Visual Studio Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3 リリース ノート



Developer Community |システム要件 |互換性 |配布可能コード |ライセンス条項 |ブログ |最新リリースの既知の問題 |Visual Studio Docs の新機能


ボタンをクリックして、Visual Studio 2019 の最新バージョンをダウンロードします。 Visual Studio 2019 のインストールと更新の手順については、「Update Visual Studio 2019 to the most recent release」(Visual Studio 2019 を最新リリースに更新する) をご覧ください。 また、オフラインでインストールする方法の手順もご覧ください。

Community Download Button Professional Download Button Enterprise Download Button


Visual Studio 2019 バージョン 16.3 の新機能

Visual Studio 2019 バージョン 16.3 のリリース

アーカイブされているリリース ノート

Visual Studio 2019 ブログ

Visual Studio 2019 ブログ は、Visual Studio エンジニアリング チームからの製品の分析情報の公式な情報源です。 Visual Studio 2019 リリースの詳細については、次の投稿を参照してください。


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.10 New release icon

リリース日: 2019 年 11 月 20 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.10 で修正された主要なイシュー


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.9

リリース日: 2019 年 11 月 12 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.9 で修正された主要なイシュー


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.8

リリース日: 2019 年 11 月 5 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.8 で修正された主な問題


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.7

"リリース日: 2019 年 10 月 29 日"

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.7 で修正された主要なイシュー


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.6

リリース日: 2019 年 10 月 22 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.6 で修正された主要なイシュー


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.5

リリース日: 2019 年 10 月 15 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.5 で修正された主要なイシュー


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.4

リリース日: 2019 年 10 月 10 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.4 で修正された主要なイシュー


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.3

リリース日: 2019 年 10 月 8 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.3 で修正された主要なイシュー


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.2

リリース日: 2019 年 10 月 1 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.2 で修正された主な問題

  • Xcode 11 のサポートの問題を修正しました。

Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.1

リリース日: 2019 年 9 月 25 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.1 で修正された主な問題


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.3.0

リリース日: 2019 年 9 月 23 日

Visual Studio 2019 バージョン 16.3 の新機能の概要

Visual Studio 2019 バージョン 16.3.0 で修正された主な問題


Visual Studio 2019 バージョン 16.3.0 の新機能の詳細

.NET Framework 4.8

.NET Framework 4.8 の開発ツールが .NET Framework 4.8 のターゲットをサポートするために追加されました。 .NET Framework 4.8 では、いくつかの新しい機能が追加され、いくつかの機能が改善され、さらに信頼性、安定性、セキュリティ、パフォーマンスに関する修正プログラムがたくさん追加されました。 .NET Framework 4.8 の詳細については、「.NET Framework 4.8 のブログのお知らせ」を参照してください

.NET の生産性

  • 開発者は、インターフェイス、列挙型、またはクラスの名前を変更するときに、ファイルの名前を変更できるようになりました。 クラス名と型にカーソルを置き (Ctrl + R、R)、[名前の変更] ダイアログを開き、[ファイル名の変更] ボックスをオンにします。
Rename containing file when renaming a class
クラス名の変更時にその内部のファイル名を変更する
  • 異なるドメインや読み込みコンテキストの同じプロセスで複数回読み込まれたモジュールが含まれる、複数ターゲットのプロジェクトでエディット コンティニュがサポートされるようになりました。 また、開発者は、その内部のプロジェクトが読み込まれていない場合やアプリケーションが実行されている場合でも、ソース ファイルを編集できます。
  • リファクタリングを使用して、fluent 呼び出しのチェーンをラップできるようになりました。 呼び出しチェーンにカーソルを置き、(Ctrl + . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。 [呼び出しチェーンのラップ] または [呼び出しチェーンのラップと配置] を選択します。
Wrap call chain
呼び出しチェーンのラップ
  • ユーザーは、初期化子を記述した直後にローカル変数を導入できるようになりました。 まず、式を記述します。 その後、式の名前にカーソルを置き、(Ctrl + . ) キーを押して [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。 ローカル変数を導入するオプションを選択します。
Introduce a local variable
初期化子の記述後にローカル変数を導入する
  • 現在、アナライザーの .NET Core ツールがサポートされています。 ユーザーは、ソリューション エクスプローラー内でプロジェクト名を右クリックし、 [プロパティ] を選択することで、最も推奨されるアナライザー パッケージを追加できます。 [コード分析] を選択してアナライザー パッケージをインストールし、コード分析を実行するタイミングを構成します。
.NET Core Tooling Analyzer Support
.NET Core ツール アナライザーのサポート
  • 以前、インポートされていない型に対する IntelliSense 入力候補を追加しました。 この機能には、インポートされていない型で IntelliSense を常に設定することを望まないユーザーに対して、それを無効にするオプションがありました。 現在、インポートされていない型に対する入力候補を無効にしたユーザーに対して、IntelliSense トグルに追加された新しくインポートされた型のフィルターを使用して、入力候補一覧でそれをさらに簡単に戻すことができます。
IntelliSense completion list expander
IntelliSense 入力候補一覧のエキスパンダー
IntelliSense completion list expander triggered
トリガーされた IntelliSense 入力候補一覧のエキスパンダー
  • XML コメントのクイック ヒントのスタイルがサポートされるようになりました。 メソッド名の上にカーソルを置きます。 その後、クイック ヒントでは、コードの上にある XML コメントのサポートされているスタイルが表示されます。
Quick info style support for XML comments
XML コメントのクイック ヒント スタイルのサポート

WPF/UWP ツール

WPF/UWP アプリケーションを構築しているお客様は、Visual Studio XAML ツールの次の点が改善されます。

デザイナー:

  • WPF デザイナーで WPF .NET Core プロジェクトを完全に利用できる (GA) ようになりました: WPF .NET Core アプリケーションの XAML デザイナーが、プレビュー機能のフラグを必要とせずにすべてのお客様に一般公開 (GA) されました。 WPF .NET Core アプリケーションの XAML デザイナーは、WPF .NET Framework デザイナーと一部の動作と機能が若干異なりますが、これは仕様ですのでご了承ください。 この違いにより、問題や制限が発生した場合には Visual Studio のフィードバック機能を使用して報告することをお勧めします。
WPF .NET Core XAML Designer
WPF .NET Core XAML デザイナー

XAML 用のデバッグ ツール:

  • XAML ホット リロードのサポートが WPF リソース ディクショナリの変更に対して追加されました: XAML ホット リロードで、アプリケーションでのリアルタイム更新のための WPF リソース ディクショナリの更新がサポートされるようになりました。 以前は、この機能はユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) でのみ使用できましたが、WPF .NET Framework、WPF .NET Core、UWP アプリでもサポートされるようになりました。 サポートされるアクションには、新しいリソース セクションの定義の追加と、新規/既存のセクションの追加、削除、更新が含まれます。
  • アプリ内ツールバーを移動できるようになりました: アプリ内ツールバーが拡張され、実行中の WPF/UWP アプリケーション内で移動できるようになりました。これにより、開発者はアプリ内で左右にドラッグしてアプリ UI のブロックを解除できます。 ツール バーが移動する位置はセッション間で保存されないことに注意してください。アプリを再起動すると、既定の位置に戻ります。
In-app toolbar movable
アプリ内ツールバーを移動できるようになりました

UWP パッケージへの署名。

  • マニフェスト デザイナーを使用して署名証明書ファイル (.pfx) を作成およびインポートする機能が復活しました。
UWP signing
  • 署名プロセスを効率化するために、パッケージ ウィザードを使用して署名証明書を作成およびインポートする機能が導入されました。
UWP signing packaging wizard

.NET ツール

  • .NET Core 3.0 プロジェクトに新しい Open API と gRPC のサービス参照を追加するためのサポート。
  • Azure Container Registry、DockerHub などへの .NET Core 3.0 ワーカー プロジェクトの発行。
  • [新しいプロジェクト] ダイアログにワーカー、gRPC、Razor クラス ライブラリ、Blazor の .NET Core 3.0 テンプレートが表示されるようになりました。
  • .Net CLI を使用して .NET Core 3.0 テンプレートに加えられた更新は、Visual Studio にも表示されます。

C++

  • C++ 開発者は、キーボード ショートカット Ctrl + KCtrl + / を使用して行コメントを切り替えることができるようになりました。
  • IntelliSense メンバー リストが型修飾子に基づいてフィルターされるようになりました。たとえば、const std::vector では push_back などのメソッドが除外されます。
  • C++20 標準ライブラリの次のプレビュー機能が追加されました (/std:c++latest を含む):
    • P0487R1:operator>>(basic_istream&, CharT*) の修正
    • P0616R0:<numeric> での move() の使用
    • P0758R1: is_nothrow_convertible
    • P0734R0:概念の C++ 拡張機能
    • P0898R3:標準ライブラリの概念
    • P0919R3:順序なしコンテナーの異種ルックアップ
  • 新しい "列挙型規則" 規則セット、追加の定数、列挙型、型の規則を含む、新しい C++ Core Guideline Check
  • 新しい既定のセマンティック色付けスキームでは、ユーザーはコードをひとめでより理解しやすくなります。呼び出し履歴ウィンドウはテンプレート引数を非表示にするように構成でき、C++ IntelliCode は既定でオンになります。
  • launch.vs.json および tasks.vs.json の個々のターゲットとタスクで CMakeSettings.json か CppProperties.json か新しい "env" タグを使用して、環境変数を使いデバッグ ターゲットとカスタム タスクを構成します。
  • ユーザーは、不足している vcpkg パッケージに対するクイック アクションを使用して、自動的にコンソールを開き、既定の vcpkg インストールにインストールできるようになりました。
  • Linux プロジェクト (CMake および MSBuild) によって行われるリモート ヘッダー コピーが最適化され、並列で実行されるようになりました。
  • Visual Studio の WSL 用ネイティブ サポートにより、MSBuild ベースの Linux プロジェクトの並列ビルドがサポートされるようになりました。
  • ユーザーは、Linux メイクファイル プロジェクトを使用してリモート システムに配置するローカル ビルド出力の一覧を指定できるようになりました。
  • CMake 設定エディターの設定の説明に、さらに詳しいコンテキストと役立つドキュメントへのリンクが含まれるようになりました。

コンテナー ツール

  • Azure Functions (v2) を構築している開発者が、Docker コンテナーのサポート (Linux のみ) を C# プロジェクトに追加できるようになりました。 これを行うには、ソリューション エクスプローラーでプロジェクト名を右クリックし、[追加] --> [Docker サポート] の順に選択します。 プロジェクトへの Dockerfile の追加に加え、デバッグ ターゲットが [Docker] に設定されます。 つまり、Functions コードのデバッグは、実行中のコンテナーの内部で行われます。 ユーザーはブレークポイントにヒットし、変数を検査し、Visual Studio で提供されるすべての強力なデバッグ機能を使用できるようになります。
Debug Azure Functions running in Linux containers.
Linux コンテナーで実行されている Azure Functions のデバッグ

.Net Core プロジェクトのデータベース プロファイリング

このリリースでは、パフォーマンス プロファイラー (ALT + F2) で入手できるパフォーマンスと診断ツールのスイートに新しいツールが含まれています。 この新しいデータベース ツールでは、ADO.Net または Entity Framework を使用する .Net Core プロジェクトのクエリに関する詳細が提供されます。 このツールには、ソース コードにリンクする [ソースに移動] オプションがあり、プロファイル セッション中に実行される各クエリのタイミングの詳細が提供されます。 このツールは、パフォーマンス プロファイラーの他のツールと同時に使用できます。 CPU 使用率ツールと組み合わせて使用した場合、データベースを使用する .Net Core コードのパフォーマンス特性に関する詳細情報が得られます。

デバッガー

  • 並列スタック ウィンドウでは、非同期コードでの問題の診断をより容易にするために、プロセスでのタスクとその依存関係の視覚化が改善されています。
Tasks visualization in parallel stacks window
並列スタック ウィンドウでのタスクの視覚化の改善

F# および F# ツール

このリリースには、最新バージョンの F# 言語である、F# 4.7 のサポートが含まれています。

F# 4.7 の大部分は、基になるインフラストラクチャの変更専用であり、F# 言語機能のプレビューをより効果的に提供できるようになっています。 ただし、便利な新機能もまだいくつか提供されています。

F# 言語とコア ライブラリ

プレビュー機能を有効にするコンパイラ インフラストラクチャに付属するマイナー言語リリースである F# 4.7 のサポートが追加されています。これにより、開発プロセスの早い段階で機能設計に関するフィードバックを得ることができます。

F# 4.7 の完全な機能セットは次のとおりです。

このリリースには、F# 4.7 の機能セットに加えて、次のプレビュー F# 言語機能のサポートが含まれています。

  • nameof 式のサポート
  • 静的クラスを開くためのサポート

プロジェクト ファイルで <LangVersion>preview</LangVersion> を確認し、これを有効にすることができます。

このリリースには、F# コンパイラに対する次のバグ修正と機能強化も含まれています。

  • F# コンパイラが大量のレコード、構造体、その他の型でスタック オーバーフローを起こす未解決の問題が解決されました (#7070)
  • 無効なインライン IL を指定すると Visual Studio がクラッシュするイシューが解決されました (#7164)
  • C# で定義され、メンバー呼び出しで変換された構造体がコピーされないイシューが解決されました (#7406)
  • コンパイラによって作成されたポータブル PDB コンテンツの暗号化ハッシュが PE デバッグ ディレクトリには含まれず、構成可能なハッシュが既定で SHA-256 に設定されます (#4259#1223)
  • LeafExpressionConverterValueType が無視され、System.Tuple と見なされたバグが Kevin Malenfant によって修正されました (#6515)
  • List.transpose で例外がスローされる代わりにデータが破棄されていたバグが Patrick McDonald によって解決されました (#6908)
  • 長さが異なるリストで List.map3 が使用されると紛らわしいエラーが発生していたバグが reacheight によって解決されました (#6897)

F# ツール

このリリースには、Visual Studio 向け F# ツールの機能強化もいくつか含まれています。

  • レコードがツールヒントと F# インタラクティブの標準的な宣言と値に近くなるように書式設定されました (#7163)
  • ツールヒントのプロパティが get のみか、set のみか、または getset かが指定されるようになりました (#7007)
  • ファイルでスラッシュが使用されると [定義へ移動] などの機能がプロジェクトで動作しない場合があるイシュー (#4446#5521#4016) が、chadunit の支援により解決しました
  • 匿名レコードおよびデバッグに関する問題が解決されました (#6728#6512)
  • ソースに空のハッシュ ディレクティブがあると、ソース テキストの色分けがランダムになるバグが解決されました (#6400#7000)

IDE

  • スタート ウィンドウの検索ボックスで、最近使ったプロジェクト、ソリューション、フォルダーを簡単に見つけられるようになりました。 さらに、これらの MRU コード コンテナーに Visual Studio のグローバル検索が統合され、開発者が Visual Studio の検索ボックスから見つけられるようになりました。
Start window MRU search
スタート ウィンドウでの最近使ったプロジェクト リストの検索
  • Visual Studio IDE 内でのインストーラー ダイアログ インターフェイスの機能強化により、Visual Studio に追加されている特定のワークロードをより簡単に識別できるようになりました。
  • VS 検索では、すべての言語のファイル検索だけでなく、C# と VB を使用して型およびメンバーを検索する機能もサポートされます。 結果は、キーボード ショートカットまたはマウス クリックでアクセスできる専用の 'コード' グループ内だけでなく、ユーザーが検索クエリを入力したときにも表示されます。
  • 新しくインストールされたプロジェクト テンプレートは、簡単に識別できるように "New" (新しい) というラベルで示され、フィルターでは新しいプロジェクト ダイアログで選択された値が表示されます。 さらに、開発者はリストからピン留め、ピン留め解除、および削除を行うことによって、最近使用したテンプレートを整理することができます。
New Project Dialog
新しくインストールされたプロジェクトと選択されたフィルターを表示し、新しいプロジェクト ダイアログでテンプレートをピン留めする
  • [新しいプロジェクト] ダイアログで、入力ミスや複数形に対応し、一致するキーワードを強調表示し、検索とフィルターの関連性に基づいて結果をランク付けする、より堅牢なあいまい検索を使用してテンプレートを検索できます。
New Project Dialog template search
改善された、プロジェクト テンプレート検索での検索精度と強調表示

インストーラー

  • Visual studio では、生産性を向上させるために、1 回のクリックで Visual Studio IDE とインストーラーの両方が更新されるようになりました。
  • .NET Core 2.1 および 2.2 用の Visual Studio インストーラー コンポーネントでは、ランタイムのみが含まれていました。 このプレビュー以降は、コンポーネントにランタイムだけでなく、テンプレートも含まれるようになります。
  • Visual Studio インストーラーの [個別のコンポーネント] タブの検索ボックスでは、インストールに利用できるすべてのコンポーネントを簡単に見つけることができます。
Installer components search
Visual Studio インストーラーで個々のコンポーネントを検索する

IntelliCode

  • C++ 基本モデルは、既定で有効になっています。
    • この設定を変更するには、 [ツール] > [オプション] > [IntelliCode] の順に移動します。
  • C# 向けの繰り返し編集を追加しました。これにより、反復可能な変更のローカル編集が分析され、同じファイル内でこの変更が必要になる可能性のある他の場所が決定されます。
    • 推奨される繰り返し編集は、コード ファイル内のエラー一覧に警告として表示されます。

JavaScript/TypeScript

  • JavaScript および TypeScript 分類 (一般に "構文の色分け表示" と呼ばれる) が、大きなファイルに対しよりすばやく適用されます。 JavaScript および TypeScript のコード修正とリファクタリング (電球など) の一覧もより迅速に表示されます。
  • TypeScript 3.6 のエディター サポートが開始されました。
  • tsconfig.json ファイルを編集または変更すると、Visual Studio でより早くプロジェクトが更新されるようになりました。

Python テスト

  • Python 開発者は、Python プロジェクトと開いているフォルダー ワークスペースの両方のシナリオで、一般的な Python フレームワークの pytest を使用してテストを実行できるようになりました。
  • Python プロジェクトに対して pytest と unittest を有効にするには、プロジェクト ソリューション名を右クリックし、[プロパティ] を選択します。 そこから、[テスト] タブを選び、テスト オプションを選択します。 unittest の場合は、テスト ファイル名のパターンだけでなく、テストのディレクトリ (ルート ディレクトリが既定値) も指定する必要があることに注意してください。 テスト検出は、[テスト] タブで変更が保存されるとすぐに開始されます。
pythontest_project
unittest で記述された pytest または test を検出するための Python プロジェクトの構成。次の点に注目してください。[出力元の表示:テスト] ( 出力ウィンドウ内) を選択することで、ユーザーは、テストの実行に関連付けられたログ情報を、失敗したテストと成功したテストの両方について表示できます。
  • unittest テスト エクスペリエンスが刷新されました。これにより、テストが自動的に検出されなくなったため、ユーザーは Python プロジェクトと開いているフォルダー ワークスペースの両方に対するテストの手動による構成が必要になりました。
  • Python フォルダーのテストを有効にするには、 Show All Files ソリューション エクスプローラーですべてのファイルを表示するアイコンをクリックします。 そこから、'Local Settings' フォルダー内にある PythonSettings.json ファイルをクリックします (そこにファイルがない場合は 1 つ作成します)。 このファイル内では、テスト ファイル名のパターンと、テストを含むディレクトリだけでなく、使用する ''TestFramework'' も指定できます (両方のオプションが unittest に適用されます)。
pythontest_folder
  • テスト デバッグは PTVSD 4 を使用するように更新されますが、ユーザーが引き続き 'レガシ デバッガー' を使用することを希望している場合、または新しいデバッガーの使用に関する問題が発生した場合は、[ツール] > [オプション] > [Python] > [デバッグ] > [レガシ デバッガーを使用] の順に移動し、チェックボックスをオンにして有効にすることができます。
  • また、既存のプロジェクトおよび開いているフォルダー ワークスペース (テスト ファイルが含まれている) で、ユーザーが引き続き Visual Studio 2019 のコードを簡単に操作できるようにしました。 ユーザーがテスト構成ファイル (pytest の .ini ファイルなど) を含むプロジェクトを開いても pytest をインストールしていないか有効にしていない場合、ユーザーは必要なパッケージをインストールし、動作している Python 環境に合わせて構成するように求められます:
pytest infobar
構成されていないテスト ファイルを含む Python プロジェクトまたはフォルダーが開かれるたびに、ユーザーは、必要なテスト パッケージ (この例では pytest) のインストールだけでなく、構成も求められます。
  • プロジェクトまたは開いているフォルダー ワークスペース内の unittest テスト ファイルの場合と同様に、ユーザーはテストフレーム ワークのインストールと有効化、またはそのいずれかが求められます。 どちらのシナリオでも、開発者はメッセージを無視し、フレームワークを手動で構成することができます。

Visual Studio パフォーマンス プロファイラー

  • パフォーマンス プロファイラーの CPU 使用率ツールで呼び出しツリーを表示すると、"ホット パス" インジケーターに赤色の炎アイコンが自動的に表示されます。 これにより、一般的な CPU 使用率パフォーマンス調査でのクリックが省略されます。 CPU 使用率ツールにアクセスするには、Alt + F2 キーを押すか、または [デバッグ] メニューを使用します。
  • パフォーマンス プロファイラーが、Visual Studio IDE の前後ナビゲーションに含まれるようになりました。 開発者がパフォーマンス プロファイラーでさまざまなツール表示に切り替えると、ナビゲーション ポイントが他のナビゲーション項目と共に保存されます。 これらは、ナビゲーション ボタンをクリックするか、Visual Studio のナビゲーションコマンドを使用して開始できます。
Forward/Backward Navigation Image
プロファイラーでの前後ナビゲーション

Web ツール

  • 新しい [依存関係の追加] ウィザードを使用して、発行プロファイルでアプリケーションの依存関係を簡単に構成します。 現在、Azure SignalR Service、Azure SQL Server、Azure Storage への依存関係の追加がサポートされています。これにより、ユーザーは新しいインスタンスをプロビジョニングすることも、IDE から離れずに既存のものを選択することもできます。
  • ASP.NET ランタイム チームは、需要の増加に応じて、Razor クラス ライブラリ内から静的コンテンツを提供できるようにしました。 この Visual Studio のプレビューでは、チームはこのシナリオのツール サポートを追加しました。

Xamarin

このリリースには、次の Xamarin SDK の更新プログラムが含まれています。

  • Xamarin.iOS 13
    • iOS 13、tvOS 13、および watchOS 6 用のアプリをビルドおよびデバッグするための Xcode 11 のサポートが追加されます。 利用できる新機能の詳細については、「iOS 13 の概要」を参照してください。
  • Xamarin.Android 10
    • Android アプリで Android 10 をターゲットにできるようになりました。そのためには、 [Android バージョンを使用したコンパイル: (ターゲット フレームワーク)][Android 10.0 (Q)] に設定します。これは、プロジェクトのプロパティ ページの [アプリケーション] タブにあります。 Android 10 では、ダーク テーマ、ジェスチャー ナビゲーション、折りたたみ可能なデバイスの最適化などの機能が導入されています。 これらの新機能の詳細については、「Android 10 with Xamarin」(Xamarin を使用する Android 10) のページを参照してください。
android q
[Android バージョンを使用したコンパイル: (ターゲット フレームワーク)] を [Android 10.0 (Q)] に設定する。

このリリースには、いくつかの新しいツール機能と拡張機能も含まれています。

  • このリリースでは、Xamarin. Forms 用の XAML ホット リロードのパブリック プレビューを使用できます。 XAML ホット リロードを使用すると、エミュレーター、シミュレーター、または物理デバイスでのアプリのデバッグ中に、UI を迅速に反復処理できます。 単に XAML を編集してからファイルを保存し、実行中のアプリにすぐに反映される変更を確認します。 XAML ホット リロードを有効にするには、 [ツール] > [オプション] > [Xamarin] > [ホット リロード] の順に移動します。
xaml hot reload
Xamarin.Forms 用の XAML ホット リロード。
  • Xamarin.Forms Visual の使用時に、Xamarin.Forms 用の XAML プレビューアーで iOS と Android の両方のマテリアル デザインがレンダリングされるようになりました。
  • Xamarin Designer for iOS には、制約を操作する新しい方法があります。 制約可能なビューを選択すると、制約ピン留めモード セレクターの横のツール バーに省略記号が表示されるようになります。 省略記号をクリックすると、選択したビューで制約を編集するためのポップアップが表示されます。
new ios constraints editor
新しい iOS 制約エディターのポップアップ。
  • Windows の Visual Studio から iOS アプリをアーカイブおよび発行できるようになりました。 Mac コンピューターとペアリングしている間にアーカイブを作成するには、構成を [Release|iPhone](リリース|iPhone) に設定し、ソリューション エクスプローラーで iOS プロジェクトを右クリックして、 [アーカイブ] メニュー オプションを選択します。 アーカイブ マネージャーから、アドホック配布用のディスクに .ipa を保存することも、App Store Connect にアップロードして App Store にアプリを発行することもできます。
  • ソリューション エクスプローラーで .plist ファイルを右クリックすると、汎用 plist デザイナーまたは XML エディターを使用してすぐに開くことができる新しいオプションがあります。
new plist options
.plist ファイルを開くための新しいオプション。

既知の問題

Visual Studio 2019 バージョン 16.3 のすべての問題と利用可能な回避策については、以下のリンクを参照してください。

Visual Studio 2019 Known Issues


フィードバックと提案

皆様のご意見をお待ちしております。 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。 次に、 Feedback Icon アイコンは、右上隅にあります。 製品に関する提案をしたり、Visual Studio 開発者コミュニティで問題を追跡したりすることにより、質問、回答の検索、新機能を提案したりすることができます。 ライブ チャット サポートを介して、無料のインストールのヘルプを取得することもできます。


ブログ

開発者ツールのブログで提供されている洞察や推奨事項を活用すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手し続けることができ、さまざまな機能について掘り下げた記事を参照することもできます。


Visual Studio 2019 リリース ノート履歴

過去のバージョンの Visual Studio 2019 に関連する詳細については、「Visual Studio 2019 リリース ノート履歴」のページを参照してください。


ページのトップへ