R Tools for Visual Studio のヘルプ

R のヘルプは、Visual Studio の対話型ウィンドウに直接統合されています。 ? コマンド (?mtcars など) を使用する場合、R ドキュメントのヘルプが、Visual Studio ウィンドウに表示されます。

Visual Studio のヘルプ ウィンドウ

ヒント

ヘルプ ウィンドウは、Visual Studio のその他すべてのウィンドウと同様に、好みに応じて配置およびドッキングすることができます。 「Visual Studio のウィンドウ レイアウトをカスタマイズする」を参照してください。

また、[R Tools] > [オプション] メニューを選択して、[R ヘルプ ブラウザー] プロパティに External を設定し、ブラウザーでヘルプの結果を開くことができます。 オプションに関するページを参照してください。

ヘルプを検索するには、?? に続けて検索用語を指定します。 検索用語にスペースが含まれる場合は、用語を引用符で囲みます。

??"Motor Trend"

ヘルプの検索結果

また、ヘルプ ウィンドウには、R ドキュメントの詳細な検索を直接実施できる、検索入力フィールドもあります。

入力フィールドを使用したヘルプの検索結果

統合ヘルプの参照

開発者は、関数名、データセットなどの要素についてわからないことがあると、多くの場合は R ドキュメントを検索します。 R Tools for Visual Studio (RTVS) では、ヘルプの検索をエディターと対話型ウィンドウに直接統合することで、このプロセスを簡略化しています。

  • オート コンプリート操作中に F1 キーを押すと、サブ文字列に一致するヘルプの結果一覧が生成されます。
  • 検索用語 (関数など) を右クリックして [<用語> のヘルプ] コマンドを選択すると、その関数のヘルプを開きます。 また、任意の選択に対して [Help on](ヘルプの表示) を呼び出すこともできます。

    コンテキスト メニューを右クリックしてヘルプを呼び出す

ヒント

ブラウザーで統合ヘルプを開くには、[R Tools] > [オプション] を選択して、[F1 Web ブラウザー]External を設定します。 オプションに関するページを参照してください。

R ドキュメントでの検索に加えて、開発者はコードを記述するときに StackOverflow を検索することが多いです。 RTVS では、このプロセスも効率化されます。 用語または選択範囲を右クリックし、[Web で <用語> を検索します] コマンド (Ctrl + F1 キー) を選択すると、Visual Studio からウィンドウが開き、StackOverflow を対象に検索結果が表示されます。

Visual Studio の Web 検索結果

[R Tools] > [オプション] > [F1 Web 検索文字列] オプションを使用して、追加されたスコープ文字列 R site:stackoverflow を変更できます。

[F1 Web 検索文字列] オプションを変更する

ブラウザーで結果を表示するには、「R Tools for Visual Studio オプション」に従って [F1 Web ブラウザー] オプションを変更します。