Visual Studio Icon Visual Studio 2017 バージョン 15.6 リリース ノートVisual Studio 2017 version 15.6 Release Notes


| 開発者コミュニティ | システム要件 | 互換性 | 再配賦可能コード | ライセンス条項 | ブログ | 既知の問題 || Developer Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | License Terms | Blogs | Known Issues |


注意

英語以外のバージョンからこのページにアクセスしていて、最新の内容を見たい場合は、このリリース ノートの英語版ページをご覧ください。If you are accessing this page from a non-English language version, and want to see the most up-to-date content, please visit this Release Notes page in English. このページの言語を変更するには、You can change the language of this page by clicking the ページ フッターの アイコンをタップし、目的の言語を選択します。 icon in the page footer and selecting your desired language.


ボタンをクリックして、Visual Studio 2017 の最新バージョンをダウンロードします。Click a button to download the latest version of Visual Studio 2017. Visual Studio 2017 のインストールと更新の手順については、「Visual Studio 2017 を最新リリースに更新する」を参照してください。For instructions on installing and updating Visual Studio 2017, see Update Visual Studio 2017 to the most recent release documentation.


15.6 の新機能の概要Summary of What's New in 15.6

15.6 のリリースReleases of 15.6

15.6 の新機能New Features in 15.6


15.6 で修正された主な問題Top Issues Fixed in 15.6

以下は、15.6 で対処された、ユーザーから報告された問題です。These are the customer-reported issues addressed in 15.6:

ユーザーから報告されたすべての問題が、Visual Studio 2017 バージョン 15.6 で修正されたことをご確認ください。See all customer-reported issues fixed in Visual Studio 2017 version 15.6.

The Developer Community Portal


15.6 の新機能の詳細Details of What's New in 15.6

Release Notes Icon Visual Studio 2017 バージョン 15.6.0Visual Studio 2017 version 15.6.0

2018 年 3 月 5 日にリリースreleased on March 5, 2018

15.6 の新機能New Features in 15.6

パフォーマンスPerformance

15.6 では、引き続きソリューション読み込みのパフォーマンスを向上することに取り組みました (特にデザイン時のビルドの結果がキャッシュされるシナリオの場合)。In 15.6, we continued improving solution load performance, specifically for scenarios when design time build results are cached. 大規模な C# ソリューションおよび Visual Basic ソリューションは、コンピューター上で既に開かれている場合、従来の 2 倍の速さで読み込まれます。Large C# and Visual Basic solutions will load twice as fast as before when a solution has already been opened on a machine.

.NET Core ソリューションの読み込み.NET Core Solution Load

.NET Core に重点を置きました。ラボの測定値によると、お客様はソリューションの読み込み時間について平均 20% の短縮を期待できます。We focused on .NET Core and according to our lab measurements, customers can expect 20% faster solution load times on average.

UI 応答性の通知UI Responsiveness Notifications

拡張機能がパフォーマンスおよび信頼性に及ぼす影響について透過性を高めるために、Visual Studio ではリアルタイム分析を実行して、拡張機能が無応答を引き起こしている可能性が高いかどうかを判断します。In order to provide more transparency around extensions' impact on performance and reliability, Visual Studio performs real-time analysis to determine whether an extension is likely to have caused unresponsiveness. 拡張機能がハングを引き起こしていると判定された場合、Visual Studio は通知を表示します。これを受けてユーザーは疑いのある拡張機能を無効にしたり、その拡張機能に関して今後の通知を抑制したりすることができます (図 1)If an extension is determined to have caused the hang, Visual Studio will display a notification which allows the user to disable the suspect extension or suppress future notifications for that extension (Figure 1).

UI Responsiveness notification with option to disable
(図 1) 拡張機能を無効にするため、または今後の通知を抑制するための UI 応答性の通知オプション(Figure 1) UI Responsiveness notification option to disable extension or suppress future notifications

インストールとセットアップInstallation and Setup

  • このリリースでは、管理権限がなくても VS レイアウトを作成できます。これにより、管理者以外のユーザーもオフラインのネットワーク インストールを作成できるようになります。With this release, users without administration rights will be able to create a VS layout, which will allow non-administrators to create an offline network install.
  • Visual Studio を初めてインストールする場合、または Visual Studio を Web から更新する場合、Visual Studio インストーラーでは透過性の高い新しいセットアップ エクスペリエンスが表示されます。When you install Visual Studio for the first time or update it from the web, you will see a new, more transparent setup experience for the Visual Studio Installer. 内部的な処理は何も変更されていませんが、新しいエクスペリエンスにより、実行されている内容が順次表示されます (図 2)Under the hood, nothing has changed – but the new experience shows you step-by-step what's happening (Figure 2).
Improved transparency setup for Visual Studio Installer
(図 2) Visual Studio インストーラーのセットアップの透過性が向上(Figure 2) Improved transparency setup for Visual Studio Installer
インストールを一時停止 (図 3) 、時間をおいてインストールを再開 (図 4) する機能をサポートするようになりました。 We've added support to pause (Figure 3) your installation and resume (Figure 4) it at a later time.
Pause your installation
(図 3) インストールの一時停止(Figure 3) Pause your installation
Resume your installation
(図 4) インストールの再開(Figure 4) Resume your installation

インストールの詳細Installation Details

新しいインストールの詳細 (図 5) では、ダウンロードのサイズ、ダウンロードの完了率、ダウンロードの速度を確認できます。With new installation details (Figure 5), you can see the download size, download percentage completed and the rate of the download. また、インストールするパッケージの総数およびまだインストールが終了していないパッケージも確認できます。You can also see total number of packages being installed and how many are remaining.

注意

インストールを一時停止し、時間をおいて再開した場合、まだダウンロードおよびインストールされずに残っているパッケージに進捗状況が適用され、前のカウントからの開始とはなりません。If you pause the installation and later resume, the progress applies to what’s left to be downloaded and installed, and does not start from the previous count.

Installation details
(図 5) インストールの詳細(Figure 5) Installation details

IDE のセットアップIDE Setup

  • 拡張機能および更新プログラムからではなく、Visual Studio の更新通知からインストーラーに直接移動するようにしたことにより、更新プロセスを効率化しました。We've streamlined the update process by having the update notification in Visual Studio take you directly to the installer, instead of Extensions and Updates.

  • "ASP.NET と Web 開発"、".NET Core クロスプラットフォームの開発" の各ワークロードは、"Web 開発用クラウド ツール" を含むように更新されました。The workloads "ASP.NET and web development" and ".NET Core cross-platform development" have been updated to include "Cloud tools for web development". このコンポーネントには、Visual Studio 内から Azure Functions を使用するのに必要なすべての要素が含まれています。This component contains everything needed to consume Azure Functions from within Visual Studio.

    注意

    15.6 Preview 3 から Preview 4 以降に更新すると、ユーザーへの通知または確認を行うことなくコンピューターが自動的に再起動する場合があります。When updating from 15.6 Preview 3 to Preview 4 or greater, the computer may restart automatically without notifying or confirming with the user.

エディターの機能強化Editor Improvements

  • Edit.Duplicate のショートカットとして Ctrl + D キーを既定のキーボード マップに追加しました。We added Ctrl+D as the shortcut for Edit.Duplicate in the default keyboard mapping. 以前のコード (Ctrl + EV) は引き続き動作し、すべてのキーボード マップ スキームで使用できます。The previous chord (Ctrl+E, V) still works, and is available in all keyboard mapping schemes.
  • [選択対象の展開] コマンドを追加しました。これにより、ユーザーは選択範囲を次の論理ブロックに連続して展開することができます。We've added the Expand Selection command, which allows you to successively expand your selection to the next logical block. 現在の選択対象を展開するにはショートカット Shift + Alt + = キーを使用し、縮小するには Shift + Alt + - キーを使用します。You can use the shortcuts Shift+Alt+= to expand and Shift+Alt+- to contract the current selection.

F# 言語およびツールの機能強化F# Language and Tooling Improvements

このリリースでは、F# とそのツールに多くの改良が加えられました。A lot of improvements went into F# and its tools for this release. これらの改良のうち、最も重要なのは .NET Core SDK のプロジェクトに関連する内容です。The most significant of them are related to .NET Core SDK projects. いつものように、コミュニティからの重要な投稿も集まっています。As always, significant contributions from the community came together here, as well.

F# コンパイラとコア ライブラリの機能強化F# Compiler and Core library Improvements

F# ツールの機能強化F# Tooling Improvements

  • .NET Core SDK ベースのプロジェクトに対するファイルの順序が実装されました。これには、上/下の追加、フォルダー サポート、プロジェクトの再度読み込みを必要としない Visual Studio UI の更新が含まれます。File ordering for .NET Core SDK-based projects has been implemented, including Add Above/Below, folder support, and Visual Studio UI refreshing without the need to reload the project.
  • .NET Core SDK ベースのプロジェクトのマルチ ターゲットのサポートが実装されました。Support for multi-targeting of .NET Core SDK-based projects has been implemented.
  • .NET Core SDK ベースのプロジェクトで共有ファイルがサポートされるようになりました。Shared files are now supported in .NET Core SDK-based projects.
  • .NET Standard プロジェクトは、F#/.NET Framework プロジェクトによって参照できます。.NET Standard projects can be referenced by F#/.NET Framework projects.
  • エラー レポート機能の強化: Vasily Kirichenko および Eugene AuduchinokError reporting improvements, by Vasily Kirichenko and Eugene Auduchinok.
  • パフォーマンスの向上: Vasily KirichenkoEugene AuduchinokDaniel Wedelich、Microsoft。Performance improvements, by Vasily Kirichenko, Eugene Auduchinok, Daniel Wedelich, and Microsoft.
  • 多数のバグ修正によるオートコンプリートの精度向上: Vasily Kirichenko および Microsoft。More precise autocompletion with numerous bugs fixes, by Vasily Kirichenko and Microsoft.
  • 開かれていない名前空間の静的メンバーが入力候補で使用可能: Vasily KirichenkoStatic members in unopened namespaces are available in completion, by Vasily Kirichenko.
  • 名前空間のシンボルが [Document Highlight](ドキュメントの強調表示) および [すべての参照の検索] に表示されます: Vasily KirichenkoNamespace symbols appear in Document Highlight and Find All References, by Vasily Kirichenko.
  • Structured Guidelines が他のエディター (VSCode、VS for Mac、Rider) でも利用できるようになりました: Eugene AuduchinokStructured Guidelines code has been made available for other editors (VSCode, VS for Mac, Rider), by Eugene Auduchinok.
  • F# コンストラクターでの折りたたみと構造化ガイドラインの改良: Eugene AuduchinokBetter collapsing and structured guidelines for F# constructors, by Eugene Auduchinok.
  • 開いているステートメントが名前の簡略化アナライザーで簡略化されなくなりました: Vasily KirichenkoOpen statements are no longer simplified in the Simplify Names analyzer, by Vasily Kirichenko.
  • QuickInfo で sbyte および byte IL フィールドが表示されるようになりました: Vasily KirichenkoDisplay of sbyte and byte IL fields in QuickInfo is now supported, by Vasily Kirichenko.
  • 呼び出されていない F# 関数またはメソッドで未使用の宣言コード修正プログラムがトリガーされなくなりました: Vasily KirichenkoUnused declaration code fix is no longer triggered on uncalled F# functions or methods, by Vasily Kirichenko.
  • .NET Framework プロジェクトのフォルダー間でドラッグ アンド ドロップ操作ができるようになりました: Paulo NobreDrag and Drop across folders in .NET Framework projects is now supported, by Paulo Nobre.
  • 未使用の宣言アナライザーとコード修正プログラムを切り替えることができるようになりました。The unused declarations analyzer and code fix can now be toggled.
  • バグの修正とパフォーマンスの向上: Eugene Auduchinok および Microsoft。Bug fixes and performance improvements, by Eugene Auduchinok and Microsoft.
  • #if INTERACTIVE で囲まれたコードにより、入力確認を必要としない IDE サポート機能が定義されるようになりました: Eugene AuduchinokCode surrounded by #if INTERACTIVE defines now support IDE features which do not require type checking, by Eugene Auduchinok.
  • 古い F#/ASP.NET (.NET Framework) プロジェクトでの空の [新しいファイル] ウィンドウを対象にした適切でない修正プログラムが修正されました: Loïc DenuzièreAn inadvertent reversion of a fix for empty "New file" window on older F#/ASP.NET (.NET Framework) projects has been fixed, by Loïc Denuzière.

F# インフラストラクチャとオープン ソースの機能強化F# Infrastructure and Open Source Improvements

  • 更新プログラム RFC のバージョン管理が実装されました。Versioning update RFC has been implemented.
  • コンパイラおよびツールで使用されるローカライズ ファイルはすべて GitHub にあります。コミュニティからの投稿を受け入れることができます。All localization files used in the compiler and tools are available on GitHub, and are able to accept community contributions.
  • 夜間ビルドは 1 時間後に生成することができます (4 時間以上からの短縮)。Nightly builds can be produced in an hour; down from 4+ hours.
  • オープン ソース共同作成者のための Windows 10 SDK に対する依存関係を削除しました。We removed our dependency on the Windows 10 SDK for open source contributors.
  • サテライト アセンブリと FSharp.Core.resources.dll が F# コンパイラ SDK に含められました。Satellite assemblies and FSharp.Core.resources.dll are now included in the F# compiler SDK.
  • アセンブリ情報が変更されていない場合に、Visual F# コードベースでコンパイラ自体のリビルドは行われなくなりました。The compiler no longer rebuilds itself in the Visual F# codebase if assembly info has not changed.
  • エディター ツールをデバッグする際にすべてのシンボル使用結果を容易に確認できるように、FSharpSymbolUse に対して ToString() が実装されました: Eugene AuduchinokToString() is implemented for FSharpSymbolUse to make it easier to look at all symbol use results when debugging editor tooling, by Eugene Auduchinok.

15.6 リリースの完全なコミット変更履歴を確認するには、タグに関するページを参照してください。To see the full commit changelog for the 15.6 release, see our tag.

注意

Visual Studio 2017 バージョン 15.6 のすべての既知の問題と回避策を参照できます。See all existing known issues and available workarounds in Visual Studio 2017 version 15.6.

Visual C++ の機能強化 Visual C++ Improvements

  • このリリースには、CVE-2018-1037 に記載されている PDB セキュリティ問題の修正が含まれています。This release contains a fix for the PDB security issue described in CVE-2018-1037.
  • [新しいプロジェクトの追加] ダイアログから CMake プロジェクトを作成します。Create CMake projects from the Add New Project dialog.
  • Visual Studio で新しい CMake プロジェクトを開くときに、CMake キャッシュを自動的に生成するかどうかを選択できるようになりました。You can now choose whether or not to automatically generate the CMake cache when you open new CMake projects in Visual Studio.
  • CMake プロジェクトでの CTest、Google Test、Boost.Test の各テストはテスト エクスプローラーで自動的に検出され、一覧表示されます。CTest, Google Test, and Boost.Test tests in CMake projects are automatically discovered and listed in Test Explorer.
  • Boost.Test 項目テンプレートを使用して Boost 単体テストをプロジェクトに容易に追加できます。Easily add Boost unit tests to your project with Boost.Test item templates. Boost 単体テストにおいて Boost 動的ライブラリが使用されるようになりました。Your Boost unit tests now use the Boost dynamic library.
  • C++ 17 のコピー省略の保証をサポート。Support for C++17 guaranteed copy elision.
  • Android 開発用の Android NDK r15c の組み込みサポートBuilt-in support for Android NDK r15c for Android development.
  • Visual Studio Android ツールにおける、SDK レベル 25 以前でビルドされた Android アプリの Oreo デバイスでの展開と実行のサポート。Support in Visual Studio Android tools for Android apps that are built with SDK level 25 and lower to deploy and run on Oreo devices.
  • C++ 17 標準ライブラリの実装に向けてさらなる進展がありました。これには、stable_sort、partition、並行して実行される inline vector::emplace_back、<memory_resource> などの API (C++17 標準に準拠) が含まれます。Further progress toward implementing the C++17 Standard Library, including APIs such as stable_sort, partition, inline vector::emplace_back in parallel, and <memory_resource>, per C++17 standards.
  • C++ Open Folder で不足しているインクルード ファイルは、それらのファイルがワークスペース ルートの下に存在していれば、インクルード パスに明示的に追加されていなくても、自動的に検出されます。Missing include files are automatically discovered for C++ Open Folder if they exist under the workspace root, even if they are not explicitly added to the include path.
  • Embedded ARM GCC サポートでデバッグ オプションを使用することができます。Debug options are available for Embedded ARM GCC support. バイナリを右クリックし、[デバッグ設定と起動設定] を選択し、C/C++ デバッグ マイクロコントローラーを選択します。Right-click your binary, choose Debug and Launch Settings, and then select C/C++ Debug microcontroller.
  • ガイド付き最適化のプロファイルが有効になり、ARM64 で完全にサポートされます。Profile-Guided Optimization is enabled and fully supported on ARM64.
  • C++ Core Guidelines Check 拡張機能への、よりきれいで、安全で、保守しやすいコードを作成するのに役立つさらなる規則の追加。Added more rules to the C++ Core Guidelines Check extension that help you make your code cleaner, more secure, and maintainable.
    • 有効期限を経過した間接参照の使用を検出する C++ Core Checker 拡張機能。A C++ Core Checker extension to detect use of indirections with a lifetime that is out of scope.
    • 整数オーバーフローに関するルールと、C++ Core Guidelines からの追加のルールを適用する 5 つの新しいチェック項目。5 new checks enforcing rules around integer overflow, and additional rules from the C++ Core Guidelines.
    • C++ Core Check に、算術オーバーフローを検出するためのコード分析規則のセットが含まれるようになりました。C++ Core Check now includes a set of code analysis rules for detecting arithmetic overflows.
  • 単一ファイルのコード分析の実行 (または、ソリューション エクスプローラーでのファイルの選択) をサポート。[ビルド] メニューと [分析] メニューのクリーンアップ。Support for running single file Code Analysis (or on your selection of files from the Solution Explorer); cleaned up the Build and Analyze menus. "コード分析の実行" はコードの生成を行わなくなりました。これにより分析の実行速度が速くなります。"Run Code Analysis" no longer runs code generation, which speeds up analysis runs.
  • エディターでは非アクティブな構成に対する IntelliSense エラーが紫色の波線として表示されます。IntelliSense errors for inactive configurations will be shown as purple squiggles in the editor. 処理すべき構成項目の数は、[ツール]、[オプション] の順に進んで構成することができます。The number of configurations to process is configurable in Tools > Options.
  • 大幅なコンパイル時の機能強化:Significant compile-time improvements:
    • コンパイラでは、事前にインクリメントされたループの強化された最適化機能と LTCG での一定のグローバル データの強化された識別および伝達機能によって、コードを最適化して実行速度を高めます。The compiler optimizes your code to run faster through improved optimizations of pre-incremented loops and improved identification and propagation of constant global data in LTCG.
    • 15.5 と比較してコンパイル時間が短くなっています。Compile times are shorter compared to 15.5. コンパイラのフロントエンドは、ほとんどの入力で 3 ~ 5% 速くなっています。The compiler front-end is between 3-5% faster on most inputs. コアの最適化アルゴリズムのオーバーヘッドが削減されたことにより、コンパイラ オプティマイザーは 3% 速くなっています。The compiler optimizer is 3% faster due to reduced overhead of core optimization algorithms. さらに、データ構造の再構築により、大規模な LTCG コンパイル処理が 10% 速くなりました。Additionally, large LTCG compilations are 10% faster due to re-architected data structures.
  • マップファイル生成のオーバーヘッドがフル リンク シナリオで軽減されています。Mapfile generation overhead is reduced in full linking scenarios. 引き続き、マップファイルではなく PDB ファイルの使用をお勧めします。We still recommend using PDB files instead of mapfiles.
  • MSVC コンパイラは、x86、x64、ARM、ARM64 など、すべてのアーキテクチャで /Qspectre スイッチをサポートしています。The MSVC compiler supports the /Qspectre switch on all architectures, including x86, x64, ARM, and ARM64.

C# コンパイラC# Compiler

C# コンパイラで次の機能をサポートするようになりました。The C# compiler now supports:

  • ビルドのスループットのパフォーマンス向上のための CoreCLR に対するコンパイラ サーバー。Compiler server on CoreCLR, for build throughput performance.
  • CoreCLR で署名する厳密な名前 (/keyfile オプション、すべての OS)。Strong name signing on CoreCLR (/keyfile option, all OSes).

多数のバグ修正と 1 つの互換性に影響する変更 (互換性に影響する変更の実施一覧に関するページを参照) に加えて、7.2 言語機能に対して 2 つの言語に関するマイナーな変更が行われました。In addition to numerous bug fixes and one breaking change (see running list of breaking changes), two minor language changes were made to the 7.2 language features:

Xamarin 用の Visual Studio ツールVisual Studio Tools for Xamarin

このリリースには、Xamarin.iOS 11.8 と Xamarin.Android 8.2 が含まれています。This release includes Xamarin.iOS 11.8 and Xamarin.Android 8.2.

IOS シミュレーターでのライブ XAML プレビューLive XAML Previewing with the iOS Simulator

Xamarin Live Player では、開発者は Visual Studio と iOS または Android デバイスを使用するだけでアプリの展開、テスト、デバッグを継続的に行うことができます。The Xamarin Live Player enables developers to continuously deploy, test, and debug their apps using just Visual Studio and an iOS or Android device. Visual Studio 2017 バージョン 15.5 では、開発者が再コンパイルや再展開を必要とせずに、Android エミュレーター内でリアルタイムの XAML の変更を直接プレビューできるようにサポートを追加しました。Visual Studio 2017 version 15.5 added support to enable developers to preview real-time XAML changes directly in the Android emulator without requiring a recompile or redeploy. このリリースでは、Windows 用のリモートの iOS シミュレーターに、この機能が追加されました。This release brings this functionality to the Remoted iOS Simulator for Windows.

PythonPython

このリリースでは、補完データベースがなくてもインストールされたパッケージに対する IntelliSense を取得できるようになりました (図 6)For this release, we have removed the need for a completion database in order to get IntelliSense on installed packages (Figure 6). すなわち、パッケージをインストールしてから最大で 4 時間待たなくても、numpypandas などの一般的なパッケージ用の入力候補をわずか数秒で取得できるようになります。This means that instead of waiting up to four hours after installing a package, you will now get completions in just a few seconds for popular packages such as numpy and pandas.

Python completions for the pandas package
(図 6) pandas パッケージ用の Python 入力候補(Figure 6) Python completions for the panda's package

ドキュメント文字列 (それらがクラスまたは関数で使用される場合) で使用される色、また re ライブラリの呼び出しの一部として検出された正規表現パターンで使用される色をカスタマイズする機能を追加しました (図 7)We have added the ability to customize the color used for doc-strings, when they are used in a class or function, and also regular expression patterns detected as part of a call into the re library (Figure 7). これらを変更するには、[ツール]、[フォント]、[色] の順に移動し、"Python ドキュメント" および "Python 正規表現" を使用します。These may be changed under Tools > Fonts > Colors, "Python Documentation" and "Python Regular Expression".

Example of highlighted doc-string and regular expression
(図 7) 強調表示されたドキュメント文字列と正規表現の例(Figure 7) Example of highlighted doc-string and regular expression

最後に、Anaconda ユーザーについては、conda の検出と統合を試しています。Finally, for Anaconda users, we are experimenting with detection and integration of conda. 有効にすると、使用している conda 環境が Visual Studio 内に自動的に表示されます。パッケージの管理には pip ではなく conda が使用されます。When enabled, your conda environments will appear within Visual Studio automatically, and we will use conda rather than pip to manage packages. 詳細については、「what's new for Python in Visual Studio 15.6」 (Visual Studio 15.6 での Python 用の新機能) ブログ投稿を参照してください。See the what's new for Python in Visual Studio 15.6 blog post for more information.

デバッグと診断Debugging and Diagnostics

CPU 使用率ツールCPU Usage Tool

CPU 使用率ツールでは、非同期コードの論理呼び出し履歴 ("非同期呼び出し履歴の作成" とも呼ばれる) を表示できます (図 8)The CPU Usage tool can display logical call stacks for asynchronous code (aka 'Async Call Stack Stitching') (Figure 8).

  • 論理呼び出し履歴 (すなわち、"作成された呼び出し履歴") を表示するには、CPU 使用率ツールの [フィルター] ドロップダウン メニューで [非同期コードの作成] 設定を有効にします。To see logical call stacks (i.e. 'stitched call stacks'), turn on the "Stitch Async Code" setting in the Filter drop-down menu of the CPU Usage tool.

  • 親関数またはタスクの代わりに実行される非同期コードは、[コール ツリー] ビューおよび [呼び出し元/呼び出し先] ビューに子として表示されます。Asynchronous code running on behalf of a parent function or Task will appear as a child in the Call Tree and Caller/Callee views.

  • この変更により、非同期コードへの移動が簡単になり、そのパフォーマンス特性を理解しやすくなります。This change makes it easier to navigate asynchronous code and understand its performance characteristics.

    注意

    非同期コード パターンによっては、この機能で論理呼び出し履歴を生成するのに時間がかかることがあります。This feature can take a long time to produce the logical call stacks for some async code patterns. 必要に応じて、分析を取り消して設定を無効にすることができます。You can cancel the analysis and turn off the setting if necessary. この操作は、ALT-F2 パフォーマンス プロファイラーの起動ページを使用した、事後分析のスタイル プロファイリング中にのみ有効です。This behavior is only available during post-mortem style profiling using the ALT-F2 Performance Profiler launch page. デバッグ中に CPU 使用率ツールを使用した場合、論理呼び出し履歴は表示されません。When the CPU Usage tool is used during debugging, it does not shows logical call stacks.

Logical Call Stack Tree with Call Stack Stitching in effect
(図 8) [呼び出し履歴の作成] が有効になっている論理呼び出し履歴ツリー(Figure 8) Logical Call Stack Tree with Call Stack Stitching in effect

CPU 使用率ツール (診断ツールのウィンドウおよび ALT-F2 パフォーマンス プロファイラーでの F5 デバッグ中に使用可能) では、特定のコード行の CPU 消費量に基づいてソース行が強調表示されるようになりました (図 9)

The CPU Usage tool (available during F5 Debugging in the Diagnostic Tools window and in the ALT-F2 Performance Profiler) now displays source line highlighting based on the CPU consumption of specific lines of code (Figure 9).

  • CPU 使用率ツールの [コール ツリー] ビューまたは [呼び出し元/呼び出し先] ビューを表示すると、選択した関数のソースが表示され、関数の各ソース行には CPU の消費量が表示されます。When you view the Call Tree or Caller/Callee views of the CPU Usage tool, the source for the selected function is displayed with CPU consumption indicated on each source line of the function.

  • 関数の CPU パフォーマンスに問題がある場合は、関数が実行されていたときに、具体的に関数のどのソース行が問題の CPU 消費量の原因になっていたかを特定できます。If CPU performance of a function is a concern, now you can determine specifically what source lines of the function are responsible for the CPU consumption when the function was executing.

    注意

    この機能では、生成された PDB にソース情報を含める必要があります。PDB はプロジェクトの設定で制御されます。This feature requires that source information be included in the generated PDB which is controlled by the project settings. PDB にソース情報が含まれていないプロジェクトでは、行の属性およびソース ファイルのいずれも表示することができません。Projects for which PDBs do not have source information will be unable to display either the line attribution or the source file.

CPU Usage tool with source line highlighting
(図 9) ソース行が強調表示された CPU 使用率ツール(Figure 9) CPU Usage tool with source line highlighting

スレッド名のサポートThread Name Support

ユーザー フィードバックに従い、デバッガーは、ダンプのデバッグ時に SetThreadDescription API を介して設定されたスレッド名を表示できるようになりました。Per user feedback, the debugger is now able to display thread names that are set via SetThreadDescription APIs in dump debugging. この機能では、Windows 10 Fall Creators Update 以降のビルドにダンプを収集する必要があります。This feature requires dumps to be collected on Windows 10 Fall Creators Update or later builds.

スナップショット デバッガーSnapshot Debugger

Azure App Service で実行されている ASP.NET アプリケーションで作業しているときに、スナップショットまたはログポイントを試してみたい場合は、[デバッグ ターゲット] ドロップダウンリストで [スナップショット デバッガー(AzureAppService)] を選択します (図 10)If you are working on an ASP.NET application running in Azure App Service, and would like to try out Snappoints or Logpoints, you can do so by selecting "Snapshot Debugger (Azure App Service)" in the Debug Target dropdown (Figure 10).

Start Snapshot Debugger for ASP.NET application
(図 10) ASP.NET アプリケーション用のスナップショット デバッガーを起動(Figure 10) Start Snapshot Debugger for ASP.NET application

.NET の生産性.NET Productivity

15.6 Preview 2 で、逆コンパイルされたソースに移動する機能を追加しました。In 15.6 Preview 2, we’ve added the ability to navigate to decompiled sources. 有効になっている場合、参照先の任意の型またはメンバーに対して [定義へ移動] または [定義をここに表示] を呼び出すと、その定義と、ILSpy 逆コンパイルを介して再構築されたメソッド本体が表示されます。When enabled, invoking Go To Definition or Peek Definition on any referenced type or member will show its definition with reconstructed method bodies via ILSpy decompilation. この機能を有効にするには、[ツール]、[オプション]、[テキスト エディター]、[C#]、[詳細設定]、[逆コンパイルされたソースへのナビゲーションを有効にする] の順に移動します (図 11)To turn on this feature, go to Tools > Options > Text Editor > C# > Advanced > Enable navigation to decompiled sources (Figure 11).

Navigate to decompiled sources
(図 11) 逆コンパイルされたソースに移動する(Figure 11) Navigate to decompiled sources

その他にも .NET EditorConfig オプションをいくつか追加しました。We also added a couple more .NET EditorConfig options:

  • dotnet_prefer_inferred_tuple_namesdotnet_prefer_inferred_tuple_names
  • dotnet_prefer_inferred_anonymous_type_member_namesdotnet_prefer_inferred_anonymous_type_member_names

注意

.NET コーディング規則オプションをすべて表示するには、「EditorConfig の .NET コーディング規則の設定」を参照してください。To see all .NET coding convention options, check out .NET coding convention settings for EditorConfig.

Visual Studio Web ツールVisual Studio Web Tools

  • ソリューション エクスプローラーには、"ファイルの入れ子" と呼ばれる .NET Core プロジェクト用の新機能が追加されました。この機能によりユーザーは関連するファイルをソリューション エクスプローラーに表示する方法を制御することができます。Solution Explorer has a new capability for .NET Core projects called "file nesting", which allows users to control how related files appear in Solution Explorer.
  • プロジェクトの発行エクスペリエンスが更新されました。The project publishing experience has been updated.
  • [新しいプロジェクト] ダイアログ:In the New Project dialog:
    • .NET Framework のバージョンを選択するためのドロップダウンは、ダイアログの下部に移動され、テンプレートのフィルターとしての機能はなくなりました。the drop-down that lets you pick a version of .NET Framework has been moved to the bottom of the dialog and no longer acts as a filter for the template.
    • ノード "Web" のサブ ノード "Web Site" の名前が "Previous Versions" に変更されました。for the node "Web", the sub-node "Web Site" has been renamed to "Previous Versions".
  • WebForms および MVC 5 プロジェクトのデバッグ ドロップダウン:The debug drop-down for WebForms and MVC 5 projects:
    • ユーザーは Azure App Service でデプロイされたアプリに対してスナップショット デバッガーを選択することができます。allows users to select the Snapshot Debugger for Azure App Service deployed apps.
    • ASP.NET Core プロジェクトと同じブラウザー選択ジェスチャを持つように更新されました。has been updated to have the same browser selection gesture as ASP.NET Core projects.

継続的デリバリー ツールContinuous Delivery Tools

ソース管理下にあるソリューションについては、チーム エクスプローラーの [継続的デリバリー] タイルをクリックして、アプリケーションのビルドと展開の自動化を構成することができます。For solutions under source control, you can click on the Continuous Delivery tile in Team Explorer to configure automated build and deployments for your application.

継続的デリバリー ツールを構成するConfigure Continuous Delivery Tools

  • ソース管理プロバイダーとして TFVC のサポートを追加しました。We added support for TFVC as a source control provider. VSTS TFVC チーム プロジェクトのソース管理下にあるソリューションについては、継続的デリバリーを構成することができます*(図 12)*。You can configure continuous delivery for solutions under source control in a VSTS TFVC team project (Figure 12).
Configure Continuous Delivery for projects in a VSTS TFVC project
(図 12) VSTS TFVC プロジェクトでプロジェクトの継続的デリバリーを構成する(Figure 12) Configure Continuous Delivery for projects in a VSTS TFVC project
  • SSH による Git 認証のサポートを追加しました。We added support for Git authentication over SSH. SSH AUTH が有効になっている VSTS または GitHub Git リポジトリでソース管理下にあるソリューションについては、継続的デリバリーを構成することができます。You can configure continuous delivery for solutions under source control in a VSTS or GitHub Git repo with SSH AUTH enabled.

  • コンテナー化されたプロジェクトのサポートを導入しました。We introduced support for containerized projects. Linux 用の Azure App Service を対象とする Docker サポートおよび ASP.NET Core プロジェクトではソリューションの継続的デリバリーを構成することができます (Web App for Containers) (図 13)You can configure continuous delivery for solutions with ASP.NET Core projects and docker support targeting Azure App Service on Linux (Web App for Containers) (Figure 13). [継続的デリバリーを構成する] ダイアログの既定値では、Linux 用の Azure App Service (Web App for Containers) が新たに作成され、Azure サブスクリプションにそれがまだ存在しない場合は Azure Container Registry が作成されます。The Configure Continuous Delivery dialog will default to create a new Azure App Service on Linux (Web App for Containers), and an Azure Container Registry if one doesn’t already exist under your Azure Subscription.

Configure Continuous Delivery to Azure dialog for App Service on Linux
(図 13) Linux 用の App Service に対して [Azure への継続的デリバリーを構成] ダイアログを構成する(Figure 13) Configure Continuous Delivery to Azure dialog for App Service on Linux

チーム エクスプローラーTeam Explorer

Git タグのサポートGit Tag Support

Git タグのサポートを強化しました。We have added more support for Git tags. タグの作成、削除、およびプッシュができるようになりました。You can now create, delete, and push tags. [タグ] ページでは、リポジトリ内のすべてのタグを表示することができ、タグから新しいブランチを作成できます。On the Tags page, you can view all of the tags in your repo, and create a new branch from a tag. これは、UserVoice からの要求が最も多かった機能の 1 つでした。This was one of our most requested features from UserVoice.

Visual Studio Team Services ユーザーに対しては、プル要求ブランチをチェックアウトできます。For Visual Studio Team Services users, you can check out pull request branches. この機能により、プル要求のレビュー、変更のテスト、およびコードのビルドが容易になります。This feature makes it easier to review pull requests, test changes, and build your code.

ユニバーサル Windows プラットフォーム開発者向けツールTools for Universal Windows Platform Developers

Windows 10 Insider Preview SDK (ビルド 17095) は、オプションのコンポーネントとして、ユニバーサル Windows プラットフォーム開発ワークロードと共にインストールできます。The Windows 10 Insider Preview SDK (Build 17095) can be installed as an optional component with the Universal Windows Platform development workload.

拡張性Extensibility

複数の Visual Studio 実行可能ファイル (devenv.exe、blend.exe、wdexpress.exe、vsga.exe) のファイル バージョンはマイナー リリースを反映します (たとえば 15.6.*)。File versions for a number of Visual Studio executables – devenv.exe, blend.exe, wdexpress.exe, and vsga.exe – reflect the minor release (for example 15.6.*).

注意

これはいずれの機能にも影響しませんが、実行可能ファイルのバージョン番号に依存する外部コードについては、更新を必要とする場合があります。This does not affect any functionalities, but external code relying on executable file version numbers may need to be updated.

テスト エクスプローラーTest Explorer

新しい階層ビューNew Hierarchy View

Visual Studio のテスト エクスプローラーには、プロジェクト、名前空間、およびクラスごとにテストを整理する階層ビュー (図 14) が追加されました。Test Explorer in Visual Studio now has a hierarchy view (Figure 14) that organizes your tests by Project, Namespace, and then Class. このビューのオン/オフを切り替えるには、[グループ化] ボタンの横の [テスト エクスプローラー] ウィンドウの上部にある階層ボタンを使用します。This view can be toggled on and off using the hierarchy button located at the top of the Test Explorer window next to the Group By button.

Test Explorer Hierarchy View
(図 14) テスト エクスプローラーの階層ビュー(Figure 14) Test Explorer Hierarchy View

この機能を使用すると、テスト間の移動がはるかに簡単になるだけでなく、テストに関する適切なフィードバックをひとめで確認することもできます。This feature not only makes navigating your tests much easier, but also gives better feedback on tests at a glance.

  • 階層内の "親ノード" (プロジェクト、名前空間、クラス) には、失敗したテストが 1 つ以上含まれている場合、失敗したテストのアイコンが表示されます。The “parent nodes” in the hierarchy (Project, Namespace, and Class) display a failing test icon if they contain at least one failing test.
  • また、親ノードの後には、グループ化に含まれるテスト数を集計した値が続きます。Parent nodes are also followed by a number summarizing how many tests the grouping contains. 親ノードの右側に表示される期間 (ミリ秒) は、そのグループ内のテストの実行にかかった時間の合計です。The duration in milliseconds shown to the right of a parent node is the total time that tests within that group took to execute.

リアルタイムのテスト検出Real Time Test Discovery

テストはリアルタイムのテスト検出によって自動的に検出され (図 15)、管理プロジェクトをビルドする必要はありません。Tests will be discovered automatically with Real time test discovery (Figure 15) without requiring you to build your managed project. これにより、テスト エクスプローラーは、テストの追加、削除、または編集などのコード変更を常に反映することができます。This allows Test Explorer to stay in sync with code changes such as adding, removing, or editing tests. すべての種類のプロジェクトで使用できる前述の階層ビュー機能とは異なり、自動テスト検出機能は C# プロジェクトおよび Visual Basic プロジェクトでのみ使用できます。Note that unlike Hierarchy View feature described above which is available for all types of projects, the automatic test discovery feature is only available for C# and Visual Basic projects.

Xamarin Live Player
(図 15) Xamarin Live Player のペアリング、展開、ライブ エディット モードのアニメーション(Figure 15) Animation of the Xamarin Live Player pair, deployment, and live edit modes

Win10 IoT Core テストに対するサポートWin10 IoT Core Testing Support

Win10 IoT Core アプリケーションのテストに対するサポートを導入しました。We have introduced support for testing Win10 IoT Core applications. このような UWP アプリケーションのテストをデバイスに展開し、デバイス上でデバッグおよび実行できるようになりました。Tests for such UWP applications can now be deployed to, debugged, and executed, on device. テストはまた、テスト エクスプローラーに完全に統合されます。The tests are also fully integrated into Test Explorer. 配置および実行のサポートは、VSTS CI を介しても利用できます。Deployment and execution support is availalbe through VSTS CI as well. したがって、Visual Studio での編集、コンパイル、デバッグ、テスト サイクル、さらに Visual Studio Team Services での継続的インテグレーション ワークフローにおいて、Win10 IoT Core アプリケーションは完全にサポートされています。Thus, Win10 IoT Core applications have full support in the edit, compile, debug, test cycle within Visual Studio, and in the Continuous Integration workflow in Visual Studio Team Services.

Win10 IoT Core Testing
(図 16) Win10 IoT Core テスト(Figure 16) Win10 IoT Core Testing

Visual Studio Build ToolsVisual Studio Build Tools

Visual Studio Build Tools を使用すると、Visual Studio のすべてをインストールしなくても、ビルド サーバーを作成できます。The Visual Studio Build Tools allow you to create build servers without installing all of Visual Studio. インストーラーでは、デスクトップ プロジェクトに対して C++、ASP.NET、および .NET Core をすでにサポートしています。The installer already supports C++, ASP.NET, and .NET Core for Desktop projects. お客様のご要望に応えて、その他の種類のプロジェクトもサポートするよう Visual Studio Build Tools の機能を強化しています。In response to customer requests, we are enhancing the Visual Studio Build Tools to support additional project types. このリリースでは、TypeScript プロジェクトおよび Node.js プロジェクトに対するサポートを追加しました。In this release we have added support for TypeScript and Node.js projects. 将来のリリースでは、より多くのプロジェクトの種類に対するサポートを追加する予定です。We expect to add support for more project types in future releases. これは、このリリースの Visual Studio Build Tools のダウンロード場所となります。This is the download location for the Visual Studio Build Tools for this release.

Visual Studio ClickOnce ツールVisual Studio ClickOnce Tools

ClickOnce は、ユーザーとの最小限の対話によってインストールして実行できる、自己更新型の Windows ベースのアプリケーションの作成を可能にする配置テクノロジです。ClickOnce is a deployment technology that enables you to create self-updating Windows-based applications that can be installed and run with minimal user interaction. ClickOnce では、アプリケーションの発行元の信頼性を検証し、アプリケーションおよび配置マニフェストに署名してファイルが改ざんされていないことを証明するときに証明書を使用します。It uses certificates to verify the authenticity of the application's publisher, and to sign the application and deployment manifests to prove that the files have not been tampered with. このリリースでは、Cryptography Next Generation (CNG) 証明書を使用してアプリケーションおよび配置マニフェストに署名する機能に対するサポートが追加されました。In this release we have added support for signing the application and deployment manifests with Cryptography Next Generation (CNG) certificate.

Key VaultKey Vault

Visual Studio 15.6 用にAzure Services Authentication Extension インボックスを追加しました。We've added the Azure Services Authentication Extension in-box for Visual Studio 15.6. これにより、Microsoft.Azure.Services.AppAuthentication ライブラリを使用するプロジェクトは、Visual Studio アカウントで、Key Vault などの Azure リソースにアクセスすることができます。This will allow projects that use the Microsoft.Azure.Services.AppAuthentication library to access Azure resources such as Key Vault using their Visual Studio accounts.

macOS の自動プロビジョニングAutomatic macOS Provisioning

Windows 用の Visual Studio での iOS アプリのビルドがさらに簡単になります。Building iOS apps with Visual Studio on Windows just got easier. このリリースでは、自動 macOS プロビジョニングと呼ばれる最新機能を追加します。This release adds a brand new feature called automatic macOS provisioning. Mac ビルド コンピューターを手動で管理する必要はありません。Mac に接続するだけで、後は Microsoft がビルド コンピューターの面倒なインストールおよび構成の作業を適切な Xamarin.iOS および Mono bits ビットですべて Visual Studio から処理します。Rather than needing to manually maintain a Mac build machine, all you need to do is connect to the Mac, and we will handle the heavy lifting of installing and configuring your build machine with the correct Xamarin.iOS and Mono bits, all from Visual Studio.

iOS Wi-Fi の展開iOS Wi-Fi Deployment

iOS リモート シミュレーターを使用することで、開発者は Windows 用の Visual Studio で iOS アプリ全体をテストおよびデバッグすることができます。このシミュレーターは無料の Community Edition を含むすべてのエディションの Visual Studio (現在のバージョンは 15.5) で使用できます。The Remoted iOS Simulator, which allows developers to test and debug iOS apps entirely in Visual Studio on Windows, is available to all editions of Visual Studio (as of version 15.5), including the free Community Edition! このシミュレーターでは、位置情報シミュレーション、回転、ジェスチャなどの機能に加えて、Mac 上の iOS シミュレーターでサポートしていないマルチタッチなどの機能もサポートしています。The simulator supports functionality like location simulation, rotation, gestures, and even includes functionality that the iOS simulator on Mac does not, like multi-touch. Windows 上で iOS アプリをビルドする開発者に優れたシミュレーター エクスペリエンスが提供されます。ただ、デバイスについてはどうでしょうか。This provides a great simulator experience for developers building iOS apps on Windows, but what about devices? Visual Studio 2017 バージョン 15.6 では、Wi-Fi 展開によって iOS アプリをネットワーク経由で展開できます。この場合、ケーブルは不要です。With Visual Studio 2017 version 15.6, you can deploy your iOS apps over the network with Wi-Fi deployment – no cables required! Xcode でワイヤレス デバイスをセットアップすると、そのデバイスは通常の展開対象と同じように Visual Studio に表示されます。After setting up a wireless device in Xcode, it shows up in Visual Studio just like a normal deploy target.


Release Notes Icon Visual Studio 2017 バージョン 15.6.1 サービス更新プログラムVisual Studio 2017 version 15.6.1 Servicing Update

2018 年 3 月 8 日にリリースreleased on March 8, 2018

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。These are the customer-reported issues addressed in this release:


Release Notes Icon Visual Studio 2017 バージョン 15.6.2 サービス更新プログラムVisual Studio 2017 version 15.6.2 Servicing Update

2018 年 3 月 13 日にリリースreleased on March 13, 2018

.NET Core のマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ Microsoft Security Advisories for .NET Core

CVE-2018-0875: Microsoft は、.NET Core のパブリック バージョンに存在するセキュリティ上の脆弱性を認識しています。このバージョンでは、悪意のあるファイルや Web 要求によってサービス拒否 (DoS) 攻撃が引き起こされる可能性があります。CVE-2018-0875: Microsoft is aware of a security vulnerability in the public versions of .NET Core where a malicious file or web request could cause a denial of service (DoS) attack.

重要

システム管理者は、.NET Core ランタイムをバージョン 1.0.10、1.1.7、2.0.6 に更新することをお勧めします。System administrators are advised to update their .NET Core runtimes to versions 1.0.10, 1.1.7 or 2.0.6. 開発者は、.NET Core SDK をバージョン 1.1.8 または 2.1.101 に更新することをお勧めします。Developers are advised to update their .NET Core SDK to versions 1.1.8 or 2.1.101.

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。These are the customer-reported issues addressed in this release:


Release Notes Icon Visual Studio 2017 バージョン 15.6.3 サービス更新プログラムVisual Studio 2017 version 15.6.3 Servicing Update

2018 年 3 月 19 日にリリースreleased on March 19, 2018

.NET Core のマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ Microsoft Security Advisories for .NET Core

CVE-2018-0875: Microsoft は、.NET Core のパブリック バージョンに存在するセキュリティ上の脆弱性を認識しています。このバージョンでは、悪意のあるファイルや Web 要求によってサービス拒否 (DoS) 攻撃が引き起こされる可能性があります。CVE-2018-0875: Microsoft is aware of a security vulnerability in the public versions of .NET Core where a malicious file or web request could cause a denial of service (DoS) attack.

重要

システム管理者は、.NET Core ランタイムをバージョン 1.0.10、1.1.7、2.0.6 に更新することをお勧めします。System administrators are advised to update their .NET Core runtimes to versions 1.0.10, 1.1.7 or 2.0.6. 開発者は、.NET Core SDK をバージョン 1.1.8 または 2.1.101 に更新することをお勧めします。Developers are advised to update their .NET Core SDK to versions 1.1.8 or 2.1.101.

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。These are the customer-reported issues addressed in this release:


Release Notes Icon Visual Studio 2017 バージョン 15.6.4 サービス更新プログラム Visual Studio 2017 version 15.6.4 Servicing Update

2018 年 3 月 22 日にリリースreleased on March 22, 2018

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。These are the customer-reported issues addressed in this release:


Release Notes Icon Visual Studio 2017 バージョン 15.6.5 サービス更新プログラム Visual Studio 2017 version 15.6.5 Servicing Update

2018 年 4 月 4 日にリリースreleased on April 4, 2018

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。These are the customer-reported issues addressed in this release:


Release Notes Icon Visual Studio 2017 バージョン 15.6.6 サービス更新プログラム Visual Studio 2017 version 15.6.6 Servicing Update

2018 年 4 月 10 日にリリースreleased on April 10, 2018

このリリースの更新の概要Summary of Updates in this Release

Microsoft Visual Studio の情報漏えいの脆弱性に関するマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ Microsoft Security Advisories for Microsoft Visual Studio Information Disclosure Vulnerability

CVE-2018-1037: Visual Studio でプログラム データベース (PDB) ファイルをコンパイル中に制限されていないメモリの内容が不適切に開示される場合に、情報漏えいの脆弱性が存在します。CVE-2018-1037: An information disclosure vulnerability exists when Visual Studio improperly discloses limited contents of uninitialized memory while compiling program database (PDB) files. この情報開示を利用した攻撃者は、PDB ファイルのコンパイルに使用された Visual Studio インスタンスから、初期化されていないメモリを閲覧することができます。An attacker who took advantage of this information disclosure could view uninitialized memory from the Visual Studio instance used to compile the PDB file.

攻撃者がこの脆弱性を利用するには、脆弱なバージョンの Visual Studio を使用して作成された、影響を受ける PDB ファイルにアクセスする必要があります。To take advantage of the vulnerability, an attacker would require access to an affected PDB file created using a vulnerable version of Visual Studio. 攻撃者は開発者に対して、この情報漏えいを強制的に実行させることはできません。An attacker would have no way to force a developer to produce this information disclosure.

このセキュリティ更新プログラムは、プロジェクトのコンパイル時に PDB ファイルが生成される方法を修正することにより、この脆弱性を解決します。The security update addresses the vulnerability by correcting how PDB files are generated when a project is compiled.

重要

詳細については、CVE-2018-1037 のセキュリティ更新プログラムを参照してください。For more information, see the security update for CVE-2018-1037.

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。These are the customer-reported issues addressed in this release:

  • このリリースでは、ソリューションが最初に読み込まれたときに、一部の Application Insights ユーザーに CodeLens 要求と例外インジケーターが表示されない問題が解決されています。This release addresses an issue where some Application Insights users were not seeing CodeLens requests and exceptions indicators when the solution first loads.

既知の問題Known Issues

Visual Studio 2017 バージョン 15.6 のすべての既知の問題と回避策を参照できます。See all existing known issues and available workarounds in Visual Studio 2017 version 15.6.

Visual Studio 2017 Known Issues


フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We’d love to hear from you! 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。For issues, let us know via the Report a Problem option in the upper right-hand corner of either the installer or the Visual Studio IDE itself. 次に、The Feedback Icon アイコンは、右上隅にあります。icon is located in the upper right-hand corner. Visual Studio 開発者コミュニティで質問したり、回答を検索したりして、問題を追跡できます。You can track your issues in the Visual Studio Developer Community, where you can ask questions and find answers. UserVoice で製品の提案を行うことも、ライブ チャット サポートで無償のインストール ヘルプを得ることもできます。You can also make a product suggestion through UserVoice or get free installation help through our Live Chat support.


ブログBlogs

開発者ツールのブログ サイトで利用できる洞察と推奨事項を活用して、すべての新リリースを常に最新の状態に保ち、幅広い機能の深いダイブポストを含めることができます。開発者ツールのブログを参照すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手することができ、さまざまな機能の詳細な記事が含まれています。Take advantage of the insights and recommendations available in the Developer Tools Blogs site to keep you up-to-date on all new releases and include deep dive posts on a broad range of features.

Developer Tools Blogs


Visual Studio 2017 リリース ノート履歴Visual Studio 2017 Release Notes History

以前のバージョンの Visual Studio 2017 リリース ノートを表示できます。You can view prior versions of Visual Studio 2017 release notes:


ページのトップへ
Top of Page