Visual Studio Icon Visual Studio 2019 Preview リリース ノートVisual Studio 2019 Preview Release Notes


| 開発者コミュニティ | システム要件 | 互換性 | 再頒布可能コード | ライセンス条項 | ブログ | 最新リリースの既知の問題 || Developer Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | License Terms | Blogs | Latest Release Known Issues |


重要

このリリースは、"Go Live" ではなく、実稼働コンピューターでの使用や実稼働コードの作成を目的としていません。This release is not "go-live" and not intended for use on production computers or for creating production code. Visual Studio 2019 のインストールと更新に関する手順については、Visual Studio 2019 の最新リリースへの更新に関するこのドキュメントをご覧ください。For instructions on installing and updating Visual Studio 2019, see this documentation on updating Visual Studio 2019 to the most recent release.


Visual Studio 2019 の新機能What's New in Visual Studio 2019

Visual Studio 2019 Preview のリリースVisual Studio 2019 Preview Releases

Visual Studio 2019 ブログVisual Studio 2019 Blog

Visual Studio 2019 ブログは、Visual Studio エンジニアリング チームからの製品の分析情報の公式な情報源です。The Visual Studio 2019 Blog is the official source of product insight from the Visual Studio Engineering Team. Visual Studio 2019 リリースの詳細については、次の投稿を参照してください。You can find in-depth information about the Visual Studio 2019 releases in the following posts:


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.5 Preview 2Visual Studio 2019 version 16.5 Preview 2 New release icon

2020年1月22日のリリースreleased January 22, 2020

このリリースの Visual Studio 2019 バージョン 16.5 Preview 2In This Release of Visual Studio 2019 version 16.5 Preview 2

ワークロードWorkload
Visual Studio IDEVisual Studio IDE
新機能New Features Azure ディレクトリの複数選択Multi-selection of Azure directories
.NET の生産性.NET Productivity
新機能New Features 既存のメソッドのコードフラグメントをローカル関数に変換するリファクタリングRefactoring to turn a fragment of code from an existing method into a local function
メンバーを静的にするためのリファクタリングRefactoring to make members static
文字列補間を簡略化するためのリファクタリングRefactoring to simplify string interpolations
生成されたファイルまたはフォルダーで実行するアナライザーを除外する EditorConfig オプションEditorConfig option to exclude analyzers to run on generated files or folders
Analyzer の作成者がカスタムコードリファクタリングを NuGet パッケージとして配布できるようになりましたAnalyzer authors can now distribute custom code refactorings as a NuGet package
デバッグDebugging
新機能New Features の [DataTips] および [自動変数]、[ローカル]、[ウォッチ] の各ウィンドウで、プロパティを固定します。C++Pin properties in DataTips and the Autos, Locals, and Watch windows in C++
.NET オブジェクトロックを保持しているマネージスレッドを表示しますView which managed thread is holding a .NET object lock
Azure Confidential Computing 用エンクレーブデバッグを開くOpen Enclave debugging for Azure Confidential Computing
C++C++
新機能New Features IntelliSense の機能強化IntelliSense improvements
コマンドラインを介した接続マネージャーConnection Manager over the command line
WSL 用のデバッグ/配置Debug/deploy for WSL
FIPS 140-2 準拠モードのサポートSupport for FIPS 140-2 compliance mode
Cmake 言語ファイルの言語サービス & CMake プロジェクトの操作Language services for CMake Language files & CMake Project Manipulation
XAML (UWP/WPF)XAML (UWP/WPF)
新機能New Features WPF .NET Framework プロジェクトの新しい XAML デザイナープレビューNew XAML Designer Preview for WPF .NET Framework Projects
XAML デザイナーの "アートボードの背景色" の色の変更が WPF .NET Core プロジェクトで動作するようになりましたChanging “Artboard Background” color for the XAML Designer now works with WPF .NET Core projects
XAML デザイナーでは、PublishSingleFile、RuntimeIdenfier、および Publishトリミングの設定を含む .NET Core 3.x プロジェクトの読み込みがサポートされるようになりました。XAML Designer now supports loading .NET Core 3.x Projects that include PublishSingleFile, RuntimeIdenfier and PublishTrimmed settings
XamarinXamarin
新機能New Features Xamarin. Forms XAML Ui のドキュメントアウトラインDocument Outline for Xamarin.Forms XAML UIs
XAML ホットリロードは複数のデバッグターゲットで同時に動作しますXAML Hot Reload works simultaneously on multiple debug targets
Xamarin のホット再起動Xamarin Hot Restart
Android の変更の適用Android Apply Changes
スタートアップトレースを使用したカスタムプロファイルCustom Profiles with Startup Tracing
Kotlin のサポート (Xamarin. Android ジェネレーター)Kotlin support for Xamarin.Android generator
強化された AndroidManifest xml マージImproved AndroidManifest.xml Merging
Android レイアウトのカスタムコントロールのクイック変更Custom Control Quick Changes for Android Layouts
強化された Android IntelliSenseImproved Android IntelliSense

Visual Studio バージョン 16.5 Preview 2 の新機能の詳細Details of What's New in Visual Studio version 16.5 Preview 2

Visual Studio IDEVisual Studio IDE

これで、Visual Studio で使用できるようにする Azure Active Directory の特定のサブセットに対してアカウントをフィルター処理できるようになりました。You can now filter accounts to the specific subset of the Azure Active Directories you want to make available to Visual Studio

.NET の生産性.NET Productivity

これで、コードのフラグメントを既存のメソッドからローカル関数に変換できるようになりました。You can now turn a fragment of code from an existing method into a local function. 抽出するコードを強調表示します。Highlight the code you want extracted. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [ローカル関数の抽出] を選択します。Select Extract local function.

Extract local function

メンバーを静的にすることができるようになりました。You can now make members static. メンバー名にカーソルを置きます。Place your cursor on the member name. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [静的にする] を選択します。Select Make static.

Make members static

可能な限り、文字列の補間を簡略化できるようになりました。You can now simplify string interpolations when possible. 文字列補間にカーソルを置きます。Place your cursor on the string interpolation. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [補間の単純化] を選択します。Select Simplify interpolation.

Simplify-string-interpolation

アナライザーを実行するときに、生成されたファイルまたはフォルダーを除外するオプションが表示されるようになりました。You now have the option to exclude generated files or folders when running analyzers. Editorconfig ファイルを作成し、次の構文を使用して、必要なファイルまたはフォルダーを生成済みとしてマークします。Create an EditorConfig file and mark the required files or folders as generated with the following syntax:

EditorConfig option to exclude generated files or folders

Analyzer の作成者は、以前は VSIX としてのみ配布できるようになったときに、カスタムコードリファクタリングを NuGet パッケージとして配布できるようになりました。Analyzer authors can now distribute custom code refactorings as a NuGet package when previously it could only be distributed as a VSIX.

デバッグDebugging

では、DataTips、[自動C++変数]、[ローカル]、[ウォッチ] の各ウィンドウを使用して、のオブジェクトプロパティを固定できるようになりました。You can now pin object properties in C++ via DataTips and the Autos, Locals, and Watch windows. Pin properties in C++

[呼び出し履歴] ウィンドウ、[並列スタック] ウィンドウ、[スレッド] ウィンドウの [場所] 列を使用して、どのマネージスレッドが .NET オブジェクトロックを保持しているのかを確認できます。You can now see which managed thread is holding a .NET object lock via the Call Stack window, Parallel Stacks window, and the location column in the Threads window. < img src = "media/16.5/16 5_P2_view" align = ' bottom ' alt = "[呼び出し履歴で .NET オブジェクトロックを表示する"]<img src="media/16.5/16.5_P2_view-dotnet-object-lock.png" align='bottom' alt="View .NET object lock in Call Stack"

C++C++

  • 標準ライブラリを扱うときに、IntelliSense でより読みやすい型名が表示されるようになりました。IntelliSense now displays more readable type names when dealing with the Standard Library.

  • Enter、Space、および Tab 関数がコミット文字として機能するかどうかを切り替え、スニペットの挿入にタブを使用するかどうかを切り替える機能を追加しました。We've added the ability to toggle whether Enter, Space, and Tab function as commit characters, and to toggle whether Tab is used to Insert Snippet. これらの設定は、[ツール]、[オプション]、C++ [テキストエディター] の順に選択し、[C/> 高度 > IntelliSense] > > > ます。Find these settings under Tools > Options > Text Editor > C/C++ > Advanced > IntelliSense. Disabling autocomplete options

  • リモートデプロイシステムからビルドシステムを分離するときに、Visual Studio の WSL のネイティブサポートを利用できるようになりました。You can now leverage Visual Studio's native support for WSL when separating your build system from your remote deploy system. これにより、WSL 上でネイティブにビルドし、デバッグ用に2つ目のリモートシステムにビルドアーティファクトをデプロイできます。This allows you to build natively on WSL and deploy the build artifacts to a second remote system for debugging. このワークフローは、CMake プロジェクトと MSBuild ベースの Linux プロジェクトの両方でサポートされています。This workflow is supported by both CMake projects and MSBuild-based Linux projects.

  • これで、コマンドラインを使用して、保存されているリモート接続を操作できるようになりました。You are now able to interact with your stored remote connections over the command line. これは、新しい開発用コンピューターのプロビジョニング、または継続的インテグレーションでの Visual Studio の設定などのタスクに役立ちます。This is useful for tasks such as provisioning a new development machine or setting up Visual Studio in continuous integration. C++ Connection Manager

  • Visual Studio で、リモート Linux システムを対象とC++するアプリケーションを開発するときに、FIPS 140-2 準拠モードがサポートされるようになりました。Visual Studio now supports FIPS 140-2 compliance mode when developing C++ applications that target a remote Linux system.

  • リモートの Linux システムをターゲットとする CMake プロジェクトのソースファイルコピーが最適化されました。The source file copy for CMake projects targeting a remote Linux system has been optimized. Visual Studio では、最後にリモートからコピーされたソースセットの "指紋ファイル" を保持し、変更されたファイルの数に基づいて動作を最適化するようになりました。Visual Studio now keeps a "fingerprint file" of the last set of sources copied remotely and optimizes behavior based on the number of files that have changed.

  • CMake 言語サービスでは、CMake スクリプトファイル内の関数、変数、およびターゲットに対する [定義へ移動] や [すべての参照の検索] などのコードナビゲーション機能が提供されるようになりました。CMake language services now provide code navigation features such as Go To Definition and Find All References for functions, variables, and targets in CMake script files.

WPF/UWP ツールWPF/UWP Tooling

WPF .NET Framework プロジェクトの新しい XAML デザイナープレビューを早期プレビューで使用できるようになりました。New XAML Designer Preview for WPF .NET Framework Projects is now available for early preview. この新しいデザイナーにより、WPF .NET Core 開発者が使用できるようになり、パフォーマンスとバグ修正が向上しました。This new designer brings with it the same improvements now available to WPF .NET Core developers and includes better performance and bug fixes. すべて .NET Framework WPF のお客様は、この機能強化を試し、フィードバックハブを通じて発生した問題を報告することをお勧めします。We encourage all .NET Framework WPF customers to give this improved designer a try and report any issues you encounter through the feedback hub.

既知の制限事項:Known limitations:

  • 一部のサードパーティコントロールの拡張機能が無効になりますSome 3rd party control extensibility will be disabled
  • Blend の [データ]、[リソースとトリガー] パネルは無効になりますBlend data, resources and triggers panels will be disabled

作業を開始するには、[オプション] > [プレビュー機能] に移動し、[.NET Framework 用の新しい WPF XAML デザイナー] を選択して、Visual Studio を再起動します。To get started go to options > Preview Features and select “New WPF XAML Designer for .NET Framework” and restart Visual Studio.

メモ:この機能はプレビューチャネル専用の機能であり、まだ決定されていない将来のリリースまでは完了しません。Note: This feature is a preview channel only capability that will not be finalized until a future release that has not yet been determined.

その他の機能強化は次のとおりです。Other improvements include:

  • XAML デザイナーの "アートボードの背景色" の色の変更が WPF .NET Core プロジェクトで機能するようになりました (オプション > 環境 > フォントと色、XAML デザイナー設定に変更し、アートボードの背景を更新する)Changing “Artboard Background” color for the XAML Designer now works with WPF .NET Core projects (Options > Environment > Fonts and Colors, then change to XAML Designer settings and update Artboard Background)

  • XAML デザイナーは、PublishSingleFile、RuntimeIdenfier、および Publishトリミング設定をプロジェクトファイル (.csproj) に含む .NET Core 3.x プロジェクトの読み込みをサポートするようになりました。XAML Designer now supports loading .NET Core 3.x Projects that include PublishSingleFile, RuntimeIdenfier and PublishTrimmed settings in their project file (csproj). これらの設定を含めると、デザイナーのパフォーマンスが低下することに注意してください。Note that including these settings slows down designer performance.

Visual Studio 2019 バージョン 16.5 Preview 2 の今回のリリースで修正される主な問題Top Issues Fixed in This Release of Visual Studio 2019 version 16.5 Preview 2

Developer Community からFrom Developer Community
パッケージマネージャーで、[ツール]、[Nuget パッケージマネージャー]、[ソリューションの Nuget パッケージの管理] & の複数のエラーが表示されるPackage manager has multiple errors displayed on Tools, Nuget Package Manager, & Manage Nuget Packages for solution
MSVC codegen エラーのベクトル reverse_iterator x64 C++17 デバッグ ビルドMSVC codegen error vector reverse_iterator x64 C++17 debug build
VS 15.8 preview 4 constexpr 暗黙の変換演算子エラーVS 15.8 preview 4 constexpr implicit conversion operator error
カスタムプロジェクトテンプレートが無視されましたCustom Project Template Ignored
/Cli オプティマイザー C++のバグBug in C++/CLI optimizer
_com_ptr_t が clang 9.0 RC で受け入れられません_com_ptr_t is not accepted by clang 9.0RC
Visual Studio 16.3.1 でのテンプレート コードのコンパイル失敗 (Basler Pylon SDK などから)Visual Studio 16.3.1 fails at compiling template code (e.g. from Basler Pylon SDK)
VS 16.4.0 Preview 1.0-ArgumentException コレクションが異なるスナップショットを参照しているVS 16.4.0 Preview 1.0 - ArgumentException The collections refer to different snapshots
アクセス許可の昇格が必要になったときに Visual Studio が更新されないVisual Studio not updating when having to elevate permissions
clang-ファイル全体を開いた終わりの中かっこで書式設定するclang-format formats entire file on open-close braces
ライブ単体テストが失敗し、次のようにエラーが発生します。-ArgumentException:指定された SnapshotPoint は、正しくないスナップショットにあります。live unit testing fails with FatalError - System.ArgumentException: The supplied SnapshotPoint is on an incorrect snapshot.
垂直タブレイアウトでタブをドラッグしようとすると、VS がクラッシュする (右または左)VS crashes when trying to drag a tab in vertical tab layout (right or left)
VS 16.4 プレビュー 1 での /permissive- を使用した atlenc.h ビルド時の C2440 エラーC2440 error building atlenc.h with /permissive- in VS 16.4 Preview 1
名前空間の展開アイコンをクリックすると、Visual Studio IDE がクラッシュします。Visual Studio IDE crashes when I click the unfold icon of a namespace.
C4265 警告が欠陥ですC4265 warning is flawed

XamarinXamarin

  • これで、[ドキュメントアウトライン] ペインに Xamarin. Forms コントロールの階層が表示されます。You can now see a hierarchy of your Xamarin.Forms controls in the Document Outline pane. Windows では、Ctrl + Alt + T (> その他の Windows > ドキュメントアウトライン) で開くことができます。On Windows, it can be opened with Ctrl+Alt+T (View > Other Windows > Document Outline). Mac では、ドキュメントアウトライン > 表示 > パッドを使用して開くことができます。On Mac, you can open it via Views > Pads > Document Outline.
  • 同時に複数のプロジェクトをデバッグするときに、両方のターゲットで同時に XAML ホットリロードを使用できるようになりました。When debugging multiple projects at the same time, you can now use XAML Hot Reload simultaneously on both targets. たとえば、XAML ホットリロードを使用すると、iOS と Android の両方のスマートフォンで同時に XAML の変更がどのように表示されるかを確認できます。For example, you can use XAML Hot Reload to see how your XAML change looks on both an iOS and Android phone at the same time. 複数のプロセスのデバッグの詳細については、 Visual Studio 2019 のドキュメントを参照してください。Learn more about debugging multiple process in the Visual Studio 2019 documentation.
XAML Hot Reload works simultaneously on multiple debug targets
  • このリリースには、Xamarin. Forms でビルドされた iOS アプリのXamarin ホット再起動のプレビューが含まれています。This release includes a preview of Xamarin Hot Restart for iOS apps built with Xamarin.Forms. ホット再起動を使用すると、コード、リソース、およびプロジェクト参照に変更を加えるときに、ビルドとデプロイのサイクルを大幅に高速化できます。Hot Restart enables a much faster build and deploy cycle when making changes to your code, resources, and even project references. また、XAML ホットリロードと連携して、UI とコードの両方を編集する内部開発ループを高速化します。開始するには、 Xamarin のホット再起動に関するドキュメントを参照してください。It also works with XAML Hot Reload to speed up your inner development loop editing both your UI and code: Check out the Xamarin Hot Restart documentation to get started.
Xamarin Hot Restart
  • Android の変更を適用して、実行時に Android リソースの変更を適用できるようになりました。You can now apply Android resource changes at runtime using Android Apply Changes. この機能を使用すると、アプリケーションの再起動を必要とせずに、android デバイスまたはエミュレーターで Android リソースファイル (XML レイアウト、引き出し可能など) に加えられた変更をすばやく確認できます。This feature allows you to quickly see changes made to your Android resource files (XML layouts, drawables, etc) on an Android device or emulator without requiring the application to be restarted.
Android Apply Changes
  • Android アプリケーションでスタートアップトレースを使用するときに、独自のカスタムプロファイルを生成できるようになりました。You can now generate your own custom profiles when using startup tracing in your Android application. これにより、APK サイズの増加を最小限に抑えながら、さらに高いパフォーマンスを実現するスタートアップエクスペリエンスが提供されます。This provides you an even more performant startup experience with a minimal increase to APK size.
  • Kotlin ライブラリに対して Xamarin Android バインドを生成できるようになりました。You can now generate Xamarin.Android bindings against Kotlin libraries.
  • Android プロジェクトで AndroidManifest .xml ファイルをマージするときに、Google マニフェストの合併を使用できるようになりました。You can now use the Google Manifest Merger when merging AndroidManifest.xml files in your Android projects. これにより、各マニフェストとその内容をマージする方法をカスタマイズできます。This allows you to customize how each manifest and its contents will be merged. 適用できるルールの詳細については、「複数のマニフェストファイルの結合」を参照してください。For more details on rules that can be applied, please see Merge multiple manifest files.
  • 新しいオプションを選択できるようになりました。これにより、コードベースに対して変更が行われたときに、開いているすべてのデザイナー画面が自動的に再読み込みされます。You can now opt-into a new option which will automatically reload all opened designer surfaces when any modification is done to your codebase.
Custom Control Quick Changes for Android Layouts
  • 統合エディターの機能を活用して、応答性が高く正確な IntelliSense を提供します。Take advantage of consolidated editor functionality to offer more responsive and precise IntelliSense. これには、属性の引用符や終了タグ名の更新など、一般的な XML 構造の補完の向上などの多くの変更が含まれます。This includes many changes such as improved completion for common XML constructions such as attribute quotes and updating end tag names automatically. これらの動作は、Android XML エディターの設定を使用して制御できます。You can control these behaviors via Android XML editor preferences:
Android XML IntelliSense Options

Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.5 Preview 1Visual Studio 2019 version 16.5 Preview 1 New release icon

リリース日: 2019 年 12 月 3 日released December 3, 2019

この Visual Studio 2019 バージョン 16.5 Preview 1 リリースの内容In This Release of Visual Studio 2019 version 16.5 Preview 1

Visual Studio IDEVisual Studio IDE
新機能New Features タブ グループのオーバーフローの一覧で、ポイントしたときに各ドキュメントの [閉じる] ボタンが表示されますOn-hover a close button appears for each document in the tab group overflow list
生産性の向上Productivity Improvements 垂直タブにユーザーから提案された機能強化を実装しましたImplemented user suggested improvements in vertical tabs
.NET の生産性.NET Productivity
新機能New Features System.HashCode が使用可能な場合に System.HashCode を使用して GetHashCode メソッドを実装する機能Ability to use System.HashCode to implement the GetHashCode method when System.HashCode is available
if を switch ステートメントまたは switch 式に変換する機能Ability to convert if to switch statements or switch expressions
インポートされていない拡張メソッドに対する IntelliSense 入力候補IntelliSense completion for unimported extension methods
C++C++
生産性の向上Productivity Improvements Visual Studio Linux プロジェクトでは、より正確な IntelliSense が使用できるようになり、プロジェクトごとにリモート ヘッダーの同期を制御できるようになりました。Visual Studio Linux projects now have more accurate IntelliSense and allow you to control remote header synchronization on a project-by-project basis.
Azure ToolsAzure Tools
生産性の向上Productivity Improvements .NET Core ワーカー サーバーがサポートされるようになりました。Now provides .NET Core Worker Server support.
Azure Functions v3 のサポートが追加されました。Support was added for Azure Functions v3. これにより、プロジェクト作成時に v2 ではなく v3 を使用する新しいオプションが提供されます。This gives a new option during project creation to use v3 instead of v2.
App Service Linux への発行時、Visual Studio でアプリが実行中になるまで待機してからブラウザー ウィンドウが開くようになりました。When publishing to App Service Linux, Visual Studio now waits until the app is running before opening the browser window.
XAMLXAML
新機能New Features UWP のターゲット プラットフォームとして、バージョン 1909 の Windows 10 のサポートが有効になりました。Enabled support for the 1909 version of Windows 10 as a UWP target platform.
プロジェクトから XAML エディターに画像をドラッグすると、イメージ タグが生成されます。Dragging an image from project into the XAML editor generates an Image tag
共通プロパティへのアクセスを容易にするために XAML デザイナーで推奨される操作Suggested Actions in XAML Designer for easier access to common properties
JavaScript/TypeScriptJavaScript/TypeScript
新機能New Features JavaScript/TypeScript の Code SearchCode Search for JavaScript/TypeScript
TypeScript ファイルの場合は糸くずESLint for TypeScript files
TypeScript 3.8 Beta コンパイラおよび JavaScript および TypeScript 用言語サービス。TypeScript 3.8 Beta compiler and language service for JavaScript and TypeScript. リリース ノートRelease Notes
実験用TextMate 文法ではなく構文ツリーを使用する、より高速な構文強調表示エンジンExperimental: Faster syntax highlighting engine that uses the syntax tree instead of TextMate grammars

Visual Studio 2019 バージョン 16.5 Preview 1 で修正された主要なイシューTop Issues Fixed in This Release of Visual Studio 2019 version 16.5 Preview 1

Developer Community からFrom Developer Community
ソース コードのあらゆる場所に緑の波線が表示されるGreen squiggles appear everywhere in my source code
ウィンドウ レイアウトの切り替え中にツール ウィンドウが移動または消えることがあるTool window sometimes moves or dissapears during window layout switching
テスト検出が失敗するTest discovery fails
VS 2019、C++、または Google テスト: 単体テストを機能させることができない VS 2019 / C++ / Google Test: Impossible to get Unit Tests to work
Visual Studio IDE mono 統合で、元のビルド パスにないモジュールのステップイン デバッグができないVisual Studio IDE mono integration does not allow step into debug of modules not in original build path
ドキュメント タブを選択するとドッキング解除されるDocument tabs undock when selected
iOS でデバッグ セッションを開始してからすぐにデバッグを停止すると、デバッガーでハングが発生するStopping debugging too quickly after starting a debug session on iOS causes a hang in the debugger.
IntelliSense で XAML の x:FactoryMethod attribute が認識されないIntellisense does't recognize x:FactoryMethod attribute in XAML
Windows.Forms アプリで Debug.WriteLine を WPF ElementHost と共に使用すると、シングル ステップでデバッガー エラーになるDebugger error on single-step when using Debug.WriteLine in a Windows.Forms app with WPF ElementHost
ソリューション読み込み時の一定の CPU 使用率Constant CPU usage when solution loaded
reason を含む nodiscard のサポートが正しく検出されないIncorrect detection of support for nodiscard with reason
推論ガイドで intellisense または vcpkgsrv のクラッシュが発生するintellisense/vcpkgsrv crashes on deduction guide
SQL Server 単体テスト プロジェクトのテンプレートが VS2019 にないSQL Server unit Testing projects template not found in VS2019
"codedesign" がコード 1 で終了しました"codedesign" exited with code 1
Android Device Manager のインターネット接続に関する問題Android Device Manager Internet Connection Issues
VS2019 での不適切な SSE コード生成Bad SSE code generation with VS2019
エラー LNK2005: "__cdecl Windows::Foundation::operator co_await(struct Windows::Foundation::IAsyncAction ^)" (??__LFoundation@Windows@@YA@PE$AAUIAsyncAction@01@@Z) already defined in pch.objerror LNK2005: "__cdecl Windows::Foundation::operator co_await(struct Windows::Foundation::IAsyncAction ^)" (??__LFoundation@Windows@@YA@PE$AAUIAsyncAction@01@@Z) already defined in pch.obj
ダイナミック ライブラリ プロジェクト - C++/CLI と netcoreapp3.1 ターゲット使用時のネイティブ lib 依存関係リンク エラーDynamic library project - native lib dependency link error using C++/Cli and netcoreapp3.1 target
iOS Designer で、ビューが UIStackView に含まれている場合にコンテンツの優先度のプロパティがないMissing content priority properties in iOS designer when view is contained in UIStackView
Xamarin モバイル デバッガーによって IDE の動作が遅くなるXamarin mobile debugger brings IDE to a crawl
Linux および WSL 構成の CMakeLists.txt で、フォルダー ビューに [デバッグ設定と起動設定] のエントリ ポイントがないCMakeLists.txt missing entry point to "Debug and Launch Settings" in Folder View for Linux and WSL configs
拡大縮小で 100% から 250% に切り替えたら、Visual Studio が起動しなくなったvisual studio won't start when switched back to scaling 250% from 100%
デバッグ時に dotnet dev-certs をスキップするためのサポートを追加するAdd support for skipping dotnet dev-certs when debugging
正規表現を使用して文字列を分割すると、見たところ間違った結果が返されるSplitting a string with a regex returns seemingly wrong results
C++ の依存基底クラスと SEH 例外フィルターC++ dependent base classes and SEH exception filters
VC 16.3 list::splice のバグVC 16.3 list::splice bug
プロジェクトからファイルを削除するときのダイアログ メッセージがおかしいThe dialog message when i delete a file from a project is strange.
発行設定の作成 - [プロファイルの作成] ボタンでプロファイルの作成ウィザードが開かないCreate Publish Settings - "Create Profile" button not opening create profile wizard
で、Windows アプリケーション パッケージ プロジェクトから作成した *.applinstaller ファイルを開けないAppInstaller.exe can't open *.applinstaller file that 's maked from Windows Application Packaging Project.
Windows フォーム選択後、[新しい項目の追加] ダイアログに [継承されたフォーム] と [ユーザー コントロール] オプションがないAdding New Item dialog is missing Inherited Form / User Control Options From Windows Forms selection
ブラウザーで表示すると自分が見ていたページではなく既定のルートに移動するView in browser does not give me the page that i was inside it goes to the default route.
VS 16.4.0 Preview 1.0 - BuildWindow InvalidOperationExceptionVS 16.4.0 Preview 1.0 - BuildWindow InvalidOperationException
タブが左側にある場合のウィンドウ タブの並べ替えReordering window tabs when tabs are on the left
[Visual Studio フィードバック] ウィンドウの翻訳ミスMiss Translation in "Visual Studio Feedback" window.
decltype(member)::staticMethod() の誤ったエラー報告Incorrect error reporing of decltype(member)::staticMethod()
機能後退: '{}' を使用して C++/CLI 値クラスを初期化する際の IntelliSense エラーREGRESSION: IntelliSense error when initializing a C++/CLI value class with '{}'.
VS2019 開発者コマンド プロンプトでの cpp プロジェクトのビルド プロセスで、v141 Platformtoolset に VS2019 cl.exe が使用されるBuild process for cpp project in VS2019 developer command prompt uses VS2019 cl.exe for .v141 Platformtoolset
CPU 使用率が高いHigh CPU usage
IntegratedConsoleDebugging プロジェクト機能が Asp.Net Core プロジェクト システムで考慮されないIntegratedConsoleDebugging project capability not respected by Asp.Net Core project system
言語パックをインストールした状態でファイルを開くとクラッシュするCrash when opening any file with Lang Pack installed
razor コンポーネントを編集するとクラッシュするEditing razor component crash

Visual Studio バージョン 16.5 Preview 1 の新機能の詳細Details of What's New in Visual Studio version 16.5 Preview 1

Visual Studio IDEVisual Studio IDE

タブ グループのオーバーフローの一覧で、ポイントしたときに各ドキュメントの [閉じる] ボタンが表示されます。On-hover a close button appears for each document in the tab group overflow list.

On hover a close button appears

.NET の生産性.NET Productivity

System.HashCode が使用可能な場合に、System.HashCode を使用して GetHashCode メソッドを実装できるようになりました。You can now use System.HashCode to implement the GetHashCode method when System.HashCode is available.

System.HashCode to implement the GetHashCode Method

if を switch ステートメントまたは switch 式に変換できるようになりました。You can now convert if to switch statements or switch expressions. if キーワードにカーソルを置きます。Place your cursor on the if keyword. (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. ['switch' ステートメントに変換] または [Convert to 'switch' expression]('switch' 式に変換) を選択します。Select Convert to 'switch' statement or Convert to 'switch' expression.

Convert if to switch statements or switch expressions

インポートされていない拡張メソッドに対して、IntelliSense 入力候補が表示されるようになりました。There is now IntelliSense completion for unimported extension methods. 最初に、 [ツール] > [オプション] > [テキスト エディター] > [C#] > [IntelliSense] > [Show items from unimported namespaces](インポートされていない名前空間から項目を表示) を選択して、このオプションをオンにすることが必要になります。You will first need to turn this option on in Tools > Options > Text Editor > C# > Intellisense > and select Show items from unimported namespaces.

IntelliSense completion for unimported extension methods

WPF/UWP ツールWPF/UWP Tooling

プロジェクトからxaml エディターにイメージをドラッグすると、Source プロパティが正しいイメージパスに設定された xaml イメージタグが生成されるようになります。Dragging an image from your project into the XAML editor will now generate a XAML image tag with the Source property set to the correct image path.

提案されたアクションを XAML デザイナーと、XAML デザイナー内でコントロールを選択したときに、共通プロパティに簡単にアクセスできるようになります。XAML Designer Suggested Actions enables easy access to common properties when a control is selected within the XAML Designer. この機能を使用するには、まず、XAML の提案されたアクション > プレビュー機能 > オプションを使用して有効にします。To use this feature first enable it through Options > Preview Features > XAML Suggested Actions. 有効にすると、サポートされているコントロールをクリックし、電球を使用して提案アクション UI を展開し、操作します。Once enabled click on a supported control and use the lightbulb to expand and interact with the Suggestion Actions UI. このリリースでは、次のコントロールがサポートされています。罫線、ボタン、キャンバス、CheckBox、ComboBox、Grid、Image、Label、ListBox、ListView、StackPanel、TextBlock、TextBox。In this release supported controls include: Border, Button, Canvas, CheckBox, ComboBox, Grid, Image, Label, ListBox, ListView, StackPanel, TextBlock, TextBox. プレビュー段階では、この機能は WPF .NET Core アプリケーションに対してのみ使用でき、機能拡張をサポートしておらず、機能も完全にはサポートされていません。While in preview this feature is also only available for WPF .NET Core applications and doesn’t support extensibility, nor is it feature complete.

XAML Designer Quick Actions

その他の機能強化は次のとおりです。Other improvements include:

  • UWP のターゲット プラットフォームとして、バージョン 1909 の Windows 10 のサポートが有効になりました。Enabled support for the 1909 version of Windows 10 as a UWP target platform.

JavaScript/TypeScriptJavaScript/TypeScript

VS Search で、TypeScript ファイルと JavaScript ファイルの型とメンバーを検索する機能がサポートされるようになりました。VS Search now supports the ability to search for types and members in TypeScript and JavaScript files. 開いているマークアップファイル内の JavaScript ブロックの検索もサポートされています (つまり、HTML、CSHTML)。There is also support for searching JavaScript blocks in open markup files (i.e. HTML, CSHTML)

Visual Studio で Typescript ファイルに対してはけばがサポートされるようになりました。推奨される規則のセットを持つグローバル構成があります。または、完全なカスタマイズを行うプロジェクトに対してローカルに設定できます。Visual Studio now supports ESLint for Typescript files: there is a global configuration with a set of recommended rules or ESLint can be set up locally to a project with full customization. 詳細と手順については、GitHub のページを参照してください。More information and instructions available on our GitHub page


既知の問題Known Issues

Visual Studio 2019 のすべての未解決のイシューと、利用可能な回避策を以下のリンクから参照してください。See all open issues and available workarounds in Visual Studio 2019 by following the below link.


フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We would love to hear from you! 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。For issues, let us know through the Report a Problem option in the upper right-hand corner of either the installer or the Visual Studio IDE itself. 次に、The Feedback Icon アイコンは、右上隅にあります。icon is located in the upper right-hand corner. 製品に関する提案をしたり、Visual Studio 開発者コミュニティで問題を追跡したりすることにより、質問、回答の検索、新機能を提案したりすることができます。You can make a product suggestion or track your issues in the Visual Studio Developer Community, where you can ask questions, find answers, and propose new features. ライブ チャット サポートを介して、無料のインストールのヘルプを取得することもできます。You can also get free installation help through our Live Chat support.


ブログBlogs

開発者ツールのブログ サイトで利用できる洞察と推奨事項を活用して、すべての新リリースを常に最新の状態に保ち、幅広い機能の深いダイブポストを含めることができます。開発者ツールのブログを参照すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手することができ、さまざまな機能の詳細な記事が含まれています。Take advantage of the insights and recommendations available in the Developer Tools Blogs site to keep you up-to-date on all new releases and include deep dive posts on a broad range of features.


Visual Studio 2019 リリース ノート履歴Visual Studio 2019 Release Notes History

過去のバージョンの Visual Studio 2019 に関連する詳細については、「Visual Studio 2019 リリース ノート履歴」のページを参照してください。For more information relating to past versions of Visual Studio 2019, see the Visual Studio 2019 Release Notes History page.


ページのトップへ
Top of Page