Visual Studio IconVisual Studio 2017 バージョン 15.4 リリース ノート


開発者コミュニティ | システム要件 | 互換性 | 再頒布可能コード | ライセンス条項 | ブログ | 既知の問題



Note

これは Visual Studio の最新バージョンではありません。 最新のリリースをダウンロードするには、 Visual Studio サイトにアクセスしてください。


サポート期間

このバージョンは現在サポート対象外です。 Visual Studio のサポートの詳細については、 Visual Studio 2017 のサポート ポリシーを参照してください。

最新バージョンのリリース ノートを参照するか、Visual Studio サイトにアクセスして、サポートされている最新バージョンの Visual Studio 2017 をダウンロードしてください。

Visual Studio 2017 バージョン 15.4 リリース


15.4 の主な新機能の概要

  • 新しい Setup and Installer (セットアップおよびインストーラー) 起動バナーで、インストールに成功したことが通知されます。 インストールの最後に、さらにヘルプが得られる開発者コミュニティへのリンクを含む新しい警告メッセージを追加しました。
  • XAML の機能を強化しました。 XAML リソースを編集または削除し、ControlTemplates を追加することができるようになりました。
  • ユニバーサル Windows プラットフォーム開発ワークロードが、Windows 10 Fall Creators Update SDK に付属するようになりました。
  • Windows Fall Creators Update 用に .NET Standard 2.0 サポートを追加しました。
  • Windows アプリケーション パッケージ プロジェクトでは、任意の Windows プロジェクトを.appxコンテナーにパッケージ化するのに役立つ新しいプロジェクト テンプレートが使用できます。
  • .NET Core 2.0 は Web 開発および .NET Core ワークロード向けに既定で含まれています。
  • Live Unit Testing が MSTest バージョン 1 フレームワークをサポートするように拡張され、この機能の探索可能性が向上しました。
  • Xamarin Live では、アプリを iOS や Android デバイスで直接展開、テスト、およびデバッグできます。
  • CMake 3.9 およびより柔軟な CMake プロジェクト構造体のサポートが追加されました。
  • CMake プロジェクトから Linux をターゲットにできるようになりました。 Visual Studio プロジェクトに変換しなくても、既存の CMake コード ベースをソリューションとして使用できます。
  • Visual Studio Tools で Unity サポートを改善し、新しいランタイムで Set Instruction Pointer (命令ポインターの設定) 機能を追加しました。
  • Android SDK が非公開の場所にインストールされるようになりました。
  • R Tools が、ライブ編集、かっこの一致、コード補完などを含む Linux リモート処理と RMarkdown をサポートしました。

15.4 で修正された主な問題

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。

ユーザーから報告され、Visual Studio 2017 バージョン 15.4 で修正されたすべての問題を参照できます。

Developer Community ポータル


15.4 の新機能の詳細

リリース ノート アイコンVisual Studio 2017 バージョン 15.4.0

2017 年 10 月 9 日リリース

15.4 の新機能

Visual Studio の機能強化

セットアップとインストーラー
  • Visual Studio が正常にインストールされたことを通知する起動バナーをインストーラーに追加しました (図 1)。
新しい起動バナーを使用した正常なインストール
(図 1) 新しい起動バナーで正常にインストール
  • インストーラーは、ダウンロードの際に自動プロキシ検出を使用するようになりました。
  • 重大でないコンポーネント (Visual Studio IDE を直接妨げるものではない) でエラーが発生した場合、インストーラーにエラーではなく警告が表示されるようになりました。 このような変更は、対処と修正が必要な問題が存在する場合でも、Visual Studio が使用できることを明確にします。
  • オフラインのレイアウトを作成することで、短いパスを使用して、管理者がより深いネットワーク フォルダー階層にオフラインのインストールをホストできるようにします。
  • 個々のパッケージのインストールが失敗するか、ダウンロードに問題が発生したときに、 インストールの最後にメッセージが表示されます (図 2)。 このメッセージは、さらにヘルプが得られる開発者コミュニティへのリンクを表示します。これにより、お使いのコンピューターにおける Visual Studio の完全なインストール機能に影響を与えている可能性がある問題に対処できます。
考えられる解決策を含むエラー ダイアログ
(図 2) 可能性があるソリューションが表示されているエラー ダイアログ
  • Visual Studio の更新後に、 [プログラムの追加と削除] でのインストールされた日付と時間が、インストーラーにより正しく設定されない問題を解決しました。
エディター
  • Freedom Scientific の JAWS スクリーン リーダーが Visual Studio エディターで IntelliSense を使用できないスクリーン リーダー問題を修正しました。
  • 人気のある Productivity Power Tools (生産性パワー ツール) のナビゲーション機能 Control Click Go To Definition (コントロール クリックして定義へ移動) を Visual Studio の主要な製品に追加しました。
    • サポートされる言語の場合 (現在は C#、VB および Python。今後のリリースで他の言語も利用可能)、Ctrl キーを押すと、Visual Studio エディター内のシンボルをクリックして定義に移動することができます。
    • Ctrl キーを押しながらクリックして単語を選択する従来の動作を保持する場合、機能のキー使用法を制御するには、 [ツール]>[オプション]>[テキスト エディター]>[全般]>[マウス クリックを有効にして [定義へ移動] を実行する] の順に選択して、必要に応じて他の修飾キーを選択したり機能をオフにしたりできます。
機能拡張

インストールされた拡張機能が Visual Studio の更新通知を表示せず、自動的に更新しないバグを修正しました。

ライトウェイト ソリューション ロード

ライトウェイト ソリューション ロードが有効の状態でソリューションを開いたときにビルドの失敗を引き起こすバグを解決しました。

Live Unit Testing

  • Live Unit Testing では、3 つの一般的な単体テスト フレームワークである xUnit、NUnit、および MSTest バージョン 1 と 2 がサポートされます。
  • Live Unit Testing が有効になっていない場合、既存の単体テストを含むソリューションを開くと、Visual Studio IDE に金色のバーが表示されます。 金色のバーには、機能の詳細、有効にする方法、必要な前提条件などが表示されます。
  • タスク ステータス センターにはバックグラウンド処理通知が表示されるので、Live Unit Testing を使いながら重要な問題に簡単に対応できます。
  • 右クリック ジェスチャ名での必要/必要なしの名前が、 [Live Test Set – Include/Exclude](ライブ テスト セット – 必要/必要なし) から [Live Unit Testing Include/Exclude](Live Unit Testing 必要/必要なし) に変更されました。 また、メニュー バーから、[クリーンのリセット] を削除し、[ツール] > [オプション] > [持続的なデータの削除] に移動しました。
  • プロジェクトが読み込まれていない場合のシステムの検出が向上し、Live Unit Testing のクラッシュを防ぐことができるように、いくつかの修正を行いました。 プロジェクト ファイルで何も変更されていないことをシステムが知っている場合に MSBuild プロジェクトの再評価を行わないようにすることで、ビルドのパフォーマンスが向上しました。

ユニバーサル Windows プラットフォーム開発向けツール

Visual Studio 2017 バージョン 15.4 リリースでは、ユニバーサル Windows プラットフォームの開発ツール用に多くの更新プログラムを配信しています。 以下の最新情報をご覧ください。

Windows Fall Creators Update のサポート

Visual Studio 2017 バージョン 15.4 リリースでは、Windows Fall Creators Update SDK を対象とする開発者向けにファースト クラスのサポートを提供します。 Visual Studio 2017 バージョン 15.4 でユニバーサル Windows プラットフォーム開発ワークロードをインストールすると、Windows 10 Fall Creators Update SDK を自動的に入手します。

Windows Fall Creators Update SDK をターゲットとした UWP プロジェクト向けに XAML デザイナーを更新

Windows Fall Creators Update SDK をターゲットとした UWP プロジェクト向けに XAML デザイナーを大幅に更新しました。この更新では、パフォーマンスと信頼性の向上、さらに Fluent デザインの成果物をレンダリングする機能が重要視されました。 詳細については、Visual Studio の「update to the XMAL Designer (XAML デザイナーへの更新)」ブログ投稿を参照してください。

:Windows Fall Creators Update をターゲットとした UWP アプリケーションを構築する場合を除き、XAML デザイナーのエクスペリエンスは同じです。

XAML のエディット コンティニュの改良

[編集して続行] を使用して、XAML リソースを編集または削除することができるようになりました。 さらに、ControlTemplates を追加することもできます。 これらの新機能を活用するには、Windows Fall Creators Update SDK をターゲットとし、最新の Windows Fall Creators Update を適用したアプリケーションを実行していることを確認してください。

.NET Standard 2.0 サポート

Windows Fall Creators Update では、UWP 開発向けに .NET Standard 2.0 サポートを利用できます。 .NET Standard 2.0 で新しい API を利用するには、アプリケーションがターゲットとする "最小" バージョンを Windows Fall Creators Update SDK に設定する必要があります。 それにより、.NET Standard 2.0 NuGet パッケージ、クラス ライブラリ、および API を UWP アプリケーションから直接参照する機能を利用することができます。

UWP アプリケーションでは、.NET Standard 2.0 をサポートする一部のライブラリが正常に動作しないか、動作させるために追加手順が必要であることに注意してください。 具体的には、リフレクションに関して既知の制限がある .NET Native でコンパイルされた UWP アプリケーションが該当します。 テスト中にこれが見つかった場合は、ライブラリの所有者に連絡し、可能な回避策または修正を依頼することをお勧めします。 この例の 1 つは Entity Framework Core 2.0 NuGet パッケージであり、現在このパッケージには次の修正プログラムのリリースで修正される UWP に関する既知の問題がいくつかあります (詳しくは、EF Core によってサポートされる .NET の実装に関するドキュメントをご覧ください)。

Windows アプリケーション パッケージ プロジェクト

Visual Studio 2017 バージョン 15.4 リリースでは、任意の Windows プロジェクトを .appx コンテナーにパッケージ化するのに役立つ新しいプロジェクト テンプレートが提供されます。これにより、Windows ストアにモダンに配布または送信できます。

Windows アプリケーション パッケージ プロジェクトを開始するには、 [ファイル]>[新規]>[プロジェクト] に移動し、 [Visual C#]>[Windows ユニバーサル ノード] の下にある新しい [Windows アプリケーション パッケージ プロジェクト] テンプレートを選択します (図 3)。

Windows アプリケーション パッケージ プロジェクト
(図 3) Windows アプリケーション パッケージ プロジェクト

新しいプロジェクトでは、WPF、WinForms、MFC など、既存の Windows プロジェクトへの参照を追加することができます。これを行うには、 [ソリューション エクスプローラー][アプリケーション] ノードを右クリックして、 [参照の追加] を選択します。 すると、パッケージ化、マニフェスト編集、ストアの関連付けなど、使い慣れた多くの既存の UWP ツールが表示されます。

Web 開発ツール

  • インストール時に .NET Core 2.0 を利用することができ、.NET Core 2.0 は Web 開発と .NET Core のワークロード用に既定で含まれています。
  • Razor ページ スキャフォールディングがサポートされるようになりました。
  • Azure Container Registry や Docker Hub などのコンテナー レジストリに発行できます。
  • Azure ワークロードには Azure Functions ツールが含まれます。
  • Azure Web ジョブを発行するときに、Cron 式を使用してトリガーされた Web ジョブとして発行できます。

Xamarin 用の Visual Studio Tools

Xamarin Live では、開発者は iOS および Android デバイスで直接、アプリを継続的に展開、テストおよびデバッグできます (図 4)。 Xamarin Live Player (App Store または Google Play で利用可能) をダウンロードした後、デバイスを Visual Studio とペアリングすることで、モバイル アプリの構築方法を一変させることができます。 この機能は、Visual Studio に含まれるようになりました。 [ツール]>[オプション]>[Xamarin]>[Other] \(その他)>[Xamarin Live Player を有効にする] で有効にすることができます。

Xamarin Live Player
(図 4) Xamarin Live Player のペアリング、展開、ライブ エディット モードのアニメーション

Visual Studio 2017 バージョン 15.4 の変更点の完全な一覧については、 Visual Studio Tools for Xamarin リリース ノートを参照してください。

Visual Studio Tools for CMake

Visual Studio 2017 バージョン 15.4 では、CMake に関して次の機能が強化されています。

  • Visual Studio Tools for CMake に含まれる CMake のバージョンが、バージョン 3.9 にアップグレードされました。
  • 複数の独立した CMakeList を含むフォルダーがサポートされるようになりました。

詳しくは、「what's new in CMake in 15.4」(15.4 での CMake の新機能) をご覧ください。

Linux C++ の機能強化

CMake プロジェクトから Linux をターゲットにできるようになりました。 これにより、VS プロジェクトに変換しなくても、ビルド ソリューションとして CMake を使用する既存のコード ベースで作業することができます。 コード ベースがクロス プラットフォームの場合は、Visual Studio 内から Windows および Linux の両方をターゲット設定できます。 詳細については、「Visual C++ for Linux Development with CMake (CMake を使用した Linux 開発用の Visual C++)」ブログ投稿を参照してください。

Visual Studio Tools for Unity の機能強化

  • Unity 2017.1 で実験用の .NET 4.6 オプションのサポートが向上しました。
  • 新しいランタイムで Set Instruction Pointer (命令ポインターの設定) 機能のサポートが強化されました。
  • Unity 2017.2 でユーザー定義アセンブリ (assembly.json) がサポートされています。
  • デバッグ中の式の評価が全般的に強化されました。

Visual Studio Tools for Apache Cordova

Android SDK が %programdata% の非公開の場所にインストールされるようになりました。 これにより、ユーザーは、あらゆる VS TACO シナリオに影響を与えずに、別の場所にある共有の SDK インストールを管理できます。

R Tools for Visual Studio

RMarkdown のサポート:
  • RMarkdown ファイルのライブ編集
  • コード ブロック内でサポートされる R コードの書式設定
  • R コード ブロックでスマート インデント
  • かっこの一致とコード補完
リモート接続:
  • 前のリリースでは、Windows リモート R のサポートが追加されました
  • Linux の接続も利用できるようになりました
全般的な改善点:
  • Roxygen の色付けと Intellisense
  • R linting (LintR に似ています)
  • R プロット履歴の複数選択
  • dplyr パイプを含む複数行の式でのスマート インデントの向上
  • ビューアーとグリッドを含むアクセシビリティの高い UI

リリース ノート アイコンVisual Studio 2017 バージョン 15.4.1

2017 年 10 月 19 日リリース

15.4.1 で修正された主な問題

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。


リリース ノート アイコンVisual Studio 2017 バージョン 15.4.2

2017 年 10 月 31 日リリース

15.4.2 で修正された主な問題

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。


リリース ノート アイコンVisual Studio 2017 バージョン 15.4.3

2017 年 11 月 8 日リリース

15.4.3 で修正された主な問題

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。

  • Xcode 9.1 と iOS 11.1 のサポートが追加されました。
  • 英語以外の言語を使用するときの、Python プロジェクトのメニューが復元されました。

リリース ノート アイコンVisual Studio 2017 バージョン 15.4.4

2017 年 11 月 14 日リリース

15.4.4 での更新の概要

.NET Core と ASP.NET Core のセキュリティ アドバイザリ

Microsoft は、.NET Core および ASP.NET Core のセキュリティ アドバイザリをリリースしました。 詳細については、.NET Core および ASP.NET Core のリポジトリの該当するお知らせを参照してください。 次の情報にご注意ください。

  • CVE-2017-8585 正しくない形式の証明書によるサービス拒否の可能性: .NET Core 1.0、1.1、2.0 に存在するセキュリティ脆弱性のため、正しくない形式の証明書または他の ASN.1 形式のデータにより、Linux および macOS での無限ループによってサービス拒否が発生する可能性があります。 システム管理者は、.NET Core ランタイムをバージョン 1.0.8、1.1.5、2.0.1 に更新することをお勧めします。 開発者は、.NET Core SDK をバージョン 2.0.3 または 1.1.5 に更新することをお勧めします。

  • CVE-2017-8700 CORS のバイパスによる情報漏えいの可能性: クロス オリジン リソース共有 (CORS) をバイパスできる ASP.NET Core 1.0 および 1.1 では、情報漏えいにつながるセキュリティの脆弱性があります。

  • CVE-2017-11879 オープン リダイレクトによる特権の昇格の可能性: オープン リダイレクトが存在する ASP.NET Core 2.0 でのセキュリティ脆弱性のため、特権の昇格が発生する可能性があります。

  • CVE-2017-11770 サービス拒否の脆弱性: ASP.NET Core 1.0、1.1、2.0 でアプリケーションが Windows の Http.Sys によってホストされていると、形式が適切でない要求によってサービス拒否が発生するセキュリティの脆弱性があります。

ASP.NET Core 1.0、ASP.NET Core 1.1、ASP.NET Core 2.0 で作成した新しいプロジェクトでは、上記のセキュリティ更新プログラムを含むパッケージ バージョンを使用します。 既存のプロジェクトの場合、ユーザーは [NuGet パッケージの管理] ダイアログを使用してパッケージを新しいバージョンに更新することができます。

15.4.4 で修正された主な問題

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。


リリース ノート アイコンVisual Studio 2017 バージョン 15.4.5

2017 年 11 月 27 日リリース

15.4.5 で修正された主な問題

以下は、ユーザーから報告され、このリリースで対処された問題です。


既知の問題

ご意見とご感想はすべて参考にさせていただいております。 開発者コミュニティ サイトにアクセスして、最新の問題を検索したり、新しい問題を投稿したり、既存の問題を更新したりします。 Visual Studio 2017 バージョン 15.4 のすべての既知の問題と回避策を参照できます。

Visual Studio 2017 の既知の問題


フィードバックと提案

皆様のご意見をお待ちしております。 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。 [ 問題の報告] アイコン アイコンは右上隅にあります。 製品に関する提案をしたり、Visual Studio 開発者コミュニティで問題を追跡したりすることにより、質問、回答の検索、新機能を提案したりすることができます。 ライブ チャット サポートを介して、無料のインストールのヘルプを取得することもできます。


ブログ

開発者ツールのブログで提供されている洞察や推奨事項を活用すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手し続けることができ、さまざまな機能について掘り下げた記事を参照することもできます。

開発者ツールのブログ


Visual Studio 2017 リリース ノート履歴

Visual Studio 2017 の過去のバージョンに関する詳細については、「 Visual Studio 2017 リリース ノート履歴 」ページを参照してください。


ページのトップへ