Visual Studio Icon Visual Studio 2019 Preview リリース ノートVisual Studio 2019 Preview Release Notes



Developer Community | システム必要条件 | 互換性 | 配布可能コード | ライセンス条項 | ブログ | 最新リリースの既知のイシューDeveloper Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | License Terms | Blogs | Latest Release Known Issues


重要

このリリースは、"Go Live" ではなく、実稼働コンピューターでの使用や実稼働コードの作成を目的としていません。This release is not "go-live" and not intended for use on production computers or for creating production code. Visual Studio 2019 のインストールと更新に関する手順については、Visual Studio 2019 の最新リリースへの更新に関するこのドキュメントをご覧ください。For instructions on installing and updating Visual Studio 2019, see this documentation on updating Visual Studio 2019 to the most recent release.

Download Community Button Download Professional Button Download Preview Button


Visual Studio 2019 の新機能What's New in Visual Studio 2019

Visual Studio 2019 Preview のリリースVisual Studio 2019 Preview Releases

Visual Studio 2019 ブログVisual Studio 2019 Blog

Visual Studio 2019 ブログは、Visual Studio エンジニアリング チームからの製品の分析情報の公式な情報源です。The Visual Studio 2019 Blog is the official source of product insight from the Visual Studio Engineering Team. Visual Studio 2019 リリースの詳細については、次の投稿を参照してください。You can find in-depth information about the Visual Studio 2019 releases in the following posts:


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 4Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 4 New release icon

リリース日: 2020 年 10 月 13 日released October 13, 2020

この Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 4 リリースの内容In This Release of Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 4


  • Visual Studio 2019 16.7 で Intel C++ コンパイラの 80 ビット long double を使用してコンパイルすると、コンパイラ エラーが発生し、プロジェクトをビルドできなくなるという問題を修正しました。Fixed an issue where compiling in Visual Studio 2019 16.7 with the Intel C++ Compiler's 80-bit long double emits compiler errors, preventing projects from building.
  • 一部のシナリオで Live Unit Testing が開始しないという問題を修正した。Fixed an issue where Live Unit Testing would refuse to start in some scenarios.
  • .NET 5.0.RC2 が Visual Studio 2019 v16.8 Preview 4 に追加されました.NET 5.0.RC2 added to Visual Studio 2019 v16.8 Preview 4
  • 不定期の Git 操作が開始されると、終了しないというバグを修正しました。Fixed a bug where an occasional Git operation would begin and never finish.

試験段階の Razor エディターの更新Experimental Razor editor updates

新しい試験段階の Razor エディターで、以下の Razor 編集機能がサポートされるようになりました。The new experimental Razor editor now supports the following Razor editing features:

  • Blazor 電球:Blazor light bulbs:
    • 分離コードに抽出*:Extract to code behind*:
    • タグ* からコンポーネントを作成するCreate component from tag*
    • コンポーネント用の @using ディレクティブを追加するAdd @using directive for component
    • コンポーネント タグ名を完全に修飾するFully qualify component tag name
  • C# 電球C# light bulbs
    • @using ディレクティブを追加するAdd @using directive
    • 型名を完全に修飾するFully qualify type name
  • 強化された Razor 書式設定。Enhanced Razor formatting. これで HTML と C# の混在コンテンツをより詳細に書式設定できるようになりました。We now format more mixed HTML & C# content. ドキュメントを書式設定する方法がわからない場合は、何も行いません。In cases where we don't know how to format the document we no-op.
  • ローカル Razor シナリオでのみ機能し、Codespaces または Live Share ではまだサポートされていません。Only works in local Razor scenarios, not supported yet in Codespaces or Live Share.

試験段階の Razor エディターを有効にするには、 [ツール] > [オプション] > [環境] > [プレビュー機能] に移動し、 [Enable experimental Razor editor](試験段階の Razor エディターを有効にする) を選択してから、Visual Studio を再起動します。To enable the experimental Razor editor, go to Tools > Options > Environment > Preview Features, select Enable experimental Razor editor, and then restart Visual Studio.

Developer Community からFrom Developer Community


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 3.2Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 3.2

"リリース日: 2020 年 9 月 29 日"released September 29, 2020

この Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 3.2 リリースの内容In This Release of Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 3.2



Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 3.1Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 3.1

リリース日: 2020 年 9 月 22 日released September 22, 2020

この Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 3.1 リリースの内容In This Release of Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 3.1



Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 3Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 3

リリース日: 2020 年 9 月 14 日released September 14, 2020

この Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 3 リリースの内容In This Release of Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 3


Visual Studio IDEVisual Studio IDE

  • お使いの GitHub アカウントを、Visual Studio アカウントをいつも管理している方法で追加します。Add your GitHub account using the familiar Visual Studio account management experience. すると、バージョン管理、統合されたターミナルなどの機能で、お使いのアカウントの資格情報が GitHub の認証要求で利用されるようになります。The version control, integrated terminal and other features will then be able to leverage your account credentials to satisfy their GitHub authentication needs.
Inline parameter name hints with GitHub
Visual Studio に GitHub アカウントを追加するAdding GitHub accounts in Visual Studio

Git の生産性Git Productivity

  • Azure DevOps の作業項目から新しいブランチを作成する

    Create a new branch from an Azure DevOps work itemCreate a new branch from an Azure DevOps work item
    Create a new branch from an Azure DevOps work item
    作業項目から新しいブランチを作成するCreate a new branch from a work item

  • Git メニューのお使いのローカル リポジトリの一覧から Git リポジトリを開くOpen a Git repository from a list of your local repositories in the Git menu

Local Repositories list
Git メニューのローカル リポジトリ一覧List of local repositories in Git menu
  • 既定のソース管理プロバイダーが、TFVC ではなく Git になりました。これは、[ツール]、[オプション]、[ソース管理] から変更できます。The default source control provider is now Git instead of TFVC, which you can change from Tools - Options - Source Control

C++C++

  • C++ 20 コルーチンは、/std:c++latest および ヘッダーでサポートされるようになりました。C++20 Coroutines are now supported under /std:c++latest and the header. 従来の動作は、<experimental/coroutine> と /await switch でサポートされています。Support for our legacy behaviour is available under <experimental/coroutine> and the /await switch.
  • IntelliSense で、C++ 20 の ヘッダー、および概念の定義の名前変更と参照がサポートされるようになりました。IntelliSense now provides support for C++20 and headers, and rename and browsing for concept definitions. Preview 4 で対処される予定の既知の問題があります。There is a known issue that we expect to address in Preview 4.
  • STL で、C++20 Ranges の多くがサポートされるようになりました。Our STL now has support for the majority of C++20 Ranges. 進捗については、ranges に関する GitHub イシューのページを参照してください。You can track our progress on our ranges GitHub issue.
  • 条件付きで自明な特殊メンバー関数が MSVC でサポートされるようになりました。Conditionally trivial special member functions are now supported in MSVC.
  • C11 と C17 が、/std:c11 および /std:c17 スイッチでサポートされるようになりました。C11 and C17 are now supported under the /std:c11 and /std:c17 switches.
  • STL のその他の機能強化としては、std::atomic_refstd::midpoint and std::lerp および std::execution::unseq の完全なサポートおよび、std::reverse_copy の最適化などがあります。Additional STL improvements include full support for std::atomic_ref, std::midpoint and std::lerp and std::execution::unseq, optimizations for std::reverse_copy, and more. すべての更新については、変更ログを参照してください。You can find all the updates in our Changelog.
  • Visual Studio に付属している CMake のバージョンが CMake 3.18 にアップグレードされました。We have upgraded the version of CMake shipped with Visual Studio to CMake 3.18.
  • コード分析ツールで、業界標準の静的な分析ログ形式である SARIF 2.1 標準がサポートされるようになりました。Our code analysis tools now support the SARIF 2.1 standard: the industry standard static analysis log format. SARIF の形式の詳細については、正式な仕様に関するページを参照してください。You can read more about the format SARIF format in the official specification.
  • Linux プロジェクトで見つからないビルド ツールがある場合、ツール バーには警告が表示され、エラー一覧には不足しているツールが明記されるようになりました。Missing build tools in Linux projects will now issue a warning in the toolbar and a clear description of the missing tools in the error list.
  • Linux コア ダンプを、リモートの Linux システムまたは WSL の Visual Studio から直接デバッグできるようになりました。You can now debug Linux core dumps on a remote Linux system or WSL directly from Visual Studio.
  • C++ Doxygen でのコメントの生成に、(/*! とFor C++ Doxygen comment generation, we added additional comment style options (/*! //!) のオプションのコメント形式が追加されました。and //!).
  • その他の vcpkg announcementsAdditional vcpkg announcements
  • Visual Studio で、入力時のリンターと修正が使用できるようになりました。As-you-type linter and fixups are now available in Visual Studio. 構成するには、[ツール]、[オプション]、[テキスト エディター]、[C/ C++]、[CodeStyle]、[リンター]、[Linter + Fixups](リンターおよび修正) を使用します。Configure using Tools->Options->Text Editor->C/C++->CodeStyle->Linter + Fixups.
As-you-type linter showing warning for using bitwise & instead of logical && on bools
入力時のリンターAs-you-type linter

.NET の生産性.NET Productivity

  • .NET のコンパイラ プラットフォーム (Roslyn) アナライザーでは、お使いの C# コードまたは Visual Basic コードに安全性、パフォーマンス、設計およびその他の問題がないか検査を行います。.NET compiler platform (Roslyn) analyzers inspect your C# or Visual Basic code for security, performance, design, and other issues. .NET 5.0 以降、これらのアナライザーは .NET SDK に含まれるようになりました。Starting in .NET 5.0, these analyzers are included with the .NET SDK. コード分析は、.NET 5.0 以降を対象とするプロジェクトで既定で有効になっています。Code analysis is enabled, by default, for projects that target .NET 5.0 or later. EnableNETAnalyzers プロパティを true に設定すると、以前のバージョンの .NET を対象とするプロジェクトで、.NET コード分析を有効にできます。You can enable code analysis on projects that target earlier .NET versions by setting the EnableNETAnalyzers property to true. 自分のプロジェクトでコード分析を無効にするには、EnableNETAnalyzersfalse に設定します。You can disable code analysis for your project by setting EnableNETAnalyzers to false. [プロジェクトのプロパティ] ウィンドウで .NET アナライザーを有効または無効にすることも可能です。You can also use the Project Properties window to enable/disable .NET analyzers. [プロジェクトのプロパティ] ウィンドウに移動するには、ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、 [プロパティ] を選択します。To access the Project Properties window right-click on a project within Solution Explorer and select Properties. 次に、 .NET アナライザーを有効にするチェックボックスのオン/オフを選択できる、 [Code Analysis] タブを選択します。Next, select the Code Analysis tab where you can either select or clear the checkbox to Enable .NET analyzers.
Project Properties window to enable .NET Analyzers
.NET アナライザーを有効にするための [プロジェクトのプロパティ] ウィンドウProject Properties window to enable .NET Analyzers
  • 抑制演算子があるときに、C# 9 not の新しいパターン マッチング構文を導入できるリファクタリングが追加されました。There is now a refactoring that introduces the new C# 9 not pattern matching syntax when a suppression operator is present. 抑制演算子にカーソルを置きます。Place your cursor on the suppression operator. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [パターン マッチングを使用します] を選択します。Select Use pattern matching.
Refactoring introducing C# 9 not pattern matching syntax
リファクタリングでの C# 9 not パターン マッチング構文の導入Refactoring introducing C# 9 not pattern matching syntax
  • メソッドのインライン化リファクタリングが導入されました。これにより、1 つのステートメント本文内で使用されている static、instance、および extension メソッドを、元のメソッド宣言を削除するオプションと置き換えることができます。There is now an inline method refactoring that helps you replace usages of a static, instance, and extension method within a single statement body with an option to remove the original method declaration. メソッドの使用にカーソルを置きます。Place your cursor on the usage of the method. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. 次に、以下のオプションのいずれかを選択します。Next select from one of the following options:

[Inline <QualifiedMethodName>](<QualifiedMethodName> のインライン化) を選択し、メソッドのインラインでの宣言を削除します。

Inline Method refactoring removing declarationSelect Inline <QualifiedMethodName> to remove the inline method declaration:
Inline Method refactoring removing declaration
メソッドのインライン化リファクタリングでの宣言の削除Inline Method refactoring removing declaration

[Inline and keep <QualifiedMethodName>](インライン化して <QualifiedMethodName> を保持) を選択して、元のメソッド宣言を保持します。

Inline Method refactoring preserving declarationSelect Inline and keep <QualifiedMethodName> to preserve the original method declaration:
Inline Method refactoring preserving declaration
メソッドのインライン化リファクタリングでの宣言の保持Inline Method refactoring preserving declaration

  • テンプレートから作成した新しい C# または Visual Basic のファイルは、EditorConfig のコード スタイル設定に従っています。Creating a new C# or Visual Basic file from a template respects EditorConfig code style settings. 新しいファイルが作成されると、ファイル ヘッダー、ディレクティブを使用した並べ替え、名前空間の内外でのディレクティブを使用した配置のコード スタイルが自動的に適用されます。The following code styles will automatically get applied when creating new files: file headers, sort using directives, and place using directives inside/outside namespaces.

デバッガーDebugger

.NET Core Linux でのコア ダンプのデバッグのサポート.NET Core Linux core dump debugging support

Windows での管理された Linux コア ダンプのデバッグは、今までは困難でした。これは、実稼働を完全にミラーした Linux 環境を別途構成して、分析用に一連のツールをインストールする必要があることを意味していました。Debugging managed Linux core dumps on Windows has been difficult realize until now, it would usually mean setting up another Linux environment that exactly mirrored production and then installing a set of tools for the analysis. Visual Studio 2019 16.8 Preview 3 ではさいわいにも、管理された Linux コア ダンプを直接 IDE にドラッグ アンド ドロップして、即座にデバッグを開始できます。Thankfully with Visual Studio 2019 16.8 preview 3 you can simply drag and drop a managed Linux core dump directly into your IDE and immediately start debugging.

.NET と .NET Core の自動分析.NET and .NET Core Auto Analysis

ここ数年、.NET プラットフォームで非同期 (async) プログラミングが行われてきましたが、上手に行うことは歴史的に困難でした。Asynchronous (async) programming has been around for several years on the .NET platform but has historically been difficult to do well. 次の ant パターンを識別する、マネージド メモリ ダンプ アナライザーが導入されました。We have introduced and managed memory dump analyzer that helps identify the follwoing ant-patterns:

  • Sync-over-AsyncSync-over-Async
  • Async VoidAsync Void

.NET および .NET Core メモリのホット パスの自動分析.NET and .NET Core memory hot path auto analysis

これによりお客様は、[Diagnositcs Memory Tool](診断メモリ ツール) ウィンドウで炎の注釈を使用し、メモリ ヒープ内に多いオブジェクトの種類を直感的に表示できます。This allows customers to intuitively view the dominating object types in their memory heap by using flame annotations in the Diagnositcs Memory Tool window.

XAML ツール (WPF、UWP、Xamarin.Forms)XAML Tools (WPF, UWP & Xamarin.Forms)

XAML ホット リロードの設定の [デバッグ]、[ホット リロード] への移動: このリリースでは、Xamarin.Forms 用の XAML ホット リロードの設定が、新しい場所 ([デバッグ]、[ホットリロード]) に移動されています。XAML Hot Reload Settings moved to "Debugging > Hot Reload": In this release we have completed the XAML Hot Reload settings migration for Xamarin.Forms to the new location under “Debugging > Hot Reload”. つまり、今まで [Xamarin] > [ホット リロード] で Xamarin.Forms 用の XAML ホット リロード設定を見つけることができたお客様は、次に示すように、新しいダイアログで見つけられるようになったということです。This means customers who previously found the Xamarin.Forms XAML Hot Reload settings under “Xamarin > Hot Reload” will now find them in the new dialog as shown below. すべての設定が移行されているので、ご利用の既存の選択内容はすべて、以前の場所にあったものと引き続き一致することになります。All settings have been migrated so all of your existing selections should still match what they were in the previous location.

XAML Hot Reload Consolidated Settings
XAML ホット リロードの設定の統合XAML Hot Reload Consolidated Settings

参照されていない NuGet パッケージのツール ボックスへの入力: このリリースでは、参照されていない NuGet パッケージのコントロールをツールボックスに入力するときの TargetFrameworkMoniker 専用の VisualStudioToolsManifest.xml ファイルが追加されました。Toolbox population from unreferenced NuGet packages: In this release we have added support for TargetFrameworkMoniker-specific VisualStudioToolsManifest.xml files when populating Toolbox with controls from unreferenced NuGet packages. したがって、たとえばお使いのパッケージで、.NET Core 3.1 および .NET 5.0 プロジェクトに別のコントロール セットを公開できるようになりました。So, for example, your package could expose different sets of controls to .NET Core 3.1 and .NET 5.0 projects.

MVVM のサポートの向上: XAML ドキュメントを作成するとき、d:DataContext を設定して、その XAML ドキュメントに適切な IntelliSense をバインドできます。Improving MVVM Support: When authoring a XAML document, you can set d:DataContext to get accurate binding IntelliSense for the XAML document. 今まで、data-contex 型の手動での指定は煩雑でした。XAML ドキュメントを終了し、目的の view-model 型を見つけて、d:DataContext 宣言にその名前空間と名前をコピーして貼り付ける必要がありました。In the past, manually specifying the data-context type was cumbersome; you had to leave the XAML document, find the desired view-model type, copy and paste its namespace and name into the d:DataContext declaration. このリリースでは、電球が使用され view-model の候補が提案される、d:DataContext を迅速に宣言できる新機能が導入されています。In this release we’re introducing a new feature that allows you to quickly declare a d:DataContext via a lightbulb that suggests possible view-model candidates.

Selecting a design time data-context
デザイン時 data-context の選択Selecting a design time data-context

試験段階の Razor エディターの更新Experimental Razor editor updates

新しい試験段階の Razor エディターで、以下の Razor 編集機能がサポートされるようになりました。The new experimental Razor editor now supports the following Razor editing features:

  • .razor ファイルのマークアップ内の Razor コンポーネントを名前変更します。Rename Razor components in markup from .razor files.

試験段階の Razor エディターを有効にするには、 [ツール] > [オプション] > [環境] > [プレビュー機能] に移動し、 [Enable experimental Razor editor](試験段階の Razor エディターを有効にする) を選択してから、Visual Studio を再起動します。To enable the experimental Razor editor, go to Tools > Options > Environment > Preview Features, select Enable experimental Razor editor, and then restart Visual Studio.

SDK スタイル プロジェクトの Fakes で shim の問題が発生するFakes with SDK style projects generate shim issue

SDK スタイル プロジェクトの新しい Fakes サポートを使用する場合、shim の生成時に一部のユーザーで次のエラーが発生しました。When using the new Fakes support for SDK style projects some users encountered the following error when generating shims.

Cannot generate shim for System.DateTime: type is not supported because of internal limitations

この修正プログラムは、16.8 Preview 3 でリリースされています。A fix for this is released in 16.8 Preview 3. 16.7.* リリースを使用している場合は、次の回避策を使用できます。If you are using a 16.7.* release you can use the following workaround:

  1. .csproj ファイルの PropertyGroup に <FakesUseV2Generation>False</FakesUseV2Generation> を追加します。Add <FakesUseV2Generation>False</FakesUseV2Generation> to a PropertyGroup in your csproj file.
  2. .csproj ファイルの ItemGroup に <Fakes Include="Fakes\.fakes" /> を追加します。Add the <Fakes Include="Fakes\.fakes" /> to an ItemGroup in your csproj file.
  3. 生成された Fakes アセンブリへの参照を ProjectDir/FakesAssemblies に追加します。Add a reference to the generated Fakes assemblies in the ProjectDir/FakesAssemblies.

開発者コミュニティのフィードバックに従って、追加の更新プログラムを確認することもできます。You can also follow the developer community feedback for additional updates.

Developer Community からFrom Developer Community


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 2.1Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 2.1

リリース日: 2020 年 8 月 31 日released August 31, 2020

この Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 2.1 リリースの内容In This Release of Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 2.1


  • ASP.NET Core ソリューションから終了または移動したときに Visual Studio 2019 がクラッシュまたは応答を停止するバグを修正した。Fixed a bug causing Visual Studio 2019 to crash or stop responding when closing or navigating away from ASP.NET Core solutions.

Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 2Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 2

リリース日: 2020 年 8 月 25 日released August 25, 2020

この Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 2 リリースの内容In This Release of Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 2


Git の生産性Git Productivity

  • Git リポジトリ ウィンドウのブランチ履歴をシングル クリックで切り替えるSingle click to switch between branch histories in the Git Repository window
  • Live Share セッションにおいてゲストとして新しい Git ウィンドウに読み取り専用モードでアクセスするAccess the new Git windows in read-only mode as a guest in a Live Share session
  • リポジトリを開いた後、ソリューション エクスプローラーでリポジトリ内のソリューションの一覧を表示して選択する
    Preview Feature toggle to show list of Views when opening a repoView and select from a list of solutions in your repo in Solution Explorer after opening a repository
    Preview Feature toggle to show list of Views when opening a repo
    リポジトリを開いているときにビューの一覧表示に切り替えるプレビュー機能Preview Feature toggle to show list of Views when opening a repo
List of Views in Solution Explorer
ソリューション エクスプローラーでのビューの一覧List of Views in Solution Explorer

試験段階の Razor エディターの更新Experimental Razor editor updates

新しい試験段階の Razor エディターで、以下の Razor 編集機能がサポートされるようになりました。The new experimental Razor editor now supports the following Razor editing features:

  • Blazor コンポーネント タグ名での定義への移動Go-to-definition on Blazor component tag names
  • 純粋な C# ブロックに入力するときの C# の書式設定C# formatting when typing in pure C# blocks
  • C# のポイント時の色付けC# hover colorization
  • C# 入力候補ツールヒントの色付けC# completion toolitip colorization

試験段階の Razor エディターを有効にするには、 [ツール] > [オプション] > [環境] > [プレビュー機能] に移動し、 [Enable experimental Razor editor](試験段階の Razor エディターを有効にする) を選択してから、Visual Studio を再起動します。To enable the experimental Razor editor, go to Tools > Options > Environment > Preview Features, select Enable experimental Razor editor, and then restart Visual Studio.

.NET の生産性.NET Productivity

  • 関数呼び出しの各引数の前に、リテラル、キャストされたリテラル、オブジェクト インスタンス化に対する修飾が挿入されるインライン パラメーター名ヒントが、C# と Visual Basic でサポートされるようになりました。There is now C# and Visual Basic support for inline parameter name hints that inserts adornments for literals, casted literals, and object instantiations prior to each argument in function calls. 最初に、 [ツール] > [オプション] > [テキスト エディター] > [C#] または [Basic] > [詳細][Display inline parameter name hints (experimental)](インライン パラメーター名ヒントを表示する (試験段階)) を選択して、このオプションをオンにする必要があります。You will first need to turn this option on in Tools > Options > Text Editor > C# or Basic > Advanced and select Display inline parameter name hints (experimental). その後、インライン パラメーター名ヒントが C# または Visual Basic のファイルに表示されるようになります。The inline parameter name hints will then appear in C# or Visual Basic file.
Inline parameter name hints
インライン パラメーター名ヒントInline Parameter Name Hints
  • 新しい基底クラスの抽出リファクタリングを使用して、選択したクラスから新しい基底クラスにメンバーを抽出できるようになりました。You can now extract members from a selected class to a new base class with the new Extract Base Class refactoring. クラス名または強調表示されたメンバーのいずれかにカーソルを置きます。Place your cursor on either the class name or a highlighted member. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [メンバーを新しい基底クラスに引き上げます] を選択します。Select Pull member(s) up to new base class. 新しい [Extract Base Class](基底クラスの抽出) ダイアログ ボックスが開き、基底クラスの名前と配置先の場所を指定できます。The new Extract Base Class dialog will open where you can specify the name for the base class and location of where it should be placed. 新しい基底クラスに転送するメンバーを選択し、[抽象化する] 列のチェック ボックスをオンにすることで、メンバーを抽象にすることができます。You can select the members that you want to transfer to the new base class and choose to make the members abstract by selecting the checkbox in the Make Abstract column.
Extract Base Class
基底クラスの抽出Extract Base Class

[OK] を選択すると、新しい基底クラスとそのメンバーが追加されます。Once you select Ok you will see the new base class added along with its members.

C# の場合、 [typeof から nameof へ変換] を選択します。For C#, select Convert typeof to nameof:

Convert typeof to nameof
typeof を nameof に変換するConvert typeof to nameof

Visual Basic の場合、 [GetType から NameOf へ変換] を選択します。For Visual Basic, select Convert GetType to NameOf:

Convert GetType to NameOf
GetType から NameOf へ変換Convert GetType to NameOf
  • コード クリーンアップに、1 つのファイルまたはソリューション全体に対し、EditorConfig ファイルで設定されている書式設定とファイルヘッダーの基本設定を適用できる、新しい構成オプションが追加されました。Code cleanup has new configuration options that can apply formatting and file header preferences set in your EditorConfig file across a single file or an entire solution.
Formatting and File Header support in Code Cleanup
コード クリーンアップでの書式設定とファイル ヘッダーのサポートFormatting and File Header support in Code Cleanup

XAML ツール (WPF、UWP、Xamarin.Forms)XAML Tools (WPF, UWP & Xamarin.Forms)

  • [デバッグ] > [Hot Reload](ホット リロード) に移動された XAML ホット リロードの設定 – 複数の 16.8 プレビュー リリースに対して行われる大きな作業の一部として、WPF、UWP、および最終的には Xamarin.Forms の全体で XAML ホット リロードの設定を 1 つの設定場所に統合する作業が始められています。XAML Hot Reload Settings moved to “Debugging > Hot Reload” – as part of a bigger effort that will be completed across multiple 16.8 Preview release, we’re starting to consolidate the XAML Hot Reload settings across WPF, UWP and eventually Xamarin.Forms into a unified settings location. このリリースでは、[デバッグ] > [全般] > [XAML の UI デバッグ ツールを有効にする] にある既存のデスクトップ設定を、[デバッグ] > [Hot Reload](ホット リロード) の新しい場所に移動することで、このプロセスを開始しました。In this release we’ve started this process by moving the existing desktop settings out of the “Debugging > General > Enable UI Debugging Tools for XAML” and into a new location under “Debugging > Hot Reload”. この移行の間に設定は変更されないため、既存のすべての選択は引き続き有効です。No settings will be changed during this migration so all your existing choices will continue to stay in effect. また、初めて、XAML ホット リロードのサポートをプラットフォームごとに無効または有効にすることができるようになります。つまり、WPF、UWP、またはその両方で、これらのエクスペリエンスを無効にすることができます。Also, for the first time ever we’re enabling the ability to disable/enable XAML Hot Reload support per-platform, meaning you can disable these experiences for WPF, UWP or both.

  • Xamarin.Forms の "変更のみ" の XAML ホット リロードが UWP でサポートされるようになる – このリリースでは、UWP が対象のときに Xamarin.Forms プロジェクトでの新しい変更のみの XAML ホット リロードのサポートを有効にするという、要望の多かった機能のサポートのロールアウトが開始されます。Xamarin.Forms “changes only” XAML Hot Reload now supports UWP – in this release we begin to rollout support for a highly requested feature that enables the new changes only XAML Hot Reload support in Xamarin.Forms Projects when targeting UWP. この機能はまだ開発中のため、XAML を編集すると実行中のアプリで更新がトリガーされますが、アプリ内ツールバー (要素の選択など) などの他の機能がまだ完全に実装されていないため、予期しない動作が発生する可能性があることに注意してください。Please note this feature is still in development, and while editing XAML will now trigger updates in the running app other features such as in-app toolbar (element selection, etc.) are not yet fully implemented and can have unpredictable behavior.

Visual Studio 2019 バージョン 16.8 プレビュー 2 で修正された主な問題Top Issues Fixed in Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 2


Developer Community からFrom Developer Community


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 1Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 1

リリース日: 2020 年 8 月 5 日released August 05, 2020

この Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 1 リリースの内容In This Release of Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 1


Git の生産性Git Productivity

  • [表示] メニューを使用して Git リポジトリと Git 変更ウィンドウを開くOpen the Git Repository and Git Changes windows through the View menu
  • [Git リポジトリ] ウィンドウのツール バーを使用して、履歴ビューを変更し、コミットを検索するModify the history view and search for commits through a tool bar in the Git Repository window
  • ブランチの履歴グラフの入力方向と出力方向のコミット セクションからフェッチ、プル、およびプッシュを行うFetch, pull, and push from the incoming and outgoing commits sections in the history graph of a branch
  • ブランチをリモートにプッシュした後でプル要求を作成するように求めるメッセージを表示するGet prompted to create a pull request after pushing a branch to your remote
  • ブランチ リスト コンテキスト メニューのマージおよびリベース コマンドでブランチ名を表示するView branch names in the merge and rebase commands in the branch list context menu
  • ソリューション エクスプローラーとエディターのコンテキスト メニューを使用して Git コマンドにアクセスするAccess Git commands through the context menu in Solution Explorer and the Editor
  • プロセスをバックグラウンドに移動するオプションを使用して、新しいモーダル ダイアログでクローンの進行状況を監視するObserve clone progress through a new modal dialog with the option to move the process to the background

C++C++

RazorRazor

  • Razor 用の定義への移動/実装 (閉じたファイルを含む)Go-to-definition/implementation for Razor, including closed files
  • 閉じられている Razor ファイルですべての参照を検索するFind All References in closed Razor files
  • 大規模なプロジェクトとソリューションの Razor 編集パフォーマンスと安定性の向上Improved Razor editing preformance and stability for large projects and solutions

.NET の生産性.NET Productivity

  • 引数の参照渡しができない in キーワードを削除するためのコード修正が加えられました。There is now a code fix to remove the in keyword where the argument should not be passed by reference. エラーにカーソルを置きます。Place your cursor on the error. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [Remove ‘in’ keyword](‘in’ キーワードの削除) を選択します。Select Remove ‘in’ keyword.
Remove in keyword code fix
`in` キーワードの削除のコード修正Remove `in` Keyword Code Fix
  • 新しい C#9 パターン連結子を導入するリファクタリングが追加されました。There is now a refactoring that introduces the new C#9 pattern combinators. このコード修正は、該当する場合に is を使用するように == を変換するなどのパターン マッチングを提案すると共に、複数の異なるパターンと否定をマッチングするときに andor、および not のパターン連結子を提案します。Along with the pattern matching suggestions such as converting == to use is where applicable, this code fix also suggests the pattern combinators and, or and not when matching multiple different patterns and negating. ステートメント内にカーソルを置きます。Place your cursor inside the statement. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [パターン マッチングを使用します] を選択します。Select Use pattern matching.
Introduce C#9 Pattern Combinators
C#9 パターン連結子の導入Introduce C#9 Pattern Combinators
  • 抽象ではないクラスで抽象メソッドを記述しようとするときにクラスを抽象にするためのコード修正が加えられました。There is now a code fix to make a class abstract when you are trying to write an abstract method in a class that is not abstract. メソッド エラーにカーソルを置きます。Place your cursor on the method error. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [Make class ‘abstract’](クラスを ‘abstract’ にします) を選択します。Select Make class ‘abstract’.
Make Class Abstract
クラスを抽象にするMake Class Abstract
  • 16.7 Preview1 で、DateTime および TimeSpan 文字列リテラルに IntelliSense の入力候補が追加されました。In 16.7 Preview1 we added IntelliSense completion in DateTime and TimeSpan string literals. このリリースでは、最初の引用符が入力されると、この入力候補一覧が自動的に表示されます。In this release, this completion list automatically appears when the first quote is typed. 以前は、この入力候補一覧を表示するには、 (Ctrl+Space) を押す必要がありました。In the past, it was required to type (Ctrl+space) to view this completion list. DateTime または TimeSpan 文字列リテラル内にカーソルを置き、最初の二重引用符を入力します。Place your cursor inside the DateTime or TimeSpan string literal and type the first double quote. 入力候補オプションと、各文字の意味についての説明が表示されます。You will then see completion options and an explanation as to what each character means. 日時形式と例の両方が提供されます。Both the date time format and an example will be provided.
IntelliSense Completion in DateTime and TimeSpan String Literals
DateTime および TimeSpan 文字列リテラルにおける IntelliSense 入力候補IntelliSense Completion in DateTime and TimeSpan string Literals
This improvement also works for interpolated strings when you type a colon
この改善は、コロンを入力したときの補間された文字列にも適用されますThis improvement also works for interpolated strings when you type a colon
  • 不要な pragma 抑制および不要な SuppressMessageAttributes を削除するためのコード修正が加えられました。There is now a code fix to remove unnecessary pragma suppressions and unnecessary SuppressMessageAttributes. pragma 警告または SuppressMessageAttribute にカーソルを置きます。Place your cursor on the pragma warning or the SuppressMessageAttribute. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [Remove unnecessary suppression](不要な抑制を削除する) を選択します。Select Remove unnecessary suppression.
Remove Unnecessary Pragmas
不要な pragma を削除するRemove Unnecessary Pragmas
Remove Unnecessary SuppressMessageAttributes
不要な SuppressMessageAttributes を削除するRemove Unnecessary SuppressMessageAttributes
  • [名前の変更] および [すべての参照の検索] で、グローバルの SuppressMessageAttribute 抑制の対象文字列内でシンボルへの参照が認識されるようになりました。Rename and Find All References now understands references to symbols within the target string of global SuppressMessageAttribute suppressions.
Rename SuppressMessageAttribute
SuppressMessageAttribute の名前の変更Rename SuppressMessageAttribute
Find All References for SuppressMessageAttribute
SuppressMessageAttribute のすべての参照の検索Find All References for SuppressMessageAttribute
  • Visual Basic には、パラメーターを渡すための複数の方法がありました。ByVal および ByRef です。また、長い間、ByVal は省略可能でした。Visual Basic had multiple ways of passing parameters, ByVal and ByRef, and for a long time ByVal has been optional. ByVal は不要であり、フェードアウトされます。不要な ByVal を削除するためのコード修正も加えられました。We now fade ByVal to say it's not necessary along with a code fix to remove the unnecessary ByVal. ByVal キーワードにカーソルを置きます。Place your cursor on the ByVal keyword. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [‘ByVal’ keyword is unnecessary and can be removed](‘ByVal’ キーワードは不要であり、削除できます) を選択します。Select ‘ByVal’ keyword is unnecessary and can be removed.
Visual Basic Remove ByVal Refactoring
Visual Basic の ByVal リファクタリングの削除Visual Basic Remove ByVal Refactoring
  • 複数のランタイム (.NET Framework や .NET Core など) に対してインタラクティブ ウィンドウがサポートされるようになりました。There is now interactive window support for multiple runtimes, such as .NET Framework and .NET Core.
Interactive Window Support in .NET Core
.NET Core でのインタラクティブ ウィンドウInteractive Window Support in .NET Core
  • 新しい RegisterAdditionalFileAction API により、アナライザーの作成者は追加ファイル用のアナライザーを作成できるようになります。There is a new RegisterAdditionalFileAction API that allows analyzer authors to create an analyzer for additional files.

XAML ツール (WPF、UWP、Xamarin.Forms)XAML Tools (WPF, UWP & Xamarin.Forms)

XAML デザイナーで推奨されるアクションにより、XAML デザイナー内でコントロールが選択されたときの共通プロパティへのアクセスが簡単になります。XAML Designer Suggested Actions enables easy access to common properties when a control is selected within the XAML Designer. この機能を使用するには、まず [オプション]、[プレビュー機能]、[XAML の推奨アクション] で有効にします。To use this feature first enable it through Options > Preview Features > XAML Suggested Actions. 有効になったら、サポートされているコントロールをクリックし、電球をクリックして推奨アクションの UI を展開し、操作します。Once enabled click on a supported control and use the lightbulb to expand and interact with the Suggestion Actions UI. このリリースでは、次のコントロールがサポートされています。In this release supported controls include:

  • UWP の場合: Border、Button、Canvas、CheckBox、ComboBox、Grid、HyperlinkButton、Image、ListBox、ListView、NavigationView、RadioButton、Slider、StackPanel、TextBlockFor UWP: Border, Button, Canvas, CheckBox, ComboBox, Grid, HyperlinkButton, Image, ListBox, ListView, NavigationView, RadioButton, Slider, StackPanel, TextBlock
  • WPF の場合: Border、Button、Canvas、CheckBox、ComboBox、Grid、Image、Label、ListBox、ListView、StackPanel、TextBlock、TextBox.For WPF: Border, Button, Canvas, CheckBox, ComboBox, Grid, Image, Label, ListBox, ListView, StackPanel, TextBlock, TextBox.

この機能は UWP、WPF .NET Core、WPF .NET Framework (".NET Framework 用の新しい WPF XAML デザイナー" 機能フラグが有効にされている場合) アプリケーションで利用できます。しかし、サポートされている拡張機能はなく、完全な機能でもありません。This feature is available for UWP, WPF .NET Core and WPF .NET Framework (with enabled “New WPF XAML Designer for .NET Framework” feature flag) applications and doesn’t support extensibility, nor is it feature complete.

XAML Designer: Suggested Actions
XAML デザイナー:推奨されるアクションXAML Designer: Suggested Actions
  • XAML の推奨されるアクション - 拡張機能: "推奨されるアクション" の拡張機能も最近導入されました。XAML Suggested Actions - Extensibility: We've also recently introduced extensibility for 'Suggested Actions'. コントロール用に独自の推奨ダイアログをカスタマイズしたり、ビルドしたりできるようになりました。Now you will be able to customize and build your own suggestion dialog for your controls. 詳細については、GitHub のドキュメントを参照してください。For more details see our documentation in GitHub

.NET Framework プロジェクトの新しい WPF XAML デザイナーが早期プレビューで利用できるようになりました。The New WPF XAML Designer for .NET Framework Projects is now available for early preview. これにより、WPF .NET Core 開発者が WPF .NET Framework と同じデザイナーおよび拡張サポートを利用できるようになります。This brings the same designer and extensibility support available for WPF .NET Core developers to WPF .NET Framework. この強化された XAML デザイナーの利点として、読み込みパフォーマンスの高速化、64 ビット構成のサポート (x86 構成の場合と同様にカスタム コントロールが正常に読み込まれる)、安定性の向上、推奨されるアクションなどの新機能があります。Benefits of this improved XAML designer includes faster load performance, 64-bit configuration support (custom controls would load normally just like they do in x86 configuration), improved stability and new features such as Suggested Actions.

作業を開始するには、[オプション] > [プレビュー機能] に移動し、".NET Framework 用の新しい WPF XAML デザイナー" を選択して、Visual Studio を再起動します。To get started, go to Options > Preview Features, select “New WPF XAML Designer for .NET Framework” and restart Visual Studio. この機能は初期テストのプレビュー チャネルでのみ使用できます。最終的なリリースの詳細はまだ決定されていません。This feature is only available in the Preview channel for early testing; its final release details have not yet been determined. WPF .NET Framework のどのお客様も、このデザイナーを試し、発生したイシューを VS フィードバック ハブを通じてご報告ください。We encourage all WPF .NET Framework customers to give this designer a try and report any issues you encounter through the VS Feedback Hub.

XAML バインド エラー診断の強化XAML Binding Failures diagnostic improvements

今回のリリースでは、XAML バイン ド エラーを認識して詳細を確認することが簡単になる新機能のテストが引き続き行われています。これには次のような機能強化が含まれます。In this release we continue to test a new features that makes becoming aware of and seeing the details of XAML binding failures easier, these improvements include:

  • WPF および UWP 開発者向けアプリ内ツール バー エクスペリエンスの新しい XAML バインド エラー インジケーター アイコン。New XAML Binding failure indicator icon in the in-app toolbar experience for WPF and UWP developers. このアイコンは、少なくとも 1 つのバインドが失敗した場合に赤に変わり、強調表示すると、失敗したバインドの合計数がツールヒントに表示されます。This icon will change red if at least one binding fails and highlighting it will show you the total number of failed bindings in the tooltip. アイコンをクリックすると、新しい [XAML Binding Failures](XAML バインド エラー) パネルに移動しますClicking the icon will take you to the new XAML Binding Failures panel
  • 新しい [XAML Binding Failures](XAML バインド エラー) パネル。以前は [出力] ウィンドウでしか使用できなかったバインド エラーが表示され、類似するエラーの並べ替え、検索、グループ化などの機能を備えた新しい専用のエクスペリエンスで簡単に確認できるようになりました。New XAML Binding Failures panel that takes the binding failures that were previously only available in the Output window and makes them easy to review in the new dedicated experience with features such as sorting, searching and grouping of similar errors. このパネルは、WPF、UWP、および Xamarin.Forms プロジェクトで使用できます (注: Xamarin バージョン 4.5.0.266-pre3 以上が必要です)This panel works for WPF, UWP and Xamarin.Forms projects (note: requires Xamarin version 4.5.0.266-pre3 or higher)
XAML Binding Failures Improvements
[XAML Binding Failures]\(XAML バインド エラー\) の強化XAML Binding Failures Improvements

この機能はまだ開発中であり、お客様が有効にした場合にのみ利用できます。This feature is still in development and is only available if enabled by customers. このエクスペリエンスを有効にするには、[オプション] > [環境] > [プレビュー機能] に移動し、"[XAML Binding Failures](XAML バインド エラー) ウィンドウ" を有効にします。To enable this experience, go to Options > Environment > Preview Features and enable “XAML Binding Failure Window”.

既知の制限事項:パネル内のバインド エラーをクリックしても、まだコードには移動しません。Known Limitations: Clicking on binding failures in the panel does not yet navigate to code. また、実行中のプロセスへのアタッチは機能しません。このエクスペリエンスのデバッグ エクスペリエンスに入るには F5 キーを押す必要があります。Also attaching to a running process will not work, you must F5 into the debug experience for this experience.

エディターEditor

  • このリリースでは、従来の "フォルダーを指定して検索" エクスペリエンスが非推奨とされ、すべてのユーザーが新しいエクスペリエンスに移行されます。In this release, the legacy Find in Files experience has been deprecated and all users are being moved to the new experience. エディター チームは、最新の "フォルダーを指定して検索" エクスペリエンスに関して問題に遭遇し、Developer Community にフィードバックを残してくれた人達と共に取り組んでいます。The Editor team is working with folks who leave feedback in Developer Community who are experiencing issues with the modern Find in Files experience.

Visual Studio 2019 バージョン 16.8 Preview 1 で修正された主要なイシューTop Issues Fixed in Visual Studio 2019 version 16.8 Preview 1


Developer Community からFrom Developer Community


既知の問題Known Issues

Visual Studio 2019 のすべての未解決のイシューと、利用可能な回避策を以下のリンクから参照してください。See all open issues and available workarounds in Visual Studio 2019 by following the below link.


フィードバックと提案Feedback and suggestions

皆様のご意見をお待ちしております。We would love to hear from you! 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。For issues, let us know through the Report a Problem option in the upper right-hand corner of either the installer or the Visual Studio IDE itself. 次に、The Feedback Icon アイコンは、右上隅にあります。icon is located in the upper right-hand corner. 製品に関する提案をしたり、Visual Studio 開発者コミュニティで問題を追跡したりすることにより、質問、回答の検索、新機能を提案したりすることができます。You can make a product suggestion or track your issues in the Visual Studio Developer Community, where you can ask questions, find answers, and propose new features. ライブ チャット サポートを介して、無料のインストールのヘルプを取得することもできます。You can also get free installation help through our Live Chat support.


ブログBlogs

開発者ツールのブログで提供されている洞察や推奨事項を活用すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手し続けることができ、さまざまな機能について掘り下げた記事を参照することもできます。Take advantage of the insights and recommendations available in the Developer Tools Blogs site to keep you up-to-date on all new releases and include deep dive posts on a broad range of features.


Visual Studio 2019 リリース ノート履歴Visual Studio 2019 Release Notes History

過去のバージョンの Visual Studio 2019 に関連する詳細については、「Visual Studio 2019 リリース ノート履歴」のページを参照してください。For more information relating to past versions of Visual Studio 2019, see the Visual Studio 2019 Release Notes History page.


ページのトップへ

Top of Page