Visual Studio Icon Visual Studio 2019 for Mac プレビュー リリース ノートVisual Studio 2019 for Mac Preview Release Notes


開発者コミュニティ | システム要件 | 互換性 | 再頒布可能コード | ドキュメント | ブログ | サービス |Developer Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | Documentation | Blogs | Servicing |


プレビューを入手するGet the Preview

重要

プレビュー チャネルへの更新によって、Visual Studio 2019 for Mac のプレビューを入手します。Get the Preview of Visual Studio 2019 for Mac by updating to the Preview channel.

このリリースは、"Go Live" ではなく、実稼働コンピューターでの使用や実稼働コードの作成を目的としていません。This release is not "go-live" and not intended for use on production computers or for creating production code.

Visual Studio for Mac の詳細については、「Mac システム要件」と「Mac の対象プラットフォームと互換性」を参照してください。To learn more about Visual Studio for Mac, see Mac System Requirements and Mac Platform Targeting and Compatibility.

他の関連ダウンロードの詳細については、ダウンロードのページを参照してください。To learn more about other related downloads, see the Downloads page.


8.3 プレビューの新機能What's New in 8.3 Preview

Visual Studio 2019 for Mac バージョン 8.3 プレビュー リリースVisual Studio 2019 for Mac version 8.3 Preview Releases

リリースの特長Release Highlights

既知の問題Known Issues

既知の問題」セクションを参照してください。Refer to the Known Issues section.


フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We would love to hear from you! 問題がございましたら、Visual Studio for Mac IDE の [問題の報告] オプションからお知らせください。You can report a problem through the Report a Problem option in Visual Studio for Mac IDE. 提案を含むお客様のフィードバックは、開発者コミュニティ ポータルで追跡することができます。You can track your feedback, including suggestions, in the Developer Community portal.


Visual Studio 2019 for Mac バージョン 8.3 プレビュー 2 (8.3.0.1290) Visual Studio 2019 for Mac version 8.3 Preview 2 (8.3.0.1290)

リリース日: 2019 年 8 月 13 日released August 13, 2019

新機能New Features

マルチターゲットMulti-Targeting

このリリースでは、マルチターゲット フレームワークを使用するプロジェクトの強化されたサポートが追加されました。In this release we have added improved support for projects that have multi-target frameworks. 機能と利点の一部の詳細を以下に示します。Some of the features and benefits are detailed below:

  • マルチターゲット フレームワーク プロジェクト内のファイルを編集するとき、ターゲット フレームワークを選択してエディターで IntelliSense をガイドすることができますWhen editing a file in a multi-target framework project, the target framework can be selected to guide the intellisense in the editor

    Visual Studio for Mac でのマルチターゲット フレームワーク プロジェクト エディターのエクスペリエンスMulti-target framework project editor experience in Visual Studio for Mac
  • エディターでは、特定のターゲット フレームワークに対して利用できない API に関する情報が IntelliSense とツールヒントで表示されます。The editor will show information in IntelliSense and tooltips about APIs that are not available for a particular target framework.

  • 特定のフレームワークに対するデバッグのサポートも追加されました。We have also added support for debugging against a specific framework:

    Visual Studio for Mac でのマルチターゲット フレームワーク プロジェクトのデバッグDebugging a multi-target framework project in Visual Studio for Mac

NuGetNuGet

新しい [NuGet パッケージの管理] ダイアログNew Manage NuGet packages dialog

[NuGet パッケージの管理] ダイアログで、NuGet パッケージのインストール、更新、またはアンインストールを、複数のプロジェクトに対して 1 ステップで実行できるようになりました。NuGet packages can now be installed, updated or uninstalled for multiple projects in one step with the Manage NuGet packages dialog:

Visual Studio for Mac でのソリューションに対する NuGet パッケージの管理Managing NuGet packages for the solution in Visual Studio for Mac

[パッケージの追加] ダイアログは、次の 4 つのタブを持つ [NuGet パッケージの管理] ダイアログに置き換えられました。The Add Packages dialog has been replaced with a Manage NuGet Packages dialog that has four tabs:

  • [参照] - 選択されたパッケージ ソースから使用可能なパッケージが表示されます。Browse - shows packages available from the selected package source.
  • [インストール済み] - ソリューションにインストールされているパッケージ、または 1 つのプロジェクトに対してパッケージを管理している場合はプロジェクトにインストールされているパッケージが、表示されます。Installed - shows packages installed in the solution, or project if managing packages for a single project.
  • [更新プログラム] - ソリューションで使用できるパッケージの更新、または 1 つのプロジェクトに対してパッケージを管理している場合はプロジェクトで使用できるパッケージの更新が、表示されます。Updates - shows package updates available for the solution, or project if managing packages for a single project.
  • [統合] - ソリューション間でバージョンが異なるパッケージが表示されます。Consolidate - shows packages that have different versions across the solution.

さまざまな新しいタブを使用するには、次の手順のようにします。To use the various new tabs, follow the steps below:

ソリューションの [NuGet パッケージの管理] ダイアログを開くには、次のようにします。To open the Manage NuGet Packages dialog for the solution, do the following:

  1. [ソリューション] ウィンドウでソリューションが選択されていることを確認します。Make sure the solution is selected in the Solution window.
  2. ソリューションを右クリックして [NuGet パッケージの管理] を選択するか、[プロジェクト] メニューの [NuGet パッケージの管理] を選択します。Right click the solution and select Manage NuGet Packages OR select Manage NuGet Packages from the Project menu.

複数のプロジェクトにパッケージをインストールするには、次のようにします。To install a package into multiple projects, do the following:

  1. [参照] タブでパッケージを選択します。Select the package in the Browse tab.
  2. [パッケージの追加] ボタンをクリックします。Click the Add Package button.
  3. 次に示すように、[プロジェクトの選択] ダイアログでプロジェクトを確認して、 [OK] をクリックします。Check the projects in the Select Projects dialog and click OK, as illustrated below:
Visual Studio for Mac の [プロジェクトの選択] ダイアログSelect Projects dialog in Visual Studio for Mac

複数のプロジェクトのパッケージを更新するには:To update a package in multiple projects:

  1. [更新プログラム] タブでパッケージを選択します。Select the package in the Updates tab.
  2. [パッケージの更新] ボタンをクリックします。Click the Update Package button.
  3. [プロジェクトの選択] ダイアログでプロジェクトを確認して、 [OK] をクリックします。Check the projects in the Select Projects dialog and click OK.

複数のプロジェクトからパッケージをアンインストールするには:To uninstall a package from multiple projects:

  1. [インストール済み] タブを選択します。Select the Installed tab.
  2. アンインストールするパッケージを選択します。Select the package you want to uninstall.
  3. [パッケージのアンインストール] ボタンをクリックします。Click the Uninstall Package button.
  4. パッケージをアンインストールするプロジェクトを確認し、 [OK] をクリックします。Check the projects you want the package to be uninstalled from and click OK.

複数のプロジェクトのパッケージを統合するには:To consolidate package in multiple projects:

  1. [統合] タブを選択します。Select the Consolidate tab.

  2. 統合するパッケージを選択します。Select the package you want to consolidate.

  3. プロジェクトの一覧でプロジェクトのチェック ボックスをオンまたはオフにします。Check or uncheck projects in the projects list. 既定では、選択された NuGet パッケージを含むプロジェクトがオンになっています。By default projects that contain the selected NuGet package will be checked.

  4. 統合するパッケージのバージョンを選択します。Select the package version to consolidate to. 既定では、パッケージの最新のバージョンが選択されています。By default the latest package version will be selected.

  5. [統合] ボタンをクリックします。Click the Consolidate button.

    Visual Studio for Mac の [NuGet パッケージの管理] ダイアログの [統合] タブManage NuGet Packages dialog consolidate tab in Visual Studio for Mac

1 つのプロジェクトの NuGet パッケージを管理するには:To manage NuGet packages for a single project:

  1. Solution Pad でプロジェクトを選択します。Select the project in the Solution pad.
  2. プロジェクトを右クリックして [NuGet パッケージの管理] を選択し、上記の必要な手順に従います。Right click the project and select Manage NuGet Packages, and follow the steps you need above. [統合] タブは表示されませんが、 [参照][インストール済み][更新プログラム] の各タブは使用可能なことに注意してくださいNote that the Consolidate tab will not be displayed but the Browse, Installed, and Updates tabs will be available

.NET Core.NET Core

ASP.NET Core Web アプリケーションを実行またはデバッグするときに使用されるブラウザーを選択する機能が追加されました。We added the ability to select the browser that is used when you run, or debug, your ASP.NET Core web application.

ブラウザーの選択Select browser

このリリースでは、最新の .NET 3.0 Preview (8) のサポートが導入されています。This release introduces support for the latest .NET 3.0 Preview (8).

ヒント

.Net Core のすべての新機能について詳しくは、.NET Core のリリース ノートをご覧ください。For more information on everything new with .NET Core, see the .NET Core release notes.

ShellShell

ピン留めされたドキュメントPinned Documents

このリリースでは、ドキュメントのタブを "ピン留めする" 機能が導入されました。In this release we have introduced the ability to pin document tabs:

ピン留めされたタブPinned Tabs
  • お気に入りのファイル タブをピン留めして、常に表示を開いたままにすることができますYou can pin your favorite file-tabs to keep them always open and visible
  • "ピン留め" アイコン、ドキュメントのコンテキスト メニュー、または "タブのピン留め/ピン留め解除" コマンド (⌥⌘P) を使用しますUse the Pin icon, document context menu, or the Pin/Unpin Tab command (⌥⌘P)
  • ピン留めされたタブをドラッグするだけで再配置することもできますYou can also rearrange pinned tabs by simply dragging them

ようこそ画面 – お気に入りのキーボード ショートカットWelcome Screen – Favorite Keyboard Shortcuts

Visual Studio for Mac を初めて使うユーザーの場合は、初回実行エクスペリエンスの一部として、お気に入りのキーボード ショートカット スキームを選択するよう求められます。If you're a new Visual Studio for Mac user, you will be asked to select your favorite Keyboard Shortcut Scheme as part of the first run experience. もちろん、Visual Studio の [基本設定] で、既存のスキームを変更したり、独自の構成を作成したりすることもできます。Of course you can also modify existing schemes or build your own from scratch later under Visual Studio > Preferences.

ようこそ画面 – キーボード ショートカットWelcome Screen – Keyboard Shortcuts

デバッガーDebugger

Visual Studio for Mac で SourceLink がサポートされるようになりました。Visual Studio for Mac now supports SourceLink. これにより、ソース ファイルへのリンクが含まれる .PDB が付属する NuGet パッケージからソース コードをデバッグできます。This allows you to debug into source code from NuGet packages that ship .PDBs with links to source files. Visual Studio for Mac では、ソース ファイルが使用可能であることが検出され、ソース ファイルをダウンロードしてパッケージ コードをステップ実行することができます。Visual Studio for Mac will detect that source files are available and offer to download the source file allowing you to step through package code. SourceLink は Mono BCL コードでも動作し、.NET Framework のコードにステップインすることもできます。SourceLink also works with Mono BCL code allowing you to step into .NET Framework code as well.

外部コードにステップイン オプションStep into External Code option
SourceLink プロンプトSourceLink prompt

UnityUnity

  • インスタンスへのアタッチ ダイアログボックスに表示される情報が改善されました (プロセス ID など)Improved the information displayed in the attach to instance dialog, including process ID
  • バイト配列と文字列を検査するときの 16 進エディターのサポートが追加されましたAdded support for the hex editor when inspecting byte arrays and strings
  • デバッガーでのポインター メンバー アクセスのサポートが追加されました (つまり、p->foo->bar)Added support for pointer member access in the debugger, i.e. p->foo->bar
  • 配列初期化子での暗黙的な変換のサポートが追加されました (つまり new byte[] {1,2,3,4})Added support for implicit conversions in array initializers, i.e. new byte[] {1,2,3,4}

XamarinXamarin

Xamarin.FormsXamarin.Forms

Xamarin.Forms 用の XAML ホット リロードXAML Hot Reload for Xamarin.Forms

Visual Studio および Visual Studio for Mac で、Xamarin.Forms 用の XAML ホット リロードのパブリック プレビューを使用できるようになりました。You can now use the public preview of XAML Hot Reload for Xamarin.Forms in Visual Studio and Visual Studio for Mac! XAML ホット リロードを使用すると、エミュレーター、シミュレーター、または物理デバイスでアプリをデバッグし、XAML を変更し、保存して、実行中のアプリにすぐに反映された変更を確認することで、UI を迅速に反復処理できます。XAML Hot Reload enables you to rapidly iterate on your UIs by debugging your app to an emulator, simulator, or physical device, changing your XAML, and hitting save to see those changes immediately reflected on the running app. 詳しくは、XAML ホット リロードに関するドキュメントをご覧ください。For more info, check out the XAML Hot Reload documentation.

Visual Studio for Mac に組み込まれた XAML ホット リロードXAML Hot Reload built into Visual Studio for Mac

ヒント

Xamarin.Forms のすべての新機能について詳しくは、Xamarin.Forms のリリース ノートをご覧ください。For more information on everything new with Xamarin.Forms, see the Xamarin.Forms release notes.

Xamarin.AndroidXamarin.Android

Xamarin に Android Q Preview のサポートが追加されたAdded Android Q Preview support for Xamarin

Xamarin.Android 内で Android Q Beta 4 Final API を使用できるようになりました。You can now use Android Q Beta 4 Final APIs within Xamarin.Android. Android Q Preview で作業を開始することができます。そのためには、 [Android バージョンを使用したコンパイル: (ターゲットフレームワーク)][Android 10.0 (Q)] に設定します。これは、Visual Studio for Mac プロジェクトのプロパティ ページの Build > General タブにあります。You can get started with the Android Q Preview by setting Compile using Android version: (Target Framework) to Android 10.0 (Q) under the Build > General tab of the Visual Studio for Mac project property pages. Android Q の新機能は次のとおりです。Features new to Android Q include:

  • ダーク テーマのサポートでは、システム全体でダーク テーマを有効にするユーザーに対して一貫したエクスペリエンスが確保されます。Support a Dark Theme to ensure a consistent experience for users who enable system-wide dark theme.
  • ジェスチャ ナビゲーションのサポートでは、アプリでエッジツーエッジに移動し、カスタム ジェスチャでシステム ナビゲーション ジェスチャが補完されるようにします。Support Gesture Navigation in your app by going edge-to-edge and making sure your custom gestures are complementary to the system navigation gestures.
  • フォルダブルの最適化: 現在の革新的なフォルダブル デバイス上で、シームレスなエッジツーエッジのエクスペリエンスが提供されます。Optimize for foldables: Deliver seamless, edge-to-edge experiences on today’s innovative foldable devices.
  • 対話型通知の強化では、提案された返信とアクションを通知内で有効にして、ユーザーとやり取りできます。More interactive notifications by enabling suggested replies and actions in your notifications to engage with your users.
  • より優れたネットワーク API は、Wi-Fi ネットワークの要求と接続用です。Better Networking APIs for Wi-Fi network requests and connectivity.
[Android バージョンを使用したコンパイル: (ターゲット フレームワーク)] を [Android 10.0 (Q)] に設定する。Set the Compile using Android version: (Target Framework) to Android 10.0 (Q).

XAML プレビューアーでの Android のマテリアル デザインAndroid Material Design in the XAML Previewer

Xamarin.Forms Visual を使用したマテリアル デザインでは、Xamarin.Forms XAML プレビューアーで iOS と Android の両方をプレビューできるようになりました。Material design using Xamarin.Forms Visual now previews for both iOS and Android in the Xamarin.Forms XAML Previewer. XAML プレビューアーについて詳しくは、XAML プレビューアーのドキュメントをご覧ください。For more information on the XAML Previewer, see the XAML Previewer documentation.

ヒント

Xamarin.Android のすべての新機能について詳しくは、Xamarin.Android のリリース ノートをご覧ください。For more information on everything new with Xamarin.Android, see the Xamarin.Android release notes.

Xamarin.iOSXamarin.iOS

Xamarin Designer for iOS では、新しい制約操作方法が導入されています。The Xamarin Designer for iOS is introducing a new way to work with constraints. 制約可能なビューを選択すると、制約ピン留めモード セレクターの横のツール バーに省略記号が表示されるようになります。When you select a constrainable view, an ellipsis will now appear in the toolbar next to the Constraints Pinning Mode selector. 省略記号をクリックすると、選択したビューで制約を編集するためのポップアップが表示されます。Click the ellipsis to display a popover for editing constraints on the selected view:

制約ピン留めモード セレクターConstraints Pining Mode selector

ヒント

Xamarin.iOS のすべての新機能について詳しくは、Xamarin.iOS のリリース ノートをご覧ください。For more information on everything new with Xamarin.iOS, see the Xamarin.iOS release notes.

バグの修正Bug Fixes

エディターEditor

バージョン コントロールVersion Control

  • 新しいエディターにバージョン コントロール ドキュメント ビューがない問題を修正しましたWe fixed an issue where Version control document views are missing with the new editor

Visual Studio 2019 for Mac バージョン 8.3 プレビュー 1 (8.3.0.867) Visual Studio 2019 for Mac version 8.3 Preview 1 (8.3.0.867)

リリース日: 2019 年 7 月 24 日released July 24, 2019

エディターEditor

ShellShell

  • 後続のキューに入れられたネイティブのアラートが適切にシートに表示されないイシューを修正しました。We fixed an issue where subsequent queued native Alerts don't sheet properly.

プロジェクト システムProject System

NuGetNuGet

新しいパッケージ更新情報New Package update information

Solution Pad でパッケージ更新情報が SDK スタイルのプロジェクトに対して表示されるようになりましたPackage update information is now displayed for SDK style projects in the Solution pad.

  • SDK スタイルと SDK 以外のプロジェクトで情報の表示方法が同じになりました。The way the information is displayed for SDK style and non-SDK projects has been made consistent. 更新アイコンで、更新された NuGet パッケージのバージョンを示すツールヒントが表示されるようになりました。An update icon is now displayed with a tooltip showing the updated NuGet package version. インストールされているバージョンが、すべてのプロジェクトの種類の NuGet パッケージ ID の横に表示されるようになりました。The installed version is now displayed next to the NuGet package id for all projects types.

    Visual Studio for Mac の [ソリューション] ウィンドウでの NuGet パッケージの更新NuGet package updates in the Solution window in Visual Studio for Mac

.NET Core.NET Core

.NET Core コンソールと .NET Standard ライブラリ プロジェクトの発行のサポートPublish support for .NET Core Console and .NET Standard Library Projects

以前のリリースでは、ASP.NET Core プロジェクトをフォルダーに発行する機能を追加しました。In a previous release we added the ability to publish an ASP.NET Core project to a folder. このプレビューでは、NET Core Console と .NET Standard ライブラリ プロジェクトを発行するためのサポートを追加しました。In this preview we added support to publish .NET Core Console and .NET Standard Library Projects. この機能を使用する方法の詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。For more information on how to use this feature, head over to the docs.

ASP.NET Core: launchSettings.json のサポートASP.NET Core: Support for launchSettings.json

ASP.NET Core アプリケーションを開発するときに、開発用にアプリケーションを起動する方法を launchSettings.json ファイルを使用して構成できます。When developing ASP.NET Core applications, you can configure how the application is launched for development purposes using the launchSettings.json file. このファイルの詳細については、環境に関するドキュメントのこちらのセクションを参照してください。launchSettings. json では、実行またはデバッグ時に適用される環境変数に加えて、リッスンするアプリの URL を構成できます。For more info on this file, see this section of the environments doc. In launchSettings.json, you can configure the URL for the app to listen on as well as environment variables that are applied on run or debug. この更新プログラムを使用すると、Visual Studio for Mac を使用していない他のユーザーとのプロジェクトの共同作業が簡単になります。With this update, we make it easier for you to collaborate on projects with others that may not be using Visual Studio for Mac. Visual Studio、Visual Studio Code および dotnet CLI (コマンド ライン インターフェイス) は、既にこのファイルをサポートしています。Visual Studio, Visual Studio Code and the dotnet CLI (Command Line Interface) already support this file.

ASP.NET Core: ファイルの入れ子のサポートASP.NET Core: File Nesting support

このプレビューでは、ASP.NET Core プロジェクトのファイルの自動入れ子も追加しています。In this preview, we are also adding automatic File Nesting for ASP.NET Core projects. 適用されるファイルの自動入れ子の規則は、Visual Studio にあるものと同じです。The auto file nesting rules applied are the same as what you find in Visual Studio. ファイルの入れ子を有効にすると、特に頻繁に編集するファイルに注力することができます。With file nesting enabled, you can focus better on the files that you edit most frequently. 生成されたファイルや、あまり頻繁に編集されないファイルは、他の関連ファイルの下に入れ子になります。Generated files, and less frequently edited files will be nested under other related files.

その他Other

Web ツールWeb Tools

バージョン コントロールVersion Control

既知の問題 Known Issues

  • Xamarin マルチプラットフォーム アプリを作成するときに、共有コード オプションが表示されない。Shared Code option is missing when creating a Xamarin Multiplatform app.

ページのトップへ
Top of Page