Visual Studio Icon Visual Studio 2019 Preview リリース ノートVisual Studio 2019 Preview Release Notes


| 開発者コミュニティ | システム要件 | 互換性 | 再配賦可能コード | ライセンス条項 | ブログ | 既知の問題 || Developer Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | License Terms | Blogs | Known Issues |


重要

このリリースは、"Go Live" ではなく、実稼働コンピューターでの使用や実稼働コードの作成を目的としていません。This release is not "go-live" and not intended for use on production computers or for creating production code. Visual Studio 2019 のインストールと更新に関する手順については、Visual Studio 2019 の最新リリースへの更新に関するこのドキュメントをご覧ください。For instructions on installing and updating Visual Studio 2019, see this documentation on updating Visual Studio 2019 to the most recent release.


Visual Studio 2019 の新機能What's New in Visual Studio 2019

Visual Studio 2019 Preview のリリースVisual Studio 2019 Preview Releases

Visual Studio 2019 ブログVisual Studio 2019 Blog

Visual Studio 2019 ブログは、Visual Studio エンジニアリング チームからの製品の分析情報の公式な情報源です。The Visual Studio 2019 Blog is the official source of product insight from the Visual Studio Engineering Team. Visual Studio 2019 リリースの詳細については、次の投稿を参照してください。You can find in-depth information about the Visual Studio 2019 releases in the following posts:


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.4 Preview 1Visual Studio 2019 version 16.4 Preview 1 New release icon

リリース日: 2019 年 9 月 23 日released September 23, 2019

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 Preview 1 の新機能の概要Summary of What's New in Visual Studio 2019 version 16.4 Preview 1

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 Preview 1 で修正された Developer Community の主な問題Top Developer Community Issues Fixed in Visual Studio 2019 version 16.4 Preview 1

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 Preview 1 の新機能の詳細Details of What's New in Visual Studio 2019 version 16.4 Preview 1

C++C++

  • コード分析では、Clang と MSVC のどちらを使用しているかにかかわらず、MSBuild と CMake の両方のプロジェクトで clang-tidy がネイティブにサポートされるようになりました。Code Analysis now natively supports clang-tidy for both MSBuild and CMake projects, whether you’re using Clang or MSVC. clang-tidy チェックは、バックグラウンド コード分析の一部として実行し、エディター内警告 (波線) として示し、エラー一覧に表示できます。clang-tidy checks can run as part of background code analysis, appear as in-editor warnings (squiggles), and display in the Error List.

.NET Web ツール.NET Web Tools

  • 発行の依存関係を管理する場合、または接続済みサービスを使用する場合の、SQL Server および Azure Storage 接続文字列の自動検出。Automatic detection of SQL Server and Azure Storage connections strings when managing publish dependencies or using Connected Services. これらはユーザーが選択するドロップダウン リストで提供されますが、これまではこれらを再入力する必要がありました。They are offered in a drop-list for users to pick from, whereas before they had to re-type them in.
  • 64 ビット ランタイムを使用する Azure Functions の開発サポートが追加されましたAdded support for developing Azure Functions using the 64bit runtime
  • .Net Core 3.0 のアプリの発行オプション: 実行準備完了 (Crossgen)、リンク、および SingleExe のサポートが追加されましたAdded support for .NET Core 3.0 app publishing options: Ready to Run (Crossgen), Linking, and SingleExe

.NET の生産性.NET Productivity

  • エディターを使用して、コード スタイル ルールの重大度レベルを直接構成できるようになりました。You can now configure the severity level of a code style rule directly through the editor. 現在、ユーザーが .editorconfig ファイルを持っていない場合は、1 つ生成されます。If a user does not currently have an .editorconfig file, one will be generated for them. エラー、警告、または修正候補にカーソルを置き、(Ctrl + . ) キーを押して [クイック アクションとリファクタリング] メニューを開きます。Place your cursor on the error, warning, or suggestion and type (Ctrl+.) to open the Quick Actions and Refactorings menu. [Configure or Suppress issues](問題の構成または抑制) を選択します。Select ‘Configure or Suppress issues’. その後、ルールを選択し、そのルールに対して構成する重要度レベルを選びます。Then select the rule and choose the severity level you would like to configure for that rule. これにより、既存の EditorConfig がルールの新しい重要度で更新されます。This will update your existing EditorConfig with the rule’s new severity. これは、サードパーティのアナライザーでも機能します。This also works for third party analyzers.
Set rule severity directly through the editor
エディターを使用してルールの重要度を直接設定するSet rule severity directly through the editor
  • [Go To Base](ベースに移動) コマンドを使用して、継承チェーンを上に移動できるようになりました。You can now use the Go To Base command to navigate up the inheritance chain. [Go To Base](ベースに移動) コマンドは、継承階層内を移動する要素のコンテキスト (右クリック) メニューで使用できます。Go To Base command is available on the context (right-click) menu of the element you want to navigate the inheritance hierarchy. (Alt + Home) キーを押すこともできます。Or you can type (Alt+Home). 複数の結果がある場合は、移動先として選択できるすべての結果が表示されたツール ウィンドウが開きます。If there is more than one result a tool window will open with all of the results that you can choose to navigate to.
Go To Base
ベースに移動Go To Base
  • すべてのパラメーターに対して null チェックを追加できるようになりました。You can now add null checks for all parameters. これにより、Null 許容の、チェックのないパラメーターがすべて無効であることを確認する、if ステートメントが追加されます。This will add if statements that check nullity of all the nullable, non-checked parameters. メソッド内の任意のパラメーターにカーソルを置きます。Place your cursor on any parameter within the method. (Ctrl + . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。Press (Ctrl+.) to trigger the Quick Actions and Refactorings menu. [すべてのパラメーターに対して null チェックを追加する] オプションを選択します。Select the option to ‘Add null checks for all parameters’.
Add null checks for all parameters
すべてのパラメーターに対して null チェックを追加するAdd null checks for all parameters
  • XML ドキュメントが含まれていないメソッドでは、オーバーライドするメソッドから XML ドキュメントを自動的に継承できるようになりました。Methods that have no XML documentation can now automatically inherit XML documentation from the method it is overriding. ドキュメント化されたインターフェイス メソッドを実装する、ドキュメント化されていないメソッドの上にカーソルを置きます。Place your cursor over the undocumented method that implements a documented interface method. その後、クイック ヒントにインターフェイス メソッドからの XML ドキュメントが表示されます。Quick Info will then display the XML documentation from the interface method.
XML inherit documentation
XML のドキュメントの継承XML inherit documentation

既知の問題Known Issues

Visual Studio 2019 のすべての未解決のイシューと、利用可能な回避策を以下のリンクから参照してください。See all open issues and available workarounds in Visual Studio 2019 by following the below link.


フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We would love to hear from you! 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。For issues, let us know through the Report a Problem option in the upper right-hand corner of either the installer or the Visual Studio IDE itself. 次に、The Feedback Icon アイコンは、右上隅にあります。icon is located in the upper right-hand corner. 製品に関する提案をしたり、Visual Studio 開発者コミュニティで問題を追跡したりすることにより、質問、回答の検索、新機能を提案したりすることができます。You can make a product suggestion or track your issues in the Visual Studio Developer Community, where you can ask questions, find answers, and propose new features. ライブ チャット サポートを介して、無料のインストールのヘルプを取得することもできます。You can also get free installation help through our Live Chat support.


ブログBlogs

開発者ツールのブログ サイトで利用できる洞察と推奨事項を活用して、すべての新リリースを常に最新の状態に保ち、幅広い機能の深いダイブポストを含めることができます。開発者ツールのブログを参照すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手することができ、さまざまな機能の詳細な記事が含まれています。Take advantage of the insights and recommendations available in the Developer Tools Blogs site to keep you up-to-date on all new releases and include deep dive posts on a broad range of features.


Visual Studio 2019 リリース ノート履歴Visual Studio 2019 Release Notes History

過去のバージョンの Visual Studio 2019 に関連する詳細については、「Visual Studio 2019 リリース ノート履歴」のページを参照してください。For more information relating to past versions of Visual Studio 2019, see the Visual Studio 2019 Release Notes History page.


ページのトップへ
Top of Page