別々のビルドに分割できるようになりました。We also added support for project references, letting you split your TypeScript project up into separate builds that reference each other.
  • 最新の Vue CLI 3.0 に更新され、Vue.js テンプレート ファイルでの lint が強化されました。We updated to the latest Vue CLI 3.0 and improved linting in Vue.js template files. また、Jest フレームワークを使用して単体テストを記述して実行できるようになりました。You can also write and run unit tests using the Jest framework.
  • TypeScript 3.1 のサポートが追加されました。We have added support for TypeScript 3.1.

SharePoint 2019 のサポートSharePoint 2019 Support

SharePoint 2019 のプロジェクトを作成するための新しいテンプレートが追加されました。We added new templates that allow you to create projects for SharePoint 2019. SharePoint 2013 と SharePoint 2016 の両方から新しいプロジェクト テンプレートに既存の SharePoint プロジェクトを移行できるようになります。You will have the ability to migrate existing SharePoint projects from both SharePoint 2013 and SharePoint 2016 to the new project template.

Xamarin 用の Visual Studio ツールVisual Studio Tools for Xamarin

Visual Studio Tools for Xamarin で、iOS 12、tvOS 12、watchOS 5 向けのアプリのビルドとデバッグが可能になる Xcode 10 がサポートされるようになりました。Visual Studio Tools for Xamarin now supports Xcode 10, which allows you to build and debug apps for iOS 12, tvOS 12, and watchOS 5. 利用できる新機能の詳細については、iOS 12 で使用するための準備方法と、iOS 12 の概要に関するページを参照してください。See how to get ready for iOS 12and our introduction to iOS 12for more details on the new features available.

Xamarin.Android の初回ビルドのパフォーマンスの改善Initial Xamarin.Android Build Performance Improvements

Xamarin.Android 9.1 には、初回ビルドのパフォーマンスの改善が含まれます。Xamarin.Android 9.1 includes initial build performance improvements. 詳細については、Xamarin.Android 15.8 と 15.9 のビルドのパフォーマンスの比較に関するページをご覧ください。See our Xamarin.Android 15.8 vs. 15.9 build performance comparison for more details.

ユニバーサル Windows プラットフォーム開発者向けツールTools for Universal Windows Platform Developers

  • 最新の Windows 10 SDK (ビルド 17763) は、ユニバーサル Windows プラットフォーム開発ワークロードのオプション コンポーネントとして含まれます。The latest Windows 10 SDK (build 17763) is included as an optional component in the Universal Windows Platform development Workload.
  • ユニバーサル Windows プラットフォーム プロジェクトと Windows アプリケーション パッケージ プロジェクト テンプレートの両方に対して、.MSIX パッケージの作成のサポートを追加しました。We added support for creating .MSIX packages for both the Universal Windows Platform projects, as well as in the Windows Application Packaging Project template. .MSIX パッケージを作成するには、アプリケーションの最小バージョンが最新の Windows 10 SDK (ビルド 17763) である必要があります。To create an .MSIX package, the minimum version of your application must be the latest Windows 10 SDK (build 17763).
  • ARM64 UWP アプリケーションをビルドできるようになりました。You can now build ARM64 UWP applications. ARM64 に対してサポートされる .NET UWP アプリケーションは、.NET Native のみです。アプリケーションの最小バージョンを Fall Creators Update (Build 16299) 以降に設定する必要があります。For .NET UWP applications, only .NET Native is supported for ARM64, and you must set the Minimum Version of your application to the Fall Creators Update (Build 16299) or higher.
  • ユニバーサル Windows プラットフォームのアプリケーションについて、F5 キー (ビルド + 配置) の速度を改善しました。We made improvements to the F5 (Build + Deploy) speed for Universal Windows Platform applications. これが最も顕著になるのは Windows 認証を使用してリモート ターゲットに配置する場合ですが、その他のすべての配置にも影響を与えます。This will be most noticeable for deployments to remote targets using Windows authentication, but will impact all other deployments as well.
  • 開発者は、Windows 10 Fall Creators Update (ビルド 16299) 以降をターゲットとする UWP アプリケーションのビルド中に XAML デザイナーを使用する場合、コントロールの表示オプションを指定できるようになりました。Developers now have the option to specify Control Display Options when using the XAML Designer while building UWP applications targeting the Windows 10 Fall Creators Update (build 16299) or later. [プラットフォーム コントロールのみを表示] を選択すると、デザイナーの信頼性向上のために、デザイナーが任意のカスタム コントロール コードを実行することを回避できます。Selecting "Only Display Platform Controls" prevents the designer from executing any custom control code to improve reliability of the designer.
  • XAML デザイナーは、クラッシュする代わりに、キャッチできる例外をスローするコントロールをフォールバック コントロールで自動的に置き換えるようになりました。The XAML designer now automatically replaces controls that throw with catchable exceptions with fallback controls, rather than having the designer crash. フォールバック コントロールには、デザイン時にコントロールが置き換えられたことを開発者に知らせるために、黄色の境界線が表示されます。Fallback controls have a yellow border to cue in developers that the control has been replaced at design time.
  • Windows アプリケーション パッケージ プロジェクトで、Core CLR デバッガーの種類を使用したバックグラウンド プロセスのデバッグがサポートされるようになりました。The Windows Application Packaging project now supports debugging background process using the Core CLR debugger type.

NuGetNuGet

NuGet 資格情報プロバイダーの機能強化NuGet Credential Provider Improvements

このリリースでは、特に Mac および Linux ユーザーの認証済みパッケージ フィードの操作性が大幅に改善されています。This release substantially improves the experience of using authenticated package feeds, especially for Mac and Linux users:

  • Visual Studio、MSBuild、NuGet.exe、.NET で、Azure Artifacts のようなプライベート パッケージ ホストによって実装できる新しい資格情報プロバイダーのプラグイン インターフェイスがサポートされるようになりました。Visual Studio, MSBuild, NuGet.exe, and .NET now support a new Credential Provider plugin interface, which can be implemented by private package hosts like Azure Artifacts. 以前は、NuGet.exe と Visual Studio のみが資格情報プロバイダーを承諾していました。Previously, only NuGet.exe and Visual Studio accepted Credential Providers.
  • Visual Studio のエディション (Build Tools エディションを含む) では、開発の過程で Azure Artifacts フィードを簡単に使用できるように、一定のワークロードで Azure Artifacts 資格情報プロバイダーが配信されるようになりました。Visual Studio editions (including the Build Tools edition) now deliver the Azure Artifacts Credential Provider with certain workloads, so that you can easily use Azure Artifacts feeds in the course of your development. これらの機能強化を使用するには、NuGet パッケージ マネージャーまたは NuGet ターゲットとビルド タスクのコンポーネント、または .NET Core ワークロードをインストールしてください。To use these improvements, install the NuGet package manager or NuGet targets and build tasks components, or the .NET Core workload.

NuGet パッケージ マネージャーの機能強化NuGet Package Manager Improvements

  • NuGet で PackageReference ベースのプロジェクトのフル パッケージ クロージャのロックが可能になり、パッケージの反復可能な復元が有効になりました。NuGet now enables locking the full package closure of PackageReference based projects, thereby enabling repeatable restore of packages.
  • Visual Studio の NuGet パッケージ マネージャーの UI で新しいライセンス形式を使用するパッケージのライセンス情報が表示されるようになりました。The Visual Studio NuGet package manager UI now surfaces the license information for packages that use the new license format. 新しいライセンス形式には、SPDX またはライセンス ファイル形式のパッケージの一部としてライセンス情報が埋め込まれています。The new license format embeds the license information as part of the package in the form of an SPDX expression or a license file.

NuGet のセキュリティNuGet Security

パッケージのセキュリティ制約を構成できる、NuGet クライアント ポリシーを導入しました。We have introduced NuGet Client Policies which allow you to configure package security constraints. つまり、環境をロック ダウンできることで、次の方法によって信頼できるパッケージのみをインストールできます。This means you can lock down environments so only trusted packages can be installed by:

  • 署名がないパッケージのインストールを禁止する。Disallowing the installation of unsigned packages.
  • 作成者の署名に基づき、信頼できる署名者の一覧を定義する。Defining a list of trusted signers based on the author signature.
  • リポジトリ署名のメタデータに基づき、信頼できる NuGet.org パッケージの所有者の一覧を定義する。Defining a list of trusted NuGet.org package owners based on the metadata in the repository signature.

Visual Studio 用の .NET Core Tools.NET Core Tools for Visual Studio

このリリース以降、Visual Studio の .NET Core ツールでは、Visual Studio の GA リリース向けにコンピューターにインストールされている、最新の安定したバージョンの .NET Core SDK のみが既定で使用されます。Starting with this release, the .NET Core tools for Visual Studio will now default to using only the latest stable version of a .NET Core SDK that is installed on your machine for GA releases of Visual Studio. 今後のプレビューでは、ツールはプレビューの .NET Core SDK のみを使用します。For future previews, the tools will use only preview .NET Core SDKs.


既知の問題Known Issues

Visual Studio 2017 バージョン 15.9 のすべての既知の問題と回避策を参照できます。See all existing known issues and available workarounds in Visual Studio 2017 version 15.9.

Visual Studio 2017 Known Issues


フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We would love to hear from you! 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。For issues, let us know through the Report a Problem option in the upper right-hand corner of either the installer or the Visual Studio IDE itself. 次に、The Feedback Icon アイコンは、右上隅にあります。icon is located in the upper right-hand corner. Visual Studio 開発者コミュニティで質問したり、回答を検索したりして、問題を追跡できます。You can track your issues in the Visual Studio Developer Community, where you can ask questions and find answers. UserVoice で製品の提案を行うことも、ライブ チャット サポートで無償のインストール ヘルプを得ることもできます。You can also make a product suggestion through UserVoice or get free installation help through our Live Chat support.


ブログBlogs

開発者ツールのブログ サイトで利用できる洞察と推奨事項を活用して、すべての新リリースを常に最新の状態に保ち、幅広い機能の深いダイブポストを含めることができます。開発者ツールのブログを参照すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手することができ、さまざまな機能の詳細な記事が含まれています。Take advantage of the insights and recommendations available in the Developer Tools Blogs site to keep you up-to-date on all new releases and include deep dive posts on a broad range of features.

Developer Tools Blogs


Visual Studio 2017 リリース ノート履歴Visual Studio 2017 Release Notes History

過去のバージョンの Visual Studio 2017 に関連する詳細については、「Visual Studio 2017 リリース ノート履歴」のページを参照してください。For more information relating to past versions of Visual Studio 2017, see the Visual Studio 2017 Release Notes History page.


ページのトップへ
Top of Page