Visual Studio Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.5 リリース ノート



Developer Community |システム要件 |互換性 |配布可能コード |ライセンス条項 |ブログ |最新リリースの既知の問題 |Visual Studio Docs の新機能


ボタンをクリックして、Visual Studio 2019 の最新バージョンをダウンロードします。 Visual Studio 2019 のインストールと更新の手順については、「Update Visual Studio 2019 to the most recent release」(Visual Studio 2019 を最新リリースに更新する) をご覧ください。 また、オフラインでインストールする方法の手順もご覧ください。

Community Download Button Professional Download Button Enterprise Download Button


Visual Studio 2019 バージョン 16.5 の新機能

Visual Studio 2019 バージョン 16.5 のリリース

Visual Studio 2019 ブログ

Visual Studio 2019 ブログ は、Visual Studio エンジニアリング チームからの製品の分析情報の公式な情報源です。 Visual Studio 2019 リリースの詳細については、次の投稿を参照してください。

リリース ノートのディスカッションに参加する


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.5.5 New release icon

リリース日: 2020 年 5 月 12 日

この Visual Studio 2019 バージョン 16.5 リリースでの修正内容

セキュリティ アドバイザリ メモ

CVE-2020-1108 .NET Core のサービス拒否の脆弱性

認証を受けていないリモートの攻撃者が、特別に作成された要求を .NET Core アプリケーションに発行して、この脆弱性を悪用する可能性があります。 このセキュリティ更新プログラムでは、.NET Core Web アプリケーションによる Web 要求の処理方法を修正することで、脆弱性に対処します。

CVE-2020-1161 .NET Core サービス拒否の脆弱性

認証を受けていないリモートの攻撃者が、特別に作成された要求を ASP.NET Core アプリケーションに発行して、この脆弱性を悪用する可能性があります。 このセキュリティ更新プログラムでは、ASP.NET Core Web アプリケーションによる Web 要求の処理方法を修正することで、脆弱性に対処します。


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.5.4

リリース日: 2020 年 4 月 14 日

この Visual Studio 2019 バージョン 16.5 リリースでの修正内容

セキュリティ アドバイザリ メモ

CVE-2020-0899 Microsoft Visual Studio の特権の昇格脆弱性

特権の昇格脆弱性は、Microsoft Visual Studio アップデーター サービスがファイルのアクセス許可を正しく処理しないときに発生します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用すると、ローカル システムのセキュリティ コンテキストで任意のファイルの内容が上書きされる可能性があります。

CVE-2020-0900 Visual Studio 拡張機能インストーラー サービスの特権の昇格脆弱性

特権の昇格脆弱性は、Visual Studio 拡張機能インストーラー サービスがファイル操作を正しく処理しないときに発生します。 この脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、昇格されたアクセス許可を使用して任意の場所にあるファイルを削除できます。

CVE-2020-5260 URL に対する検証が不十分なことが原因で発生する Git for Visual Studio の資格情報リークの脆弱性

資格情報リークの脆弱性は、特別に細工された URL が解析され、資格情報ヘルパーに送信されると発生します。 これにより、資格情報が間違ったホストに送信される可能性があります。


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.5.3

リリース日: 2020 年 4 月 7 日

この Visual Studio 2019 バージョン 16.5 リリースでの修正内容


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.5.2 New release icon

リリース: 2020 年 3 月 31 日

この Visual Studio 2019 バージョン 16.5 リリースでの修正内容


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.5.1 New release icon

リリース: 2020 年 3 月 24 日

この Visual Studio 2019 バージョン 16.5 リリースでの修正内容


Release Notes Icon Visual Studio 2019 バージョン 16.5.0

リリース: 2020 年 3 月 16 日

この Visual Studio 2019 バージョン 16.5 リリースの内容


Visual Studio IDE


  • タブ グループのオーバーフローの一覧で、ポイントしたときに各ドキュメントの [閉じる] ボタンが表示されます
  • Azure ディレクトリの複数選択
  • 垂直タブにユーザーから提案された機能強化を実装しました

デバッグ


Azure ツール


C++


F# 言語とツール


  • 大規模なソリューションのパフォーマンスの向上
  • FSharp.Core プレビュー機能は LangVersion フラグによって保護されるようになりました。
  • さまざまなバグ修正と機能強化

.NET の生産性


テスト


JavaScript/TypeScript


SQL


UWP/WPF ツール


Xamarin


Visual Studio バージョン 16.5 の新機能の詳細

Visual Studio IDE

Visual Studio で使用できるようにする Azure Active Directory の特定のサブセットにアカウントをフィルター処理できるようになりました

デバッグ

  • シンボルがなくてもマネージド コードを逆コンパイルし、コードの確認、変数の検査、ブレークポイントの設定を行うことができるようになりました。

  • [プロセスにアタッチ] ダイアログ ウィンドウを使用して、Docker Windows コンテナーで実行されているプロセスにアタッチできるようになりました。

Attach to process in Docker Windows container
  • エンクレーブ デバッグが Open Enclave SDK を介して Visual Studio でサポートされるようになりました。 エンクレーブ デバッグの詳細については、aka.ms/OpenEnclaveVisualStudio を参照してください。
Enclave debugging
  • .NET オブジェクト割り当て追跡ツールで、[割り当て] ビューのいくつかの機能が強化されました。 まず、バックトレース ビューが別のパネルに移動され、割り当ての種類と呼び出された関数をより簡単に区別できるようになりました。 次に、バックトレース ビューのコール ツリーが反転され、最も多くメモリが割り当てられている関数をより簡単に診断できるようになりました。 最後に、値と参照の種類を示すアイコンが追加されました。また、値と参照コレクションのアイコンがさらに 2 つ追加される予定です。
Allocation View

C++

  • C++ 開発者は、自分のコードベースで IntelliCode モデルをトレーニングできるようになりました。 チームの作業から恩恵を受けられるため、これはチームの入力候補モデルと呼ばれます。 さらに、メンバー変数の IntelliCode の提案を改善しました。

  • 標準ライブラリを処理するときに、IntelliSense でよりわかりやすい型名が表示されるようになりました。

  • Enter、Space、Tab 機能による文字のコミット、スニペットの挿入に Tab を使用するかどうかの切り替えが可能になりました。 これらの設定は、[ツール]、[オプション]、[テキスト エディター]、[C/C++]、[詳細設定]、[IntelliSense] にあります。 Disabling autocomplete options

  • リモート展開システムからビルド システムを分離するときに、Visual Studio の WSL のネイティブ サポートを利用できるようになりました。 これにより、WSL 上でネイティブにビルドし、デバッグ用に 2 つ目のリモート システムにビルド アーティファクトを配置できるようになります。 このワークフローは、CMake プロジェクトと MSBuild ベースの Linux プロジェクトの両方でサポートされています。

  • コマンド ラインを使用して、保存されているリモート接続を操作できるようになりました。 これは、新しい開発用マシンのプロビジョニングや、継続的インテグレーションでの Visual Studio の設定のようなタスクに役立ちます。 C++ Connection Manager

  • Visual Studio で、リモート Linux システムをターゲットとする C++ アプリケーションを開発するときに、FIPS 140-2 準拠モードがサポートされるようになりました。

  • リモート Linux システムをターゲットとする CMake プロジェクトのソース ファイル コピーが最適化されました。 Visual Studio が、最後にリモートからコピーされたソース セットの "指紋ファイル" を保持し、変更されたファイルの数に基づいて動作を最適化するようになりました。

  • CMake スクリプト ファイル内の関数、変数、およびターゲットに対して [定義へ移動] や [すべての参照の検索] などのコード ナビゲーション機能が提供されるようになりました。 Language services for CMake scripts

  • CMake スクリプトを手動で編集することなく、IDE から CMake プロジェクトのソース ファイルとターゲットを追加、削除、名前変更します。 ソリューション エクスプローラーでファイルを追加または削除すると、Visual Studio によって CMake プロジェクトが自動的に編集されます。 ソリューション エクスプローラーのターゲット ビューからプロジェクトのターゲットを追加、削除、名前変更することもできます。 'Add' menu in CMake Targets View

F# 言語とツール

このリリースの主な目的は、Visual Studio での大規模な F# コードベースのパフォーマンスとスケーラビリティを向上させることです。 この作業は、非常に大きいコードベースを備えた顧客と直接連携すると、影響を受けていました。 パフォーマンス作業はまだ進行中ですが、コードベースのサイズが中規模から大規模である場合は、メモリ使用量の減少を確認できるはずです。

このリリースには、パフォーマンスの向上以外にもさまざまな修正が含まれていて、その多くはすばらしい F# OSS コミュニティのご協力によるものです。

F# 言語

F# プレビュー言語機能がいくつかマージされました。 それらを試してみるには、自分のプロジェクト ファイル内で LangVersionpreview に設定します。

F# コンパイラ

F# コア ライブラリ

Visual Studio 向けの F# ツール

F# オープン ソースの開発エクスペリエンス

  • Chet Husk 氏のご協力により、F# リポジトリ内の FSharp.Compiler.Service ビルドが .NET SDK を使用するように移行されました

.NET の生産性

既存のメソッドのコード フラグメントをローカル関数に変換できるようになりました。 抽出するコードを強調表示します。 (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。 [ローカル関数の抽出] を選択します。

Extract local function

メンバーを静的にできるようになりました。 メンバー名にカーソルを置きます。 (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。 [静的にする] を選択します。

Make members static

可能な限り、文字列補間を簡略化できるようになりました。 文字列補間にカーソルを置きます。 (Ctrl+ . ) キーを押して、 [クイック アクションとリファクタリング] メニューをトリガーします。 [補間の簡略化] を選択します。

Simplify-string-interpolation

アナライザーを実行するときに、生成されたファイルまたはフォルダーを除外するオプションが表示されるようになりました。 EditorConfig ファイルを作成し、次の構文を使用して、必要なファイルまたはフォルダーを生成済みとしてマークします。

EditorConfig option to exclude generated files or folders

アナライザーの作成者は、以前は VSIX としてのみ配布できたカスタム コード リファクタリングを NuGet パッケージとして配布できるようになりました。

テスト

.NET Core テストのプロファイリングができるようになりました。 .NET Core プロジェクトが完全な PDB を生成するように構成されていることが、プロファイリングの前提条件であることに注意してください。 また、Microsoft.Test.SDK の最小バージョンである 16.4 にアップグレードすることもお勧めします。 これにより、x86 と x64 の両方のアーキテクチャ設定でテストをプロファイリングできます。 テストをプロファイリングするには、テスト エクスプローラーのコンテキスト メニューから [プロファイル] を選択します。 テスト プロファイリングは、Visual Studio の静的なインストルメンテーションとパフォーマンス エクスプローラー (.vsp) ドキュメントによってサポートされています。

テスト用のプロセッサ アーキテクチャの既定の設定には、x64 オプションと x86 オプションに加えて、3 番目のオプションである 'Auto' が追加されました。 'Auto' は、.NET Framework と .NET Core のテストを対象とするテストで、さまざまな既定のアーキテクチャをサポートします。 .NET Framework テストの既定は x86 テスト実行であり、.NET Core テストの既定は x64 です。 ‘Auto’ を指定すると、ユーザーによるアーキテクチャの選択は未設定になり、これらのフレームワークにはさまざまな既定値がサポートされます。 以前は x86 がすべてのケースの既定でしたが、.NET Core テストにより x64 の既定が導入されたので、既定の設定を分岐することが必要になりました。

このリリースでは、特に多数のテストが行われる大規模なソリューションで、テスト検出と実行のパフォーマンスが大幅に向上しています。 お客様独自のベンチマークを実行して、その価値を評価していただくことをお勧めします。 Roslyn コード ベース (C# および Visual Basic コンパイラ) を使用すると、テスト エクスプローラーではメモリ消費量が 50 ~ 60% 削減され、読み込み時間は最大で 60% まで短縮されます。

Live Unit Testing では、より優れた診断機能を使用できるようになりました。 Live Unit Testing のビルドに失敗すると、追加の診断情報が、MSBuild ログを含む出力に出力されます。 また、出力パスがハードコードされているケースも報告します。

JavaScript/TypeScript

VS で TypeScript および JavaScript ファイルの型とメンバーを検索できるようになりました。 開いているマークアップ ファイル (つまり、HTML、CSHTML) 内の JavaScript ブロックの検索もサポートされています。

Visual Studio で Typescript ファイルの ESLint がサポートされるようになりました。推奨される規則のセットが含まれるグローバル構成があります。または、ESLint を完全にカスタマイズされたプロジェクトに対してローカルに設定できます。 詳細と手順については、GitHub のページを参照してください

Xamarin

  • XAML ホット リロードを使って、複数の Xamarin.Forms ターゲットに対する更新された変更を一度で確認できるようになりました。 複数のスタートアップ プロジェクトがあるアプリをデバッグし、XAML を変更し、[保存] を選択すると、Android および iOS 上で変更が同時に表示されます。

  • これで、[ドキュメント アウトライン] ウィンドウに Xamarin.Forms コントロールの階層が表示されるようになりました。 Windows では Ctrl+Alt+T で開くことができます ([表示]、[その他のウィンドウ]、[ドキュメント アウトライン])。 Mac では [表示]、[パッド]、[ドキュメント アウトライン] で開くことができます。

  • Android の [変更を適用] で、ランタイムに Android リソースの変更を適用できるようになりました。 この機能を使用すると、アプリケーションの再起動を必要とせずに、Android のデバイスまたはエミュレーターで Android リソース ファイル (XML レイアウト、ドローアブルなど) に加えられた変更をすばやく確認できます。

Android Apply Changes
  • Android アプリケーションでスタートアップ トレースを使用するときに、独自のカスタム プロファイルを生成できるようになりました。 これにより、APK サイズの増加を最小限に抑えながら、さらにパフォーマンスに優れたスタートアップ エクスペリエンスが実現します。
  • Kotlin ライブラリに対して Xamarin.Android バインドを生成できるようになりました。
  • Android プロジェクトで AndroidManifest.xml ファイルをマージするときに、Google マニフェストのマージを使用できるようになりました。 これにより、各マニフェストとその内容のマージ方法をカスタマイズできます。 適用できる規則の詳細については、「複数のマニフェスト ファイルをマージする」を参照してください。
  • コードベースに何らかの変更があったときに開いているすべてのデザイナー画面を再度自動的に読み込む新しいオプションをオプトインできるようになりました。
Custom Control Quick Changes for Android Layouts
  • 統合エディターの機能を活用して、応答性が高く正確な IntelliSense を提供できます。 これには、属性の引用符や終了タグ名の自動更新など、一般的な XML 構造の補完の改善といった多くの変更が含まれます。 これらの動作は、Android XML エディターの設定を使用して制御できます。
Android XML IntelliSense Options

UWP/WPF ツール

  • プロジェクト ソリューション エクスプローラーから XAML エディターに画像をドラッグすると、Source プロパティが正しいイメージ パスに設定された XAML イメージ タグが生成されるようになりました。

  • XAML デザイナーの "アートボードの背景" の色の変更が WPF .NET Core プロジェクトで機能するようになりました ([オプション]、[環境]、[フォントと色] で、XAML デザイナー設定に変更し、アートボードの背景を更新します)

  • XAML デザイナーで、プロジェクト ファイル (csproj) の PublishSingleFile、RuntimeIdenfier、および PublishTrimmed の設定を含む .NET Core 3.x プロジェクトの読み込みがサポートされるようになりました。 これらの設定を含めると、デザイナーのパフォーマンスが低下することに注意してください。

Developer Community からの代表的な問題



既知の問題

Visual Studio 2019 バージョン 16.5 のすべての問題と利用可能な回避策については、以下のリンクを参照してください。

Visual Studio 2019 Known Issues


フィードバックと提案

皆様のご意見をお待ちしております。 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。 次に、 Feedback Icon アイコンは、右上隅にあります。 製品に関する提案をしたり、Visual Studio 開発者コミュニティで問題を追跡したりすることにより、質問、回答の検索、新機能を提案したりすることができます。 ライブ チャット サポートを介して、無料のインストールのヘルプを取得することもできます。


ブログ

開発者ツールのブログで提供されている洞察や推奨事項を活用すると、すべての新しいリリースに関する最新情報を入手し続けることができ、さまざまな機能について掘り下げた記事を参照することもできます。


Visual Studio 2019 リリース ノート履歴

過去のバージョンの Visual Studio 2019 に関連する詳細については、「Visual Studio 2019 リリース ノート履歴」のページを参照してください。


ページのトップへ